Category:memo  Tag:アウトドア / イス / インテリア / フランス / ラフマ

いつの間にか眠ってしまう。折りたためるハンモックみたいなLafuma(ラフマ)のアウトドアチェア、POP UP XL(ワイド)。

ずっと前からいいなぁと思っていた、アウトドア用品で有名なフランスのLafuma(ラフマ)のデザインチェア。インテリア雑誌やコンランショップ、SENPRE、ACTUSなどのインテリアショップでもよく見かけます。

家具だけでなく、何かを購入する時、いつもデザインや使いやすさだけでなく、いろいろな使い方を何通りか検討して最後まで使い続けられるか、最終的にもし捨てることになった時、人に譲ることになった時、自分で動かせるかどうか、運びやすいかどうか、捨て方など、購入前にいろいろと考えてしまうから、1年、2年とあっという間に経ってしまう。

ということで、気に入ったデザインで、できるだけ軽くて使いやすい本当に使えるここちよいものというと、今の私にとって自分で動かせない、運べない、掃除がしにくい、洗えないような大きなソファは買いたくないなぁとなんとなくず〜っと頭の片隅にあって。かといって座り心地のよくないものも買いたくないし、基本的にずっと使い続けたい。さらに、使わないときコンパクトに折り畳めることが私には重要で。部屋の広さも狭くなったり広くなったりその時の状況でいろいろ変わるので、常に身軽に動ける状態でいたいなぁと。いつの間にかアウトドアのお店をよく見るようになりました。何かあった時、外でも使えるし普段の生活でも使えるからアウトドア製品はすばらしいなぁと思うようになってきて。

そんな時に、オシャレなインテリアショップでラフマのバタフライ型チェアを発見。それは本革でお値段もかなり高かったような気がしましたが、ネットで探したらアウトドア用品だということを初めて知り、本革よりお安いキャンバス地シリーズも見つけてニンマリ。匂いも気にならなず、インドアでもアウトドアでもしっくりくるからこれはいいなと。ただ、実物を見て一度座ってみたいと思い、その後なかなか購入まで踏み切れず、欲しいなというところで終わっていました。

ようやく昨年の春「よし買おう。」と思ったら、今まで見ていたポップアップチェアよりも幅が広がりワイドになったXLバージョンが新登場。どうしても座り心地を確認したく、キャンバス地タイプがディスプレイされているお店を探して、日本橋高島屋の9Fへ早速行ってみました。実際座ったら私にはとっても心地よく体のサイズもピッタリ。本当にスッキリ買う気になるまで待っていてよかった。なんとなくやってくる直観に従うとタイミングがうまくいくそんな気がする。

私が購入したものはラフマのポップアップチェアXLのカレー色。この色がお気に入り。インテリアのアクセントになるし、大きなポスターにもピッタリで。このワイド版が発売されるなんて全く知らなかったけれど、女性も男性もワイド版の方がゆったり座れる。購入の決めては4つ。自分で持ち運べるぐらい軽い、使わないときは折りたためる、座り心地がよい、そして洗練されたモダンなデザイン。そうそう、サイズは結構大きめ。 IMG_0977 窓を開けっ放しにして、風を感じながらお昼寝するのがとっても幸せ。座っているといつの間にか目を閉じて眠ってしまっている。

たまたま譲ってもらったバランスボールがオットマンとして意外と合う。こんな組み合わせは想定していなかったけれど、家にあるものがまた違う用途としていかされていく、こんな流れ、瞬間が楽しくてワクワクする。限られたスペースでもいかに自分にとって心地よい空間にしていくのか、いろいろ試行錯誤するそのプロセスがやっぱり楽しい。Amazonでも売っています。うちの場合、意外と男性に人気。いつのまにか眠ってます(笑)。



|ラフマチェア公式サイトはこちら


Category:culture  Tag:アウトドア / デザイン / 雑貨

キャンプにいいかも!オーストラリア生まれのオシャレでエコなテーブルウェア、EcoSouLife!

神宮前のワタリウム美術館へ寄ってみた。 IMG_7407 1Fのミュージアムショップ「ON SUNDAYS」でカラフルなお皿やカップを発見。 IMG_7263 オーストラリア、メルボルン生まれの天然素材のテーブルウェアブランドEcoSouLife(エコソウライフ)。 お店で売っていたのはバンブーシリーズ。 IMG_7341 竹の繊維、コーンスターチを主成分としてつくられていて、耐熱温度は100℃、耐冷温度はマイナス20℃。電子レンジ、オーブンは使用不可ですが食器洗浄機対応。ヴィーガンマークはなかったけれど、恐らくヴィーガン。

漆器のように冷めにくく、器を持っても熱くならないらしい。軽くて割れないから、地震の多い日本で普段の食器として使ってもいいなと思ったほど。

色もオレンジ、グリーン、ブルー、グレー、ピンクととってもカラフル。なんと染料も天然素材。

カトラリーセットもあったけれど、ちょっと使いやすいのかはわからない。 IMG_7258 こちらはピクニックセット。自分が使っているカップやお皿がすぐわかるように色わけされている。 IMG_7262 軽くて割れないからキャンプ兼防災用としていいかなと思い、Bamboo(バンブー)シリーズから3種購入。最終的にゴミにならないところが購入の決め手に!

サイドプレート(¥680/税込) IMG_7278 ボウル(¥680/税込) IMG_7280 キャンパーカップ(¥850/税込) IMG_7281 みんなにやさしく地球にもやさしいエコソウライフ。安全、安心だけでなく、繰り返し使って最後は土に埋めると2〜3年で土に還るらしい。エコソウライフのコンセプトの1つが「いつかは土に還っていくもの」。地球の大切な資源を大切に使いそして循環させていきたいという想いがこめられている。

これはいただいたエコソウライフのカタログ。飾っておきたくなるぐらいステキ。 IMG_7343


Category:culture  Tag:アウトドア / デザイン / 雑貨

パタゴニアのライトウェイトトラベルトートパック

このリュックは小さいお子さんがいるママさんから教えてもらいましたが3代目。ビモロシューズと同様、ほぼ毎日、平日の通勤、週末のプライベート、トレーニングそして旅行にといつもお世話になっています。軽くてとても丈夫、そしてリュックにもトートにもなるところがとっても気に入っています。新鮮な野菜やVEGAN食品、調味料、仕事に必要な本など、どこで何が見つかるかわからないのでこれがあれば重くてもラク〜に持って帰れます。今回のデザインはやや細長くスマートになって少しマイナーチェンジしていますがよりよくなってさらにGood! IMG_4974 必要ない時はコンパクトになるので海外旅行にもおすすめです。


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク