Category:gourmet  Tag:お菓子 / コールドプレスジュース / スイーツ / チョコレート / テイクアウト / フルーツ / ローフード / ヴィーガン / 上野 / 外食 / 飲み物

上野松坂屋のスピルリナブルーのロースイーツが絶品です

一昨年の新年早々、上野松坂屋全体の装いが素晴らしく、紺地に白抜きの家紋がドーンと新鮮。めちゃくちゃかっこいい。下町らしく、シンプルでごちゃごちゃした上野で一際目立つ。 IMG_2325 そんな上野松坂屋にひかれ、久しぶりにのぞいてみたら、本館2階が、「上野HANARE」と、カラダによいリフレッシュフロアにかわっていて、なんとロースィーツが食べられる。しかも私が得意でないアガベシロップを使っていないからうれしい限り。昨年、焼き菓子から離れるようになって、その代わりと言ってはなんですが、お世話になったいくつかのロースィーツのお店の一つがスピルリナブルー。

実は、昨年のクリスマス、年越しそば同様、クリスマスケーキももういらないかな思っていたのですが、スピルリナブルーのクリスマスケーキ予約開始日に知り合いとカフェでお茶をしてしまったものだから、思わずチョコレートとホワイトの2種類を1つずつ予約してしまいました。 IMG_0409 これがまた、濃厚で後味サッパリの絶品クリスマスケーキで。11月末にはほぼ完売だったようです。密かに人気。予約しないと食べられない。でも必要な分だけ作るというのはフードロスがなくていい。消費社会は、いつでも何でも手に入る状態にするから食べ物の廃棄量は半端ない。クリスマスケーキの大量廃棄の実態が昨年末話題になっていましたが、足りないぐらいがちょうどいい。カラダを観察していても、多すぎず少し少ないくらいがちょうどいいと感じるし体調がいい。私のライフスタイルは少しずつ、廃棄になるほど大量につくる、大量に食べる、大量に所有する、そういう世界からは離れている。

小ぶりなクリスマスケーキは、大人3人で食べましたが十分満足できる美味しさで感動でした。 IMG_3708 スピルリナブルーでは、藻の仲間であるスーパーフードのスピルリナを扱っているお店。鉄とたんぱく質が豊富らしい。こちらに併設されているこじんまりしたカフェ、おとなりのコムサカフェは激混みなのにかなり穴場。並ばず、カラダが喜ぶカフェなんて、いいことだらけ。コムサカフェからあふれたお客様でこちらも混むこともあるらしいですが、私が行くときはたいてい空いている。スピルリナを使ったメニューがは飲み物からスイーツといろいろあり。

美味しかったローケーキは(イートインも冷凍でテイクアウトも可能。)、「ローカカオケーキ(¥680/税込)」とヒルナンデスでも紹介されたらしい「ローケーキ チーズ風味(¥580/税込)」の2種類。ルイボスティーとのセットにもできるみたい。くるみはローカカオケーキのクラスト生地に使われているから私は基本上の部分をメインに食べる。 IMG_3967 ○原材料(ローカカオケーキ) カシューナッツ/メープルシロップ/ココナッツオイル/カカオパウダー/デーツ/くるみ/アーモンド/サイリウムパウダー/バニラエクストラクト/塩/スピルリナ

IMG_3753 ○原材料(ローケーキ チーズ風) カシューナッツ/アーモンド/レモン/メープルシロップスピルリナ/ココナッツオイル/デーツ/バニラエクストラクト/サイリウムパウダー/塩

はじめはチーズ風味がお気に入りでしたが、今はカカオかな。サイリウムパウダーはとろみをつけるために使うオオバコの粉末らしい。

しょっぱい系なら、スピルリナスナック(¥290/税込)。こちらもある時とない時があるようで。私は甘いものよりこちらが好み。 IMG_3716 ○原材料 アーモンド/やまいも(長芋)/ほうれん草/にんじん/塩/スピルリナ

さらに甘すぎるものはちょっと…という時に、スムージーボウルがGood!テイクアウトはできませんが、サッパリしていて甘みも感じられ水分補給にもなって一番好きかも。カラダがシャキッとする。

こちらはメープルシロップを使っているアボカドクリームがなかなか美味な「ローフレッシュボウル(¥580/税込)」。 IMG_3746 ○原材料 アボカド/オレンジ/パイナップル/ココナッツウォーター/メープルシロップ/レモン汁/塩/スピルリナパウダー

最近は甘味料不使用をカラダが好むので、ロースムージーボウル(¥680/税込)かコールドプレスジュース(¥680/税込)を注文。ロースムージーボウルはくるみ抜きで。 IMG_0645 ○原材料 イチゴ/冷凍ブルーベリー/くるみ/ココナッツファイン/バナナ/シナモン/青梗菜/生スピルリナ IMG_4290 ○原材料 ほうれん草/パセリ/りんご/パイナップル(生スピルリナを有料で追加可能)

店員さんは、閉店してしまった銀座ローライフカフェのスタッフさんだった方々のようなので味は間違いないですよ!原材料は時期によって少しかわります。

あと、焼き菓子の代わりにちょっとはまりそうになったロースピルリナクッキー5個入り(¥580/税込)。これもとっても美味しい。スピルリナという藻が入った加熱をしていない完全植物性のクッキー。食感が結構好き。甘味料がしっかり入っているのでかなり甘い。私はたくさん食べるとカラダがNO!と言ってくるのでもうあまり食べられませんが。(はじめ期間限定だったのですが、その後定番メニューになったようです。結構手間がかかるものなので、ある時のない時とあるかもしれません。) IMG_3771 ○原材料 カシューナッツ/ココナッツファイン/メープルシロップ/ココナッツシュガー/バニラエクストラクト/塩/ココナッツオイル/スピルリナ

ちょっと前に見かけたラップサンドもなかなか美味しかったな。スピルリナが入っていると飲み物でも何でも満腹感が増す気がする。 IMG_0084 先月はバレンタイン用のローチョコレートが並んでました。上野松坂屋のスピルリナブルー、めちゃくちゃいいね。

|SPIRULINA BLIUE(スピルリナブルー)のHPはこちら


Category:gourmet  Tag:お菓子 / グルテンフリー / スイーツ / ヴィーガン / 大手町

GREEN BROTHERS 大手町店で見つけたオーガニッククッキーキャット

ちょっと甘いものが食べたいなぁと思い、フラッと大手町のグリーンブラザーズへ寄ってみたら、可愛いパッケージを発見。よ〜く見たらヴィーガン、グルテンフリー、ソイフリー、パームオイルフリー、ピーナッツフリーのクッキーということで思わず購入。 IMG_0710 ちょっとソフトで大きめの「クッキーキャット」。グリーンブラザーズさんでは、ピンクの「バニラ&チョコチップ」とグリーンの「ヘンプ&カカオ」の2種類のみ店頭に並んでいました。原産国名はあまり見たことがないブルガリア。ポップの商品説明にローフードとあったのでロースイーツみたい。店員さんに確認したけどはっきりせず…。でも確かに食べた後、小麦粉と油の焼き菓子のようなカラダが重〜くなる感じはなく軽かったな。 IMG_0712 ○原材料(ヘンプ&カカオ グリーン) 有機オート麦/有機カシューナッツ/有機ココナッツ樹液/有機ヘンプシード/有機ココナッツオイル/有機ココアパウダー/有機ヘンププロテイン/有機バニラ

○原材料(バニラ&チョコチップ ピンク) 有機オート麦/有機カシューナッツ/有機ココナッツ樹液/有機ココナッツチップス/有機カカオマス/有機ココナッツシュガー/有機ココアバター/有機バニラ/食塩

グリーンブラザーズさんはサラダのお店。本来はそちらをおすすめしたいのですが、個人的にサラダはまぁまぁでした。まずいわけではなく、なんとなくもう一度食べたいと足が向かない。でもこのクッキキャットは美味しかったですよ。 IMG_0214 お店を見つけて初めて入った時は、カスタマイズの注文方法がよくわからずメニューから「VEGAN VEGAN!!(¥1,080)」を注文。原材料はグレインズ、ホウレンソウ、Mixビーンズ、キヌア&ワイルドライス、ビーツ、コリアンダー、アロエ、ライムコレアンダードレッシング。でもその中にシロップ漬けのアロエが結構入っていて。メニューにはナチュラルなアロエの写真が載っていたのでまさか缶詰のシロップ漬けとは想像できず。アロエを食べたらなんだかめちゃくちゃ不自然な甘さを感じ、「?」が頭によぎったのでこれは食べない方が良いなと思って途中でやめましたが、その後、唇が腫れ、喉が痒くなり腫れてしまいました。

そんなこともありましたが、何度かカスタムサラダを注文してみたものの、そこまで美味しい!とは思えず。 IMG_0213 なんででしょうかね。私もよくわかりません。カラダがもう一度行こうといわない。ランチに付いてくるパンもいろいろ入っていてシンプルではないので私は食べられませんでした。 IMG_0135 サラダではないけれど、このクッキーキャット、喉に甘みが残るほどめちゃくちゃ甘いので(今の私にはそう感じる。)と〜ても甘いものが食べたい時はぜひお試しを。ピンクのパッケージの方は、胃なのか、肝臓なのか内臓にちょっと痛みが走るほど甘さが強烈でした。さらに、ココナッツチップスが入っているから、食べていてちょっとパサつく感じ。どちらかというとグリーンの方が好みかな。 IMG_0131 |GREEN BROTHERS(グリーンブラザーズ)のHPはこちら


Category:gourmet  Tag:お菓子 / カカオマジック / グルテンフリー / スイーツ / ローチョコレート / ヴィーガン / 京都

京都カカオマジックさんのローチョコレートタルト、絶品です。

昨年から、小麦粉たっぷりの焼き菓子がどうもカラダに合わなくなってきて。以前ほど甘いものを食べたい衝動にもかられない。チョコレートもあまり食べたいと思わい。でもたまにちょっと甘みが恋しくなった時、ロースーツの出番が多くなってきた。それも個人的には、メープルシロップやココナッツシュガー、アガベシロップよりもデーツや果物の甘みで作られたものの方が好み。なぜならカラダが喜ぶから。

そんな中、昨年の京都ビーガングルメ祭りで、出会ったカカオマジックさんのローチョコレートタルト。もちろん迷わず食べましたよ。濃厚で、口溶けもよく、後味がサッパリで絶品!一口でココロもカラダも十分満たされました。トッピングのバニラナッツクリームもまた美味。これだけでもたぶん飲めてしまう(笑)クリーム系には目が無いもので。ローチョコレートやロースイーツで気に入っているお店が何店舗かあるのですが、その内の一つがカカオマジックさん。でも、昨年食べたのはこのビーガングルメ祭りの1回だけ。

こちらのローチョコレートタルトは、原材料に有機ココナッツシュガーや有機ローアガベを使用しているので、私の場合、全部食べるとカラダの反応が出る。だから1/4ほどいただき、あとはシェア。メープルシロップやココナッツシュガーも一度に摂取する量が、少量なら今のところ大丈夫みたい。 IMG_0015 ○原材料 有機ローカカオパウダー/有機ローカカオバター/有機ココナッツシュガー/生カシューナッツ/マカダミアナッツ/有機ローアガべ/海塩/バニラビーンズ

贅沢なローチョコタルト。少しいただくだけで大満足。 オンラインショップでも購入可能みたいです。そうそう、今年は花粉症の症状なし。少しの鼻水も肌や喉、粘膜の乾燥、かゆみもない。甘味料や小麦粉をカラダに入れない方が元気だ〜。

|カカオマジックのホームページはこちら


Category:gourmet  Tag:アイスクリーム / スイーツ / チョコレート / テイクアウト / ヴィーガン / 原宿 / 砂糖不使用

Happy Rainy Day! 雨の日はキッピーズ ココクリーム。

5月初旬、アイスクリームがフッと食べたいなと。でもアガベシロップだったり、デーツシロップだったり、メープルシロップだったり甘味料が結構入っているのでどうしようかなぁと思っていたら、KIPPY'S COCO-CREAM(キッピーズ ココクリーム)がフッと頭に浮かんだので久しぶりに行ってみたんです。

行こうと思った時間帯がちょうど閉店前ギリギリで、さらに雨も降っていたからやっぱりやめようかなと思うましたが行ってみようと。

行ってみたら、なんと平日限定で雨の日にアイスをお店で購入すると、アイス+1scoopプレゼント。予期せぬサービスにテンション上がる!2scoopsのオーダーでこの日は3scoops食べられました。でも実際は2scoopsで十分だったなと。トッピング(+¥100)もたくさんありますが、何も選ばずこの日はそのままヴィーガン仕様が3種類あったので、バニラデーツ、コーヒーデーツ、チョコレートデーツをチョイス。バニラはまぁまぁ。コーヒーデーツとチョコレートデーツは私好みでやさしい甘味でとても美味しかった。次回はカカオニブをトッピング決定。 IMG_3694 KIPPY'S COCO-CREAM(キッピーズ ココクリーム)は、カリフォルニア生まれの乳製品、砂糖、グルテンを一切使っていない100%オーガニックでフレッシュなアイスクリームショップ。 IMG_3695 メキシコ産オールドココナッツから採れる新鮮な生のココナッツクリームをベースに生ハチミツやデーツで甘さをプラスしながら毎朝手作りしているそう。基本的に甘味は加熱処理されていない生はちみつですが、デーツの甘味(デーツシロップではないですよ)を使ったヴィーガンもOKなフレーバーもあります。 IMG_3693 この日は私が選んだ3種類(バニラデーツ、コーヒーデーツ、チョコレートデーツ)。 IMG_3696 つなぎ、凝固剤、膨張剤、安定剤は絶対に使わないという徹底ぶり。土を農薬など化学品で汚さないと決意された農家の方のサポートなどいろいろなことを意識されている。

ココナッツミルクは好きだけど、あまり体には合わないので最近は買わないしほとんど食べない。でもこちらのココナッツクリームベースのアイスクリームは、シロップを使わず、生だからか食後、特に体の違和感が全くないからお気に入り。

イートインもOK。店内もPOPでかわいい。 IMG_3697 結局今年の夏食べに行ったのは1度だけですが、 雨が降っても食べたいなと思ったら、雨の日こそキッピーズココクリームへぜひ。 IMG_3691

●KIPPY’S COCO-CREAM(キッピーズ ココクリーム)
【住所】〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-6-3 1F
【電話番号】03-6758-0620
【営業時間】ランチ 11:00-19:30
【URL】http://kippyscococream.com
【その他】イートイン可


Category:gourmet  Tag:スイーツ / スムージー / ヴィーガン / 砂糖不使用 / 表参道 / 飲み物

トゥルーベリーのトゥルーアサイーベリーが絶品。

トゥルーベリーさんの「トゥルーアサイーベリー」、その名の通り飲めばわかる本当に美味しいアサイーのスムージー。まさにこういう新鮮でエネルギーいっぱいの飲みものが「エナジードリンク」!

表参道に週末行ったらめちゃくちゃ暑く、ちょうど近くにいたので迷わずトゥルーベリーの表参道店へ。 IMG_3575 いつきても盛り沢山なメニューで迷ってしまう。大好物のホイップスムージーのチョコクリームにアガベシロップを使用していると以前聞いていたし、その日はフルーティなものを欲していたのでスムージーにしようと。スムージーにしぼってもたくさんのメニューがあるのでまた悩む。カラダが喜びそうなものは?と目に入ったのが初めて飲む「トゥルーアサイーベリー」というスムージー。

原材料はとってもシンプル。アサイー、バナナ、ブルーベリー、デーツのみ。シンプルで本当に品質のよい素材を使っているから余計なものを加える必要がない。品質がよいというのは世間でいうところの「いかに見栄えがよくきれいで美しいか」とかそういうことではなく、人間がなるべく介入せずありのままの自然のエネルギー、生命力があるかどうかということがポイント。

シンプルだけど濃厚でジューシー。「トゥルーアサイーベリー」美味しすぎ。最近は果物を噛んで食べるスタイルなのでめちゃくちゃ久しぶりにスムージーを飲んでみましたがやっぱり美味しいね。

お久しぶりのスムージーだったので、常温と冷ためどちらにしますか?と聞かれハテナ?始めはよくわからず確認してみたら長めに撹拌するとやや常温に近くなるらしく冷ためが好みの場合は短時間の撹拌らしい。カカオニブやスピルナをプラスしても美味しいとメニューにあったので次回ぜひ。

こんなところにジューススタンド発見と思って注文しようと原材料を確認したら、アガベシロップや白砂糖、きび砂糖などお砂糖などで調整されていることがあるからどこでもというわけにもいかず。そして、アサイーのスムージーもアサイーボウルも、きび砂糖だったりお砂糖でアサイー自体をすでに調整したものを使用していることが多く、お店にわざわざ行ったけれど食べられなかったことも結構ある。

これ、フルーティでいながら濃厚。調整も一切していないフルーツそのまんまをググっと飲める感じ。やっぱりトゥルーベリーさんのスムージーは美味しいだけじゃない生命力あふれるカラダにやさしい飲みもの。おすすめです。営業日、営業時間は確認してくださいね。以前より営業時間が長くなったみたいです。 IMG_3577 ●Trueberry(トゥルーベリー)表参道店
【住所】〒107-0061 東京都港区北青山3-10-25
【電話番号】03-6427-7088
【営業時間】10:00-19:00
【定休日】不定休
【URL】http://trueberry.jp


Category:gourmet  Tag:お菓子 / カフェレストラン / スイーツ / テイクアウト / パティスリー・ユイ / リマカフェ / 外食 / 銀座 / 閉店 / 馬喰町

ヴィーガンプリンのTRIPLE Rが一時クローズ、ナチュラル・ハーモニー菓子工房に5/10には新宿リマカフェも閉店。

何だか、お世話になっているお店が2018年3月31日(土)で閉店。そして新宿リマカフェも2018年5月10日(木)で閉店。と同時に池尻大橋のリマ食堂も。

あまり焼き菓子を食べなくなって、外食も減ってきているけれど、ちょっとテイクアウトしたりプレゼントにと利用していたから少し残念。でもこれも自然の流れ。何かちょうど区切りとしてはよいタイミングなんだろうな。

3月に入って、なんだかナチュラル・ハーモニーさんへ行きたい、行かなきゃと胸騒ぎがしてなんとか用事を済ませて久しぶりに行ってみたんです。そうしたらナチュラル・ハーモニー菓子工房さんが3月で販売終了とあるじゃないですか。胸騒ぎはこのことだったのかと。

ナチュラル・ハーモニー菓子工房として移転される前からお世話になっていたナチュラル・ハーモニー菓子工房さん(パティスリー・ユイさん)。あんなに好きだった焼き菓子もあまり食べたいと思わなくなってきて足が遠のいていましたが、もう最後ならと久しぶりにスコーンと全粒粉のクッキーを購入。全粒粉のクッキー、やっぱり素朴でやさしい美味しさ。 IMG_3005 IMG_3006 そして、カカオニブの入ったココアとカカオニブのスコーンはなんとも最高でした。チョコチップが入っているスコーンよりもカカオニブの方が私は好みだな。甘さ控えめでカカオニブの苦味がきいて大人向き。すごくいい組み合わせ。カカオニブのつぶつぶの食感もいい。さすがだな。米粉はそんなに体に合わないのだけれどこちらのスコーンはなんだか美味しい。 IMG_2997 IMG_2998 やっぱりナチュラル・ハーモニー菓子工房さんのスイーツは絶品だなと最後に再確認。またどこかで会えるといいな。

4月からは「焼き菓子Lisse」さんのお菓子が並んでいましたよ。ナチュラル・ハーモニーさんの初代パティシエの方らしくめぐりめぐってという感じですね。甘味料が合わなかったので購入できませんでしたが美味しそうでした。

そしてたまたま、4月初旬、お土産にヴィーガンプリンを予約しようと久しぶりにサイトを見たら取り扱っている馬喰町のトリプルアールさんが3月末で閉店してしまっていてびっくり。でもリニューアルのため一時クローズということでまた利用できそう。よかった。 IMG_6657 ちなみにヴィーガンプリンはこの連休中の明日、明後日の2018年5月5日(土)、6日(日)とマーチエキュート神田万世橋のMANSE BRIDGEで開催されるイベント「BESPOKED JP」で販売しますよ。オリジナル、抹茶、チョコと3種類。すっかり甘いものをあまり食べなくなってチェックしていなかったから私もチョコを食べてみたいと狙っています。サイズとお値段も私が食べていた時よりもお手ごろになっていた気が…。

そして最近驚いたのが、リマカフェの閉店。それも新宿だけでなく池尻大橋のリマ食堂も同時に閉店。でもこちらもまたヴィーガン&ベジタリアンのお店を検討中らしいのでHP要チェックです。新宿リマカフェでは2018年5月3日(木)から5日(土)までデーツの甘みの柏餅が並ぶみたいですよ。

たくさんお世話になった3つのお店。 本当にいつも美味しいごはんやスイーツをありがとうございました。またリニューアル後のお店も楽しみだな。

●株式会社ナチュラル・ハーモニー
https://naturalharmony.co.jp

●LIMA CAFE(リマカフェ)
【住所】〒151-0053 東京都渋谷区代々木二丁目23番地1号ニューステートメナー
【電話番号】03-6276-0571
【営業時間】11:30-19:00(L.O.18:30)
【定休日】なし(土日祝営業・年末年始は除く)
【URL】http://lima-cafe.com


Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / スイーツ / ヴィーガン

未来食カフェレストランつぶつぶのほんのり甘くて美味しいミニパフェ。

甘味料をあまり受け付けなくなってきている今日この頃。

未来食カフェレストランつぶつぶのスイーツは、昔から米飴やメープルシロップなどの甘味料も使わずやさしい甘み。りんごや甘酒の甘みを使っています。

メープルシロップやココナッツシュガーなどしっかり甘いものを食べていた時期は、やや物足りなさを感じていたのを思い出す。だから、スィーツは注文しないことが多くて。でも今回はあえてどう自分が感じるかを知りたくて、ディナータイムに注文できるミニサイズのプリンミニパフェ(¥972/税込 )を食べてみました。(季節限定、ストロベリーは4/29まで) IMG_3263 季節によって内容は異なりますが、この日はストロベリーがキラキラすてきなプリンミニパフェ、とっても美味しかった。りんごのソースが自然な甘みでミニパフェをいい感じにまとめてくれる。見た目も美しく、量もちょうどいい。人によっては少なすぎと思われるかもしれませんが…。

慣れ親しんだ状況の中にいると気づかない。でも甘味料を自然に少しずつとらなくなってくると、あたりまえですがカラダもかわり味覚もかわる。現在の食スタイルになる前は乳脂肪、白砂糖たっぷりの大きなパフェが大好きだった。ヴィーガンになってもメープルシロップや米飴などたっぷり使っていたので、つぶつぶレストランのスーツを食べても、ちょっと甘みが足りない量も足りないと不足感を感じていたんですよね。この不足感、自動的に無意識に満たされないという感覚を受け取っていましたが今はそれがない。1年ほど前の私もやっぱり甘みが足りないなぁと思っていました。

常にぶれない未来色カフェレストランTUBUTUBU。美味しいミニパフェで自分の今の甘さに対する感覚が確認できますよ。2018年4月30日(月)のディナータイムは貸切のようですのでご注意を。来月のミニパフェはなんだろ。ちょっと気になる。 IMG_3190

●未来食カフェレストランTUBUTUBU
【住所】〒162-0851 東京都新宿区弁天町143-5
【電話番号】03-3203-2093
【営業時間】ランチ 11:30-13:30 / カフェ13:30-17:00(L.O.16:00) / ディナー 17:00-22:00(L.O.21:00)
【定休日】火曜日(祝日の場合営業・翌日休業)*月曜日は17時までの営業(祝日の場合22時まで営業)
【URL】http://b-tubutubu.com


Category:culture  Tag:お菓子 / グルテンフリー / スイーツ / テイクアウト / パン / フルーツ / ヴィーガン / 原宿 / 渋谷 / 砂糖不使用 / 雑貨

EARTH DAY TOKYO 2018

今日はアースデイ。地球のことを考えて行動する日。

渋谷方面に用事があり、山梨のごぱんさんも出店されると知ってちょっと寄ってみました。ちょど会場に到着した時、C.Wニコルさんも歩きでそれもお一人で到着されたところだったようで、花壇の端の方で休憩されようとしていました。

一番最初に目に入ったフェアトレードのお店、クラフトリンク。 IMG_3430 こんなハンドメイドのジュートの雑貨がたくさん並んていました。 左端にあるのは卓上ミニほうき。人気らしいです。持ち手の先端が、ライオン、しかなどの動物になっている。とてもステキ。麻で作られた動物の置物たち。ジュートのバッグなどもありました。 IMG_3486 中でもしまうまが気に入ってしまい、一つ購入。¥780(税込み)でした。手作りで一つ一つかたちも色も微妙に違うからそこがとてもいい。雑貨を買う予定ではなかったけれどハートに響いた久しぶりのかわいい雑貨。出会えてうれしい。中にワイヤーが入っているから手足を自由に曲げられるらしい。オンラインショップでも購入可能。

ごぱんさんはどこかなぁと歩いていたら、アレッポの石鹸も売っていて。 IMG_3432 お次はフィリピン産無農薬のバナナが目に入り、 IMG_3434 一本から購入可能で思わず購入。¥100(税込み)とお安い。 IMG_3437 ほどよい甘みであっさり食べられる。しつこくなくてとっても美味しい。オーガニックでも輸入バナナの独特の匂いがそういえばなかった気が…。だからとても食べやすかったなぁ。食べた後のバナナの皮はこちらへ。 IMG_3435 山羊の餌とか何かの餌として使うらしいです。バナナをほうばりながら、ごぱんさんへ到着。 IMG_3445 人だかりがなくゆっくり選べるなぁと思ったのもつかの間、いつの間にかお客さんでいっぱいになっていました。 IMG_3439 IMG_3441 お目当ての南部全粒粉100%、全粒粉と玄米の自家製酵母、塩ので作られているサワーブレッド(¥500)を一つ、久しぶりに購入できてうれしい限り。グルテンフリー、稗粉のバナナブレッド(¥400)も。 IMG_3482 大根入りの蒸しパンも買いました。全粒粉の蒸しパンおいしい。大根の味付けはねりごま、醤油、塩のみ。シンプルで絶品です。あと、玄米おかゆぱんスイートポテト桜風味も絶品でした。もちろん甘味料なしです。 IMG_3449 本当に優しい甘み、旨みでカラダが喜ぶおいしさ。 IMG_3502 サワーブレッドは、リトルクッチーナユメさんの天然酵母のカンパーニュと同じく、旨みがあって本当においしすぎ。いつも思うのですがもう一つ買えばよかったな。スライスして即冷凍。端っこを2枚食べましたが蒸してもトーストしても絶品です。

今日は、ビーガングルメ祭りもありましたが、今回そちらはパス。食べられるお店、気になるお店もあまりなかったので。また秋に行けたらいいかな。

お天気も良く、アースデイ東京2018はにぎわっていましたよ。一度、山梨のごぱんさんへ行ってみたいな。

●アースデイ東京
http://www.earthday-tokyo.org

●organic cafe ごぱん
http://www.gopan.jp/index.html

●craftlink クラフトリンク
http://www.craftlink.jp


Category:gourmet  Tag:お菓子 / スイーツ / ヴィーガン

米飴の優しい甘みが美味しいマクロビ流「素材を味わう全粒粉バー」。

お子さま向けにつくられたお菓子なのかもしれませんが…。大人のおやつにいいみたい。 IMG_3117 サンコーさんのお菓子は自然食品店や、生協でもよく見かける商品。でも、ほとんど甜菜糖やきび砂糖などの甘味料を使っているので私はいつも見て楽しむだけ。

先月根津の谷で見つけたサンコーさんの「マクロビ流 素材を味わう全粒粉バー」。2本入りで¥270(税込)お店のレジ横に置かれているのは、根津の谷のニューフェイスだったらしく。期待せず原材料を確認。 IMG_3107 うれしいことにこのクッキーの甘味料はなぜかメープルシロップに米飴。ひとつしか残っていなかったので即購入。食べてみました。これ当たり。ほどよい甘みでとっても美味しかった。

今のところ他のお店では見たことがない。どこで取り扱ってるんだろ。根津の谷でもあれっきり見かけない。焼き菓子はあんまり食べなくなってきたけれどもう一回ぐらい食べたいな。後味というか口の中にクッキーがなくなるタイミングに米あめのあめの甘みが感じられて美味しいんです。かみごたえはほどほどあるけれど、そんなに固くない。

美味しいけれど、どうもカラダが常にアップデートされているからか、変化、進化している感じで、オーガニックであろうとなかろうと、メープルシロップ、ココナッツネクター、ココナッツシュガーなど私に合うと思っていたものが合わなくなってきている。花粉症の症状とあらゆる甘味料は私の場合とても関係があるみたい。じっくり毎日観察していると自然の流れのなかでカラダの声、カラダの取り扱い方法がみえてくる。花粉症と甘味料についてはまたの機会に。

サンコーさんの「素材を味わう全粒粉バー」どこかで見つけたらまた買おう。出会わなかったら食べる必要なしということ。すべてはなりゆき。ラクだな。


Category:gourmet  Tag:スイーツ / フレンチ / ヴィーガン / 京都 / 外食

素材本来の味を大切にした京都のヴィーガンフレンチ、ビストロ・ラ・フルシェット

野菜、素材本来の特徴を最大限にいかしたヴィーガンフレンチがいただけるこんなお店が京都にあったとは。 IMG_1779 以前から気になってはいましたが、夏は食べられないナスやトマトやピーマンだらけなのでやっと行くことができました。ちょうど京都のマンガ博物館の裏あたりにある古くて小さなお店。現在ランチはヴィーガンフレンチプレートのみのようですが、十分満足。 IMG_1781 お料理、味はすばらしい。あくまでも現在の私の味覚での話ですが…。というのは、甘味料もあわなくなってきた私の舌は繊細な味をもうけとれるようになってきているようで。美味しさだけでなくその素材、お料理が生命力あふれるものなのか、それをカラダで感じられるようになってきているみたい。香りや味、口からカラダに入った時の感覚、満たされ具合がまるで違う。

京都、美山の野菜を使った「Végéフレンチ」。見た目の良い野菜ではないけれど味は抜群と。(本当にその通りでした。)農業歴50年以上の経験豊富な女性達が孫や息子に食べさせるつもりで育てているらしい。

テーブルには星の王子様が。コルクでつくった置物がたくさんあって可愛らしい店内。 IMG_1786 調理法はいたってシンプル。使う調味料も塩、酢、油。甘味料は使わない。そこに目をつけるシェフが素晴らしい。本当に素材の立場になり素材を大切にしている姿勢が感じられる。

今はオーガニックだろうが、メープルシロップだろうが、ココナッツシュガーだろうが米飴だろうが、どうも甘味料をカラダが受け付けない。喉にしつこい甘みが残ったり、鼻水、咳、粘膜の乾燥が激しかったり、カラダがだるかったり重かったり浮腫んだり。 そんな私にはこちらのお店は超ピッタリでありがたい。

店主のブログを読んでいると本当に野菜がお好きなようで。 「素材を食す」がお料理のテーマらしく、良い食材を限りなくナチュラルな味に仕上げ、肉・魚・卵・乳製品・出汁・糖類は野菜の味を際立たせるために使っていないとのこと。畑から収穫した時点ですでに完璧な味になっているからこそ、その完璧な味を生かすために最低限の調理と厳選した調味料による最低限の調味。ステキすぎ。私も毎日自然の一部であるカラダは完璧だと感じるから本当にその通りだと思う。

「良い材料はそれ自体が複雑味を持っておりただそれを壊さない様皿に盛るのが私の仕事です。」と気持ちよい店主のお言葉。自然が育んだ完璧な素材に余計なことをしてぎゃくにその素材が持つエネルギーを奪わない。私のカラダに対する態度と同じでうれしい。

調味料は塩・レモン汁・オリーブオイル以外使っていないらしい。「刺激=美味しさ」の図式も必要なしと。これも腑に落ちる。刺激物はカラダにダメージを与えるしエネルギーを奪う。満たされていると刺激物はほしいと思わなくなる。

食べると、本当によくわかる。食材の味は意外とそのままで美味しかったりする。調理をしない方が美味しかったり。甘味料や調味料を加えない方が本来の素材がもつ旨み、甘みに感動する。

そんなお料理が味わえる貴重なお店、ビストロ ラ フルシェットさんのこの日のヴィーガンフレンチプレート(¥1,000/税込)は、豆乳ポタージュカプチーノ仕立て、おからのガレット、玉ねぎのオーブン焼、自家製天然酵母パン。前もって予約していたので有機レンズ豆のハンバーグの代わりにおからのガレットに変えてもらいました。トマトが食べられないので。 IMG_1784 1週間寝かせて焼いた自家製天然酵母パンを温めている時にただよってきた香りがまぁ素晴らしくて。 とにかくカラダもこころも喜び満たされるランチでした。

甘味料不使用のデザート(+¥500/税込)も気になり黒ごまと豆乳のアイスクリームと豆乳プリンを追加で注文。豆乳アイスクリームが絶品で。アールグレーのような香りがふわっとただよったかと思ったらデーツの香りだそうで。デーツの香りを感じたのははじめてかも。素晴らしく良い香りだった。甘みもデーツとドライフルーツの甘み。デーツシロップじゃないんです。美味しかったなぁ。 IMG_1788 ランチは予約可能。ディナーは要予約と思っていたら気軽に来ていただくために予約なしのディナーセット(¥2,400/税込)も今月からやっているようです。たくさん食べられなくなってきたけど一度コース料理も食べてみたくなってきた。

美味しいだけじゃない、食べた後も体が穏やかなんて本当にすごいヴィーガンフレンチです。

●Bistro la fourchette(ビストロ ラ フルシェット)
【住所】〒604-0846 京都府京都市中京区押小路通両替町西入ル金吹町460住岡ビル1F
【電話番号】075-213-3693
【営業時間】ランチ 12:15-16:00 / ディナー 18:00-21:30
【定休日】不定休
【URL】http://www.la-fourchette.jp


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク