Category:gourmet  Tag:グルテンフリー / ラーメン / ヴィーガン / 外食 / 新宿

新宿AFURIのグルテンフリーの彩り野菜のヴィーガンらーめん。塩気控えめあっさり味がいいみたい。

久しぶりの新宿。新宿もいつのまにかヴィーガンのお店が増えている。ここのところ肌寒い日が続き、新宿でちょっとあったかいものを食べたいなぁとなんとなくAFURIへ寄ってみた。 IMG_1038 昨年、インスタントラーメンを食べても体が満たされないという感覚にハッとしてから、精製された小麦粉を使用しているヴィーガン仕様のインスタントラーメンや生ラーメンをすっかり食べなくなってしまった。あんなに美味しい!美味しい!と毎日食べても飽きなかった自分が信じらませんが、食べてもそこまで美味しいと感じなくなってきて。ラーメンに目が無かった私が、そんなこんなでいつの間にかラーメン屋さんからも足が遠のいてしまい新しいヴィーガンラーメンのお店があると知ってもなかなか行く気になれませんでした。 IMG_1039 新宿LUMINE1 B2FのAFURIで食べられる「彩り野菜のヴィーガンらーめん(¥1,480/税込)」。去年より少しお値段はUPしたみたい。まず自動販売機で食券を購入してからカウンターで注文。どこのお店でも食べられるわけではなく店舗限定なのでご注意を。私は使いませんでしたが、紙エプロンもあります。新宿LUMINE1 B2FのAFURIは入りやすい気がします。 IMG_1040 カラフルな、新鮮野菜を贅沢に使用した「彩り野菜のヴィーガンらーめん」は、スープから具材まで植物性100%。見とれてしまうほどとっても鮮やかできれい。スープにはトマトやナス科の野菜が入っていないのが私にとって大切なポイント。あと胡椒や唐辛子、そして甘味料も不使用。これって結構珍しい。トッピングのトマトは抜いてもらえます。AFURIのヴィーガンラーメンの麺は、レンコンが練り込まれた細麺。90%れんこんらしいです。店員さんは一切の麦を使っていないとおっしゃっていましたが、HPにはそうは書いていないようで、グルテンフリーではない?ようですが…。(後日、店員さんに確認してみましたがグルテンフリーでした。ただし、小麦麺と一緒に茹でているのでご注意ください。)とても気になった全粒粉麺は残念ながらヴィーガン仕様ではないとのこと。野菜は季節によって変わります。

実は「彩り野菜のヴィーガンらーめん」を食べるのは今回が2回目。その時はあまり美味しいと感じなかったのが正直な感想。「まずい。」わけではなく思ったよりあまり塩気のないあっさりしたスープで、こってり濃いめの味が好みの私にとっては少々物足りなく感じてしまいました。だからなんとなくブログにアップする気になれずそのままに…。こちらはちょうど昨年の3月ごろに食べたもの。 IMG_2960 しか〜し、今回は全くカラダの感じ方が違うことに気づきビックリ。ラーメンを食べるつもりも食べたいとも思っていなかったのですが、なんとなくAFURIに入ってしまい、昨年同様「彩り野菜のヴィーガンらーめん」を食べてみたら、あら美味しい。スープの味、コクに関しては少し物足りなさを前回と同じように感じたけれども、塩気があまりないあっさりスープが妙にやさしく心地よく、カラダが喜ぶ味だったんですよね。こちらは先日食べたもの。生野菜もトッピングされていて個人的にはとってもうれしい。水菜も¥200(税込)で追加でトッピングできるみたい。 IMG_1042 油で揚げたり炒めたりせず、生の野菜や果物を主に食べるようになり、今の私の体は塩気をあまり欲しがらない。塩気の多い食事をとると、やたら体がむくみ、翌日カラダが重いんです。甘味料をカラダに入れた後と同じような症状、喉の乾燥や、背中、腎臓あたりが痛重くもなったりもする。加熱した油や甘味料だけでなく塩、調味料も、カラダに入れることがちょっと厳しくなってきた。たくさんとらない方がカラダがとにかく軽くてラク。頭ではなくカラダが喜ぶことを選択すると塩や醤油、味噌、酢などの調味料を使う量も最小限になってきて、塩や調味料が全然減らなくなってきた。

この調味料と私の関係性の変化は自然のなりゆき。まだ全部読み終えていない「ナチュラル・ハイジーン」に関する本にも、最小限に抑えるべき食品として、塩や酢、味噌、醤油などの調味料を挙げている。頭で良い悪い、善悪の判断するのではなく、私のカラダが自然とそうなってきた。いくらオーガニックで植物油といっても、いくら自然塩といっても、いくら天然醸造酢といっても、カラダが「No!」と言ってくる。中でも酢は「カラダに良い。」「カラダに必要。」だと思い込んでいたけれど、そうでもないんだというのが私の感想。以前から少し感じてはいたんですよね。少量の梅酢やリンゴ酢であればまだカラダがそこまでダメージはないのですが、米酢やワインビネガーなどは今の私には強すぎて。自然塩や味噌もね。

「ナチュラル・ハイジーン」関連の本の一つ「50代からの超健康革命」には「塩は細胞の原形質を傷つける猛毒物質」と書いてある。今の私にはなんとなく腑に落ちる。ずいぶん前から、自然塩を使用したヴィーガンフードを食べた後でも、喉の渇きが激しく水や柑橘類を無性にほしがる。精製塩でなくてもね。玄米やパスタなど穀物を食べる時も塩気がどうもほしくなる。でも夏場、果物を主食にしていた時は、水も塩も梅干しも甘酒も酢も味噌も醤油も全く欲しいと思わなかった。そして、夏バテ、熱中症とも無縁だった。逆にしょっぱいものを食べたら、その途端に唇のまわりが異様に乾燥してしまい、水分がカラダから奪われるような、失われるような感覚に。水分をどんどん取り入れようとするんだけれどもなかなかカラダの渇きを潤せない…。果物ばかり食べていた夏に、そんな違いをハッキリ感じました。調味料の使いすぎ、穀物の食べすぎで結局必要以上に食べてしまったり、水分を摂りすぎたりカラダの調和を崩すプロセスに気づいてしまったから、玄米、麺類、パン、調味料から少しずつ離れて行く生活になってきている気がします。しょっぱいものを食べた後、甘いものを欲したりとその繰り返しも生の果物や野菜が主になってくるとなくなってきた。「50代からの超健康革命」という本も、内容は20代でも30代でも必要な内容だなぁと。また本の話はまたの機会に。



あと、白米や米粉と同様、白い粉、精製された小麦粉を食べるとどうも腸がつまるというか、腫れてしまう。だからオーガニックでもそうでなくてもふわふわの白いパン、うどん、麺類はカラダが受け付けなくなってきた。あんなに美味しいと食べていたのに、食後カラダが心地よくなくなってきたから自然と食べなくなるね。だからラーメンも今年はもう食べないだろうな。

あっさり塩気を抑えたやさしいヴィーガンラーメンを食べたくなったらAFURIの「彩り野菜のヴィーガンらーめん」がいいかも。でもその時の体調や人によって感じ方はいろいろだから、やっぱりカラダの声をきいて直観で行動した方がいいですね。私も去年と今年では感じ方が真逆なので。このブログもお店でも何でも、ピンときたらぜひ。都内では、AFURIの「彩り野菜のヴィーガンらーめん」、三軒茶屋以外で取り扱いありデス。神奈川では取り扱いがないようなのでお店に行く前に確認してみてくださいね。

|AFURIさんのHPはこちら


Category:memo  Tag:オーサワ / ヴィーガン / 新宿 / 自然食品店

リマのお店がオーサワジャパン新宿店、池尻大橋店としてリニューアル。

こんなハガキが数日前に送られてきましたが、ちょっとタイミングが遅かったようでリーニューアルオープンセールは終了済。残念。2018年10月1日にリニューアルオープンしていました。

さっそく昨日、リニューアル後のオーサワジャパン新宿店へ行ってきました。 IMG_4882 看板はすでに変わっていて、お買い物をしたら再登録のための用紙をいただき、記入後その場で新しいポイントカードにかえてくれました。ポイント移行には少し時間がかかるみたい。 IMG_4908 リマカフェ閉店後のカフェスペースは、相変わらず何も動きがなさそう。

●オーサワジャパン新宿店/池尻大橋店
http://www.lima.co.jp


Category:gourmet  Tag:リマカフェ / ヴィーガン / 和食 / 恵方巻 / 新宿

節分に新宿リマカフェの恵方巻。

明日は節分。予約をしたわけではないけれど、夕方新宿リマカフェで2日間限定の恵方巻をゲット。 IMG_2666 お客さんが確認してましたが、甘みはメープルシロップらしいです。中身はアボカド、テンペ、にんじん、うす揚げ、椎茸、こまつな、紅しょうがが入っていてウマウマ。 IMG_2669 IMG_2665 予約をしていなくてもリマカフェのおにぎりやマフィンなどが並んでいるテイクアウトコーナーに明日も並んでいますよ。2/2(金)2/3(土)限定なのでぜひ。カフェでも食べられます。今日はランチプレートメニューが恵方巻でしたよ。

●LIMA CAFE(リマカフェ)
【住所】〒151-0053 東京都渋谷区代々木二丁目23番地1号ニューステートメナー
【電話番号】03-6276-0571
【営業時間】11:30-19:00(L.O.18:30)
【定休日】なし(土日祝営業・年末年始は除く)
【URL】http://lima-cafe.com


Category:gourmet  Tag:お菓子 / スイーツ / ヴィーガン / 新宿

食べやすくて美味しい、オーサワさんの干し芋。

さつまいもがつづきますが、最近お世話になっている山梨産の農薬、化学肥料不使用のべにはるかを使ったオーサワさんの干しいも。1袋¥162(税込)。

人によって好みもいろいろあるので何とも言えませんが、乾燥しすぎなのかめちゃくちゃかたかったり、食べるとやけに歯にくっついたりと食べにくいものはちょっと苦手。で、やっぱり甘くて美味しくないとひかれない。

干しいもが大好物というわけではなく、これは、ちょうどか多すぎずほどよくやわらかく食べやすい。そしてとっても甘くて美味しいからいつの間にかリピート。 IMG_2562 もちろん甘味料の甘みではないから喉に強烈な甘みも残らず自然な甘さ。でもしっかり甘みを感じられて、ウェット感が私好み。しっとりねっとり乾燥しがちな喉にもやさしい。

食べきりサイズがまた食べすぎなくていいかも。 5個入りパック(¥756/税込)ありますよ。 IMG_2560






Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / テイクアウト / ヴィーガン / 新宿 / 野菜

西新宿のサラダデリ MARGO(マルゴ)でたっぷり満腹サラダランチ。

こんなにサラダをたっぷり食べられるお店があるなんて今の私にはうれしいかぎり。 IMG_1839 MARGOの名前は関わる5人(消費者、生産者、流通販売者、店、大地)が〇な関係であることを願って付けられたらしいく、サラダを通じた健全な人のつながりで、「孫」の代まで恵みを享受できる持続可能なアグリビジネスモデルを組み上げようとスタートしたらしい。

はじめはどうサラダをカスタマイズしてよいかわからず、定番メニューのスタイルサラダからベジタリアンのレギュラーサイズ(¥850/税込)を注文。 IMG_1836 ベースのリーフサラダにミックスビーンズにアボカド、水菜、人参と大根ときゅうりの三種の野菜などの20品目の野菜、豆類が入っていて、トマト ピクルス パプリカ、キノコのマリネなど食べられないものは抜いてもらいました。それでも山盛りのサラダでしたよ。

いろいろあるドレッシングの中で、白砂糖や動物性由来のものが入っていないドレッシングが一つありバルサミコをチョイス。バルサミコは玉ねぎ、ブラックオリーブ、ケイパー、バルサミコ酢、リンゴ酢、エキストラバージンオリーブオイルで作られている。ちなみにマルゴのドレッシングは無添加 非加熱。

サラダを挟んで食べられる全粒粉のピタパンはサービスでついてくる。砂糖入りとのことで残念ですがピタパン抜きで注文。

さらにサラダにかける無料トッピングが充実していて。今回は岩塩 乾燥バジル ごまを選びましたが、これをトッピングするとさらにサラダが美味しくなる。他にはフライドオニオン、唐辛子、鰹節などがあったかな。

こちらはオリジナルサラダ(¥800/税込)を注文したときのもの。ベースのリーフサラダ、有料トッピング、ドレッシング、無料トッピングを選んで出来上がり。 IMG_1846 ベースのリーフサラダMサイズ(¥600/税込)に有料トッピング、スタンダード(¥50/税込)とプレミアム(¥100/税込)の中からアボカド、ルッコラ、人参と大根ときゅうりの三種の野菜にパクチーをチョイス。ベースのリーフサラダのLサイズは¥900(税込)。 IMG_1844 大きなボールで野菜とバルサミコのドレッシングをしっかり混ぜてくれるからドレッシングが均等にサラダにからんでとても美味しい。

お腹もいっぱい、カラダもココロも満たされる。夕方までお腹は空かなかった。発芽玄米や雑穀おにぎりもレジ横にサイドメニューとしてありましたよ。

テイクアウトももちろん可能。ラージサイズをテイクアウトで注文してお昼と夜、2回に分けて食べる方もいるらしい。

サラダメインの食事、今の私にはとっても助かる。男性女性問わずたくさんのお客さんでにぎわっていました。結構人気みたい。

●サラダデリ MARGO(マルゴ)
http://margo.co.jp


Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / チョコレート / テイクアウト / リマカフェ / ヴィーガン / 新宿 / 飲み物

新宿リマカフェのライス&ソイミルク(チョコ)

新宿リマカフェに新メニューのライス&ソイミルク(¥500/税込)のよもぎ味とチョコ味を発見。チョコ味を飲んでみましたがこれオススメ。

ほどよい甘さでとっても美味しい。有機玄米と豆乳でつくられたこのサマードリンク、さっぱりしてるんだけどしっかり濃厚なチョコレートドリンク。

原材料は豆乳、米飴、ココアパウダー、有機玄米、有機メープルシロップ、なたね油、食塩(海の精)。たぶん白砂糖の甘みになれてしまっている人でもメープルシロップが入っているから甘みはしっかり感じるんじゃないかな。米飴だけだと甘みが足りないと思いがちですが…。 IMG_1096 よもぎはどんな味か次回トライ。サマードリンクの梅酢スカッシュは夏季限定9月30日(土)までです。 最近いろいろとメニューが増えてる。パフェも美味しそうでしたよ。 IMG_1097 ●LIMA CAFE(リマカフェ)
【住所】〒151-0053 東京都渋谷区代々木二丁目23番地1号ニューステートメナー
【電話番号】03-6276-0571
【営業時間】11:30-19:00(L.O.18:30)
【定休日】なし(土日祝営業・年末年始は除く)
【URL】http://lima-cafe.com


Category:gourmet  Tag:お弁当 / どんぶり / カフェレストラン / テイクアウト / リマカフェ / ヴィーガン / 新宿

丼好きは要チェック。マクロビオティックリマカフェ丼。

リマ新宿店で買い物をする前に必ずこのリマカフェ丼をチェックする私。 IMG_0788 リマカフェの丼弁当はリマカフェではなくリマ新宿店、お店の方のレジ近くにあるお弁当コーナーに並んでいて。

この日のメニューは「車麩カツ玉ねぎ丼(¥600/税込)」。原材料もしっかり記載されているから助かります。 IMG_0789 ガッツリ揚げ物が食べたかったので即購入。リマ新宿店のレジで購入しおとなりのリマカフェで食べることも可能。 IMG_0792 ちょっと濃いめの味付けでしたが美味しかったですよ。丼大好き。

●LIMA CAFE(リマカフェ)
【住所】〒151-0053 東京都渋谷区代々木二丁目23番地1号ニューステートメナー
【電話番号】03-6276-0571
【営業時間】11:30-19:00(L.O.18:30)
【定休日】なし(土日祝営業・年末年始は除く)
【URL】http://lima-cafe.com


Category:gourmet  Tag:お菓子 / スイーツ / リマカフェ / ヴィーガン / 新宿

きのね堂さんのかわいいヴィーガンスコーン。

こちらは「きのね堂さん」のスコーン(¥350/税込)。以前ハマったとっても美味しく可愛らしい焼き菓子やさん。「おかっぱちゃん」や「ガレット」、「まゆげ鳥クッキー」など全部美味しい。 IMG_0724 ラベルのイラストがとってもかわいくてほっこりする。

スコーンやクッキーなど焼き菓子は大好物で年中食べていたけれど最近はあまり食べなくなってきた。特に夏は全く見向きもしないほど。でも「きのね堂さん」のスコーンは食べたことがなかったので新宿リマカフェで見つけてちょっと味見をしたくなってしまい…。以前の私なら必ず2つ以上は買ってました。 FullSizeRender 2 今回は2つ入りを一つだけ購入。サイズも小さめですがそれでも十分満足できる。 FullSizeRender 素朴だけど甘みもほどよくやさしいきのね堂さんのスコーン。甘みはメープルシロップで原材料もシンプル。

いつ食べてもシンプルでとっても美味しいですよ。

●きのね堂
https://kinonedo.wordpress.com


Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / テイクアウト / パン / リマカフェ / ヴィーガン / 和食 / 外食 / 寿司 / 新宿

たまに食べたくなるツナマヨメニュー。新宿リマカフェのベジツナメニューがオススメ。

最近新宿のリマカフェに行くとたまたまなのか、大豆ミートのベジツナのサンドとのり巻きがレジ前近くのテーブルに並んでいてテンション上がる。

ツナ、特にマヨネーズで和えてサンドイッチにすると大好きで。砂糖中毒のように禁断症状はでないけれど、たまに食べたくなるんですよね。食べなくても特に問題はないのですが。 IMG_0710 動物性由来のものは使っていないのに、まるでツナ。豆乳マヨネーズと和えたベジツナとっても美味しい。 IMG_0709 ベジツナサンドのパンはよもぎ入り蒸しパンでみどり色。具はベジツナと人参がゴロッと入って美味。 IMG_0716 トーストバージョンはこちら。 IMG_0793 ベジツナののり巻きはそのままカフェで食べてももちろん美味しいのですが IMG_0717 テイクアウトしてわさび醤油で食べてもまた美味しいの。私は濃いめの味が好きなので。白米でなくても玄米お寿司、美味しんですよね。 IMG_0722 年に1本ぐらい買うわさびはこちら。



新宿リマカフェでベジツナメニューがいつもあるわけではないですが出会った時は是非。

たった今、雷がゴロゴロ遠くで鳴り響いていたと思ったら蝉が鳴きはじめました。夏本番ですね。

●LIMA CAFE(リマカフェ)
【住所】〒151-0053 東京都渋谷区代々木二丁目23番地1号ニューステートメナー
【電話番号】03-6276-0571
【営業時間】11:30-19:00(L.O.18:30)
【定休日】なし(土日祝営業・年末年始は除く)
【URL】http://lima-cafe.com


Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / スイーツ / ソフトクリーム / テイクアウト / リマカフェ / ヴィーガン / 外食 / 新宿

新宿リマカフェの美味しいモンブランタルトに小豆黒ごま和風パフェ。

新宿リマカフェのある週末のスイーツ、「モンブランタルト(¥600/税込)」。とっても美味しい。

最近はヴィーガンレストランやカフェもいろいろあって楽しいけれど、なかなか使用している甘味料や美味しさ、メニューなど総合的に考えると一番利用しやすいのがやっぱり新宿リマカフェ。当たり外れが少なく美味しいし甜菜糖やアガベシロップなどを使っていないスイーツが本当におすすめ。最近はアガベシロップを使ったものも少しあるようですが。

リマカフェでモンブランを食べたのは初めてかも。モンブランは大好物。最近全く食べる機会がなかったのでちょっと感動。自然な甘みですがしっかり甘く、ザクッとしたタルトもモンブランクリームとピッタリ。いつも思うけれどリマカフェのパティシエさんすごいな。

注文カウンター横のポスターを見たらなんと「小豆黒ごま和風パフェ(¥680/税込)」が。さっそく食べてみたらこれもGood。クコの実と抹茶パウダーは体に合わないのでそれら抜きで注文できました。あんこと玄米ソフトと玄米ポンセン、黒ごまクリームを一緒に混ぜて食べるとホント美味しい。優しい甘みですが個人的にはしっかり満足できる感じ。人によって甘みは物足りないかも。 IMG_9743 こちらはリマカフェ「オリジナルプレート(¥900/税込)」。リマカフェのご飯も美味しい。この日のプレート内容は車麩のカツ、なばなとおからこんにゃくの白和え、ブロッコリーともちあわソース。そして玄米とお味噌汁がついてきます。お腹は大満足。 IMG_9737 新宿リマカフェは、個人的に私好みの味で薄すぎず濃すぎずちょうどいい。全てのメニューは肉、魚、乳製品、白砂糖、化学調味料不使用。可能な限り有機または無農薬の野菜を使用し、オーサワさんのマクロビオティック食品も使っています。なんといってもスタッフさんのオリジナルレシピで手作りされているところが美味しさの秘密のような気がします。ホントいつも美味しいから。丁寧な仕事というか気持ちが伝わるというか。ヴィーガンで化学調味料を使っていなければいないほど作っている方のエネルギーが味に影響するような気がするなぁ。 IMG_9733 そうそう全てのメニューはテイクアウト可能。そこがまた魅力的。

●LIMA CAFE(リマカフェ)
【住所】〒151-0053 東京都渋谷区代々木二丁目23番地1号ニューステートメナー
【電話番号】03-6276-0571
【営業時間】11:30-19:00(L.O.18:30)
【定休日】なし(土日祝営業・年末年始は除く)
【URL】http://lima-cafe.com


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク