Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / スムージー / フルーツ / ヴィーガン / 京都 / 外食 / 野菜 / 雑貨 / 食品 / 飲み物

京都河原町のGOOD NATURE STATIONの「MARKET・KITCHEN」とカフェ・レストラン&バー「Hyssop」がとってもいいね。

昨年末、京都河原町に食料品、雑貨などのショップやカフェレストラン、ホテルがある複合施設「GOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)」がオープン。ちょうど京都高島屋の裏手あたりにあります。

そんなに混んではいなかったけれど、入口は右手がマーケットで IMG_3808 左手がホテルとHyssop。直接エレベーターでいけるよ。中で全てつながっているけどね。 IMG_3834 1階の「MARKET・KITCHEN」はビオマルシェのお野菜がたくさんそれも手頃なお値段で並んでいて、もっとお高いと思っていたけれどなかなかいい感じ。(実は無農薬りんごがとても高かったと聞いていたので…。) IMG_3816 私は食べられないけれど、ちょっとしたお土産にいいかなと思える甘味料不使用のちりめんじゃこなど、加工品もいろいろと売っているから次回来るときはまずここをチェックだな。結構お土産に白砂糖やトレハロースなどいろいろ入っているんですよね。せっかく買うならできるだけカラダにやさしいものの方がいいかなと。 IMG_3811 1Fでは食品の販売だけでなくランチやドリンクメニューもあり、ゆったりとくつろげるイートインスペースで休憩がてら食べられます。私は入ってすぐ、パンが目に入り「Boulangerie Loiseau bleu(ブランジュリ ロワゾー・ブルー)」のロゴを発見! IMG_3810 スムージーにしようかと思ったけれどカスタマイズはできないとのことで、朝から何も食べていなかったからBoulangerie Loiseau bleu(ブランジュリ ロワゾー・ブルー)さんの「アインコーン(¥300+税)」を購入。何もつけなくてもそのままで美味しかったなぁ。世界最古の原種原種アインコーンの原材料は、有機アインコーン全粒粉と天然酵母と国産塩とパン酵母のみでオイルは使っていないんだね。噛めば噛むほど甘みと旨みを感じるね。イートインスペースでいただき休憩してからエスカレーターで上へ移動。

2Fにもカフェや雑貨店などがあり、2Fのカフェでお茶をしようと思ったら店員さんに「ヴィーガンメニューであれば4F「Hyssop」へどうぞ。」とご案内されさらに上へ移動。そのお店がこちら「Hyssop(ヒソップ)」。ホテルのレセプションも同じ4階にあるよ。 IMG_3832 「Hyssop(ヒソップ)」という店名の由来は、浄化の意味を持つハーブの名から。ハーブをふんだんにに使った心と身体に優しいお料理がいただけますよ。とても居心地の良いリラックス空間が広がります。 IMG_3818 なんと7時からオープン。朝食はヴィーガン仕様の「ハーブ鍋」が人気らしい。 IMG_3825 ランチもディナーも全てではないですがヴィーガンメニューの選択肢有りです。 IMG_3823 ちょうどディナータイムだったので、2つのメニューをオーダー。 IMG_3821 IMG_3822 「sold outになっていたスムージーを今あるフルーツでつくれますよ。」とお声をかけていただきお願いしたらこれが絶品で。 IMG_3826 青リンゴ、グレープフルーツ、甘酒でつくられたスムージー(¥1,000/税込)。とっても美味しかった。冷たすぎず、ぬるいというわけでもなく、甘酒が主張しすぎずやさしい甘みでサッパリさわやか、めちゃくちゃ気に入ってしまった。青リンゴとグレープフルーツって合うんだね。トッピングはフレッシュなつめの粉末とスライスドライアップル。 IMG_3828 全て手作りオーダーメイドのテーブルと椅子。ナイフとフォークは引き出しから。何かいいよね。 IMG_3827 混んでいなかったので、ナス科、甘味料などいろいろと対応していただき、実際のメニューとは内容がやや変わっています。例えばこちらは、「季節野菜のベジデリ盛り合わせ(¥1,200/税込)」。きのこや大根などの3種のマリネ、特別に作ってくださったゼッポレ(ピザ生地と青のりを揚げたもの)が絶品でした。

こちらは、「季節野菜のカラフルロール(¥1,500/税込)」。ソースは豆乳マヨネーズとピリッと感じるハーブを混ぜたものに変更してくださいました。2人で食べてちょどお腹が苦しくなくちょうど良い感じ。先に1Fでアインコーンのパンを1個食べてるしね。 IMG_3830 ステキな中庭で食べることもできるよ。気軽にハーブティを飲みに来てくださいねと。お店の方々もみなさんとても丁寧でやさしかったな。 IMG_3833 京都へ来たら、GOOD NATURE STATION、ちょっと寄ってみるといいかも。

|GOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:SPIRULINABLUE / スイーツ / テイクアウト / ロースイーツ / ローフード / ヴィーガン / 上野 / 外食 / 閉店

上野松坂屋のスピルリナブルーが明日1/15(水)閉店(涙)。

とてもお世話になったスピルリナブルー上野店が明日1/15(水)に閉店。このローフレッシュボウルも美味しかったなぁ。

アガベシロップを使っていないロースイーツが食べられるから、個人的にとても気に入っていました。スタッフの方とお話しをしていたら、スピルリナブルーのスタッフさんたちは、アガベシロップは消化の際カラダに負担をかけるから使わないとのこと。

飲み物も、ケーキも全てのメニューが美味しかったなぁ。

こちらは昨年夏限定でいただいたローケーキのBLUE レモンチーズケーキ。スピルリナから抽出したというブルー色素を使っているそう。見た目もお味も爽やかで、レモンがきいてて美味しかったよ。 IMG_2223 たくさん甘いものをカラダが欲しなくなってきたから、昨年後半はお客様用だったり手土産用にローケーキを購入することが多くなっていて。でもたまに休憩できるからとても助かっていたのだけれど、閉店してしまうのはとても残念。もう最後なので家族のためにローケーキをテイクアウトしましたよ! IMG_3978 今まで美味しいものをたくさんありがとうございました。

|SPIRULINA BLUE(スピルリナブルー)のHPはこちら


Category:memo  Tag:お弁当 / ヴィーガン / 青春18切符 / 駅弁

おトクで気ままで疲れない?!青春18切符この冬も満喫したよ!

のんびりと、ゆっくりと。日々、本来の自分のペースで動くと疲れないんだね。あたり前かもしれないけれど…。

いくつになっても誰でも、春、夏、冬の期間限定で使える「青春18切符」。大人も子供もみんな使えるなんて今まで全く知らず、学生の頃に使いたかったなぁと。

全国のJR普通列車(快速はOK)が乗り放題で乗降り自由。他にJR東日本のバス高速輸送システム(BRT)、JR西日本宮島フェリーも利用できるみたい。1枚の切符に5回分ついていて、1回分でひとりが1日中、自由に乗り降りし放題。自動改札機は使用できず、1回使えばハンコを押してくれる。2人で2回分使ってもよし、5人で日帰りするなら5回分使い切ってもよし、一人で宿泊しながら連続する必要がなく飛び飛びで5回使い切ってもよし。販売期間と使用期間が違うのでご注意を。私もまだ初心者なので詳細は調べてみてね。

実は昨年の夏、この青春18切符で関西へ2往復。金券ショップで買えたからさらに少し安かった。(必ずあるわけではないですよ。)今回消費税率10%UPにともない価格は、¥11,850円から¥12,050円に改定されています。

どうしてそんなに気に入ってしまったかというと、もちろんお安いという魅力もあるけれど何だか楽しいし私だけかもしれないけれどカラダが疲れないの。初めて使った時は、関西まで乗り換え8回ほどで、9時間強。ほぼ朝から夕方までと1日かかるけど、気分は普段の移動の延長だからか新幹線に乗った後のような疲れが一切ないのにビックリした。新幹線はあっという間にに目的地に到着し早いけれど、どうもあのスピードに私のカラダはついていけてないみたい。なぜなら新幹線で移動した後はちょっと一息入れたくなる私。急いだ分、無理した分、それをカラダが修復する時間を欲しがるような節がある。

そしてさらに、普通列車で関西方面へ行くとなると片道¥8,000以上かかるのに、¥2,410ポッキリ。予約する必要もないから朝寝過ごしても次の日に予定変更も全く支障なし。いつでも何時でも気が向いたら出発できるという気楽さがステキすぎ。あと、お盆休みや年末年始も使えるからさらにテンション上がる。

車窓からは富士山や海も見えるし、風景や人々の流れを観察するのも楽しい。 IMG_3788 たまにお隣の人といろんな話で盛り上がったり。駅名も結構面白い。 IMG_1865 キャリーケースを持っている人もよく見かけるけれど、個人的に荷物はできるだけコンパクトに。身軽がいいよ。着替えは宅急便で送りました。化粧水などの基礎化粧品やシャンプーやリンスを使わなくなったから何だか持ち物もあまりなくリュック1つ。飲み物と食べ物も一応準備。でも食べたくなければ断食で。

この冬は、強風で一時運転見合わせもあったり、ダイヤ乱れといろいろあったけどこれも面白い体験で。結構冷たい風が吹いていたけれど暖かい格好で行ったからホームで待っても問題なし。そんな状況だったから、乗り換えの際に待ち時間が少し長めにあって乗り換えごとにトイレに行けたから逆によかったかも。所要時間は3時間ほどオーバーしたけど、到着してから疲れがないから夜の街を歩き回ったよ。

トイレは大抵電車についているけど、たまにない時も。駅によっては洋式の個室が多くきれいなトイレもあれば洋式と和式一つずつしかないところもあるよ。もし乗り遅れても、次の電車に乗ればよいわけで気持ち的にラク。

昨年の夏は、中央本線、小渕沢、松本経由で行ったら途中大雨だったり落雷で一時停電になったりもしました。東海道本線とはまた風景も変わるね。木曽川の絶景、浦島太郎の伝説「寝覚めの床」も。撮影はしそこねましたが、近くの方の説明でそうなんだと。 IMG_2070 中津川という駅で乗り換えついでにちょっと途中下車して、こんなブルーベリーを見つけたり。 IMG_2069IMG_2065 IMG_2067 そうそう夏は東京駅、冬は上野駅にヴィーガン仕様のお弁当が普通に並んでいてビックリ!それもオーサワ新宿店やビオセボンで見つけたお弁当もあったから、思わず買ってしまった。 IMG_3782 IMG_3780 こちらは、上野の中央改札を一度出て、右手に見える自由が丘ガーデンで買ったもの。 IMG_3781 喉も腫れたりイガイガしなかったから甜菜糖とか甘味料は使っていないんじゃないかな。原材料には書いていなかったけど。おいしかったよ。ここには亀有升本さんマクロビ仕様のお弁当や勝運おはぎ、大根まんじゅうも見かけました。

こちらは夏、東京駅でみつけた大地を守るDeliのお弁当。美味しそうな野菜ずしだったから買おうかと思ったけど、パプリカとなすが入っていたからやめました。残念。POPにはお昼頃並ぶようなことが書いてあったので朝一にはないのかもね。 IMG_2446 あ、あと京都で途中下車したらこんなお土産を発見!甘味料なし動物性不使用の「ふりかけ昆布」。軽くてお値段も¥594(税込)とお手頃でお土産にGood。このお店にヴィーガン仕様、それも甘味料不使用のお惣菜もならんでいました。ステキ。 IMG_3797 IMG_3798 東京へ夕方早めに戻れたから、思わずJRで新宿へ。オーサワさんで野菜と果物を買ったり、新宿から東京駅へ行ってウロウロしたり5時間くらい遊んでしまった。やっぱり青春18切符、疲れなくて乗り放題で楽しすぎ。

夏に引き続き冬も楽しませてもらいました。時刻表、今ちょっと気になっている(笑)。JRさんありがとう!


Category:culture  Tag:おうちごはん / お正月 / お雑煮 / ヴィーガン / 占い

2020年、今年は初日の出とお雑煮でスタート!

2020年、今年もはじまりました。元旦は、初日の出を見てお雑煮をみんなでいただき、おせちと言っても今回作ったのは大好物の「きんとん」と「黒豆」と「煮なます」ぐらい。そんなにたくさん食べなくなってきたので、しるし程度ですが…。初日の出、写真がないけどキレイだったなぁ。ちなみにこの玄米餅、自家製ですがめちゃ美味しいですよ。

2日のヤフーニュースで、ゲッターズ飯田さんの週間朝日の記事タイトル「2020年は価値観の大転換が起こる年」がちょっと気になり読んでみたら、「土地やお金などより、目に見えないものや、はかなく消えていくものに価値が見いだされるようになります。」「お金よりも友情と愛情が重んじられ、人とのつながりがより強まります。(中略)マイノリティの人たちが社会で認められやすくなるでしょう。」「そして、庶民的なものの方が好まれるようになります。」…と。静かにワクワクしてしまった。

あと、「石井ゆかりさんの2020年の年間の空模様」「2020上半期のしいたけ占い」この2つは毎年楽しみにしているもの。 占いが当たるとか当たらないとかそういうことよりもなんとなく全体の流れを感じとることができるのと、あとそのライターさんの言葉遣い、表現方法がとても心地よくてついつい読んでしまう。あまり、これが当たったとか、運気がよくないとかそういうところには個人的にフォーカスしてないかも。読んでもすぐ忘れてしまうしね。あと、カバラ数秘術では今年の年のサイクルは安定、そして今月1月は変化。

常に意識していないと、目の前の現象、外側に対してすぐジャッジしがちだけど、ジャッジせず、期待せず、自然の流れ、成り行きに従って観察し、何にフォーカスし、自分は何を創造し体験したいのかそれを淡々と静かに実践していきたいな。どんな一年になるのかこれから楽しみ。

今年も私の体験、気づきをマイペースで綴っていきます。このブログもあくまでも私の体験、私が体験したい世界、私の真実なので、みんなが見ている世界とは全く違うかもしれない。そう、みんな違う世界を見ているから、このブログも1サンプル。今年もピンときた時にどうぞよろしくお願いいたします☆


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク