Category:gourmet  Tag:どんぶり / カフェレストラン / ヴィーガン / 外食 / 浅草 / 砂糖不使用

浅草の隅田川沿いにあるオシャレで美味しいTHE FARM CAFE(ザファームカフェ)

大好物の天丼と唐揚げ丼を浅草で発見!ヴィーガン仕様で甘味料不使用。そしてサイズが「大」と「小」と選べるあたりがまたいいね。ハラール・五葷抜き・グルテンフリーにも対応していて、ビックリするほどメニューの組み合わせが無限大にできるうれしいシステム。 IMG_4727 体に優しく美味しい食事でみんなが笑顔になれる浅草のTHE FARM CAFE。ナチュラルでオシャレなここち良い空間で、お料理にはほぼ甘味料を使わず素材の味を最大限にいかしたランチがいただけます。天ぷらの衣は小麦粉でも米粉でも片栗粉でもなくひよこ豆の粉。そして揚げ油は無香のココナッツオイル。 IMG_4725 たっぷり生野菜と一緒に食べられるヴィーガン仕様の美味しい天丼や唐揚げ丼があるお店はなかなかないからうれしいね。唐揚げや天ぷら、ファラフェルやアボカドといろいろトッピングができる魅力的なノンオイルのカレーライスにめちゃくちゃひかれたけどトマト使用でパス。でも絶対美味しいと思うよ。

パンは砂糖が入っているらしくバーガー類もパス。最終的にいろいろ食べてみたい気持ちもあったから、選べるランチプレート4(¥2,200/税込)を注文。ライスとお惣菜を4品(ミックスグリーンサラダ、アボカドと自家製きのこペースト、季節の天ぷら、ファラフェル)をチョイス。一度にいろいろ食べられるのはかなりうれしいね。今回注文したものではドレッシングのみにアガベシロップを少し使用しているそうで、基本的にはお料理に甘味料は使っていないそうです。

さっそく運ばれてきたミックスグリーンサラダ、想像以上にたっぷりの量でビックリ&ニンマリ。めちゃくちゃ美味しい!トマトを抜いてもらうのを忘れてしまい…ごめんなさい。このドレッシングはお酢がきつくなくて私の腸が喜んでた(笑)。とっても美味しー。 IMG_4728 お次は残りの3品とごはん!見た目も食欲をそそる盛り付けでとっても美しい! IMG_4729 アボカドと自家製きのこペーストというこの組み合わせ、相性抜群!美味しくて気にいってしまった。アリサンのニュートリショナルイーストではなくフランスのニュートリショナルイースト(添加物なしの酵母フレーク)が少しかかっていて味にコクがでていたよ。 IMG_4732 ひよこ豆の粉の天ぷらは初めて食べましたが香ばしくて美味。フワッとした藻塩が合うね。ココナッツオイルで揚げたものを食べても右足があまり腫れなかったからビックリ!カラダのダメージがなく食べたあとも軽い。ただ無香のココナッツオイルでも揚げるとココナッツ独特の甘ったるさではなくてモワッとした香りがほんのり残っているというか漂ってくるからそれだけがちょっと個人的には苦手かも…ほんのちょっとだけね。ごま油の香ばしい香りとはちょっと違うんですよね…。

ファラフェルもおいしー!その上にかかっているタヒニソースもvery nice! IMG_4733 ご飯はふっくら炊き上げられたTHE FARM CAFEオリジナルブレンドの雑穀米。食べやすくてほんのり甘みを感じられてとっても美味しかった。

もちもちのさつまいもドーナツ(¥300/税込)もテイクアウトしてみたよ。その時の素材によっては紫芋のきれいなパープルバージョンになる時もあるみたい。 IMG_4726 甘味料不使用でほんのりさつまいもの甘みを感じるやさしいお味がうれしいね。 IMG_4738 こちらは別の日に唐揚げ丼の「小」を注文(¥990/税込)した時のもの。盛り付けといい、組み合わせといい、量、質、味、全てにおいて絶妙なバランス。味もね、濃すぎず薄すぎずちょうどいい。器の半分がご飯で残りの半分がサラダという感じだから揚げ物なんだけどサッパリ食べられる。ほんの少しのオレンジ色の無農薬レモンのスライスがこれまたすばらしいハーモニーをつくりだしグッと唐揚げ丼の美味しさをアップ。このレモン皮付きでそのまま食べても美味しかったですよ。唐揚げ丼の上にあるのはソイマヨかと思いきやなんとTHE FARM HOUSEさんオリジナルタヒニソース。これ、ソイマヨより合うかも。いろいろと研究や工夫が垣間見れてこちらも勉強になります。本当に美味しかったなぁ。食べすぎ、消化不良もなく大、大、大満足。 IMG_4786 前回と同様、今回も感じたのはこちらのご飯がとても美味しいということ。私の腸が嫌がらない(笑)。THE FARM HOUSEオリジナルブレンドすごいかも。ペロッと完食。器も絵柄もかわいいね。 IMG_4789 お食事も超おすすめですが、お店にある手書きメニューがオシャレでステキなの。色やテイストもカフェの雰囲気にピッタリでいい感じなんです。オーナーさんがつくったのかな。あたたかみを感じる手書きの文字がとっても読みやすい。うまいなぁ。 IMG_4724 光が差し込み居心地がいい店内。ヨガイベントもやってるみたい。もともとオーナーさんはヨガのインストラクターだったらしく、食事のアドバイスをするようになっていつの間にかそちらが本業になってしまったようで。 IMG_4783 今日は春一番が吹き荒れましたが、これからやってくる桜の季節、隅田川沿いを散歩しながらランチに寄ってみるのもいいかもね。4月からは夜営業もはじまるみたい。楽しみだー! IMG_4785 |THE FARM CAFEさんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:Trueberry / コールドプレスジュース / スムージー / テイクアウト / フルーツ / ヴィーガン / 中目黒 / 外食 / 表参道 / 野菜 / 飲み物

Trueberry(トゥルーベリー)さんの絶品オーガニックコールドプレスジュース。試すなら断然冬だね。

ここ数年を振り返っても動物性由来のものを食べないヴィーガンという食スタイルから私の食生活は少しずつ変化し続けている。どんなに寒くてもカラダが一番ほしがるのは生の果物。そして穀物よりも野菜が美味しい。

そんな変化し続ける私のカラダは、Trueberry(トゥルーベリー)さんに夢中。食べて美味しく食後も軽い。だからカラダがいつの間にかTrueberryさんへ自然と向かってしまうんです。

いつもオーダーするのはこちら、大好物のホイップローカカオスムージー(¥980/税抜)。マイタンブラーで(¥20割引)。この写真は、オプションでホイップクリームを2倍にしてもらったもの。いつ見ても美しくて惚れ惚れしてしまう。) IMG_2605 もう2年前になるかな、「Trueberry 広尾店」が閉店する12月の冬、なんだか妙にコールドプレスジュースが気になってSサイズを数本買ってみたらまぁカラダが喜ぶ喜ぶ。本格的にジュースクレンズをしようというよりは、カラダが固形物よりも液体を欲しがっているのかも?とその時頭によぎったんですよね。その日作られたものならば、購入した日を含め2日ほど冷蔵庫で保存可能みたい。Trueberryさんの絶品オーガニックコールドプレスジュース、頭もカラダもココロもスッキリして、なんだかスカッと心身ともに蘇ってしまう。で、美味しいからね。

ジュースクレンズの方法は、始める前の準備段階から1日に飲む5本のコールドプレスジュースと合わせてお水を飲んだ方がいいとかいろいろあるようですが、私の場合ふだんから朝もほぼ何も食べず、カフェインやアルコールも飲まないので、気が向いた時にカラダの声に従ってスタートする感じ。いきなりはじめても頭痛や気分が悪くなったりはしない。

2年前の私のカラダは1日にTrueberryさんのコールドプレスジュースのSサイズ(230cc)を2〜3本くらいで十分足りるという感じでした。国産のオーガニックのお野菜とフルーツを使っているからエネルギーが半端なくすごいし、少し飲んだだけでカラダがめちゃくちゃ満たされるんですよね。 IMG_0347 とにかくTrueberryさんのコールドプレスジュース、どれを飲んでも美味しい。飲みにくいと感じるものがなく全部好き(笑)。その時のカラダの調子で飲みたいものが直観でわかわる時もあれば、前もってメニューを決めていても、実際カラダにしっくりくるジュースが違っていたりすることもあるから、久しぶりに飲むときは試飲をさせてもらうことも。カラダは日々変化しているからね。試飲用ジュースがない時は直観で。 IMG_4661 個人的にいつ飲んでも美味しいと感じるものは「Kale Detox Sサイズ(¥980/税抜)」。「The Green」よりフルーティで甘すぎず飲みやすい。毎日飲んでも飽きない感じ。

次に飲みやすいのは「Jazzy Carrot Sサイズ(¥870/税抜)」。人参とりんごがメインだから甘みもしっかりあり子供にも好評。生姜も入っていて、その生姜が美味しいと感じる時とちょっと強いと感じる時とあるかな。子供にはエネルギーが強すぎるのか、チェイサーのようにお水で調整しながら飲んでいる時もありました。

「RECOVERY 1サイズ(¥1,000/税抜)」と「Everything Sサイズ(¥1,030/税抜)」は、カラダが欲しがる時とそうでない時と私の場合はっきりわかれる。ここのところSold outになっている「RECOVERY」は、珍しい生のウコンを使用しフルーティなみかんの味と生ウコンの少しの苦味がなかなかいい。カラダ、特に肝臓さんがエネルギーを欲しがっている時にいいかも。「Everything 」はとてもフルーティで土っぽくなくビーツの味もしっかりする。色もキレイで美味しい。さっぱりしたものであれば95%野菜でつくられた「The Green Sサイズ(¥980/税抜)」がいいかも。野菜の甘みがほんのり感じられるあっさりしたお味。

とにかく全部美味しいよ。一時期「Kale Detox」「Jazzy Carrot」が気に入って何度もリピートしました。コールドプレスジュースだけで数日過ごすと、まぁ調子がいい。ジュースを飲んでいるからエネルギーがチャージされお腹も空かない。冷蔵庫一杯にいつもTrueberryさんのコールドプレスジュースがあればなぁとか思ってしまったほど(笑)でもこれは買いだめできないからね。

ジュースでこのお値段は高すぎると思ってしまうかもしれないけれど、Trueberryさんのオーガニックコールドプレスジュースは、全て国産、無農薬、無化学肥料のお野菜と果物を使用し、店内にあるPOPを見るとどんな素材がどれくらい入っているのかが一目瞭然。写真のジュースボトルの背景にあるお野菜と果物たちがそのまま1本のジュースボトル(Lサイズ:420cc)に全て入っている。 IMG_4660 素材のこともさることながら、つくり方もふつうのジュースとは全く違う。低速回転のジューサーで熱を加えず(コールド)、強い圧力をかけてすりつぶして(プレス)搾ってつくられた酵母が生きた生ジュースは、見た目は同じに見えるかもしれないけれど別物。 IMG_4658 そして作り手のエネルギー(状態・意識)も大切で。素材をつくる農家さんは、野菜や果物たちを「かわいい、かわいい。」と子供のように育てているそうで。どちらかというと「特別」「こだわり」よりも「やさしい」「自然体」「あるがまま」「リラックス」という言葉の方が個人的には似合う気がするなぁ。その丁寧に育てられた素材を使って、ジュースづくりが大好きなスタッフさんが「おいしくな〜れ、おいしくな〜れ。」と楽しんでつくっているそう。

Trueberryさんのオーガニックコールドプレスジュースは、そんなプロセスで素材や作り手の生命力(エネルギー)全てが詰まっているから、そのエネルギーをしっかりカラダにチャージできるものなんだよね。そう考えるとそれなりのお値段になってしまうのも納得だし人によっては「安い!」と感じるかもしれない。

カラダに与えてあげるとその違いを感じるよ。カラダの満たされ具合も全く違うし全くカラダの負担がない。目には見えないけれど生命力(エネルギー)が全然違う。

生きているカラダも「もの」ではなくエネルギー。カラダはエネルギー(生命力)をチャージして生きているからね。いくら早く安く大量に見栄えの良い「もの」をつくって与えてもそこに生命力がなければカラダは満たされない。工場や機械が悪いとか議論したいわけではなく、工場や機械によって大量生産されたものとはプロセスが全く違うから本当に比べものにならないくらいそこに存在するエネルギー、周波数が変わってくる。そういった目に見えない大切なプロセスをカラダで感じられるようになってくると、外側の情報に振り回されず見える世界、体験する世界もずいぶん変わってくるからおもしろい。

ジュースに限らず何でもそうだけど、何を意図してつくられているものなのか、商品であったりサービスであったり、行動であったりとそこに全てのプロセスやその意図したエネルギー(周波数)が反映される。だからもし見えないところで何か不自然なことが起こったとしても、全てはエネルギーで繋がっているから隠そうと頑張っても感じてしまうからわかってしまうんだよね。そんな世界になっていくと、良い悪い、本物とか偽物とかそういう概念も必要なくなってくるね。

オーガニック素材を買って自分で作るとなると、まず素晴らしい素材を手に入れるところからスタートしなければならないし意外と高くつくかも。Trueberryの創業者、西村直子さんはそんなすばらしい素材との出会いを求めて日本全国を回られたそうです。お店に行けばこんなエネルギーいっぱいの美味しいジュースがサッと買えるなんてありがたい。

そうそう、Trueberryさんの店内や冷蔵庫の中は、生命力(エネルギー)に満ちあふれた元気な素材たちが集結しているから、目には見えないけれどすごいことになってるんだろうなぁとスタッフさんと以前そんな話しをしたこともありました。Trueberryさんは都会のオアシス、パワースポット的な感じ。自然にカラダがお店に向かってしまうのも頷ける。素材、お店、人、全てが揃ってる。

空っぽのTrueberryさんのジュースボトルを持っていくとそれに入れ替えてくれて割引きとして¥60が戻ってきます。このジュースボトル、ドレッシングや乾燥パセリとかちょっとした保存容器としても使えて重宝しています。ちょうど冷蔵庫で保管しやすいサイズ(高さ)で扱いやすいんですよね。あとスムージーを作ってちょっと外出する時にも使ったり。 IMG_0456 実はTrueberryさんのオーガニックコールドプレスジュースにハマる前、夏に一度、「Jazzy Carrot」を飲んだことがあって、カラダが欲していなかったのかもしれないですが、うーんそこまでハッとするような野菜や果物の甘みや旨みを感じなかったような記憶があるんです。夏場の感じ方と比較すると冬の旬のお野菜や果物は味がめちゃくちゃ濃い。同じものを飲んでも季節で全然違うし全く別物でした。お店の方も口を揃えて「冬はお野菜が美味しいから、コールドプレスジュースがとっても美味しいんですよ。」と。

旬の素材はすごいね。気になるコールドプレスジュースがあれば試飲可能なのでピンときたらぜひ。今年はまだ飲んでいないけれど、Trueberryさんのコールドプレスジュース、もうすぐ春ですが…やっぱり断然冬がおすすめです!

|TrueberryさんのFacebookは >>こちら
|Trueberryさんのホームページは >>こちら


Category:gourmet  Tag:テイクアウト / ラーメン / ヴィーガン / 中華料理 / 五葷抜き / 台湾素食 / 外食 / 春巻き / 焼売 / 錦糸町 / 餃子

五葷抜きは消化がラク。錦糸町Veggie houseで甘味料、辛み抜きの坦々麺と手作りギョーザ。

こだわりの台湾素食、旬の無農薬野菜をふんだんに使った五葷ぬきの手料理が味わえるVeggie house(ベジハウス)。五葷とはネギ、にんにく、にら、らっきょう、あさつきのこと。

14年間錦糸町ガード下で営業されていた台湾ベジタリアンレストラン、「It's Vegetable!リンリン菜館」が「Veggie House-ベジハウス」にリニューアル後久しぶりに行ってみました。 IMG_3205 「ヘルシー、美味しい、アットホーム、満足。」というコンセプト通りのベジハウスさん。元気なオーナーのママさん、現在の姿からは想像できませんが昔カラダを壊したことがあるらしく、食の大切さを実感されたとのこと。

以前の私は、五葷を使わないお料理にちょっと物足りなさを感じていましたが、ここ数年のカラダの変化とともに全く物足りなさを感じなくなっていることに驚きました。

特に五葷抜きのお料理を食べた後、カラダの消化プロセスが普段と違って軽いことに気づき、胃腸がとってもラクだったんです。五葷はきらいじゃないけどかなり刺激物でもあるんだなぁと。ニンニクやタマネギはどちらかという好物だけど、昔から消化がしにくいようで腸がやられやすいことは一応自覚していました。

頑張ってそうなったわけではないけれど、今から思うと昨年1年でいつの間にか1日1食がちょうどよくなってきて。だんだん油をあまり摂取しなくなってくると、加熱された油も少し苦手になってきて、家では揚げ物や炒めものを以前ほど頻繁につくらなくなってしまった…。だから家で作らないメニュー、例えば揚げものやラーメンなんかを外食やお弁当で楽しむというスタイル。で、今の私のカラダにピッタリのお店はそんなにたくさんないから、昨年後半、中華料理がひらめいた時にはベジハウスさんでお世話になりました。

台湾素食と言っても中華料理だから油っぽいだろうなと思い込んでいて注文するのに躊躇したけれど、ベジハウスさんで大豆ミートの唐揚げをいただいても胃が痛くなったり腸が浮腫んでダメージを受けなかったのでちょっとビックリ。 IMG_3227 こちらの甘味料不使用で醤油と生姜で下味をつけているのがとり肉風唐揚げ(¥950)。とっても美味しい。から揚げに使う衣はたいてい片栗粉。片栗粉はカラダに合わないから頻繁に食べられないけどたまに外食時のお楽しみということで。

揚げ物を食べた後のカラダの状態に驚き思わず尋ねてみたら、ベジハウスさんでは油を極力使わないように工夫をされているそうで。炒め物もウォーターソテーで最後にサッと油をまわし入れたり、中華料理によくある豪快なジャッと音が鳴るような油を高温に熱する火の使い方はしないそう。だから大豆ミートの唐揚や他のメニューも全体的に今の私のカラダに負担があまりなく優しいメニューが揃ってる。そこがまた気に入ってしまったんです。

甜菜糖、粗糖などの甘味料を使っているメニューもある魅力的なビュッフェを横目に、私の場合はいろいろと対応していただける単品メニューからチョイス。食べられるメニューがあるだけでとってもうれしいしとっても助かる。

こちらは、ごま風味の坦々麺(夜¥900、昼¥700)。大豆ひき肉味噌に甜菜糖使用とのことで、辛みと肉味噌抜きでいただきました。辛さは、「無、普、中、大。」と選べるところがとってもいい。 IMG_3204 ごま風味の坦々麺はね、ごまの風味と出汁の旨味と甘味、ほのかな酸味のハーモニーがクセになりそうな美味しさで。とてもマイルドでクリーミーなスープには豆乳が入っていると思いきや使っているのは「ごま」のみとのこと。カラダがゴマを欲しがっていると、ついついスープをたくさん飲んでしまう…。 IMG_4063 9年ほど前かな、移転前に送別会や女子会で同僚と何度か食べにきたことがあったけど、こんなメニューがあったなんて全く気づかなかった。

そして、また別の日に食べた水ギョウザ(¥650)。こちらも甘味料不使用。 IMG_3661 寒い冬はあったかいスープがうれしいね。カラダがほっこりして美味しいよ。ネギのように見えるのは細かく刻んだセロリ。ネギの代わりにセロリをこうやって使うのもいいなぁと五葷を使わない料理の仕方もいろいろ勉強になるよ。最近は自宅でも、小ねぎをわざわざ買わず冷蔵庫にあるシャキシャキ野菜をみじん切りにして使うようになってしまった。ちなみに焼き餃子ももちろん美味しいです。個人的には水餃子の方があっさりしていて好みだけどね。 IMG_3675 調子に乗って「今日はたくさん食べられそう〜」とランチにラーメンと焼餃子を食べたら夜中の12時までお腹が一杯で大変だった…。以前の私だったらペロッと余裕で食べてしまっていたのに随分と食とカラダの関係性も変わってきました。やっぱり今の私は1日1食、ほどほどがいいねと再認識。

手作りシューマイ(¥550)五目チャーハン(¥950)も美味しいよ。 IMG_3256 IMG_3229 手作りギョーザや、とり肉風唐揚げ、春巻き2本(¥400)などテイクアウトも可能です。美味しいソイミートの唐揚げがテイクアウトできるお店がベジハウスさん以外であと2つあるんですがそちらはまたの機会に。もちろん甘味料不使用です。 IMG_3210 ベジハウスさん、美味しくてとっても居心地がいい。ママさんはじめスタッフさんもみなさんやさしいからまた会いにまた行きたくなっちゃうね〜。2/4(火)〜2/9(日)は、台湾研修のためお昼のみの営業ですのでご注意を☆ IMG_3206 |Veggie house(ベジハウス)さんのFacebookはこちら


Category:gourmet  Tag:Soup Stock Tokyo / スープ / テイクアウト / ヴィーガン / 外食

Soup Stock Tokyoの麹味噌とがんもどきの和風スープ。

スープストックさんのベジタリアン向けの新メニュー、「麹味噌とがんもどきの和風スープ(¥637/税込)」。テイクアウトしてみたらこれ、とっても美味しかった。小ぶりのがんもどきも、ゴロッと入ったオクラもいい感じ。 IMG_4214 たいていベジタリアンだったりヴィーガンといっても、トマト系のスープだったり、じゃがいもを使ったものが多いから、ナス科のお野菜が入っていないメニューを見つけるとついつい気になって食べたくなってしまうんですよね。 IMG_4212 実は、メニューの「麹味噌とがんもどきの和風スープ」の左隣に、もう1つベジタリアン向けのメニューで「ポロ葱と白いんげん豆のミネストローネ」があったけど、じゃがいも入りでパス。じゃがいもが入っているスープって必ず苦味というか渋みというか、えぐみを感じるからすぐわかる。カラダに合わないだけでなくただ単純に美味しく感じない。さつまいも、菊芋、里芋など、じゃがいも以外の芋類は甘みを感じ、そういった苦味、渋み、えぐみがないから不思議だ。その物のエネルギーを体に入れずそのじゃがいものエネルギー(周波数)から離れていくから、同化せず客観的に観れるようになるから感じ方も変わってくる。そこがおもしろいよ。じゃがいもは肝臓からエネルギーを奪うから要注意。

私の場合、冬でも一番カラダが喜ぶ食べ物は生のフルーツ。でもやっぱり寒い冬はあったかいスープが美味しいな。 IMG_4402 |Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:テイクアウト / ヴィーガン / 中華料理 / 原宿 / 外食 / 水餃子

ラフォーレ原宿2FのチャイニーズスタンドChipoon(チプーン)さんで美味しくやさしいベジタブル水餃子。

原宿を歩いていて「ヴィーガン」の文字が目に入ったので、なんとなくラフォーレ原宿2Fのフードコートへフラッと寄ってみた。そこで中華のファストフード「Chipoon(チプーン)」を発見。ちょうどセール中でファッション系のお店は大にぎわい。 IMG_4223 このチプーンさん、銀座の中華料理の名店「レンゲ エキュリオシティ(Renge Equriosity)」のオーナーシェフ西岡英俊さんがプロデュースしたお店らしい。ちょうど1年前にオープンした1号店でヴィーガン仕様のヌードルやバーガーなどのメニューがあってビックリ。化学調味料を使用せず素材本来の旨味を引き出した中華料理の新しいファストフードを提案しているそう。 IMG_4226 お店の方に甘味料やナス科のお野菜に関してちょっとお尋ね。店員さんは原材料のことをよ〜くご存知でとっても助かりました。すごいなぁ。ヌードルのスープの出汁にはドライトマトが入っているようなのでヌードルはパス。サイドメニュー単品でも注文できるということで、最終的にベジタブル水餃子に落ち着きオーダー。 IMG_4228 こちらがそのベジタブル水餃子(¥450/税抜)。ちょっと小腹が空いた時おやつにいいね。 IMG_4227 ベジタブル水餃子のたれには少し砂糖を使っているらしく、たれとトッピングの唐辛子抜きでお願いしました。そのかわりポン酢か醤油をつけてくれるとのことでお醤油で。ありがとう。 IMG_4230 もちもちしてとっても美味しー! ベジタブル水餃子は7分ほどの茹で時間がかかるのでお急ぎの場合はご注意を。

カウンター席のみですがちょっと休憩にいいかも。デザートやセットメニューもあります。テイクアウトもできるよ。 IMG_4225 ピンクフラミンゴのイラストがとってもかわいいオシャレなお店です。 IMG_4224

|Chipoon(チプーン)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / スムージー / フルーツ / ヴィーガン / 京都 / 外食 / 野菜 / 雑貨 / 食品 / 飲み物

京都河原町のGOOD NATURE STATIONの「MARKET・KITCHEN」とカフェ・レストラン&バー「Hyssop」がとってもよかったよ。

昨年末、京都河原町に食料品、雑貨などのショップやカフェレストラン、ホテルがある複合施設「GOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)」がオープン。ちょうど京都高島屋の裏手あたりにあります。

そんなに混んではいなかったけれど、入口は右手がマーケットで IMG_3808 左手がホテルとHyssop。直接エレベーターでいけるよ。中で全てつながっているけどね。 IMG_3834 1階の「MARKET・KITCHEN」はビオマルシェのお野菜がたくさんそれも手頃なお値段で並んでいて、もっとお高いと思っていたけれどなかなかいい感じ。(実は無農薬りんごがとても高かったと聞いていたので…。) IMG_3816 私は食べられないけれど、ちょっとしたお土産にいいかなと思える甘味料不使用のちりめんじゃこなど、加工品もいろいろと売っているから次回来るときはまずここをチェックだな。結構お土産に白砂糖やトレハロースなどいろいろ入っているんですよね。せっかく買うならできるだけカラダにやさしいものの方がいいかなと。 IMG_3811 1Fでは食品の販売だけでなくランチやドリンクメニューもあり、ゆったりとくつろげるイートインスペースで休憩がてら食べられます。私は入ってすぐ、パンが目に入り「Boulangerie Loiseau bleu(ブランジュリ ロワゾー・ブルー)」のロゴを発見! IMG_3810 スムージーにしようかと思ったけれどカスタマイズはできないとのことで、朝から何も食べていなかったからBoulangerie Loiseau bleu(ブランジュリ ロワゾー・ブルー)さんの「アインコーン(¥300+税)」を購入。何もつけなくてもそのままで美味しかったなぁ。世界最古の原種原種アインコーンの原材料は、有機アインコーン全粒粉と天然酵母と国産塩とパン酵母のみでオイルは使っていないんだね。噛めば噛むほど甘みと旨みを感じるね。イートインスペースでいただき休憩してからエスカレーターで上へ移動。

2Fにもカフェや雑貨店などがあり、2Fのカフェでお茶をしようと思ったら店員さんに「ヴィーガンメニューであれば4F「Hyssop」へどうぞ。」とご案内されさらに上へ移動。そのお店がこちら「Hyssop(ヒソップ)」。ホテルのレセプションも同じ4階にあるよ。 IMG_3832 「Hyssop(ヒソップ)」という店名の由来は、浄化の意味を持つハーブの名から。ハーブをふんだんにに使った心と身体に優しいお料理がいただけますよ。とても居心地の良いリラックス空間が広がります。 IMG_3818 なんと7時からオープン。朝食はヴィーガン仕様の「ハーブ鍋」が人気らしい。 IMG_3825 ランチもディナーも全てではないですがヴィーガンメニューの選択肢有りです。 IMG_3823 ちょうどディナータイムだったので、2つのメニューをオーダー。 IMG_3821 IMG_3822 「sold outになっていたスムージーを今あるフルーツでつくれますよ。」とお声をかけていただきお願いしたらこれが絶品で。 IMG_3826 青リンゴ、グレープフルーツ、甘酒でつくられたスムージー(¥1,000/税込)。とっても美味しかった。冷たすぎず、ぬるいというわけでもなく、甘酒が主張しすぎずやさしい甘みでサッパリさわやか、めちゃくちゃ気に入ってしまった。青リンゴとグレープフルーツって合うんだね。トッピングはフレッシュなつめの粉末とスライスドライアップル。 IMG_3828 全て手作りオーダーメイドのテーブルと椅子。ナイフとフォークは引き出しから。何かいいよね。 IMG_3827 混んでいなかったので、ナス科、甘味料などいろいろと対応していただき、実際のメニューとは内容がやや変わっています。例えばこちらは、「季節野菜のベジデリ盛り合わせ(¥1,200/税込)」。きのこや大根などの3種のマリネ、特別に作ってくださったゼッポレ(ピザ生地と青のりを揚げたもの)が絶品でした。

こちらは、「季節野菜のカラフルロール(¥1,500/税込)」。ソースは豆乳マヨネーズとピリッと感じるハーブを混ぜたものに変更してくださいました。2人で食べてちょどお腹が苦しくなくちょうど良い感じ。先に1Fでアインコーンのパンを1個食べてるしね。 IMG_3830 ステキな中庭で食べることもできるよ。気軽にハーブティを飲みに来てくださいねと。お店の方々もみなさんとても丁寧でやさしかったな。 IMG_3833 京都へ来たら、GOOD NATURE STATION、ちょっと寄ってみるといいかも。

|GOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:SPIRULINABLUE / スイーツ / テイクアウト / ロースイーツ / ローフード / ヴィーガン / 上野 / 外食 / 閉店

上野松坂屋のスピルリナブルーが明日1/15(水)閉店(涙)。

とてもお世話になったスピルリナブルー上野店が明日1/15(水)に閉店。このローフレッシュボウルも美味しかったなぁ。

アガベシロップを使っていないロースイーツが食べられるから、個人的にとても気に入っていました。スタッフの方とお話しをしていたら、スピルリナブルーのスタッフさんたちは、アガベシロップは消化の際カラダに負担をかけるから使わないとのこと。

飲み物も、ケーキも全てのメニューが美味しかったなぁ。

こちらは昨年夏限定でいただいたローケーキのBLUE レモンチーズケーキ。スピルリナから抽出したというブルー色素を使っているそう。見た目もお味も爽やかで、レモンがきいてて美味しかったよ。 IMG_2223 たくさん甘いものをカラダが欲しなくなってきたから、昨年後半はお客様用だったり手土産用にローケーキを購入することが多くなっていて。でもたまに休憩できるからとても助かっていたのだけれど、閉店してしまうのはとても残念。もう最後なので家族のためにローケーキをテイクアウトしましたよ! IMG_3978 今まで美味しいものをたくさんありがとうございました。

|SPIRULINA BLUE(スピルリナブルー)のHPはこちら


Category:gourmet  Tag:アイスクリーム / カカオマジック / カフェ / グルテンフリー / スイーツ / チョコレート / ローチョコレート / ヴィーガン / 京都 / 外食

夏の思い出。カカオマジックさんの超美味しいローチョコレートパフェ❤️

京都へ来たら必ず一度は行きたいカカオマジックさん。 ずっと気になっていたカカオマジックさんのローチョコレートパフェ。この夏やっとカフェ営業日に行くことができました。 IMG_2040 こちらがそのお目当のローチョコレートパフェ(¥1,350/税抜 増税前の価格です。)、ローチョコレートタルトも入ってる。濃厚でとっても美味しかったな。しっかり甘みがあるから少し飲み物がほしくなるね。個人的に合わないアガベシロップは、ローチョコレートタルトに少し使用されていて、パフェのチョコとバニラアイスには使われていないそう。 IMG_2042 アイスローショコラ(¥800/税抜 増税前の価格です。)もアーモンドミルクにデーツの甘みで個人的におすすめ。 IMG_2038 ローチョコレートを知ってからは、ヴィーガン仕様でも普通のチョコレートをいつの間にか食べなくなってしまった。チョコレート自体以前ほど食べたい衝動がなくなってしまったこともあるけれど、普通のチョコレートを食べた後の口の中の状態が全然違うんです。私の場合普通のチョコレートを食べると口の中がまったり、ねっとりして少し口臭が発生する。でもローチョコレートは口溶けが良いとかそういうこともあるけれど、口の中がもったりせず匂いが全く出てこない。

この現象はチョコレートに限らず他の食べものも一緒で。生の野菜や果物ではなく、今のところ焼き芋や焼き菓子で同じ状態になる。たぶん今の私に必要ない、合わない食べ物を食べると消化のプロセスの入り口である口の中、唾液がまず普段とは違う分泌液を出してくるんだろうな。普段全く口臭がないからその違いは口に入れるとすぐわかる。口臭も必要のない食べ物、合わない食べ物をカラダに入れているというサインでもあるんだろうな。もちろん極度のストレスを感じている時も、口の中、毛穴から匂いが出てくるよ。いつもとは違う嫌な匂いがね。それもカラダのサインだね。

そういえば、オーナーさんが大好きな美味しいうどん屋さんがご近所にあるけれど、食べると頭痛がしてしまうと残念がっていました…。私の場合、体調や摂取量にもよるけれどアガベシロップを使用したスィーツを食べると、その直後喉が腫れたりイガイガしたり、オーガニックだったとしても烏龍茶(カフェイン)や白砂糖、きび砂糖と同様、前頭葉の部分にモヤがかかって頭が働かなくなり頭や目の奥などが重痛くなり集中できず何もできなくなる。

自然の一部であるカラダを観察しているとたくさんの気づきがあるよ。そして気づいて実践すると小さな変化を体験しながら心身ともに少しずつラクになっていく。

この週末の10月26(土)〜27日(日)に、カカオマジックさんは「Craft Chocolate Festival 02」に出店されるようです。私も行ってみようかな。

|Cacao ∞ Magic(カカオマジック)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:Rose Bakery / カフェレストラン / サラダ / スムージー / スープ / ヴィーガン / 外食 / 銀座 / 飲み物

ローズベーカリー銀座のスムージーと絶品スープ❤️

銀座でちょっと寄ろうと思ったお店がリニューアルオープンしてメニューが一新してしまい、久しぶりにローズベーカリーさんへ行ってみました。 IMG_3014 店内は広々していてナチュラルでシンプル。自然であること、全てのものが感覚に基づいていいることなどお店のコンセプトがとてもいい。 IMG_3013 数年前、ヴィーガンメニューがありそうだということで行ってみたけれどいろいろ確認していたら結局選択肢がなくあきらめたことがあったから、今回は美味しいものに出会えてうれしかったな。以前よりお店全体に活力があってスムーズに流れている感じがしました。スタッフさんもとても丁寧でいろいろと確認してくださり感謝。 IMG_3016 おなかの具合と相談しながらケール、バナナ、オレンジ、ライム、チアシードでつくられた「Green Smoothie(¥800/税抜)」を注文。ライムが結構きいていて酸味はやや強め。以前オレンジがブレンドされたグリーン系のスムージーをを飲んだことがあってあまり美味しくなかったから、ちょっとオーダーするのに躊躇したけど今回は大当たり! IMG_3017 とっても自然な味で冷たすぎず美味しかった。チアシードのプチプチがまたいい感じ。このペーパーストローとてもしっかりしてるから、飲んでいる間に変形したり飲みにくくなることがなかったからビックリ。

その後まだ食べられそうかなと思い、人参、玉ねぎ、生姜、動物性由来ではなく野菜だしを使用した「人参と生姜のスープ(¥750/税抜)」をオーダー。スープはカンパーニュとバター付きだけどカンパーニュに乳製品使用とのことで、パンなしでお願いしました。(バターはオイルに変更可。)そうしたらパンのかわりにデリを一品選んでくださいと。うれしいオファーに喜んで「水菜とさつまいものデリ」をいただきました。 IMG_3021 こちらのデリは甘味料不使用。デリの中にはハチミツを使ったものもあるみたい。さつまいもは濃厚な甘みとカラメルの味を感じるほど皮がカリッとローストされていて水菜と相性がよく絶品サラダになっていました。 IMG_3023 そして「人参と生姜のスープ」、これがまた美味しすぎ〜。野菜の旨味甘みがギュッと凝縮されたまろやかなお味。スープはたまに乳製品を使ったホワイトスープになることもあるようですが、ヴィーガン仕様が多いみたい。ランチについているスープは小さいボウルだけど、単品注文の場合はかなり大きめのボウルにたっぷりスープが入っているからかなりお腹いっぱいになりました。スムージーと一緒に注文するとややお腹がツラかった…。 IMG_3029 Rose Bakery(ローズベーカリー)銀座は、UNIQLO銀座店のちょうど裏手、ギンザコマツ西館(ドーバー ストリート マーケット ギンザ)7Fにあります。西五番街側の1Fには大きなぞうがいますよ。そうそうローズベーカリー銀座と同じ7Fエスカレーター脇には素敵なアートブックが並んでます。こちらのショップもおすすめ。銀座へ出かけたらぜひ。

|Rose Bakery(ローズベーカリー)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:どんぶり / カフェレストラン / スイーツ / テイクアウト / ヴィーガン / 中目黒 / 外食 / 池尻大橋

Alaska zwei(アラスカ ツヴァイ)さんのアボカド丼、おすまし付きでとっても美味しかったよ。

玄米ご飯やパスタ、パンを毎日食べなくなり、食べるときは必ず生野菜がないとどうもカラダがつまってしまう。 IMG_1389 中目黒と池尻大橋の間、どちらかというと池尻大橋よりにある、ずっと行きたいなと思っていた「Alaska zwei(アラスカ ツヴァイ)」さん。1日1食になりつつある最近はその1食も玄米やパン、パスタを食べないことが多くなってきて、なかなかご飯を食べたいと思うタイミングが合わずやっと行くことができました。

生野菜を使ったメニューはないかなと探していたら、アボカド丼があったのでそちらを注文。本来は甜菜糖を使ったドレッシングをかけるようなのですが、ごま油とお塩でシンプルな味付けにしてくださいました。 IMG_1392 私にはちょうどいいやさしいお味のアボカド丼めちゃくちゃ美味しかったな。おすましがまたいい出汁でてる。ご飯もとっても美味しかった。 IMG_1393 パンや、焼き菓子などもレジ横にたくさん並んでいてワクワクしてしまいましたが、ほとんど甜菜糖使用ということで、メープルシロップを使った100%Veganのキャロットケーキをテイクアウト。Alaska zweiさんで人気のスイーツみたいです。 IMG_1395 たくさんの人参、国産小麦、豆乳、なたね油などシンプルな材料にスパイスがきいていて美味しかったですよ。 IMG_1394 お店の雰囲気も、店員さんもステキなAlaska zwei(アラスカ ツヴァイ)さん。やさしいお味だけでなく、パンチの効いたメニューもいろいろあるみたい。またご飯が食べたくなったらきたいな。

|Alaska zwei(アラスカ ツヴァイ)さんのFacebookはこちら


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク