Category:gourmet  Tag:THREE / カフェレストラン / グルテンフリー / コールドプレスジュース / サラダ / サンドイッチ / ヴィーガン / 外食 / 表参道 / 飲み物

THREE 青山店は11/1にリニューアルオープン。7月に食べたREVIVE KITCHENのグルテンフリーのランチが美味しかったよ。

2019年秋にオープン6周年を迎えるTHREE AOYAMA只今改装中。もうすぐ2019年11月1日(金)にリニューアルオープン。 IMG_1749 今年7月ごろ外食するつもりはなかったけど、その日はなんだかお腹がすいてしまいTHREE AOYAMA REVIVE KITCHENへ。 IMG_1742 ちょうど店員さんがお店の外にある看板近くにいらっしゃり、原材料を確認してみたらグルテンフリーランチのアボカドトーストサンドが食べられそうということで初めてお店へ入ってみました。 IMG_1741 アボカドトーストとミニサラダとミニコールドプレスジュースがセットになって¥1,300(税抜/増税前)。 IMG_1743 ひじきのミニサラダもお味がよくてとても美味しかったけれど、このミニコールドプレスジュースが絶品で感動してしまった。 IMG_1744 いろいろある中でこの日は2番のエナジーチャージのためのBOOST JUICE(ブースト ジュース)。アーモンドミルク、ココナッツウォーター、カシューナッツ、アサイー、パイナップル、バナナ、キウイが原材料。甘味料などで調整されていないからカラダが喜ぶ。めちゃくちゃ美味しかった。心身ともに満たされるメニューのレシピはステキなセンスを感じるね。 IMG_1746 メインのアボカドトーストサンドもとっても上品ないいお味で美味しかったな。 IMG_1747 ふわっふわの米粉のパンも美味。少しずつ質のよい丁寧なお料理をいただけるのはうれしいね。量も多すぎずちょうどよかった。口に入れてから気づいたけど、ハラペーニョが少し入っていてちょっとヒリヒリ、ピリピリ。喉がイガイガして腸が腫れたから次回からは気をつけよう。喉と腸のセンサーが最近すごくいい仕事をしてくれる。ありがたい。

リニューアル前のランチセットもおすすめですが、リニューアル後のメニューもかなり楽しみ。食べられるものがあればいいな。ミニコールドプレスジュースが気に入ってしまったからREVIVE KITCHEN 日比谷店へ寄ってみたけど店舗ごとに違うようありませんでした。とても居心地が良いシンプルな空間もステキだしお店のスタッフさんもみなさん丁寧でやさしい。ピンときたらぜひ。 IMG_2737 |THREE(スリー)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:アイスクリーム / カカオマジック / カフェ / グルテンフリー / スイーツ / チョコレート / ローチョコレート / ヴィーガン / 京都 / 外食

夏の思い出。カカオマジックさんの超美味しいローチョコレートパフェ❤️

京都へ来たら必ず一度は行きたいカカオマジックさん。 ずっと気になっていたカカオマジックさんのローチョコレートパフェ。この夏やっとカフェ営業日に行くことができました。 IMG_2040 こちらがそのお目当のローチョコレートパフェ(¥1,350/税抜 増税前の価格です。)、ローチョコレートタルトも入ってる。濃厚でとっても美味しかったな。しっかり甘みがあるから少し飲み物がほしくなるね。個人的に合わないアガベシロップは、ローチョコレートタルトに少し使用されていて、パフェのチョコとバニラアイスには使われていないそう。 IMG_2042 アイスローショコラ(¥800/税抜 増税前の価格です。)もアーモンドミルクにデーツの甘みで個人的におすすめ。 IMG_2038 ローチョコレートを知ってからは、ヴィーガン仕様でも普通のチョコレートをいつの間にか食べなくなってしまった。チョコレート自体以前ほど食べたい衝動がなくなってしまったこともあるけれど、普通のチョコレートを食べた後の口の中の状態が全然違うんです。私の場合普通のチョコレートを食べると口の中がまったり、ねっとりして少し口臭が発生する。でもローチョコレートは口溶けが良いとかそういうこともあるけれど、口の中がもったりせず匂いが全く出てこない。

この現象はチョコレートに限らず他の食べものも一緒で。生の野菜や果物ではなく、今のところ焼き芋や焼き菓子で同じ状態になる。たぶん今の私に必要ない、合わない食べ物を食べると消化のプロセスの入り口である口の中、唾液がまず普段とは違う分泌液を出してくるんだろうな。普段全く口臭がないからその違いは口に入れるとすぐわかる。口臭も必要のない食べ物、合わない食べ物をカラダに入れているというサインでもあるんだろうな。もちろん極度のストレスを感じている時も、口の中、毛穴から匂いが出てくるよ。いつもとは違う嫌な匂いがね。それもカラダのサインだね。

そういえば、オーナーさんが大好きな美味しいうどん屋さんがご近所にあるけれど、食べると頭痛がしてしまうと残念がっていました…。私の場合、体調や摂取量にもよるけれどアガベシロップを使用したスィーツを食べると、その直後喉が腫れたりイガイガしたり、オーガニックだったとしても烏龍茶(カフェイン)や白砂糖、きび砂糖と同様、前頭葉の部分にモヤがかかって頭が働かなくなり頭や目の奥などが重痛くなり集中できず何もできなくなる。

自然の一部であるカラダを観察しているとたくさんの気づきがあるよ。そして気づいて実践すると小さな変化を体験しながら心身ともに少しずつラクになっていく。

この週末の10月26(土)〜27日(日)に、カカオマジックさんは「Craft Chocolate Festival 02」に出店されるようです。私も行ってみようかな。 IMG_2036 |Cacao ∞ Magic(カカオマジック)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:お菓子 / グルテンフリー / スイーツ / テイクアウト / ロースイーツ / ヴィーガン / 新宿

新宿マルイ本館5Fで買えるモアハピネスさんの絶品トロけるチーズケーキ。改装にともない今月9/25(水)で閉店(涙)

ベイクドチーズケーキやレアチーズケーキ、どちらも大好物な私。乳製品や白砂糖でつくられたチーズケーキは全く食べなくなり、ヴィーガン仕様のチーズ風ケーキもほぼ食べなくなったけれど、久しぶりにロースイーツ・グルテンフリー・ヴィーガン焼き菓子の専門店、モアハピネスさんの美味しい美味しい「トロけるチーズケーキ」を買ってみた。 IMG_2572 冷凍販売の「トロけるチーズケーキ(¥420/税込)」。昨年食べた時はベイクドっぽかったのに、レアチーズ風に進化してる。原材料もよく見たら今回のパッケージには有機ライスミルク入りと書いてある。しっかり解凍してから食べたほうがよりトロッと感を楽しめる。レアチーズっぽくなったところがかなりお気に入り。

○トロけるチーズケーキ
無農薬米粉/無農薬玄米粉/有機アーモンド/有機ココナッツミルク/有機ライスミルク/有機カシューナッツ/酒粕/有機オートミール/アルミフリーベーキングパウダー/有機レモン汁/有機メープルシロップ/塩

昨年買ったものはこちら。表面がしっかり焼いてある。こちらも美味しかったなぁ。 IMG_0073 トゥルーベリーさんで初めてモアハピネスさんのスイーツを知り、食べてみたらとっても美味しくて、それ以来モアハピネスさんのファンに。青山ファーマーズマーケットでもたまに購入していましたが、トゥルーベリーさんでのお取り扱いがなくなり、すっかり遠ざかっていました。昨年の5月、たまたま新宿マルイ本館に昨年寄ってみたら、5Fがいつのまにかヘルシーフロアになっていて、モアハピネスさんのお店を発見。こんなところで買えるんだぁとニンマリ。でも喜んでいたのもつかの間で。新宿マルイ本館での営業は今月9/25(水)で終わりのようです(涙)。

モアハピネスさんのスイーツは、他にもたくさんの種類があってとっても美味しい。まとめて買われるかたもいるようで。この写真左の「チョコサンドクッキー(¥390/税込)」もおすすめ。片栗粉が合わない私は頻繁に食べられませんが、とっても美味しい。ノンヴィーガンにも大好評。写真右の「スマイルパンプキン(¥310/税込)」もかわいくて美味しかった。 IMG_1507 モアハピネスさんのスイーツやパンは、甜菜糖使用のものが多いですが、メープルシロップやココナッツシュガーを使ったものも結構あるからうれしいな。 IMG_0070 これは昨年売っていたかわいいローチョコレートの「アーモンドボンボン」と「ラズベリーココナッツボンボン」。今は見かけませんが、アガベシロップ不使用のロースイーツ。小さくて見た目も可愛いから即購入。美味しかったな。片栗粉が入っていないのがポイント。 IMG_3537 IMG_3534 ○アーモンドボンボン
有機アーモンド/有機カカオバター/有機カカオパウダー/有機デーツ/オーガニックカルダモンパウダー/有機ココナッツファイン/オーガニックストロベリーパウダー/オーガニックラズベリーエクストラクト/オーガニックナツメグパウダー/ヒマラヤンソルト

○ラズベリーココナッツボンボン
有機ココナッツファイン/有機フィグ/有機カカオパウダー/オーガニックラズベリーエクストラクト/オーガニックラズベリーフリーズドライ/有機ココナッツバター/有機メープルシロップ/オーガニックストロベリーパウダー/有機ルクマパウダー

今後もどこかのマルイや新宿マルイ本館地下ベジスタンドさんなど、アイテムを絞って販売されるようです。詳細はFacebookやHPチェックしてみてくださいね。9/29(日)木場公園で行われる「ビーガングルメ祭り」に出店されるようです♪10/19(土)には、豊島区の方でワークショップもあるみたい。 IMG_0068 焼き菓子やケーキなどをあまり食べなくなってきても、やっぱりモアハピネスさんのスイーツは、カラダにやさしくて美味しいね。オンラインショップも要チェックです。 IMG_1505 みんな笑ってる〜 ^ ^

|MOR happiness(モアハピネス)さんのHPはこちら
|MOR happiness(モアハピネス)さんのFacebookはこちら


Category:gourmet  Tag:グルテンフリー / ラーメン / ヴィーガン / 外食 / 新宿

新宿AFURIのグルテンフリーの彩り野菜のヴィーガンらーめん。塩気控えめあっさり味がいいみたい。

久しぶりの新宿。新宿もいつのまにかヴィーガンのお店が増えている。ここのところ肌寒い日が続き、新宿でちょっとあったかいものを食べたいなぁとなんとなくAFURIへ寄ってみた。 IMG_1038 昨年、インスタントラーメンを食べても体が満たされないという感覚にハッとしてから、精製された小麦粉を使用しているヴィーガン仕様のインスタントラーメンや生ラーメンをすっかり食べなくなってしまった。あんなに美味しい!美味しい!と毎日食べても飽きなかった自分が信じらませんが、食べてもそこまで美味しいと感じなくなってきて。ラーメンに目が無かった私が、そんなこんなでいつの間にかラーメン屋さんからも足が遠のいてしまい新しいヴィーガンラーメンのお店があると知ってもなかなか行く気になれませんでした。 IMG_1039 新宿LUMINE1 B2FのAFURIで食べられる「彩り野菜のヴィーガンらーめん(¥1,480/税込)」。去年より少しお値段はUPしたみたい。まず自動販売機で食券を購入してからカウンターで注文。どこのお店でも食べられるわけではなく店舗限定なのでご注意を。私は使いませんでしたが、紙エプロンもあります。新宿LUMINE1 B2FのAFURIは入りやすい気がします。 IMG_1040 カラフルな、新鮮野菜を贅沢に使用した「彩り野菜のヴィーガンらーめん」は、スープから具材まで植物性100%。見とれてしまうほどとっても鮮やかできれい。スープにはトマトやナス科の野菜が入っていないのが私にとって大切なポイント。あと胡椒や唐辛子、そして甘味料も不使用。これって結構珍しい。トッピングのトマトは抜いてもらえます。AFURIのヴィーガンラーメンの麺は、レンコンが練り込まれた細麺。90%れんこんらしいです。店員さんは一切の麦を使っていないとおっしゃっていましたが、HPにはそうは書いていないようで、グルテンフリーではない?ようですが…。(後日、店員さんに確認してみましたがグルテンフリーでした。ただし、小麦麺と一緒に茹でているのでご注意ください。)とても気になった全粒粉麺は残念ながらヴィーガン仕様ではないとのこと。野菜は季節によって変わります。

実は「彩り野菜のヴィーガンらーめん」を食べるのは今回が2回目。その時はあまり美味しいと感じなかったのが正直な感想。「まずい。」わけではなく思ったよりあまり塩気のないあっさりしたスープで、こってり濃いめの味が好みの私にとっては少々物足りなく感じてしまいました。だからなんとなくブログにアップする気になれずそのままに…。こちらはちょうど昨年の3月ごろに食べたもの。 IMG_2960 しか〜し、今回は全くカラダの感じ方が違うことに気づきビックリ。ラーメンを食べるつもりも食べたいとも思っていなかったのですが、なんとなくAFURIに入ってしまい、昨年同様「彩り野菜のヴィーガンらーめん」を食べてみたら、あら美味しい。スープの味、コクに関しては少し物足りなさを前回と同じように感じたけれども、塩気があまりないあっさりスープが妙にやさしく心地よく、カラダが喜ぶ味だったんですよね。こちらは先日食べたもの。生野菜もトッピングされていて個人的にはとってもうれしい。水菜も¥200(税込)で追加でトッピングできるみたい。 IMG_1042 油で揚げたり炒めたりせず、生の野菜や果物を主に食べるようになり、今の私の体は塩気をあまり欲しがらない。塩気の多い食事をとると、やたら体がむくみ、翌日カラダが重いんです。甘味料をカラダに入れた後と同じような症状、喉の乾燥や、背中、腎臓あたりが痛重くもなったりもする。加熱した油や甘味料だけでなく塩、調味料も、カラダに入れることがちょっと厳しくなってきた。たくさんとらない方がカラダがとにかく軽くてラク。頭ではなくカラダが喜ぶことを選択すると塩や醤油、味噌、酢などの調味料を使う量も最小限になってきて、塩や調味料が全然減らなくなってきた。

この調味料と私の関係性の変化は自然のなりゆき。まだ全部読み終えていない「ナチュラル・ハイジーン」に関する本にも、最小限に抑えるべき食品として、塩や酢、味噌、醤油などの調味料を挙げている。頭で良い悪い、善悪の判断するのではなく、私のカラダが自然とそうなってきた。いくらオーガニックで植物油といっても、いくら自然塩といっても、いくら天然醸造酢といっても、カラダが「No!」と言ってくる。中でも酢は「カラダに良い。」「カラダに必要。」だと思い込んでいたけれど、そうでもないんだというのが私の感想。以前から少し感じてはいたんですよね。少量の梅酢やリンゴ酢であればまだカラダがそこまでダメージはないのですが、米酢やワインビネガーなどは今の私には強すぎて。自然塩や味噌もね。

「ナチュラル・ハイジーン」関連の本の一つ「50代からの超健康革命」には「塩は細胞の原形質を傷つける猛毒物質」と書いてある。今の私にはなんとなく腑に落ちる。ずいぶん前から、自然塩を使用したヴィーガンフードを食べた後でも、喉の渇きが激しく水や柑橘類を無性にほしがる。精製塩でなくてもね。玄米やパスタなど穀物を食べる時も塩気がどうもほしくなる。でも夏場、果物を主食にしていた時は、水も塩も梅干しも甘酒も酢も味噌も醤油も全く欲しいと思わなかった。そして、夏バテ、熱中症とも無縁だった。逆にしょっぱいものを食べたら、その途端に唇のまわりが異様に乾燥してしまい、水分がカラダから奪われるような、失われるような感覚に。水分をどんどん取り入れようとするんだけれどもなかなかカラダの渇きを潤せない…。果物ばかり食べていた夏に、そんな違いをハッキリ感じました。調味料の使いすぎ、穀物の食べすぎで結局必要以上に食べてしまったり、水分を摂りすぎたりカラダの調和を崩すプロセスに気づいてしまったから、玄米、麺類、パン、調味料から少しずつ離れて行く生活になってきている気がします。しょっぱいものを食べた後、甘いものを欲したりとその繰り返しも生の果物や野菜が主になってくるとなくなってきた。「50代からの超健康革命」という本も、内容は20代でも30代でも必要な内容だなぁと。また本の話はまたの機会に。



あと、白米や米粉と同様、白い粉、精製された小麦粉を食べるとどうも腸がつまるというか、腫れてしまう。だからオーガニックでもそうでなくてもふわふわの白いパン、うどん、麺類はカラダが受け付けなくなってきた。あんなに美味しいと食べていたのに、食後カラダが心地よくなくなってきたから自然と食べなくなるね。だからラーメンも今年はもう食べないだろうな。

あっさり塩気を抑えたやさしいヴィーガンラーメンを食べたくなったらAFURIの「彩り野菜のヴィーガンらーめん」がいいかも。でもその時の体調や人によって感じ方はいろいろだから、やっぱりカラダの声をきいて直観で行動した方がいいですね。私も去年と今年では感じ方が真逆なので。このブログもお店でも何でも、ピンときたらぜひ。都内では、AFURIの「彩り野菜のヴィーガンらーめん」、三軒茶屋以外で取り扱いありデス。神奈川では取り扱いがないようなのでお店に行く前に確認してみてくださいね。

|AFURIさんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:お菓子 / グルテンフリー / ヴィーガン

ナチュラルローソンで見つけたTEMOLE(ティモーレ)のザクロチップス(オリジナル)

パッケージにひかれて思わず買ってしまったTEMOLE(ティモーレ)のザクロチップス オリジナル。ナチュラルローソンで山盛りになっていました。

ザクロが入っているスナックなんてどんな味か想像できず、全く期待していなかったのですが、これがなかなか美味。数日後お店の前を通ったら、アーモンドシリーズよりも売れ行きが良いみたいで、残り2つになっていました。ザクロとひよこ豆の粉末を練りこんだノンフライチップス。意外な組み合わせだけれど美味しい。量も少なめでちょうどいいな。 IMG_0844 ◯原材料 ザクロ、ひよこ豆、米ぬか油、フラックスシード、チアシード、海塩

豆の中で、ひよこ豆は大好きなので余計に味が好みなのかも。 同じザクロチップスでも、別のフレーバーがあるようなのでヴィーガン仕様は「ザクロチップス オリジナル(パッケージ正面ザクロのイラストの背景がピンク。)」です。お間違えなく〜。


Category:gourmet  Tag:イタリアン / カフェレストラン / グルテンフリー / パスタ / ヴィーガン

リニューアルオープンしたかくれん穂さんのヴィーガンレーズンバター

グルテンフリーの100%米粉パスタが食べられるかくれん穂さん。3/1にリニューアルオープンしていました。 IMG_0779 オーナーおすすめの新メニュー、自家製ヴィーガンバター(¥680/税抜)が美味しい。オーナーは何でも直観でつくるそうで、甘味料を一切使用せずカシューナッツやココナッツオイルでつくれられているみたい。私にとっては、ちょうどおやつにいいかも。かわいくていつも元気なオーナーさん曰く、赤ワインにピッタリらしいですよ。 IMG_0777 新メニューが加わりメニューも少し変わっていましたが、自家製ヴィーガンバターともう1つ、かくれん穂さん1番人気の旬野菜たっぷりパスタ(¥980/税抜)をお久しぶりに注文。4つの味、ペペロンチーノ、しょうゆベース、トマトベース、ジェノベーゼソースから選べます。私はしょうゆベースをチョイス。 IMG_0780 しょうゆベースは、唐辛子を使用せずしょうゆの甘みとコクが感じられる。炒めた野菜だと消化が難しいので生野菜で対応していただきありがたい。油で炒めたものを食べると、右足甲が異常にむくみこむら返りが起こるから個人的には要注意なんです。

季節は今、春。陰陽五行で春は、肝臓がアクティブになる季節。肝臓に溜め込みやすい怒りという感情がムクムクとでやすかったり、肝臓からのデトックスも起こりやすいタイミング。季節に関係なく、普段の生活でこむら返りが起こりやすかったり、足がつりやすいということは、肝臓に負担をかける生活をしているということ。肝臓は筋肉を司っているから、怒りの感情を溜め込んだり、油だけでなく、アルコール、甘味料、トマト、動物性由来のものなど肝臓のエネルギーを奪うものを入れると肝臓は疲弊してしまう。以前、怒りを発したと同時に足がつる、こむら返りを起こした状態を目の前で見たことがあってびっくりした。怒りの感情もエネルギー。悪いわけではなく、観察し、出てきたら誰かにぶつけず溜め込まず、ただシンプルに出す。これが基本。カラダのあらゆる症状を観察することと同じだから、まず病気やあらゆる症状をなんとかしようとしなくなると、自然に感情のデトックスも見守れるようになる。

怒りを覚えたその瞬間の目の前の現象、目の前の人や言動は、実は自分が握りしめていたもの、自分が無意識に創造したものだったりするから、毎回「フゥ〜、これも私かぁ〜」と目が点になる。嫌だな、ムカつくなと思ったら注意深く観察。すぐに気づかなくても、全て私だったなと気づくようになってきた。本来の食スタイルに戻っていくと、カラダが整い、こういうことが気づきやすくなってくる。そうなってくると外側に文句を言う必要がなくなってくるんです。いや文句を言えなくなってくるんです。目の前の問題としているものに何とかしようとするよりも、自分の内側を整えたくなってくる。

話は戻って、リニューアルしたかくれん穂さん、バーカウンターや秘密のシート⁈もあったりと、さらにリラックスできる空間になっていました。 IMG_0778 |かくれん穂さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:おうちごはん / イタリアン / グルテンフリー / パスタ / ヴィーガン

ライフで見つけたアルチェネロの有機グルテンフリーパスタとチャヤさんのパスタソース

半年ぶり?にちょっと寄ってみた近所のスーパーで、アルチェネロのオーガニックのグルテンフリーパスタとチャヤさんのレトルトパスタソースが並んでた。こんなところで買えるなんてテンションが上がる。スーパーやコンビニは毎日行かないから、たまに見に行くとワクワクする。

私は普段食べないけれど、小麦アレルギーの子供のために先日Trueberryさんで同じパスタを購入していたからちょっと気になって。

パスタソースとか加工品は全く買わなくなってしまったのに、うれしくてパスタはペンネ(¥458/税抜)と(スパゲッテイ¥458/税抜)を、パスタソースは豆乳カルボナーラ(¥508/税抜)を思わずゲット。このグルテンフリーパスタ、アマゾンでも人気みたい。



グルテンフリーパスタのゆで時間は、スパゲッティ10分〜11分、ペンネ11分〜12分。溶けやすく、ゆでるとポタージュのようにトロミのあるゆで汁ができる。なんだかゆで汁も美味しそう。パスタソースは袋のまま、熱湯の中で5分温めるだけ。 IMG_0770 〇原材料(有機パスタ) 有機とうもろこし、有機米粉
〇原材料(豆乳カルボナーラ) 豆乳、くん製玉ねぎ(玉ねぎ、オリーブ油、こしょう、食塩)、エリンギ、アーモンドペースト、スイートコーンパウダー、オリーブ油、野菜ブイヨン、ココナッツミルク、塩麹、馬鈴薯でん粉、にんにくペースト、りんご酢、酵母エキス、こしょう(一部に大豆、りんごを含む)

こしょう、馬鈴薯でん粉が入っていたけれど、そこまでカラダのダメージなし。美味しかったですよ。酵母フレークをかけるとチーズっぽくコクがでて美味。私の場合、さらにキャベツの千切りをたっぷりトッピング。そうすると、食後カラダが重くならず消化がややラクになるんです。お久しぶりの簡単パスタメニューでした。


Category:gourmet  Tag:お菓子 / グルテンフリー / スイーツ / ヴィーガン / 大手町

GREEN BROTHERS 大手町店で見つけたオーガニッククッキーキャット

ちょっと甘いものが食べたいなぁと思い、フラッと大手町のグリーンブラザーズへ寄ってみたら、可愛いパッケージを発見。よ〜く見たらヴィーガン、グルテンフリー、ソイフリー、パームオイルフリー、ピーナッツフリーのクッキーということで思わず購入。 IMG_0710 ちょっとソフトで大きめの「クッキーキャット」。グリーンブラザーズさんでは、ピンクの「バニラ&チョコチップ」とグリーンの「ヘンプ&カカオ」の2種類のみ店頭に並んでいました。原産国名はあまり見たことがないブルガリア。ポップの商品説明にローフードとあったのでロースイーツみたい。店員さんに確認したけどはっきりせず…。でも確かに食べた後、小麦粉と油の焼き菓子のようなカラダが重〜くなる感じはなく軽かったな。 IMG_0712 ○原材料(ヘンプ&カカオ グリーン) 有機オート麦/有機カシューナッツ/有機ココナッツ樹液/有機ヘンプシード/有機ココナッツオイル/有機ココアパウダー/有機ヘンププロテイン/有機バニラ

○原材料(バニラ&チョコチップ ピンク) 有機オート麦/有機カシューナッツ/有機ココナッツ樹液/有機ココナッツチップス/有機カカオマス/有機ココナッツシュガー/有機ココアバター/有機バニラ/食塩

グリーンブラザーズさんはサラダのお店。本来はそちらをおすすめしたいのですが、個人的にサラダはまぁまぁでした。まずいわけではなく、なんとなくもう一度食べたいと足が向かない。でもこのクッキキャットは美味しかったですよ。 IMG_0214 お店を見つけて初めて入った時は、カスタマイズの注文方法がよくわからずメニューから「VEGAN VEGAN!!(¥1,080)」を注文。原材料はグレインズ、ホウレンソウ、Mixビーンズ、キヌア&ワイルドライス、ビーツ、コリアンダー、アロエ、ライムコレアンダードレッシング。でもその中にシロップ漬けのアロエが結構入っていて。メニューにはナチュラルなアロエの写真が載っていたのでまさか缶詰のシロップ漬けとは想像できず。アロエを食べたらなんだかめちゃくちゃ不自然な甘さを感じ、「?」が頭によぎったのでこれは食べない方が良いなと思って途中でやめましたが、その後、唇が腫れ、喉が痒くなり腫れてしまいました。

そんなこともありましたが、何度かカスタムサラダを注文してみたものの、そこまで美味しい!とは思えず。 IMG_0213 なんででしょうかね。私もよくわかりません。カラダがもう一度行こうといわない。ランチに付いてくるパンもいろいろ入っていてシンプルではないので私は食べられませんでした。 IMG_0135 サラダではないけれど、このクッキーキャット、喉に甘みが残るほどめちゃくちゃ甘いので(今の私にはそう感じる。)と〜ても甘いものが食べたい時はぜひお試しを。ピンクのパッケージの方は、胃なのか、肝臓なのか内臓にちょっと痛みが走るほど甘さが強烈でした。さらに、ココナッツチップスが入っているから、食べていてちょっとパサつく感じ。どちらかというとグリーンの方が好みかな。 IMG_0131 |GREEN BROTHERS(グリーンブラザーズ)のHPはこちら


Category:gourmet  Tag:お菓子 / カカオマジック / グルテンフリー / スイーツ / ローチョコレート / ヴィーガン / 京都

京都カカオマジックさんのローチョコレートタルト、絶品です。

昨年から、小麦粉たっぷりの焼き菓子がどうもカラダに合わなくなってきて。以前ほど甘いものを食べたい衝動にもかられない。チョコレートもあまり食べたいと思わい。でもたまにちょっと甘みが恋しくなった時、ロースーツの出番が多くなってきた。それも個人的には、メープルシロップやココナッツシュガー、アガベシロップよりもデーツや果物の甘みで作られたものの方が好み。なぜならカラダが喜ぶから。

そんな中、昨年の京都ビーガングルメ祭りで、出会ったカカオマジックさんのローチョコレートタルト。もちろん迷わず食べましたよ。濃厚で、口溶けもよく、後味がサッパリで絶品!一口でココロもカラダも十分満たされました。トッピングのバニラナッツクリームもまた美味。これだけでもたぶん飲めてしまう(笑)クリーム系には目が無いもので。ローチョコレートやロースイーツで気に入っているお店が何店舗かあるのですが、その内の一つがカカオマジックさん。でも、昨年食べたのはこのビーガングルメ祭りの1回だけ。

こちらのローチョコレートタルトは、原材料に有機ココナッツシュガーや有機ローアガベを使用しているので、私の場合、全部食べるとカラダの反応が出る。だから1/4ほどいただき、あとはシェア。メープルシロップやココナッツシュガーも一度に摂取する量が、少量なら今のところ大丈夫みたい。 IMG_0015 ○原材料 有機ローカカオパウダー/有機ローカカオバター/有機ココナッツシュガー/生カシューナッツ/マカダミアナッツ/有機ローアガべ/海塩/バニラビーンズ

贅沢なローチョコタルト。少しいただくだけで大満足。 オンラインショップでも購入可能みたいです。そうそう、今年は花粉症の症状なし。少しの鼻水も肌や喉、粘膜の乾燥、かゆみもない。甘味料や小麦粉をカラダに入れない方が元気だ〜。

|カカオマジックさんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:おうちごはん / カレー / グルテンフリー / ヴィーガン / 外食 / 根津

根津の谷の甘味料やトマト不使用の絶品野菜カレー。自宅では「スリカレー」のスパイスセットで味わえます。

素材を生かす調理にモチモチ玄米に根津の谷さんのランチやお弁当は本当にいつも美味しくて。美味しい!だけではなく、カラダとココロも満たされる。そんな根津の谷の野菜カレーを私は一度も食べたことがなかったんです。

カレーは、ヴィーガンのお店でも、インドカレーのお店でも、トマトなどのナス科の野菜だったり、ジャガイモ、唐辛子、白砂糖や甜菜糖などの甘味料が入っていることが多々あるのでやや避け気味。甘味料も白砂糖を使っている場合が国内でも海外でも結構多い。以前、アジアンキッチンのヴィーガンカレーを喉のかゆみや腫れを無視して、週一ペースで食べていたら、ある日突然子宮に強烈な痛みが一日中続いたことがあって。後でお店に確認をしてみたら白砂糖を使っているとのことでした。残念。

でもこちらのカレーはナス科の野菜もジャガイモも甘味料も一切入っていないのです。それを知らずに、一度食べてみたいなとカレーのいい香りに誘われ食べてみることに。 IMG_3165 野菜がゴロッとのっていて食べ応えあり。スパイスの香りがなんともいえず、旨味、コク、玉ねぎの甘みのバランスが素晴らしくて。カレールーが美味しすぎ。 IMG_3166 野菜カレー、玄米ご飯、グリーンサラダ、香の物、本日のお茶のセットで2018年4月からは¥1,350(税込)。

何で今まで食べなかったの?と思ってしまったほど。ただ、食事中そして食後に唇が赤くなって周りがヒリヒリピリピリ。風邪をひく前によくある口の周りの乾燥かなとはじめは思ったのですが、どうも様子がおかしい。結構痛みが激しくなってきて。その後プックリ腫れてしまい、夕方には唇の周りがカサブタみたいにかたくなってしまったんです。そして1日中痛かった。翌朝も硬くなった皮膚はそのままで。もとに戻るまで1週間ぐらいかかりました。

で、原材料を再度確認したらトマトなどのナス科の野菜やじゃがいもは使っていないし、さらにたくさんの玉ねぎをじっくり炒めて甘みを出しているから、甘味料も一切つかっていないと。なんでだろう?と思いつつも、とても美味しかったのでもう一度食べてみた。

今度は食後、口がやや赤くはれてましたが前回ほどひどくなかったので大丈夫かも?!と思っていたらお尻が激しくヒリヒリ。痛すぎ。結構強烈でした。少しの唐辛子なら大丈夫な時もあったりしたのでスルーしていましたが、どうも唐辛子がだめだったみたい。

そんなカラダの反応を、根津の谷のお店の方と話していたら、レストランではこのスパイスを使ってるんですよとお店に置いてある「スリカレー」を教えてもらったんです。この「スリカレー」だけ買いにくるというお客さんもいらっしゃるほど密かに人気とか。 IMG_3264 本格的なスリランカカレーが簡単につくれるこちらのスパイスセット。 IMG_3265 チリパウダーは別になっているからとても助かる。4〜8人前ぐらいつくれます。さっそくチリパウダーを使わず自分でつくってみることに。

「スリカレー」の作り方は、結構簡単で。レシピが1枚入っているのでそれを見ながらすぐ作れます。ささっと作れるレシピと玉ねぎをじっくり炒めるレシピと2種類あって今回はじっくり作るこだわりカレーでトライしてみました。 IMG_3266 シナモン、カルダモン、クローブのアロマティックスパイスにカレーリーフ、スクリューパイン、レモングラスのカレーハーブをこんなにたっぷり使ってオイルに香りをうつしているところ。これによって薫り高い極上カレーになってしまうなんてスパイスってすごいなと感動。 IMG_3279 そしてスパイスを除いて、 IMG_3281 香りが良いオイルで40分じっくり炒めてつくった玉ねぎに IMG_3282 ターメリック、カレーパウダーを加えてさらに炒めてカレーペーストの出来上がり。レシピではトマトを入れますが私は入れずそのまま。もちろん唐辛子も入れません。

作ったカレーペーストを2つにわけて、一つはひよこ豆の缶詰、冷凍かぼちゃ、人参、セロリを入れて煮込んだカレー。もう絶品で。 IMG_3291 もう一つはキャベツ、人参、赤レンズ豆を使ったココナッツミルクのカレー。 IMG_3404 こちらはお水のかわりに大好物だけれどやや苦手なココナッツミルクを使ってみました。レシピにある水分をココナッツミルクに変えても美味しいとあったので。こちらもめちゃくちゃ美味しすぎ。しっかり煮込んだせいか食後腸が腫れたり体の反応がなくうれしい。また作ってみよう。

結局唐辛子を使わなければ全く体の反応はなく何も問題無し。唐辛子のエネルギー、やっぱり強烈なんだなぁ。エネルギーを奪われるしカラダに合わない。

唐辛子が大丈夫なら根津の谷の絶品カレーめちゃくちゃオススメです。自然食レストランは水曜、日曜はお休みですが今日は営業しています。谷根千散策がてらいかがですか?日替わり根津の谷定食のメニューは当日だいたいですが午前11時すぎごろにブログにアップされるので確認できますよ。ついでにお店で売っているスリカレーでぜひご自宅でも。

根津の谷 http://nezunoya.web.fc2.com/


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク