Category:gourmet  Tag:お菓子 / グルテンフリー / スイーツ / ヴィーガン / 甘味料不使用

ニュージーランドの甘〜いヘルシースナック「フルーツ&ナッツ チョコレート スナックボール」

昨年の夏、成城石井で見つけたニュージーランドのヘルシースナック。一口サイズで食べやすいボール型。旅のお供にちょうどいい。

「フルーツ&ナッツ チョコレート スナックボール(¥460/税抜 2019.8 増税前)」は、ニュージーランドの超有名パーソナルトレーナーとシェフ「トム&ルーク」がプロデュースしているものらしい。ロゴのイラストがそのおふたりみたい。

栄養価が高く、砂糖や添加物を使わない美味しくて体に良いスナックがあればいいなと思っていた人気のパーソナルトレーナー「トム」の思いに人気カフェのシェフ「ルーク」が応えようと添加物や合成化学調味料などを使わずに美味しいヘルシーなスナックをつくってしまったというそんなふたりのストーリーもステキ。

フレーバーは、「オリジナルダーク」「ダークオレンジ」「ダークミント」とあるようで、「オリジナルダーク」を買ってみました。 IMG_2234 甘味料不使用ですがかなり甘くチョコレート感覚で楽しめる。1つぶで十分満足でき結構お腹にたまります。美味しいんだけど食べた後はお茶がほしくなるね。 IMG_2233 オーガニックではないようだけど原材料もドライデーツやナッツなどとってもシンプル。砂糖不使用、人口甘味料不使用、グルテンフリー、乳製品不使用、ビーガン対応、ピーナッツ不使用、遺伝子組み換えなしとすばらしい。ピーナッツを使っていないところがいいね!とってもめずらしい。ピーナッツはナッツではなくお豆さん。そしてほぼ油のかたまりみたいなものでローストすると酸化してしまう。だからローストピーナッツを大量に食べるのは要注意。

このスナックボール、夏場持ち歩いていても溶けないし、移動中に甘いものがちょっと食べたくなった時に便利です。手も汚れないしね。ニュージーランドでは、ヴィーガンやローフードメニューが当たり前のように日常に浸透していると聞いたことがあってかなり気になる国。一度行ってみたいなと思うけどやっぱり私は地元、家が一番好き。

|株式会社クッキータイム・ジャパンのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:Pure Plants / Trueberry / お菓子 / グルテンフリー / スイーツ / ロースイーツ / ローチョコレート / ヴィーガン / 中目黒 / 表参道 / 長野

免疫力を低下させない長野県佐久市のPure Plants(ピュアプランツ)さんのおやつがイチオシです!

各地で猛威を振るう新型コロナウィルス。日々コツコツカラダの内側のメンテナンスをしているとこういう時強いよ。免疫力は動物性由来のものだけでなく毎日無意識に摂取している砂糖によっても少しずつ低下していく。すぐ死にいたるわけではないからみんな気にしていないし気づきにくい。砂糖は現代の全ての加工食品やお料理に入っているといっても過言ではないくらい毎日自動的にカラダに入っている。白砂糖だけでなく、甜菜糖やアガベシロップなど自分のカラダに合わない、カラダからエネルギーを奪うような自分のカラダ(自然)のしくみにかなっていない甘味料や食べ物のエネルギーはできるだけカラダに入れないことが鉄則。現代社会は自然の仕組みではなく頭で食べているからね。

これって花粉症にもいえることでカラダで体験済み。いろんな外側の情報を信じるよりも自分のカラダの声を聞けば一発でわかるよ。そして1日だけ1週間だけ砂糖を抜いたとしても、カラダというものは昔カラダにインプットしてしまった砂糖のエネルギーやその後カラダに入れ続けた不必要なものを必ず外へ出してくる。そのデトックスも数日で症状がでるものもあれば1年いや数年蓄積されてまとめて症状として外側に現れるものもあるからね。花粉症だけでなく、一年中通して起こる体のあらゆる不調(風邪、インフルエンザ、坐骨神経痛や頭痛、生理痛、肩の痛み、腰痛、出血、神経痛、むくみ、肌荒れ、腸内の炎症、粘膜のただれなどなど)は、毎日コツコツ蓄積される砂糖のエネルギーも関係しているよ。目にはみえないし健康診断の数値でもあらわれないけどね。

でも、やっぱり甘いものは食べたくなる。実は甘いものを食べたくなるのはふつうの生理現象で全く悪いことではない。胃のエネルギーが低下したら胃はエネルギーチャージのために甘みをほしがるというただそれだけのこと。でもそんな時に白砂糖やカラダがNo!と言ってくるカラダに合わない甘みを与えるからカラダに不調和が広がる。だからカラダの声を聞いて自然な甘みを与えてあげるのがポイントで。自然な甘みは砂糖中毒、砂糖依存にもならないからね。でも一番いいのはあらゆる甘味料よりもフルーツ。もしフルーツが好きで美味しいと感じ食べたいと思うなら…の話ですが。

免疫力は下げたくない…でも甘いものが食べたい!そんな時におすすめなのが、長野県佐久市にあるPure Plants(ピュアプランツ)さんのやさしいやさしい超美味しいおやつ。以前のロゴもかわいかったけど昨年新しいロゴになってさらにステキにパワーアップ!

長野県佐久市にあるPure PlantsさんはTrueberryの創業者である西村直子さんのお店。Trueberryさんのスムージーやホイップローカカオスムージーなどのメニューからもよ〜くわかるように美味しい絶品メニューをどんどんこの世に送り出していらっしゃるお方。

Trueberryさんで出会ってからずーっとPure Plantsさんのおやつのファン。はっきり言ってぜーんぶ美味しい(笑)。そして甘味料がメープルシロップだったりドライフルーツだったり、小麦粉をたくさん使わずRAWなものが多いからそんなところがお気に入り。そしてエネルギー(生命力)のあるおやつたちを食べるとカラダが満たされるから、もっともっととたくさん食べてしまうこともない。 IMG_4391 久しぶりにTrueberry表参道店で、冷凍保存のRAWクッキーサンドアイス「塩バニラRAWアイス(¥500/税抜)」のPOPを見かけ思わず購入。大量生産ではなく正真正銘手作りおやつだから出会った時がチャンス。ホワイトチョコ 、バニラアイス好きにはたまらない濃厚で甘〜く塩気が絶妙な「塩バニラRAWアイス」。家族にも大好評!めちゃうまです。 IMG_4392 カチカチのまま口に入れて口の中で溶かしながら味わうのが好みですが、完全に解凍してしまうのではなく少しだけ常温で置いておくと食べやすくクリーミーなお味をしっかり楽しめる。

○原材料 有機カシューナッツ/アーモンド/メープルシロップ/ココナッツオイル/有機ココナッツシュガー/バニラエクストラクト(アルコールフリー)/ルクマ/塩 IMG_4396 こんなに濃厚な甘いおやつでも、食べた後の違和感やカラダの反応がなくとっても軽い。「ローカカオアイス(¥500/税抜)」もありますよ。こちらも絶品。 IMG_4700 ○原材料 有機カシューナッツ/アーモンド/メープルシロップ/ココナッツオイル/有機ココナッツシュガー/バニラエクストラクト(アルコールフリー)/ローカカオパウダー/ローカカオペースト/塩 IMG_4663 数ヶ月前にお久しぶりにTrueberry表参道店、中目黒店でお見かけした「グラノーラクッキー」。 IMG_0719 ココア味も。 IMG_4048 グラノーラってパラパラっとしたものがふつうですが、クッキーのようにほどよく塊があって食べやすくこれがまた美味しいんです。甘味料をあまり取らなくなってきた今の私にはとっても甘く感じますが、やさしい甘みで美味しいです。 IMG_0721 ○原材料 アーモンド/コーンフラワー(非遺伝子組換え/メープルシロップ/オーツ/ココナッツオイル/ココナッツフレーク/ココナッツミルク/パンプキンシード/シナモン/塩(アーモンドと塩以外は全てオーガニック素材) IMG_3665 その他にも焼き菓子がいろいろあって、以前ハマったアーモンドサンドも美味しかったな。アーモンドペーストたっぷりだから一つ食べると結構満腹。 IMG_3433 RAWココナッツクッキー(¥380/税抜)もあったよ。 IMG_3216 甘いものを食べたくなったらぜひお試しを。全てしっかり甘みを感じられココロもカラダも満たされる、本当にカラダにやさしく美味しいおやつたち。TrueberryさんでPure Plantsさんのおやつが並んでいたらチャンスです。手作りおやつだから大量生産とは違っていつでもどこでもたくさん手に入るわけではないのでね。

こちらはどうしても食べたくて昨年夏にお取り寄せしたPure Plantsさんのローガナッシュ(¥580/税抜)。絶品でした。 IMG_1877 甘味料もアガベシロップ不使用で個人的にとってもうれしい。メープルシロップ使用で甘すぎずとっても幸せな気持ちになれるおやつでした。一口でめちゃくちゃ満たされると家族にも大好評! IMG_1879 カフェは閉店してしまったようですが、テイクアウトはできるみたい。一度長野のお店へ行ってみたいなぁ。Pure Plantsさんのここちよいおやつたちは、いつもというわけではないですがTrueberryさんでお取り扱いありです。オンラインショップもあるのでピンときたらぜひそちらもどうぞ。

|Pure Plants(ピュアプランツ)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:お菓子 / クリスマスケーキ / グルテンフリー / スイーツ / ソイフリー / ヴィーガン

MOR Happiness 片山みかさんのグルテンフリークリスマスケーキレッスン

クリスマスケーキを選ぶ時、みんなの喜ぶ顔を想像しながらもどちらかといえばまず自分が食べたいからという理由で買うことが多かった私が、この一年でスイーツとの関係性がずいぶんと変化。甘いものを全く欲しない期間の方が長くなってきて…。全く食べないというわけではないけれど、たまに甘みがほしくなるそんな感じ。

で、今年はクリスマスケーキはどうしようかなぁなんて考えていたら、庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオでとてもお世話になったMOR Happiness 片山みかさんのワークショップを発見。即申し込み、参加してきました。 IMG_3746 庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオは初めて。このレッスンがね、とってもよかったの。片山みか先生に庄司先生、スタッフの方々、みなさんステキで、とても心地よい空間の中で楽しく美味しいあま〜い時間を過ごすことができました。庄司先生のブログは動物性由来の食品をとらなくなったころよく参考にさせていただいたので、お会いできて嬉しいかぎり。 IMG_3730 レッスンはデモンストレーションがメイン。レシピは米粉を使ったグルテンフリーのクリスマスケーキとホイップ2種。ココナッツミルクベースのホイップとカシューナッツベースのRawホイップ両方を教えてもらえてラッキーでした! IMG_3717 デモンストレーションの後は、調理台に用意されたデコレーションキット(スポンジケーキとココナッツミルクベースのホイップクリーム、ラズベリージャム)で各自、自由に作業開始。

こちらは先生の作品。美しい。 IMG_3741 完成してからみんなで撮影。デコレーション一つとってもそれぞれの個性がでていて面白い。 IMG_3738 各自仕上げたケーキは1ホールずつお持ち帰りできるという素晴らしいお土産付き。 もちろん試食タイムもありましたよ。Rawホイップ美味しすぎ。 IMG_3742 翌日家族みんなで食べたら、大豆アレルギーの子供はニッコニコでかぶりついていました(笑)。ホワイトチョコ好きの妹は、ココナッツミルクベースのホイップがホワイトチョコのようでめちゃくちゃ美味しいと大喜び。米粉で作ったスポンジは結構お腹にたまるから少し食べただけでもお腹いっぱいになっちゃいます。

片山先生は、お友達と一緒にトゥルーベリーを立ち上げた方。ピラティスやエステのお仕事もされていたそうで、運動なども大切だけれど食も重要だとご自身のカラダやお客様のカラダを通して感じるようになり、やさしいお菓子を提供したいと思ったそうです。エステでお客様のカラダと向き合っていると同じカラダの不調を訴えるお客様が同じようなものを食べていることに気付くこともあったそう。かなりカラダと食について細かく観察しながら研究されているようでした。片山先生のお話を聞きながら、モアハピネスさんの焼菓子やスイーツたちは、先生のお人柄、やさしさがにじみ出ているなぁとしみじみ。

片山先生の興味深いお話しや、研究しつくされた(いや今も進化し続けている)お菓子作りのコツ、おすすめの材料などたくさんのことをおしえていただき発見や気づきをいただきました。最近お料理教室のようなものに行かなくなってしまったからとても久しぶりのスイーツ教室は楽しかったなぁ。やっぱり直接お会いして先生のエネルギーを感じられるのはとってもいいね。また片山先生のワークショップや庄司先生のクラスなど何かピンとくるものがあったら参加しよ。単発で自由に参加できるいろいろなジャンルのお料理やお菓子の教室が毎月あるので要チェックです。

庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオは、代々木上原駅から近いのでアクセスもいいですよ。 IMG_3748 |庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオさんのHPはこちら

|MOR happiness(モアハピネス)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:アイスクリーム / カカオマジック / カフェ / グルテンフリー / スイーツ / チョコレート / ローチョコレート / ヴィーガン / 京都 / 外食

夏の思い出。カカオマジックさんの超美味しいローチョコレートパフェ❤️

京都へ来たら必ず一度は行きたいカカオマジックさん。 ずっと気になっていたカカオマジックさんのローチョコレートパフェ。この夏やっとカフェ営業日に行くことができました。 IMG_2040 こちらがそのお目当のローチョコレートパフェ(¥1,350/税抜 増税前の価格です。)、ローチョコレートタルトも入ってる。濃厚でとっても美味しかったな。しっかり甘みがあるから少し飲み物がほしくなるね。個人的に合わないアガベシロップは、ローチョコレートタルトに少し使用されていて、パフェのチョコとバニラアイスには使われていないそう。 IMG_2042 アイスローショコラ(¥800/税抜 増税前の価格です。)もアーモンドミルクにデーツの甘みで個人的におすすめ。 IMG_2038 ローチョコレートを知ってからは、ヴィーガン仕様でも普通のチョコレートをいつの間にか食べなくなってしまった。チョコレート自体以前ほど食べたい衝動がなくなってしまったこともあるけれど、普通のチョコレートを食べた後の口の中の状態が全然違うんです。私の場合普通のチョコレートを食べると口の中がまったり、ねっとりして少し口臭が発生する。でもローチョコレートは口溶けが良いとかそういうこともあるけれど、口の中がもったりせず匂いが全く出てこない。

この現象はチョコレートに限らず他の食べものも一緒で。生の野菜や果物ではなく、今のところ焼き芋や焼き菓子で同じ状態になる。たぶん今の私に必要ない、合わない食べ物を食べると消化のプロセスの入り口である口の中、唾液がまず普段とは違う分泌液を出してくるんだろうな。普段全く口臭がないからその違いは口に入れるとすぐわかる。口臭も必要のない食べ物、合わない食べ物をカラダに入れているというサインでもあるんだろうな。もちろん極度のストレスを感じている時も、口の中、毛穴から匂いが出てくるよ。いつもとは違う嫌な匂いがね。それもカラダのサインだね。

そういえば、オーナーさんが大好きな美味しいうどん屋さんがご近所にあるけれど、食べると頭痛がしてしまうと残念がっていました…。私の場合、体調や摂取量にもよるけれどアガベシロップを使用したスィーツを食べると、その直後喉が腫れたりイガイガしたり、オーガニックだったとしても烏龍茶(カフェイン)や白砂糖、きび砂糖と同様、前頭葉の部分にモヤがかかって頭が働かなくなり頭や目の奥などが重痛くなり集中できず何もできなくなる。

自然の一部であるカラダを観察しているとたくさんの気づきがあるよ。そして気づいて実践すると小さな変化を体験しながら心身ともに少しずつラクになっていく。

この週末の10月26(土)〜27日(日)に、カカオマジックさんは「Craft Chocolate Festival 02」に出店されるようです。私も行ってみようかな。

|Cacao ∞ Magic(カカオマジック)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:お菓子 / グルテンフリー / スイーツ / テイクアウト / ロースイーツ / ヴィーガン / 新宿

新宿マルイ本館5Fで買えるモアハピネスさんの絶品トロけるチーズケーキ。改装にともない今月9/25(水)で閉店(涙)

ベイクドチーズケーキやレアチーズケーキ、どちらも大好物な私。乳製品や白砂糖でつくられたチーズケーキは全く食べなくなり、ヴィーガン仕様のチーズ風ケーキもほぼ食べなくなったけれど、久しぶりにロースイーツ・グルテンフリー・ヴィーガン焼き菓子の専門店、モアハピネスさんの美味しい美味しい「トロけるチーズケーキ」を買ってみた。 IMG_2572 冷凍販売の「トロけるチーズケーキ(¥420/税込)」。昨年食べた時はベイクドっぽかったのに、レアチーズ風に進化してる。原材料もよく見たら今回のパッケージには有機ライスミルク入りと書いてある。しっかり解凍してから食べたほうがよりトロッと感を楽しめる。レアチーズっぽくなったところがかなりお気に入り。

○トロけるチーズケーキ
無農薬米粉/無農薬玄米粉/有機アーモンド/有機ココナッツミルク/有機ライスミルク/有機カシューナッツ/酒粕/有機オートミール/アルミフリーベーキングパウダー/有機レモン汁/有機メープルシロップ/塩

昨年買ったものはこちら。表面がしっかり焼いてある。こちらも美味しかったなぁ。 IMG_0073 トゥルーベリーさんで初めてモアハピネスさんのスイーツを知り、食べてみたらとっても美味しくて、それ以来モアハピネスさんのファンに。青山ファーマーズマーケットでもたまに購入していましたが、トゥルーベリーさんでのお取り扱いがなくなり、すっかり遠ざかっていました。昨年の5月、たまたま新宿マルイ本館に昨年寄ってみたら、5Fがいつのまにかヘルシーフロアになっていて、モアハピネスさんのお店を発見。こんなところで買えるんだぁとニンマリ。でも喜んでいたのもつかの間で。新宿マルイ本館での営業は今月9/25(水)で終わりのようです(涙)。

モアハピネスさんのスイーツは、他にもたくさんの種類があってとっても美味しい。まとめて買われるかたもいるようで。この写真左の「チョコサンドクッキー(¥390/税込)」もおすすめ。片栗粉が合わない私は頻繁に食べられませんが、とっても美味しい。ノンヴィーガンにも大好評。写真右の「スマイルパンプキン(¥310/税込)」もかわいくて美味しかった。 IMG_1507 モアハピネスさんのスイーツやパンは、甜菜糖使用のものが多いですが、メープルシロップやココナッツシュガーを使ったものも結構あるからうれしいな。 IMG_0070 これは昨年売っていたかわいいローチョコレートの「アーモンドボンボン」と「ラズベリーココナッツボンボン」。今は見かけませんが、アガベシロップ不使用のロースイーツ。小さくて見た目も可愛いから即購入。美味しかったな。片栗粉が入っていないのがポイント。 IMG_3537 IMG_3534 ○アーモンドボンボン
有機アーモンド/有機カカオバター/有機カカオパウダー/有機デーツ/オーガニックカルダモンパウダー/有機ココナッツファイン/オーガニックストロベリーパウダー/オーガニックラズベリーエクストラクト/オーガニックナツメグパウダー/ヒマラヤンソルト

○ラズベリーココナッツボンボン
有機ココナッツファイン/有機フィグ/有機カカオパウダー/オーガニックラズベリーエクストラクト/オーガニックラズベリーフリーズドライ/有機ココナッツバター/有機メープルシロップ/オーガニックストロベリーパウダー/有機ルクマパウダー

今後もどこかのマルイや新宿マルイ本館地下ベジスタンドさんなど、アイテムを絞って販売されるようです。詳細はFacebookやHPチェックしてみてくださいね。9/29(日)木場公園で行われる「ビーガングルメ祭り」に出店されるようです♪10/19(土)には、豊島区の方でワークショップもあるみたい。 IMG_0068 焼き菓子やケーキなどをあまり食べなくなってきても、やっぱりモアハピネスさんのスイーツは、カラダにやさしくて美味しいね。オンラインショップも要チェックです。 IMG_1505 みんな笑ってる〜 ^ ^

|MOR happiness(モアハピネス)さんのHPはこちら
|MOR happiness(モアハピネス)さんのFacebookはこちら


Category:gourmet  Tag:グルテンフリー / ラーメン / ヴィーガン / 外食 / 新宿

新宿AFURIのグルテンフリーの彩り野菜のヴィーガンらーめん。塩気控えめあっさり味がいいみたい。

久しぶりの新宿。新宿もいつのまにかヴィーガンのお店が増えている。ここのところ肌寒い日が続き、新宿でちょっとあったかいものを食べたいなぁとなんとなくAFURIへ寄ってみた。 IMG_1038 昨年、インスタントラーメンを食べても体が満たされないという感覚にハッとしてから、精製された小麦粉を使用しているヴィーガン仕様のインスタントラーメンや生ラーメンをすっかり食べなくなってしまった。あんなに美味しい!美味しい!と毎日食べても飽きなかった自分が信じらませんが、食べてもそこまで美味しいと感じなくなってきて。ラーメンに目が無かった私が、そんなこんなでいつの間にかラーメン屋さんからも足が遠のいてしまい新しいヴィーガンラーメンのお店があると知ってもなかなか行く気になれませんでした。 IMG_1039 新宿LUMINE1 B2FのAFURIで食べられる「彩り野菜のヴィーガンらーめん(¥1,480/税込)」。去年より少しお値段はUPしたみたい。まず自動販売機で食券を購入してからカウンターで注文。どこのお店でも食べられるわけではなく店舗限定なのでご注意を。私は使いませんでしたが、紙エプロンもあります。新宿LUMINE1 B2FのAFURIは入りやすい気がします。 IMG_1040 カラフルな、新鮮野菜を贅沢に使用した「彩り野菜のヴィーガンらーめん」は、スープから具材まで植物性100%。見とれてしまうほどとっても鮮やかできれい。スープにはトマトやナス科の野菜が入っていないのが私にとって大切なポイント。あと胡椒や唐辛子、そして甘味料も不使用。これって結構珍しい。トッピングのトマトは抜いてもらえます。AFURIのヴィーガンラーメンの麺は、レンコンが練り込まれた細麺。90%れんこんらしいです。店員さんは一切の麦を使っていないとおっしゃっていましたが、HPにはそうは書いていないようで、グルテンフリーではない?ようですが…。(後日、店員さんに確認してみましたがグルテンフリーでした。ただし、小麦麺と一緒に茹でているのでご注意ください。)とても気になった全粒粉麺は残念ながらヴィーガン仕様ではないとのこと。野菜は季節によって変わります。

実は「彩り野菜のヴィーガンらーめん」を食べるのは今回が2回目。その時はあまり美味しいと感じなかったのが正直な感想。「まずい。」わけではなく思ったよりあまり塩気のないあっさりしたスープで、こってり濃いめの味が好みの私にとっては少々物足りなく感じてしまいました。だからなんとなくブログにアップする気になれずそのままに…。こちらはちょうど昨年の3月ごろに食べたもの。 IMG_2960 しか〜し、今回は全くカラダの感じ方が違うことに気づきビックリ。ラーメンを食べるつもりも食べたいとも思っていなかったのですが、なんとなくAFURIに入ってしまい、昨年同様「彩り野菜のヴィーガンらーめん」を食べてみたら、あら美味しい。スープの味、コクに関しては少し物足りなさを前回と同じように感じたけれども、塩気があまりないあっさりスープが妙にやさしく心地よく、カラダが喜ぶ味だったんですよね。こちらは先日食べたもの。生野菜もトッピングされていて個人的にはとってもうれしい。水菜も¥200(税込)で追加でトッピングできるみたい。 IMG_1042 油で揚げたり炒めたりせず、生の野菜や果物を主に食べるようになり、今の私の体は塩気をあまり欲しがらない。塩気の多い食事をとると、やたら体がむくみ、翌日カラダが重いんです。甘味料をカラダに入れた後と同じような症状、喉の乾燥や、背中、腎臓あたりが痛重くもなったりもする。加熱した油や甘味料だけでなく塩、調味料も、カラダに入れることがちょっと厳しくなってきた。たくさんとらない方がカラダがとにかく軽くてラク。頭ではなくカラダが喜ぶことを選択すると塩や醤油、味噌、酢などの調味料を使う量も最小限になってきて、塩や調味料が全然減らなくなってきた。

この調味料と私の関係性の変化は自然のなりゆき。まだ全部読み終えていない「ナチュラル・ハイジーン」に関する本にも、最小限に抑えるべき食品として、塩や酢、味噌、醤油などの調味料を挙げている。頭で良い悪い、善悪の判断するのではなく、私のカラダが自然とそうなってきた。いくらオーガニックで植物油といっても、いくら自然塩といっても、いくら天然醸造酢といっても、カラダが「No!」と言ってくる。中でも酢は「カラダに良い。」「カラダに必要。」だと思い込んでいたけれど、そうでもないんだというのが私の感想。以前から少し感じてはいたんですよね。少量の梅酢やリンゴ酢であればまだカラダがそこまでダメージはないのですが、米酢やワインビネガーなどは今の私には強すぎて。自然塩や味噌もね。

「ナチュラル・ハイジーン」関連の本の一つ「50代からの超健康革命」には「塩は細胞の原形質を傷つける猛毒物質」と書いてある。今の私にはなんとなく腑に落ちる。ずいぶん前から、自然塩を使用したヴィーガンフードを食べた後でも、喉の渇きが激しく水や柑橘類を無性にほしがる。精製塩でなくてもね。玄米やパスタなど穀物を食べる時も塩気がどうもほしくなる。でも夏場、果物を主食にしていた時は、水も塩も梅干しも甘酒も酢も味噌も醤油も全く欲しいと思わなかった。そして、夏バテ、熱中症とも無縁だった。逆にしょっぱいものを食べたら、その途端に唇のまわりが異様に乾燥してしまい、水分がカラダから奪われるような、失われるような感覚に。水分をどんどん取り入れようとするんだけれどもなかなかカラダの渇きを潤せない…。果物ばかり食べていた夏に、そんな違いをハッキリ感じました。調味料の使いすぎ、穀物の食べすぎで結局必要以上に食べてしまったり、水分を摂りすぎたりカラダの調和を崩すプロセスに気づいてしまったから、玄米、麺類、パン、調味料から少しずつ離れて行く生活になってきている気がします。しょっぱいものを食べた後、甘いものを欲したりとその繰り返しも生の果物や野菜が主になってくるとなくなってきた。「50代からの超健康革命」という本も、内容は20代でも30代でも必要な内容だなぁと。また本の話はまたの機会に。



あと、白米や米粉と同様、白い粉、精製された小麦粉を食べるとどうも腸がつまるというか、腫れてしまう。だからオーガニックでもそうでなくてもふわふわの白いパン、うどん、麺類はカラダが受け付けなくなってきた。あんなに美味しいと食べていたのに、食後カラダが心地よくなくなってきたから自然と食べなくなるね。だからラーメンも今年はもう食べないだろうな。

あっさり塩気を抑えたやさしいヴィーガンラーメンを食べたくなったらAFURIの「彩り野菜のヴィーガンらーめん」がいいかも。でもその時の体調や人によって感じ方はいろいろだから、やっぱりカラダの声をきいて直観で行動した方がいいですね。私も去年と今年では感じ方が真逆なので。このブログもお店でも何でも、ピンときたらぜひ。都内では、AFURIの「彩り野菜のヴィーガンらーめん」、三軒茶屋以外で取り扱いありデス。神奈川では取り扱いがないようなのでお店に行く前に確認してみてくださいね。

|AFURIさんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:お菓子 / グルテンフリー / ヴィーガン

ナチュラルローソンで見つけたTEMOLE(ティモーレ)のザクロチップス(オリジナル)

パッケージにひかれて思わず買ってしまったTEMOLE(ティモーレ)のザクロチップス オリジナル。ナチュラルローソンで山盛りになっていました。

ザクロが入っているスナックなんてどんな味か想像できず、全く期待していなかったのですが、これがなかなか美味。数日後お店の前を通ったら、アーモンドシリーズよりも売れ行きが良いみたいで、残り2つになっていました。ザクロとひよこ豆の粉末を練りこんだノンフライチップス。意外な組み合わせだけれど美味しい。量も少なめでちょうどいいな。 IMG_0844 ◯原材料 ザクロ、ひよこ豆、米ぬか油、フラックスシード、チアシード、海塩

豆の中で、ひよこ豆は大好きなので余計に味が好みなのかも。 同じザクロチップスでも、別のフレーバーがあるようなのでヴィーガン仕様は「ザクロチップス オリジナル(パッケージ正面ザクロのイラストの背景がピンク。)」です。お間違えなく〜。


Category:gourmet  Tag:イタリアン / カフェレストラン / グルテンフリー / パスタ / ヴィーガン

リニューアルオープンしたかくれん穂さんのヴィーガンレーズンバター

グルテンフリーの100%米粉パスタが食べられるかくれん穂さん。3/1にリニューアルオープンしていました。 IMG_0779 オーナーおすすめの新メニュー、自家製ヴィーガンバター(¥680/税抜)が美味しい。オーナーは何でも直観でつくるそうで、甘味料を一切使用せずカシューナッツやココナッツオイルでつくれられているみたい。私にとっては、ちょうどおやつにいいかも。かわいくていつも元気なオーナーさん曰く、赤ワインにピッタリらしいですよ。 IMG_0777 新メニューが加わりメニューも少し変わっていましたが、自家製ヴィーガンバターともう1つ、かくれん穂さん1番人気の旬野菜たっぷりパスタ(¥980/税抜)をお久しぶりに注文。4つの味、ペペロンチーノ、しょうゆベース、トマトベース、ジェノベーゼソースから選べます。私はしょうゆベースをチョイス。 IMG_0780 しょうゆベースは、唐辛子を使用せずしょうゆの甘みとコクが感じられる。炒めた野菜だと消化が難しいので生野菜で対応していただきありがたい。油で炒めたものを食べると、右足甲が異常にむくみこむら返りが起こるから個人的には要注意なんです。

季節は今、春。陰陽五行で春は、肝臓がアクティブになる季節。肝臓に溜め込みやすい怒りという感情がムクムクとでやすかったり、肝臓からのデトックスも起こりやすいタイミング。季節に関係なく、普段の生活でこむら返りが起こりやすかったり、足がつりやすいということは、肝臓に負担をかける生活をしているということ。肝臓は筋肉を司っているから、怒りの感情を溜め込んだり、油だけでなく、アルコール、甘味料、トマト、動物性由来のものなど肝臓のエネルギーを奪うものを入れると肝臓は疲弊してしまう。以前、怒りを発したと同時に足がつる、こむら返りを起こした状態を目の前で見たことがあってびっくりした。怒りの感情もエネルギー。悪いわけではなく、観察し、出てきたら誰かにぶつけず溜め込まず、ただシンプルに出す。これが基本。カラダのあらゆる症状を観察することと同じだから、まず病気やあらゆる症状をなんとかしようとしなくなると、自然に感情のデトックスも見守れるようになる。

怒りを覚えたその瞬間の目の前の現象、目の前の人や言動は、実は自分が握りしめていたもの、自分が無意識に創造したものだったりするから、毎回「フゥ〜、これも私かぁ〜」と目が点になる。嫌だな、ムカつくなと思ったら注意深く観察。すぐに気づかなくても、全て私だったなと気づくようになってきた。本来の食スタイルに戻っていくと、カラダが整い、こういうことが気づきやすくなってくる。そうなってくると外側に文句を言う必要がなくなってくるんです。いや文句を言えなくなってくるんです。目の前の問題としているものに何とかしようとするよりも、自分の内側を整えたくなってくる。

話は戻って、リニューアルしたかくれん穂さん、バーカウンターや秘密のシート⁈もあったりと、さらにリラックスできる空間になっていました。 IMG_0778 |かくれん穂さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:おうちごはん / イタリアン / グルテンフリー / パスタ / ヴィーガン

ライフで見つけたアルチェネロの有機グルテンフリーパスタとチャヤさんのパスタソース

半年ぶり?にちょっと寄ってみた近所のスーパーで、アルチェネロのオーガニックのグルテンフリーパスタとチャヤさんのレトルトパスタソースが並んでた。こんなところで買えるなんてテンションが上がる。スーパーやコンビニは毎日行かないから、たまに見に行くとワクワクする。

私は普段食べないけれど、小麦アレルギーの子供のために先日Trueberryさんで同じパスタを購入していたからちょっと気になって。

パスタソースとか加工品は全く買わなくなってしまったのに、うれしくてパスタはペンネ(¥458/税抜)と(スパゲッテイ¥458/税抜)を、パスタソースは豆乳カルボナーラ(¥508/税抜)を思わずゲット。このグルテンフリーパスタ、アマゾンでも人気みたい。



グルテンフリーパスタのゆで時間は、スパゲッティ10分〜11分、ペンネ11分〜12分。溶けやすく、ゆでるとポタージュのようにトロミのあるゆで汁ができる。なんだかゆで汁も美味しそう。パスタソースは袋のまま、熱湯の中で5分温めるだけ。 IMG_0770 〇原材料(有機パスタ) 有機とうもろこし、有機米粉
〇原材料(豆乳カルボナーラ) 豆乳、くん製玉ねぎ(玉ねぎ、オリーブ油、こしょう、食塩)、エリンギ、アーモンドペースト、スイートコーンパウダー、オリーブ油、野菜ブイヨン、ココナッツミルク、塩麹、馬鈴薯でん粉、にんにくペースト、りんご酢、酵母エキス、こしょう(一部に大豆、りんごを含む)

こしょう、馬鈴薯でん粉が入っていたけれど、そこまでカラダのダメージなし。美味しかったですよ。酵母フレークをかけるとチーズっぽくコクがでて美味。私の場合、さらにキャベツの千切りをたっぷりトッピング。そうすると、食後カラダが重くならず消化がややラクになるんです。お久しぶりの簡単パスタメニューでした。


Category:gourmet  Tag:お菓子 / グルテンフリー / スイーツ / ヴィーガン / 大手町

GREEN BROTHERS 大手町店で見つけたオーガニッククッキーキャット

ちょっと甘いものが食べたいなぁと思い、フラッと大手町のグリーンブラザーズへ寄ってみたら、可愛いパッケージを発見。よ〜く見たらヴィーガン、グルテンフリー、ソイフリー、パームオイルフリー、ピーナッツフリーのクッキーということで思わず購入。 IMG_0710 ちょっとソフトで大きめの「クッキーキャット」。グリーンブラザーズさんでは、ピンクの「バニラ&チョコチップ」とグリーンの「ヘンプ&カカオ」の2種類のみ店頭に並んでいました。原産国名はあまり見たことがないブルガリア。ポップの商品説明にローフードとあったのでロースイーツみたい。店員さんに確認したけどはっきりせず…。でも確かに食べた後、小麦粉と油の焼き菓子のようなカラダが重〜くなる感じはなく軽かったな。 IMG_0712 ○原材料(ヘンプ&カカオ グリーン) 有機オート麦/有機カシューナッツ/有機ココナッツ樹液/有機ヘンプシード/有機ココナッツオイル/有機ココアパウダー/有機ヘンププロテイン/有機バニラ

○原材料(バニラ&チョコチップ ピンク) 有機オート麦/有機カシューナッツ/有機ココナッツ樹液/有機ココナッツチップス/有機カカオマス/有機ココナッツシュガー/有機ココアバター/有機バニラ/食塩

グリーンブラザーズさんはサラダのお店。本来はそちらをおすすめしたいのですが、個人的にサラダはまぁまぁでした。まずいわけではなく、なんとなくもう一度食べたいと足が向かない。でもこのクッキキャットは美味しかったですよ。 IMG_0214 お店を見つけて初めて入った時は、カスタマイズの注文方法がよくわからずメニューから「VEGAN VEGAN!!(¥1,080)」を注文。原材料はグレインズ、ホウレンソウ、Mixビーンズ、キヌア&ワイルドライス、ビーツ、コリアンダー、アロエ、ライムコレアンダードレッシング。でもその中にシロップ漬けのアロエが結構入っていて。メニューにはナチュラルなアロエの写真が載っていたのでまさか缶詰のシロップ漬けとは想像できず。アロエを食べたらなんだかめちゃくちゃ不自然な甘さを感じ、「?」が頭によぎったのでこれは食べない方が良いなと思って途中でやめましたが、その後、唇が腫れ、喉が痒くなり腫れてしまいました。

そんなこともありましたが、何度かカスタムサラダを注文してみたものの、そこまで美味しい!とは思えず。 IMG_0213 なんででしょうかね。私もよくわかりません。カラダがもう一度行こうといわない。ランチに付いてくるパンもいろいろ入っていてシンプルではないので私は食べられませんでした。 IMG_0135 サラダではないけれど、このクッキーキャット、喉に甘みが残るほどめちゃくちゃ甘いので(今の私にはそう感じる。)と〜ても甘いものが食べたい時はぜひお試しを。ピンクのパッケージの方は、胃なのか、肝臓なのか内臓にちょっと痛みが走るほど甘さが強烈でした。さらに、ココナッツチップスが入っているから、食べていてちょっとパサつく感じ。どちらかというとグリーンの方が好みかな。 IMG_0131 |GREEN BROTHERS(グリーンブラザーズ)のHPはこちら


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク