Category:memo  Tag:お弁当 / ヴィーガン / 青春18切符 / 駅弁

おトクで気ままで疲れない?!青春18切符この冬も満喫したよ!

のんびりと、ゆっくりと。日々、本来の自分のペースで動くと疲れないんだね。あたり前かもしれないけれど…。

いくつになっても誰でも、春、夏、冬の期間限定で使える「青春18切符」。大人も子供もみんな使えるなんて今まで全く知らず、学生の頃に使いたかったなぁと。

全国のJR普通列車(快速はOK)が乗り放題で乗降り自由。他にJR東日本のバス高速輸送システム(BRT)、JR西日本宮島フェリーも利用できるみたい。1枚の切符に5回分ついていて、1回分でひとりが1日中、自由に乗り降りし放題。自動改札機は使用できず、1回使えばハンコを押してくれる。2人で2回分使ってもよし、5人で日帰りするなら5回分使い切ってもよし、一人で宿泊しながら連続する必要がなく飛び飛びで5回使い切ってもよし。販売期間と使用期間が違うのでご注意を。私もまだ初心者なので詳細は調べてみてね。

実は昨年の夏、この青春18切符で関西へ2往復。金券ショップで買えたからさらに少し安かった。(必ずあるわけではないですよ。)今回消費税率10%UPにともない価格は、¥11,850円から¥12,050円に改定されています。

どうしてそんなに気に入ってしまったかというと、もちろんお安いという魅力もあるけれど何だか楽しいし私だけかもしれないけれどカラダが疲れないの。初めて使った時は、関西まで乗り換え8回ほどで、9時間強。ほぼ朝から夕方までと1日かかるけど、気分は普段の移動の延長だからか新幹線に乗った後のような疲れが一切ないのにビックリした。新幹線はあっという間にに目的地に到着し早いけれど、どうもあのスピードに私のカラダはついていけてないみたい。なぜなら新幹線で移動した後はちょっと一息入れたくなる私。急いだ分、無理した分、それをカラダが修復する時間を欲しがるような節がある。

そしてさらに、普通列車で関西方面へ行くとなると片道¥8,000以上かかるのに、¥2,410ポッキリ。予約する必要もないから朝寝過ごしても次の日に予定変更も全く支障なし。いつでも何時でも気が向いたら出発できるという気楽さがステキすぎ。あと、お盆休みや年末年始も使えるからさらにテンション上がる。

車窓からは富士山や海も見えるし、風景や人々の流れを観察するのも楽しい。 IMG_3788 たまにお隣の人といろんな話で盛り上がったり。駅名も結構面白い。 IMG_1865 キャリーケースを持っている人もよく見かけるけれど、個人的に荷物はできるだけコンパクトに。身軽がいいよ。着替えは宅急便で送りました。化粧水などの基礎化粧品やシャンプーやリンスを使わなくなったから何だか持ち物もあまりなくリュック1つ。飲み物と食べ物も一応準備。でも食べたくなければ断食で。

この冬は、強風で一時運転見合わせもあったり、ダイヤ乱れといろいろあったけどこれも面白い体験で。結構冷たい風が吹いていたけれど暖かい格好で行ったからホームで待っても問題なし。そんな状況だったから、乗り換えの際に待ち時間が少し長めにあって乗り換えごとにトイレに行けたから逆によかったかも。所要時間は3時間ほどオーバーしたけど、到着してから疲れがないから夜の街を歩き回ったよ。

トイレは大抵電車についているけど、たまにない時も。駅によっては洋式の個室が多くきれいなトイレもあれば洋式と和式一つずつしかないところもあるよ。もし乗り遅れても、次の電車に乗ればよいわけで気持ち的にラク。

昨年の夏は、中央本線、小渕沢、松本経由で行ったら途中大雨だったり落雷で一時停電になったりもしました。東海道本線とはまた風景も変わるね。木曽川の絶景、浦島太郎の伝説「寝覚めの床」も。撮影はしそこねましたが、近くの方の説明でそうなんだと。 IMG_2070 中津川という駅で乗り換えついでにちょっと途中下車して、こんなブルーベリーを見つけたり。 IMG_2069IMG_2065 IMG_2067 そうそう夏は東京駅、冬は上野駅にヴィーガン仕様のお弁当が普通に並んでいてビックリ!それもオーサワ新宿店やビオセボンで見つけたお弁当もあったから、思わず買ってしまった。 IMG_3782 IMG_3780 こちらは、上野の中央改札を一度出て、右手に見える自由が丘ガーデンで買ったもの。 IMG_3781 喉も腫れたりイガイガしなかったから甜菜糖とか甘味料は使っていないんじゃないかな。原材料には書いていなかったけど。おいしかったよ。ここには亀有升本さんマクロビ仕様のお弁当や勝運おはぎ、大根まんじゅうも見かけました。

こちらは夏、東京駅でみつけた大地を守るDeliのお弁当。美味しそうな野菜ずしだったから買おうかと思ったけど、パプリカとなすが入っていたからやめました。残念。POPにはお昼頃並ぶようなことが書いてあったので朝一にはないのかもね。 IMG_2446 あ、あと京都で途中下車したらこんなお土産を発見!甘味料なし動物性不使用の「ふりかけ昆布」。軽くてお値段も¥594(税込)とお手頃でお土産にGood。このお店にヴィーガン仕様、それも甘味料不使用のお惣菜もならんでいました。ステキ。 IMG_3797 IMG_3798 東京へ夕方早めに戻れたから、思わずJRで新宿へ。オーサワさんで野菜と果物を買ったり、新宿から東京駅へ行ってウロウロしたり5時間くらい遊んでしまった。やっぱり青春18切符、疲れなくて乗り放題で楽しすぎ。

夏に引き続き冬も楽しませてもらいました。時刻表、今ちょっと気になっている(笑)。JRさんありがとう!


Category:memo  Tag: / 自然

昨日朝の東京の空、すごかったなぁ〜。

昨日の朝、出かける時に空を見上げてビックリ。無限に広がる宇宙そのものだった。こんなに澄みきった空を見るのは久しぶり。秋だねぇ〜。


Category:memo  Tag:アウトドア / イス / インテリア / フランス / ラフマ

昼寝にピッタリ。折りたためるハンモックみたいなLafuma(ラフマ)のアウトドアチェア、POP UP XL(ワイド)。

ずっと前からいいなぁと思っていた、フランスのアウトドアギアの老舗、Lafuma(ラフマ)のデザインチェア。人体工学に徹底的に配慮した構造だから座り心地もすばらしい。ラフマではないですが同じような形のバタフライチェアは、インテリア雑誌やコンランショップ、SENPRE、ACTUSなどの洗練されたインテリアショップでもよく見かけていました。

家具だけでなく何かを購入する時、いつもデザインや使いやすさ、機能性だけでなく、さまざまな使い方を何通りも検討して最後まで本当に使い続けられるか、最終的にもし捨てることになった時、人に譲ることになった時、自分で運べるかどうか、捨て方など、購入前にいろいろと検討するので1年、2年とあっという間に経ってしまう。

ということで、気に入ったデザインで、できるだけ軽く使いやすい本当に使えるここちよいものというと、今の私にとって自分で運べない、掃除がしにくい、洗えないような大きなソファは買いたくないとなんとなくず〜っと頭の片隅にありました。かといって座り心地のよくないものも買いたくないし、基本的に捨てずにずっと使い続けたい。さらに、使わないときコンパクトに折り畳めることが私には重要で。部屋の広さも狭くなったり広くなったり状況が変わるので、インドアでもアウトドアでも常に臨機応変に対応できるものがいいなぁと。そんなこんなでいつの間にか、アウトドアのお店をよく見るようになりました。自然災害や原発事故など、これからも何が起こるかわからないこのご時世、普段の生活でも使えるアウトドア製品はすばらしいなぁと思うようになってきて。最近のアウトドア

そんな時に、オシャレなインテリアショップでバタフライ型チェアを発見。こちらは、ACTUSの店頭ディスプレイ。撮影OKとのことで思わずカシャッ。座る部分が本革だから個人的にパス。おそらくお値段もかなりお高いはず。 IMG_1582 帰宅後すぐネットで検索したら、バタフライチェアと同じような形でラフマのポップアップチェアを発見。アウトドア用品だということを初めて知り、本革よりお安いキャンバス地シリーズを見つけてニンマリ。皮の匂いも気にならないしインドアでもアウトドアでもしっくりくるからこれはいいなと。ただ、一度実物を見て実際に座ってみたいと思い、その後なかなか購入まで踏み切れず、欲しいなというところで終わっていました。

ようやく昨年の春「よし買おう。」と思ったら、今まで見ていたポップアップチェアよりも幅が広がりワイドになった「XLバージョン」が新登場。どうしても座り心地を確認したく、キャンバス地タイプがディスプレイされているお店を探して、日本橋高島屋の9Fへ早速行ってみました。実際座ったら私にはとっても心地よく体のサイズもピッタリ。ワイド版の方が座り心地はとても良かったから、急いで購入せず本当にスッキリした気持ちで購入できるそのタイミングまで待っていてよかったなぁ。なんとなくやってくる直観に従うとタイミングがうまくいくそんな気がする。モヤモヤした状態では決断しない。

私が購入したものはラフマのポップアップチェアXLのカレー色。この色がまたお気に入り。インテリアのアクセントになるし、大きなポスターにもピッタリで。このワイド版が発売されるなんて全く知らなかったけれど、女性も男性もワイド版の方がゆったり座れる。購入の決めては4つ。自分で持ち運べるぐらい軽い、使わないときは折りたためる、座り心地がよい、そして洗練されたモダンなデザイン。そうそう、意外とサイズは結構大きい。 IMG_0977 窓を開けっ放しにして、風を感じながらお昼寝するのがとっても幸せ。座っているといつの間にか目を閉じて眠ってしまう。

横になると咳が出て夜寝られない時があったのですが、そんな横になれない排毒の時にも大活躍。お尻があたる座るところに少し重ねながら落ちないようにクッションを3つ横に並べ、薄いまくらを頭のちょうど後ろ側に配置しふとんを被って寝ることもできますよ。これ、とっても助かりました。

たまたま譲ってもらったバランスボールがオットマンとしても使えてビックリ。こんな組み合わせは想定していなかったけれど、家にあるものがまた違う用途としていかされていく、こんな流れ、瞬間が楽しくてワクワクする。限られたスペースでもいかに自分にとって心地よい空間にしていくのか、いろいろ試行錯誤するそのプロセスがやっぱり楽しい。Amazonでも売っています。うちの場合、意外と男性に人気。いつのまにかみんな眠ってます(笑)。



|ラフマチェア公式サイトはこちら


Category:memo  Tag:オーサワ / ヴィーガン / 新宿 / 自然食品店

リマのお店がオーサワジャパン新宿店、池尻大橋店としてリニューアル。

こんなハガキが数日前に送られてきましたが、ちょっとタイミングが遅かったようでリーニューアルオープンセールは終了済。残念。2018年10月1日にリニューアルオープンしていました。

さっそく昨日、リニューアル後のオーサワジャパン新宿店へ行ってきました。 IMG_4882 看板はすでに変わっていて、お買い物をしたら再登録のための用紙をいただき、記入後その場で新しいポイントカードにかえてくれました。ポイント移行には少し時間がかかるみたい。 IMG_4908 リマカフェ閉店後のカフェスペースは、相変わらず何も動きがなさそう。

●オーサワジャパン新宿店/池尻大橋店
http://www.lima.co.jp


Category:memo  Tag:カラダメモ

蚊に刺されても数時間後跡形もなくすぐ消えてしまった話。

8月下旬の夕方、車に乗せてもらった時にちょうど蚊が車内へ入ってきて。

密室だからこれは久しぶりに刺されるかもと思ったら…ん?…何だか痒みがちらほら。腕に4カ所、蚊に刺されてプクッと白く膨らんでいました。どんどんかゆくなるかと思いきや、初めは少し痒みを感じたもののその後は何も感じず蚊に刺されたことを忘れていたんです。

数時間後、あ、蚊に刺されたところはどうなってる?と見てみたら、あれ?さっき蚊に刺された4カ所が見当たらない。赤くもなっていないし、跡形もなく消えてしまっていてめちゃくちゃビックリ。こんなの初めて。蚊に刺されても数時間後に消えることってあるんですね。刺されても何も問題なかった。今年の夏最初で最後の虫刺されでしたが面白すぎ。


Category:memo  Tag:ヴィーガン

ただ存在する、それだけで誰かのお役に立てていると感じた日。

今年の春ごろだったかな。ある方(名前は知らないのでAさんとしておきますが)から、突然感謝の言葉をいただき私はビックリ。

連絡先も名前も知らない、ごくたまに会った時はちょっとご挨拶をしたり他の方と話をしている時にAさんも周りにいらっしゃることもあったりとそんな感じでした。

ある時、別の方と体調やカラダの変化の話をしていたら、そのAさんはニコニコされて、「ありがとうございます。」と。私が動物性由来の食べ物を一切食べずに、病院や薬にお世話にならず元気に暮らしているというその姿がとてもお役に立てていたようで。Aさんの周囲にはヴィーガンというか動物性由来の食べ物を食べずに生活しいる方がいらっしゃらないらしく、ヴィーガンという食スタイルでも、何も問題なく過ごしている私を見て、「動物性由来の食べ物を食べなくても大丈夫なんだ。」と、安心されたというか不安がなくなるというかとても参考になりうれしかったそう。

Aさんご自身も動物性由来の食品を食べない方が最近調子が良いらしく。Aさんの感覚だとお肉などを食べると、焦るとか何だか慌てるというか、急かされるというか突っ走るというか柔軟に動けないというかそんな風になるらしい。

こんな出来事は初めてで。ただ私がありのままで、私らしく存在していることが、誰かのちょっとしたサポートになっているということに気づかされたうれしい瞬間でした。

以前、自分が静かなワクワクの中で楽しく元気に生きていればそれが自然と周囲に伝わっていくから、指導する、されるという関係はこれからなくなりどんどんフラットになっていくという話を聞いたことがあって。存在全てが、あるがままで、ただそこに存在するだけで十分というかそんな世界。だから誰かに強制する必要もなく、説得や議論も必要なく、ただ自分がごきげんさんで淡々と日々気づいたことを実践するだけで、その静かなワクワク、エネルギーが周囲に伝わっていくというそういう感じ。これは私にとってもとても心地いい。いつの間にか伝わっているそんな感じが。そして結果的に周囲が元気に、楽しい気分になれるならさらにうれしい。

これからも日々気づいて実践あるのみです。


Category:memo  Tag:電化製品

空気活性器 龍馬の新風(森林の滝)

これ、大手メーカーの製品ではないのですが空気活性器の「龍馬の新風(森林の滝のブラックバージョンのこと)」。3年ほど使っていますが、めちゃくちゃ重宝しています。

夏場はつけっぱなしで寝てもカラダがだるくなったり喉が痛くなったりしないんです。それどころかスヤスヤ眠れてしまう。

ただの扇風機と思ったら大間違い。ヒンヤリした爽やかな風でお部屋の空気を循環させマイナスイオンたっぷりとまさに滝のそばにいるような、森林浴をしているようなそんな心地よい空間になってしまうんです!

これからやってくる梅雨の時期、洗濯物に風をあてて乾かすと臭いも気にならず早く乾くらしい。まだやったことはないですが。風量弱で一晩中使っていても静かで全く気になりません。とにかく超オススメです。


Category:memo  Tag:ヴィーガン

虫とVEGANの私

もう何年前になんだろう?思い出せないほど昔に買ったものですが、りんねしゃの天然除虫菊の蚊取線香。 IMG_6476 今はパッケージもリニューアルされ「菊花せんこう」で売られているみたい。合成殺虫成分、着色するための染色料などは使用しておらず、刺激が少なく目や喉にやさしい。

先週熟睡していた私は耳元で鳴っていた蚊の羽音で目が覚めてしまい、久しぶりに真夜中使ってみた。お線香の臭いは充満して洋服やカーテン、髪の毛に臭いはついてしまいましたが、蚊は寄りつかずぐっすり眠れました。でもね蚊は死んでしまったわけではなく次の日も飛んでいました(笑)私は結局さされず(オスだったのかも?!)。そしていつの間にかいなくなりました。

ヴィーガンになって11年ぐらいですが、蚊にさされることってそんなにないんですよ。さされても痒みはすぐおさまります。全くさされないというわけではないのですが…。

虫と言えばゴキブリ。実は自宅でゴキブリを見かけることが全くないんです。ヴィーガンになる前はゴキブリ退治のためにホウ酸ダンゴを置いたりしていましたが今は何もしていません。動物性の食材が家にないからか?ゴキブリさん寄りつかなくなるみたいです。私だけではなく、ヴィーガンのお友達もみなそうみたい。

ヴィーガンライフおすすめです。


Category:memo  Tag:エネルギー / ヴィーガン / 健康 / 映画 / 自然

Thrive(スライヴ)

数年前に出会ったドキュメンタリー映画Thrive(スライヴ)。ヴィーガンになって11年目、薬や病院に全くお世話にならなくなった現在の私にとって社会や経済の仕組みに関してなるほど腑に落ちる内容でした。既に本やネットなどで入手できる情報なので今さらという感じかもしれませんが。

医療費ゼロの私の食生活、病気との関係はマスコミが発信しているほとんどの情報と真逆の世界。「病気=恐怖」と捉え「病気をなおす、何とかしよう。」ではなくそれを超えたところにある。病気や目の前の現象に対して戦わずサレンダーして何もしない。ただ観察するのみ。病気は調和に満ちた私たちへのメッセージなんです。

この映画、闇の世界(支配者)の罠だという意見など賛否両論あるようですが…。この内容について本当なのか嘘なのか、罠なのか、議論するつもりは全くありません。証拠はあるのか?誰が言ったから信じるということではなく、自分の感覚や体験を大切に、いいとこどりで。

海外のThrive公式サイトやYouTubeでも見ることができ、DVDも発売されています。Thriveの情報がすべてとは言いませんが、病気や食のあり方と同様エネルギー問題や政治など、さまざまな見えない仕組みや利権の中でどうしようもなくなっている今の時代、特に社会や経済の仕組みを知るにはわかりやすくていいかも。たくさんある情報の中の1つとしておすすめです。



UFOやフリーエネルギーなど興味深い内容もありますが、ピンときた方はぜひ!

そうそう、社会の仕組みと言えばクリエイティブ集団が立ち上げたTHINKERというサイトもいいかも。「戦争のしくみ」「お金のしくみ」「ワクチン」などなどわかりやすい。そのTHINKERから「マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている(5次元文庫)」という本も出ていますよ。


Category:memo  Tag:エネルギー / ヴィーガン / 自然

原発、地震、病気、VEGANの私

熊本県の地震、被災された方々を思うと言葉もありません。いつどこで何が起こるかわからないこのご時世。自分のカラダと同様、自然は私たちがコントロール(想定)できるものではないとつくづく思います。

東北大震災では大地震や津波、福島原発事故、こちらも大変なことが起こりました。そしてチェルノブイリ事故から今年で30年。廃炉方法がわからずどうしようもない状況。

先月最初の週末だったかな。土曜日13時からの「久米宏のラジオなんですけど」を聞いていたら城南信用金庫の相談役である吉原毅さんがゲストでした。東日本大震災による福島第一原発事故後に「脱原発」「原発に頼らない安心できる社会づくり」をすぐに発信された城南信用金庫さん。今でもはっきり覚えています。

原発でつくられた電気コストについて久米さんとゲストがお話されていました。もともとあった福島のすばらしい自然豊かな土地を奪い住めなくなるだけでなく、精神的なダメージ、補償、事故後の処理や管理(何十年、いやいつ終わるかもわからない)などなどそれらすべてのコストが現在原発でつくられているエネルギーコストに入っていないと。燃料費だけでなくそれらのトータルコストを考えると原発の電気が安いわけがないと。

工場で火事があった場合、即生産中止。原因究明がされしっかりとした安全対策があってやっと再生産となるに対して原発は?

吉原毅さんのお話の中で信用金庫の理念について語っておられ、お金を貸す時はお客様に本当に今貸すべきタイミングなのか、そのお金を貸すことでお客様が大変な問題をかかえることになり潰れてしまうことはないのかとその先のことまで考え最終的にお客様が不幸になる可能性がある場合はお金を貸さないという選択肢があると。儲からないから貸さないではないんですよね。やっぱり城南信用金庫さんはすごいなぁと。本当に持続可能な社会や人々、環境など全体のコトを考えていらっしゃる。

今もなお、福島原発事故後の処理は終わっていない。安全神話をみな信じこんでいたけれど次は原発が安いと言っているそれを鵜呑みにしてそれしかないと信じている節もある。

はっきりいって安全か危険かは一目瞭然。そんな議論をしている場合ではなく、今すぐ原発をやめたとしても、これから何十年、いやどれくらいかかるかわからない福島原発事故後の処理、はたまた今もずっと出し続けている大量の使用済み核燃料(ゴミ)の処理や管理なども含め誰もがどうしたらよいかわからない。

原発の話や病気、ヴィーガンの話は全く関係ないように見えるかもしれませんが、「生きていくには、肉や魚や卵や牛乳 、白砂糖は必要。それなしでは生きていけない。」という声と「生きていくには原発が必要。原発しかない。」という声がどうしてもリンクしてしまう。慣れ親しんだやり方の中でそれが1番と信じこむそんなところに違和感を感じてしまう。

私も従来の栄養学の通り肉、魚、卵、白米、白砂糖、牛乳などを喜んで食べていた1人。現在とは真逆の食生活でした。私の場合、カラダ(=自然)はどんどん不調和の状態(=病気)へ。しかし、たくさんの方々のサポートでヴィーガンという食スタイルに方向転換し動物性食品、アルコール、砂糖無しで普通に生きています。しかも原因不明のカラダの症状は消え病院にお世話になる必要もなくなってしまった。さらには「不食」という世界もすでにあり、その域になると食料問題という「問題」が問題でなくなってしまうわけで。

動物性食品、農薬や化学肥料たっぷりのF1種野菜やお米、薬に頼らず、環境にも肉体にも負担をかけない食スタイルは存在する。原発に頼らずとも持続可能な安全でクリーンなエネルギーで生活できる可能性も存在するはず。

食生活を変えただけですが世の中の見方や入ってくる情報もどんどん変化していることに気づきます。パナマ文書だけでなく知らない、いや知らされていないことがまだまだたくさんある。

社会や経済の仕組みについてわかりやすくまとめたドキュメンタリー映画があるのですが、こちらはまたの機会に。


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク