Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / スムージー / フルーツ / ヴィーガン / 京都 / 外食 / 野菜 / 雑貨 / 食品 / 飲み物

京都河原町のGOOD NATURE STATIONの「MARKET・KITCHEN」とカフェ・レストラン&バー「Hyssop」がとってもいいね。

昨年末、京都河原町に食料品、雑貨などのショップやカフェレストラン、ホテルがある複合施設「GOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)」がオープン。ちょうど京都高島屋の裏手あたりにあります。

そんなに混んではいなかったけれど、入口は右手がマーケットで IMG_3808 左手がホテルとHyssop。直接エレベーターでいけるよ。中で全てつながっているけどね。 IMG_3834 1階の「MARKET・KITCHEN」はビオマルシェのお野菜がたくさんそれも手頃なお値段で並んでいて、もっとお高いと思っていたけれどなかなかいい感じ。(実は無農薬りんごがとても高かったと聞いていたので…。) IMG_3816 私は食べられないけれど、ちょっとしたお土産にいいかなと思える甘味料不使用のちりめんじゃこなど、加工品もいろいろと売っているから次回来るときはまずここをチェックだな。結構お土産に白砂糖やトレハロースなどいろいろ入っているんですよね。せっかく買うならできるだけカラダにやさしいものの方がいいかなと。 IMG_3811 1Fでは食品の販売だけでなくランチやドリンクメニューもあり、ゆったりとくつろげるイートインスペースで休憩がてら食べられます。私は入ってすぐ、パンが目に入り「Boulangerie Loiseau bleu(ブランジュリ ロワゾー・ブルー)」のロゴを発見! IMG_3810 スムージーにしようかと思ったけれどカスタマイズはできないとのことで、朝から何も食べていなかったからBoulangerie Loiseau bleu(ブランジュリ ロワゾー・ブルー)さんの「アインコーン(¥300+税)」を購入。何もつけなくてもそのままで美味しかったなぁ。世界最古の原種原種アインコーンの原材料は、有機アインコーン全粒粉と天然酵母と国産塩とパン酵母のみでオイルは使っていないんだね。噛めば噛むほど甘みと旨みを感じるね。イートインスペースでいただき休憩してからエスカレーターで上へ移動。

2Fにもカフェや雑貨店などがあり、2Fのカフェでお茶をしようと思ったら店員さんに「ヴィーガンメニューであれば4F「Hyssop」へどうぞ。」とご案内されさらに上へ移動。そのお店がこちら「Hyssop(ヒソップ)」。ホテルのレセプションも同じ4階にあるよ。 IMG_3832 「Hyssop(ヒソップ)」という店名の由来は、浄化の意味を持つハーブの名から。ハーブをふんだんにに使った心と身体に優しいお料理がいただけますよ。とても居心地の良いリラックス空間が広がります。 IMG_3818 なんと7時からオープン。朝食はヴィーガン仕様の「ハーブ鍋」が人気らしい。 IMG_3825 ランチもディナーも全てではないですがヴィーガンメニューの選択肢有りです。 IMG_3823 ちょうどディナータイムだったので、2つのメニューをオーダー。 IMG_3821 IMG_3822 「sold outになっていたスムージーを今あるフルーツでつくれますよ。」とお声をかけていただきお願いしたらこれが絶品で。 IMG_3826 青リンゴ、グレープフルーツ、甘酒でつくられたスムージー(¥1,000/税込)。とっても美味しかった。冷たすぎず、ぬるいというわけでもなく、甘酒が主張しすぎずやさしい甘みでサッパリさわやか、めちゃくちゃ気に入ってしまった。青リンゴとグレープフルーツって合うんだね。トッピングはフレッシュなつめの粉末とスライスドライアップル。 IMG_3828 全て手作りオーダーメイドのテーブルと椅子。ナイフとフォークは引き出しから。何かいいよね。 IMG_3827 混んでいなかったので、ナス科、甘味料などいろいろと対応していただき、実際のメニューとは内容がやや変わっています。例えばこちらは、「季節野菜のベジデリ盛り合わせ(¥1,200/税込)」。きのこや大根などの3種のマリネ、特別に作ってくださったゼッポレ(ピザ生地と青のりを揚げたもの)が絶品でした。

こちらは、「季節野菜のカラフルロール(¥1,500/税込)」。ソースは豆乳マヨネーズとピリッと感じるハーブを混ぜたものに変更してくださいました。2人で食べてちょどお腹が苦しくなくちょうど良い感じ。先に1Fでアインコーンのパンを1個食べてるしね。 IMG_3830 ステキな中庭で食べることもできるよ。気軽にハーブティを飲みに来てくださいねと。お店の方々もみなさんとても丁寧でやさしかったな。 IMG_3833 京都へ来たら、GOOD NATURE STATION、ちょっと寄ってみるといいかも。

|GOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / パスタ / ヴィーガン / 京都

京都ロンハーマンカフェの緑のパスタ

夏のある日、京都BAL近くでお腹が空いてしまいジュースではないなぁとRon Hermanが展開しているロンハーマンカフェでメニューをちょっとお尋ね。 009B9910-90A3-441F-B778-6BFAFB321AE9 ヴィーガンライスボウルは甘味料が合わず、緑のパスタは食べられそうということで早速注文。 2CDEBF4C-3082-4F92-97D8-ED2C08F4A210 アツアツの緑のパスタがこちら。グリーン!グリーン!グリーン!アボカドや数種の緑野菜を使ったクリームの色がとってもきれい。そしてクリーミーなソースはタリアテッレにもピッタリで。シンプルな味付けで濃厚だけどしつこくないとっても美味しいパスタで大満足。 AC7EA1F0-DB30-44E4-9EC0-AA406D6B0A26 開放的で広々としたカフェは居心地のよい空間。天窓からのあたたかい光につつまれついつい長居したくなるほど。店員さんもとても丁寧でやさしかったよ。 2CCF286A-8C9D-4195-BD6C-946FD50CC504 |Ron HermanさんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:アイスクリーム / カカオマジック / カフェ / グルテンフリー / スイーツ / チョコレート / ローチョコレート / ヴィーガン / 京都 / 外食

夏の思い出。カカオマジックさんの超美味しいローチョコレートパフェ❤️

京都へ来たら必ず一度は行きたいカカオマジックさん。 ずっと気になっていたカカオマジックさんのローチョコレートパフェ。この夏やっとカフェ営業日に行くことができました。 IMG_2040 こちらがそのお目当のローチョコレートパフェ(¥1,350/税抜 増税前の価格です。)、ローチョコレートタルトも入ってる。濃厚でとっても美味しかったな。しっかり甘みがあるから少し飲み物がほしくなるね。個人的に合わないアガベシロップは、ローチョコレートタルトに少し使用されていて、パフェのチョコとバニラアイスには使われていないそう。 IMG_2042 アイスローショコラ(¥800/税抜 増税前の価格です。)もアーモンドミルクにデーツの甘みで個人的におすすめ。 IMG_2038 ローチョコレートを知ってからは、ヴィーガン仕様でも普通のチョコレートをいつの間にか食べなくなってしまった。チョコレート自体以前ほど食べたい衝動がなくなってしまったこともあるけれど、普通のチョコレートを食べた後の口の中の状態が全然違うんです。私の場合普通のチョコレートを食べると口の中がまったり、ねっとりして少し口臭が発生する。でもローチョコレートは口溶けが良いとかそういうこともあるけれど、口の中がもったりせず匂いが全く出てこない。

この現象はチョコレートに限らず他の食べものも一緒で。生の野菜や果物ではなく、今のところ焼き芋や焼き菓子で同じ状態になる。たぶん今の私に必要ない、合わない食べ物を食べると消化のプロセスの入り口である口の中、唾液がまず普段とは違う分泌液を出してくるんだろうな。普段全く口臭がないからその違いは口に入れるとすぐわかる。口臭も必要のない食べ物、合わない食べ物をカラダに入れているというサインでもあるんだろうな。もちろん極度のストレスを感じている時も、口の中、毛穴から匂いが出てくるよ。いつもとは違う嫌な匂いがね。それもカラダのサインだね。

そういえば、オーナーさんが大好きな美味しいうどん屋さんがご近所にあるけれど、食べると頭痛がしてしまうと残念がっていました…。私の場合、体調や摂取量にもよるけれどアガベシロップを使用したスィーツを食べると、その直後喉が腫れたりイガイガしたり、オーガニックだったとしても烏龍茶(カフェイン)や白砂糖、きび砂糖と同様、前頭葉の部分にモヤがかかって頭が働かなくなり頭や目の奥などが重痛くなり集中できず何もできなくなる。

自然の一部であるカラダを観察しているとたくさんの気づきがあるよ。そして気づいて実践すると小さな変化を体験しながら心身ともに少しずつラクになっていく。

この週末の10月26(土)〜27日(日)に、カカオマジックさんは「Craft Chocolate Festival 02」に出店されるようです。私も行ってみようかな。

|Cacao ∞ Magic(カカオマジック)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:お菓子 / カカオマジック / グルテンフリー / スイーツ / ローチョコレート / ヴィーガン / 京都

京都カカオマジックさんのローチョコレートタルト、絶品です。

昨年から、小麦粉たっぷりの焼き菓子がどうもカラダに合わなくなってきて。以前ほど甘いものを食べたい衝動にもかられない。チョコレートもあまり食べたいと思わい。でもたまにちょっと甘みが恋しくなった時、ロースーツの出番が多くなってきた。それも個人的には、メープルシロップやココナッツシュガー、アガベシロップよりもデーツや果物の甘みで作られたものの方が好み。なぜならカラダが喜ぶから。

そんな中、昨年の京都ビーガングルメ祭りで、出会ったカカオマジックさんのローチョコレートタルト。もちろん迷わず食べましたよ。濃厚で、口溶けもよく、後味がサッパリで絶品!一口でココロもカラダも十分満たされました。トッピングのバニラナッツクリームもまた美味。これだけでもたぶん飲めてしまう(笑)クリーム系には目が無いもので。ローチョコレートやロースイーツで気に入っているお店が何店舗かあるのですが、その内の一つがカカオマジックさん。でも、昨年食べたのはこのビーガングルメ祭りの1回だけ。

こちらのローチョコレートタルトは、原材料に有機ココナッツシュガーや有機ローアガベを使用しているので、私の場合、全部食べるとカラダの反応が出る。だから1/4ほどいただき、あとはシェア。メープルシロップやココナッツシュガーも一度に摂取する量が、少量なら今のところ大丈夫みたい。 IMG_0015 ○原材料 有機ローカカオパウダー/有機ローカカオバター/有機ココナッツシュガー/生カシューナッツ/マカダミアナッツ/有機ローアガべ/海塩/バニラビーンズ

贅沢なローチョコタルト。少しいただくだけで大満足。 オンラインショップでも購入可能みたいです。そうそう、今年は花粉症の症状なし。少しの鼻水も肌や喉、粘膜の乾燥、かゆみもない。甘味料や小麦粉をカラダに入れない方が元気だ〜。

|カカオマジックさんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:アイスクリーム / イタリア / ジェラート / ソイフリー / テイクアウト / ヴィーガン / 中目黒 / 京都

京都三条でも東京中目黒でも味わえる世界に認められたヴィーガンジェラート、プレマルシェ・ジェラテリア。

今年の夏、京都と東京で食べたプレマルシェ・ジェラテリアのジェラート。 たくさんのフレーバーにワクワクしますが、私が食べられるのは一部なので選びやすい(笑)

京都三条店はこちら。イートインOK。地下鉄東西線・二条城前駅から少し歩き、京都三条会商店街に入ってブラブラしているとすぐわかります。プレマルシェ・ジェラテリアから少し離れたところに自然食品店プレマルシェ・オーガニクスもあるからぜひそちらも要チェック。食品や雑貨など必要なものが揃うので、ちょっとジェラートをいただいた後、お買い物もできていい感じ。 IMG_4346 国際コンテストW受賞と世界に認められたジェラートの看板やのぼりなどが置いてあって見つけやすい。個人的には、受賞歴よりどちらかというと自分のカラダに合うかどうかが気になるのであまり興味はありませんが…。この写真下に写っている「らくなちゅらる通信」、おすすめ。ぜひ読んでみて。お店では無料でいただきました。 IMG_4344 ジェラートの種類はヴィーガンでないものも含めてた〜くさんありました。 IMG_4348 ヴィーガン仕様で甜菜糖などを使用せず甘味料なしとなると2種類。2種類あれば十分です。白米のジェラート「米のうまみミルク」か、玄米のジェラート「米のローストキャラメル」。甘味料不使用のジェラートは私にとって貴重。そしてソイフリーが魅力的。アイスクリームは原材料に豆乳を使うことが多いから、大豆アレルギーの場合はこのジェラートを紹介できてうれしい。私も大豆は最近たくさん食べられなくなってきているので。原材料は全て確認できませんでしたが、こちらの2種類は甘味料不使用でコーンスターチなどが入っているそう。 IMG_4343 特に体の反応はなく、クリーミーというよりはあっさりしていて甘みはしっかりありました。個人的には絶品!とまではいきませんでしたが、美味しかったですよ。おそらく他のメニューの中には絶品ジェラートがありそう…。

京都三条でヴィーガンジェラートを堪能したら、中目黒店がオープンすると聞きつけ行ってみました。中目黒駅からとても近くてアクセスはいい。ちょうどレインボーバードランデヴーがある目黒銀座商店街の入り口付近向かって左手でした。ちょうどTSUTAYAのすぐそば。 IMG_4484 京都で食べた「米のうまみミルク」もありましたが、 IMG_4486 こちらでは「米のローストキャラメル」をチョイス。 IMG_4487 少し苦味があってこちらもサッパリしていて美味しい。 IMG_4489 中目黒店内には、京都のジェラート店だけあって祇園祭の山鉾ミニチュアも。もちろんイートインOKです。 IMG_4490 中目黒店は、12時開店なので午前中に動く場合は要注意。また、中目黒店の定休日は今のところ木曜日のようですが、営業時間や定休日も変わる可能性がありそうなのでお店に行く前に必ずHPやFacebookを確認した方がいいみたい。カップに入れてテイクアウトも可能なのでヴィーガンの方やそうでない方への手土産にいいかも。

●Remarché Gelateria(プレマルシェ・ジェラテリア)
https://gelato.organic


Category:gourmet  Tag:スイーツ / フレンチ / ヴィーガン / 京都 / 外食

素材本来の味を大切にした京都のヴィーガンフレンチ、ビストロ・ラ・フルシェット

野菜、素材本来の特徴を最大限にいかしたヴィーガンフレンチがいただけるこんなお店が京都にあったとは。 IMG_1779 以前から気になってはいましたが、夏は食べられないナスやトマトやピーマンだらけなのでやっと行くことができました。ちょうど京都のマンガ博物館の裏あたりにある古くて小さなお店。現在ランチはヴィーガンフレンチプレートのみのようですが、十分満足。 IMG_1781 お料理、味はすばらしい。あくまでも現在の私の味覚での話ですが…。というのは、甘味料もあわなくなってきた私の舌は繊細な味をもうけとれるようになってきているようで。美味しさだけでなくその素材、お料理が生命力あふれるものなのか、それをカラダで感じられるようになってきているみたい。香りや味、口からカラダに入った時の感覚、満たされ具合がまるで違う。

京都、美山の野菜を使った「Végéフレンチ」。見た目の良い野菜ではないけれど味は抜群と。(本当にその通りでした。)農業歴50年以上の経験豊富な女性達が孫や息子に食べさせるつもりで育てているらしい。

テーブルには星の王子様が。コルクでつくった置物がたくさんあって可愛らしい店内。 IMG_1786 調理法はいたってシンプル。使う調味料も塩、酢、油。甘味料は使わない。そこに目をつけるシェフが素晴らしい。本当に素材の立場になり素材を大切にしている姿勢が感じられる。

今はオーガニックだろうが、メープルシロップだろうが、ココナッツシュガーだろうが米飴だろうが、どうも甘味料をカラダが受け付けない。喉にしつこい甘みが残ったり、鼻水、咳、粘膜の乾燥が激しかったり、カラダがだるかったり重かったり浮腫んだり。 そんな私にはこちらのお店は超ピッタリでありがたい。

店主のブログを読んでいると本当に野菜がお好きなようで。 「素材を食す」がお料理のテーマらしく、良い食材を限りなくナチュラルな味に仕上げ、肉・魚・卵・乳製品・出汁・糖類は野菜の味を際立たせるために使っていないとのこと。畑から収穫した時点ですでに完璧な味になっているからこそ、その完璧な味を生かすために最低限の調理と厳選した調味料による最低限の調味。ステキすぎ。私も毎日自然の一部であるカラダは完璧だと感じるから本当にその通りだと思う。

「良い材料はそれ自体が複雑味を持っておりただそれを壊さない様皿に盛るのが私の仕事です。」と気持ちよい店主のお言葉。自然が育んだ完璧な素材に余計なことをしてぎゃくにその素材が持つエネルギーを奪わない。私のカラダに対する態度と同じでうれしい。

調味料は塩・レモン汁・オリーブオイル以外使っていないらしい。「刺激=美味しさ」の図式も必要なしと。これも腑に落ちる。刺激物はカラダにダメージを与えるしエネルギーを奪う。満たされていると刺激物はほしいと思わなくなる。

食べると、本当によくわかる。食材の味は意外とそのままで美味しかったりする。調理をしない方が美味しかったり。甘味料や調味料を加えない方が本来の素材がもつ旨み、甘みに感動する。

そんなお料理が味わえる貴重なお店、ビストロ ラ フルシェットさんのこの日のヴィーガンフレンチプレート(¥1,000/税込)は、豆乳ポタージュカプチーノ仕立て、おからのガレット、玉ねぎのオーブン焼、自家製天然酵母パン。前もって予約していたので有機レンズ豆のハンバーグの代わりにおからのガレットに変えてもらいました。トマトが食べられないので。 IMG_1784 1週間寝かせて焼いた自家製天然酵母パンを温めている時にただよってきた香りがまぁ素晴らしくて。 とにかくカラダもこころも喜び満たされるランチでした。

甘味料不使用のデザート(+¥500/税込)も気になり黒ごまと豆乳のアイスクリームと豆乳プリンを追加で注文。豆乳アイスクリームが絶品で。アールグレーのような香りがふわっとただよったかと思ったらデーツの香りだそうで。デーツの香りを感じたのははじめてかも。素晴らしく良い香りだった。甘みもデーツとドライフルーツの甘み。デーツシロップじゃないんです。美味しかったなぁ。 IMG_1788 ランチは予約可能。ディナーは要予約と思っていたら気軽に来ていただくために予約なしのディナーセット(¥2,400/税込)も今月からやっているようです。たくさん食べられなくなってきたけど一度コース料理も食べてみたくなってきた。

美味しいだけじゃない、食べた後も体が穏やかなんて本当にすごいヴィーガンフレンチです。

●Bistro la fourchette(ビストロ ラ フルシェット)
【住所】〒604-0846 京都府京都市中京区押小路通両替町西入ル金吹町460住岡ビル1F
【電話番号】075-213-3693
【営業時間】ランチ 12:15-16:00 / ディナー 18:00-21:30
【定休日】不定休
【URL】http://www.la-fourchette.jp


Category:gourmet  Tag:グルテンフリー / パン / ヴィーガン / 京都

京都Boulangerie L’oiseau bleu(ブランジュリ ロワゾー・ブルー)の古代小麦を使った天然酵母パンが絶品

京都駅前のバスターミナルB1から西賀茂車庫前行き9番に乗って「上賀茂御園橋(かみがもみそのばし)」バス停で降りたらすぐ反対側にお店を発見。見つけやすい。京都駅から二条城前を通りスムースに行っても50分ぐらいかかったかな。 IMG_0945 かわいらしい小さなお店。 IMG_1032 Boulangerie L'oiseau bleu(ブランジュリ ロワゾー・ブルー)さんはグルテンフリー、古代小麦スペルト粉、ミレット(雑穀)のパン専門店 。ロアゾブルーは青い鳥という意味で幸せはすぐそばに…という思いが込められています。

極力パン作りに必要ない材料はなくし、ほとんどのパンに動物性の材料は使っていないそう。無農薬野菜やドライフルーツ、ナッツなどもできるだけオーガニックのものを使っているとのこと。石臼で自家製粉されているなんてすごいな。

スペルト小麦とは、小麦の原種にあたり品種改良がほとんど行われていない古代穀物。 現在の小麦グルテンとは形状が異なるらしく小麦アレルギーがほとんど発症しないそう。さらに普通の小麦と比べ栄養価も高いらしい。 IMG_0951 店内の冷ケースにチョイスさんのチーズも並んでいました。アガベシロップは使っていないようですがラスクやドーナツ、豆乳クリームぱんなどの甘いパン、グルテンフリーのパンはきび糖使用。

ということできび砂糖不使用の食べられるスペルト粉使用のバケットの小さい方(¥300/税抜)と IMG_0953 マカダミアリュスティック(¥280/税抜)と IMG_0954 キャロットマフィン(¥330/税抜)を購入。 IMG_0952 キャロットマフィンは甘みがメープルシロップだったかな。有機にんじんとナッツ使用。素朴な甘みで美味しい。 IMG_0990 そしてこの古代小麦、スペルト粉を使ったバケットがめちゃくちゃ美味しくて。きっと食べたらわかる。 サラダを作ってオープンサンドにしてみたら、サラダとバケットが調和してさらにパンの旨味が増す感じ。 IMG_0987 天然酵母のパンでもお腹、腸が浮腫むというか張ってしまうことがあるのですがブランジュリ ロワゾー・ブルーさんのフランスパンは食べても何も違和感なし。酵母や粉、作るプロセス全てが違うんだろうな。古代小麦のパスタも腸がはらない。 IMG_0995 マカダミアリュスティックは、マカダミアナッツが甘く感じてそれがまた美味。こちらもおすすめ。 IMG_0989 美味しいだけでなくカラダにもやさしいブランジュリ ロワゾー・ブルーさんのパン、超おすすめです。

●Boulangerie L'oiseau bleu(ブランジュリ ロワゾー・ブルー)
【住所】〒603-8832 京都市北区大宮田尻町53大央ビル101
【電話番号】075-492-9200
【営業時間】7:30-19:30 (売り切れ次第閉店)
【定休日】水曜日、木曜日
【URL】http://www.geocities.jp/boulangerieloiseaubleu/


Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / グルテンフリー / スイーツ / ヴィーガン / 京都

朝8時からオープン、京都ヴィーガンカフェVeg Out(ベグアウト)でAYA PAPAYA(あや ぱぱいや)さんのロースイーツ。

京都、鴨川のほとりにあるヴィーガンカフェVeg Out(ベグアウト)。

ヨガスタジオTAMISA三条寺町店の2Fに併設されているカフェcosy cafeと同じ系列。食だけでなく、ヨガ、音楽とイベントもあるみたい。ヨガスタジオTAMISA七条鴨川が同じビルに入ってるらしいですが気づきませんでした。 IMG_1022 店内もとってもオサレ。かっこいい。ナチュラルなんだけどとってもクール。朝一番お客さんは誰もいなかった店内に次々と海外のお客さんが一人で、カップルでとどんどん入ってきました。 IMG_1029 鴨川を見ながらのんびりできるのがいい感じ。 IMG_1028 穀物コーヒーや歯磨き粉、ベビー用のおもちゃだったりちょっとお買い物もできて楽しい。 IMG_1030 朝8時から営業しているから朝食をとることも可能。ブレックファーストメニューにはコーヒーがメインで穀物コーヒーはなかったけれど、お店に穀物コーヒーが売っていたのでもしやと思い尋ねてみたら注文できました。他にはランチ、ディナー、カフェメニューとあるみたい。 IMG_1023 で、穀物コーヒーとお目当てのローケーキ、滋賀高島のAYA PAPAYA(あやぱぱいや)さんのロースイーツをチョイス。この日のローケーキは夏季限定のマンゴーのローケーキ。AYA PAPAYA(あやぱぱいや)さんのローケーキは通販での購入なのですが京都のヴィーガンカフェで食べられるところもあるんです。そのカフェの一つがVeg Outさん。

AYA PAPAYA(あや ぱぱいや)さんののロースイーツはもちろんヴィーガン、グルテンフリーですが、甘味料にアガベシロップを使わず、ローココナッツネクター、ローココナッツシュガーやローではないですがメープルシロップを使用。個人的にとってもうれしい。

ドライマンゴーが入っているマンゴーのローケーキ(¥700/税抜)はココナッツクリームでクリーミーに仕上げたマンゴークリームが添えてありほどよい甘さでフルーティ。とってもシンプルで美味しかった。チョコレート系のローケーキも食べてみたいな。毎月ローケーキの種類は変わるようです。 IMG_1025 穀物コーヒー(¥300/税抜)も美味しかったですよ。豆乳がほしい場合はお願いするといいみたい。 IMG_1026 キッシュやマフィン、トースト、グラノーラといろいろブレックファーストのセットもあったのですが、おいしそうなヴィーガンマフィンはきび砂糖か甜菜糖だったかな、甘味料が合わなかったりサンドイッチの具がこの日はトマトとチリだったりとあきらめました。

次回はVeg Outさんで食事もしてみたいし、AYA PAPAYAさんのロースイーツもまた食べてみたい。

●vegan cafe Veg Out(ヴィーガンカフェ ベグアウト)
【住所】〒600-8133 京都市下京区七条通加茂川筋西入ル稲荷町448 鴨川ビル1F
【電話番号】075-748-1124
【営業時間】8:00-21:00(LO 20:00)
【定休日】月曜日
【URL】http://vegout.jp

●AYA PAPAYA(あや ぱぱいや)
http://aya-papaya.com


Category:gourmet  Tag:アイスクリーム / スイーツ / チョコレート / テイクアウト / ローフード / ヴィーガン / 京都 / 外食 / 飲み物

絶品ヴィーガンローチョコレートを味わえる京都カカオマジックさん。

第一回東京ビーガングルメ祭りで初めて食べたカカオマジックさんのアイスショコラにめちゃくちゃ感動したことがあって。

その日はとても暑く、絶品だったアイスショコラを飲み終えてカップをずっと持ち歩いていたら、カカオニブと大きな氷がいい感じに溶け合っていつの間にか冷た〜いカカオウォーターに。甘いわけではないのですがこれがまた絶品で。初めてカカオニブが美味しいと感じた日。

あ〜もう一度あのアイスショコラが飲みたいなと思いながらあっという間に月日は経ってしまい。先日ようやく京都のカカオマジックさんへ。

アクセスの仕方はいろいろあるようですが、今回京都駅前のバスターミナルから出ている5系統のバスに乗って「銀閣寺道」で下車。バス停の反対側へわたり歩いて5分ほどでお店に到着。思ったよりもアクセスしやすかったな。

観光客で賑わう通りからちょっと入ったところにお店があるのですが、すいていてラッキー。 IMG_0965 通常はショップ営業のみでローチョコレートやテイクアウトドリンクメニューのみの販売。でもその日はちょうどカフェ営業をされている日だったのでカフェでいただくことに。テイクアウトメニューは他に、抹茶ラテ、ほうじ茶ラテ、アイスカフェラテ、オーガニックコーヒーもありましたよ。 IMG_0966 店内も落ち着いた雰囲気でとってもオシャレ。 IMG_0969

まず入り口で注文と会計を済ませるのですが、美味しそうなローチョコレートのボンボンショコラはアガベシロップ使用であきらめ、ドリンクのアイスショコラ(¥800/税抜)とアイス玄米珈琲ラテ(¥700/税抜)とローチョコアイス(¥500/税抜)を注文。

言うまでもなくアイスショコラは濃厚でやっぱり絶品。甘みはデーツ。ローチョコレートは口の中が食べた後もっさりしない。スッと溶けて跡形もなくなりサラッとさっぱりしている。チョコレートドリンクやチョコレートを食べた後は大抵喉が乾くのですが、それが全くない。48℃以上に加熱せずその物本来の酵素が栄養素をそのままに効果的に摂取できるローフードと同じ考えでつくられているローチョコレートはやっぱり私は好きだな。 IMG_0970 こちらはアイス玄米珈琲ラテ。ラテは自家製アーモンドミルクとオーガニックメープルシロップでつくられている。ローチョコレートは入っていないけれどアーモンドミルクの濃厚シェイク、とっても美味。 IMG_0971 ローチョコアイスもカカオニブがアクセントになってとっても美味しい。小さめのカップだったので一人1カップずつ2カップ注文しようかと思いましたが1つで十分。何だかエネルギーが違う。サラッとした口当たりで軽いのにものすごく詰まっている感じ。だから飲み物とアイスだけですがお腹が夜になっても空かなかったほどの満足感、満腹感がすごすぎ。心も体もしっかり満たしてくれるカカオマジックさんのローチョコレート。めちゃくちゃ美味しいからまた食べたいと思うけれど食べた直後はもっと食べたいという気持ちにはならないぐらい大満足。 IMG_0974 甘みはデーツとココナッツシュガー。チャガとはロシアなどの寒冷地原産の「きのこ」のことらしく。和名ではカバノアワタケ。見た目はかたく黒っぽく、ごつごつしている。これもスーパーフードらしい。 IMG_0975 ローチョコアイスもテイクアウト可能。他に用事がなければテイクアウトしたかったな。ローチョコレートはオンラインショップでも購入可能。

満たされた〜という感覚が半端なくチョコレート好きにはたまらない。食べ物も見た目の量じゃないなと再確認。カカオマジックさんのローチョコレートはオーガニックの生カカオと天然の甘味料のみを使用し乳製品、保存料、乳化剤なども一切使わず一粒一粒丁寧に手作りされている本当にピュアなチョコレートだということが食べて実感。そうそうこちらはアイスにもラテにも豆乳は使っていません。豆乳がNGの方にもいいかも。

ということでエネルギーがた〜っくさんつまったローチョコレートを味わいたいなら京都のカカオマジックさんへぜひ。この週末2017年8月19(土)10:00-16:00、カフェは営業されるようです。基本的にはチョコレートショップとして、テイクアウトドリンクメニューはありますが店頭販売のみ。カフェ営業は期間限定、おやすみも定休日の火曜以外もあったりするので必ずHPをチェックてからお店へ行ってくださいね。

●Cacao ∞ Magic(カカオマジック)ショップ営業のみ
【住所】〒112-0002 京都市左京区浄土寺石橋町41-1
【電話番号】075-757-8914
【営業時間】12:00-20:00(今月8月のみ10:00-16:00)
【定休日】火曜日
【URL】https://www.cacaomagic.com


Category:gourmet  Tag:お菓子 / イタリアン / カフェレストラン / グルテンフリー / スイーツ / チョコレート / テイクアウト / パスタ / ヴィーガン / 京都 / 外食

京都CHOICEさんのヴィーガングルテンフリーテリヤキピザにクロレラマフェン!

CHOICE FROMAGE KOTOのテリヤキピザ(¥1,500/税込)、は山椒が入ったヴィーガンチーズと甘辛なテリヤキソースが絶品! img_8978 あいかわらず、クリームソース系のリゾット、パスタも美味しすぎ!今回は忘れず胡椒なしで。 CHOICE FROMAGE リゾット(¥1,300/税込)と img_8977 CHOICE FROMAGE クリームソースパスタ(¥1,400/税込)もウマウマです! img_8976 お昼どきだったのでランチセットについていたサラダ。ドレッシングがまた美味しい。 img_8975 最後にスイーツ。カシューナッツホイップクリームにはアガベシロップを使われていたのでそれはなしで。濃厚なヴィーガンガトーショコラ(¥700/税込)、めっちゃおすすめ!美味しいですよ!カカオバターなのかカカオマスなのかわかりませんが、ココアパウダーだけでは出せないしっとりした濃厚な感じがお気に入り。甘みはココナッツシュガー。ちなみにガトーショコラはテイクアウトできません。セットドリンクで穀物コーヒー(¥400/税込)と一緒に。穀物コーヒーには豆乳をつけてくれます。 img_8979 お会計の時にレジ横の冷ケースで気になるものが! img_8981 もちろんクロレラマフフィン(¥400/税込)をテイクアウト!買ってみたらなかなか美味しい!家族にも大好評!チョイスさんのマフィンっておすすめかも。 img_8995 断面は綺麗なグリーンで抹茶のような大人な味。 img_8996

●CHOICE(チョイス)
【住所】〒605-0009 京都府京都市東山区大橋町89-1 鈴木形成外科ビル1F
【電話番号】075-762-1233
【営業時間】◯月~水・金(close in 16:00-17:00)
      朝食 9:00-10:30
      ランチ 11:00-16:00(L.O.15:00)
      ディナー 17:00-21:00(L.O.20:00)
      ◯土・日・祝
      朝食 9:00-10:30
      ランチ 11:00-15:00
      ディナー 15:00-21:00(L.O.20:00)
【定休日】木曜日
【URL】http://choice-hs.net


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク