Category:health  Tag:ヴィーガン / 甘味料 / 花粉症

甘味料と私と花粉症

これからは目に見えないエネルギーを感じることが大切になってくる。 食べ物も、生きているこのカラダも物質ではなくエネルギー。原発事故が起こったあたりから、目には見えないけれど存在する「エネルギー」を意識するそんな時代になってきた。

エネルギーを感じることができるカラダ、エネルギーの流れ、プロセスを感じられるカラダに少しずつ変化している。甘味料と私の関係性もヴィーガンになってからさらに変化し、花粉症も自然に消えている。でも、もし今年1年カラダの声を無視し、過去の古い食べ方に戻れば来年また花粉症の症状が出てくるだろうな。

今年の花粉飛散量は昨年に比較してずいぶん多いようですが、今のところ反応なし。カラダのさまざまな症状に対して、薬とかサプリメントとか、セラピーとかワークとか、ポジティブ思考とか外側の何かに依存せず、私が続けていることは、いつでも、どこでも、誰でも、実践しようと決心すればいつからでもできること。毎日地味にカラダを観察しカラダの声に耳を傾け、実践するただそれだけ。もともと持っていたこのエネルギーを感じる力を取り戻すともう怖いものはないんではないかと思えるほど。カラダが今何をするべきかガイドしてくれる。ただし、知っているけれど実践していない状態というのは、自然の仕組みに適っていない。つまりは調和とは程遠いものになってしまう。

カラダを観察していると、自然の仕組みはとてもシンプル。だから世の中の頭が良い?とされる人たちがつくっているたくさんの複雑な仕組みに、違和感をバリバリ感じるようになってくる。何か不自然さを感じるというか。頭で考えることを疑いなく良しとしてきたけれど、頭(マインド)ほど本来の自分から遠ざけてしまうものはない。頭(マインド)は、誰かと比較したり、常識はこうだとか、過去はこうだとかいろんなことを言ってくるから、いろんな感情に振り回され、今やることに集中できない。そんなマインドの声をスルーして本来やることをやる。これが結構大切で難しい。でも、頭で理解するのではなく、カラダで感じながらトライ&エラーの繰り返しで、自然に身についてくればもうこっちのもの。

自然界の調和、自然の仕組みに適ったプロセスは、「開発」とか、「有名」、「特別」、「〇〇賞」とか「高級」などそんな言葉が似合わない。だから、そんな言葉に出会うと違和感を感じるし、例えば、個人的にステキだなぁ素晴らしいなぁと感じる方は、自らたんたんと気づき実践されているから、意外と無名でさりげなく存在する方だったりする。そんな方を観察していると、見た目や名声とその人の本質は全く関係ないなぁと。

アルコール、カフェイン、砂糖なしのヴィーガンという食スタイルになり、カラダのネットワークが少しずつ戻ってくると、カラダが必要ないものを少しずつ出せるようになってきた。ヴィーガンになっても、揚げ物とご飯、メープルシロップと植物性油と薄力粉たっぷりの焼き菓子など、なんでもかんでもカラダの声を無視して、たくさんカラダにいれてきた。そんな私を責めることなく、カラダは私が気付くまで忍耐強く、痛みなどのさまざまなサインを送りながら見守ってくれる。

先日の外食で、ヴィーガンプレートについていたミニスイーツを残したらもったいない、美味しそうと、お店の方に甘味料を尋ねず食べてしまった。食べた直後は喉のかゆみもなくホッ。問題なかったと安心したのもつかの間で、お店を出てから頭、脳にモヤがかかったような感じになってきておかしくなってきた。後で確認したら洗双糖を使っていたスイーツだったようで。

カラダの中で何が起こったかというと、以前ウーロン茶や白砂糖を食べた時と似ていて、脳、前頭葉のあたりがボヤーっとしてきて考えることができなくなり、なんだろう、どうしたんだろうと思っていたら、そのうちに、こめかみあたりから頭の上全体に重い痛みがジワジワ強くなってきて。そうこうしていたら目を開けていられないぐらい目の当たりに重痛さがやってきた。結局目を開けていられずそのまま車内で寝てしまいました。目が覚めてもまだ頭痛はそのまま。でもその後、花粉症と同じように鼻水がたくさん出てきました。夜寝る前にようやく鼻水もおさまり、頭痛は消えスッキリ。こんなにもしっかりと、カラダに入れた甘味料のエネルギーの動き、プロセスを一気に感じられたのは初めて。翌朝は花粉症のような症状や頭痛などもなく何も問題なし。頭痛と鼻水の症状は、花粉に反応しているというより、カラダに入れる必要のない甘味料を外へ出すためのプロセスだったんだなと。

昨年から少しずつ読んでいるナチュラルハイジーンの本が数冊あるのですが、私の今のカラダの状態とピッタリの内容が書いてあるからなるほどねと。本で答え合わせをするようなそんな感じ。究極は、甘味料も油も塩も本来摂取しない方がいいと書いてありました。ナチュラルハイジーンは全く知らなかったけれど、カラダの声に従って食べることを選択していたら、そんな食生活に自然となってきた。いきなり動物性由来の食材、油、甘味料、調味料なしを実践することは、私も無理だったと思うしやっぱり少しずつカラダの声を聞きながら自分のペースが大切だね。オーガニックだろうと天然由来だろうと、あらゆる甘味料はとらない方が良いという声は、日本のお医者様からアメリカの研究者からと聞こえてくる。そもそも私のカラダが、NO!と言ってくるから私は甘いものを食べたい時は、生のフルーツを単独で食べるか、デーツなどの甘みのロースイーツかスムージーを食べるようになってきた。

口から入れた食べ物、エネルギーがどこを通って、カラダにどのように影響して、どこからでてくるのかわかるようになるほど、カラダのレスポンスが最近早くなってきた気がする。以前は、数日前に食べた甘味料がある日まとめてどかっと頭痛や咳、鼻水の症状で現れたり、甘味料をカラダに入れた翌朝に頭痛や花粉症のような症状がでたりといろいろだったので、カラダに入ってから出てくるまでの一通りのプロセスまでは感じられなかった。出すチカラが少し強くなったのかな。

何が良くて何が悪くてという判断や議論ではなく、目の前の物がどんな存在(エネルギー)であるのかを自分で感じること、そしてその存在がカラダや地球、宇宙にどんな影響を与えるのか、そんなことに意識がどんどんむかっていく。

宇宙、自然は常に変化していて、私たちもその一員。

何を選択するのは人それぞれ。みんながそれぞれの道にかえり、本来の自分を体験するそんな世界を私は体験したいな。


Category:gourmet  Tag:スムージー / テイクアウト / フルーツ / ヴィーガン / 飲み物

フレッシュネスバーガーのスムージー「ケールグリーン」が絶品です

オーガニックではないけれど、フレッシュネスバーガーのスムージー「ケールグリーン(¥380/税抜) 」が絶品。フレッシュネスバーガー、好きだけれど食べられるものがほとんどないからほぼ行かなくなってしまった。でもこのスムージーを見つけてからはたまにお世話になるように。フレッシュネスバーガーのお店の雰囲気やデザインが好きだからちょっとうれしい。 IMG_4595 ○原材料 ケール、バナナ、りんごジュース ぶどうの季節にぶどうのスムージーも登場(期間限定)。皮ごとぶどうを使うぶどうパープル、これも結構甘いけど美味しかったな。 IMG_4992 ○原材料 ぶどう、バナナ、りんごジュース

マンゴーイエローも美味しかった。でも飲む日を選ぶというか、マンゴーのトロピカルなまったり甘い後味は、めちゃくちゃ暑い日でないとちょっとしつこくて。 IMG_4792 ○原材料 マンゴー、バナナ、りんごジュース

全て原材料はとってもシンプル。甘味料などで調整されていないところがお気に入り。ヴィーガンではないけ会社の同僚も、「美味しいよね。」と意気投合。だんだんあったかくなってくると、冷たいスムージーもいいね。ケールグリーンが一番好み。


Category:gourmet  Tag:お菓子 / グルテンフリー / ヴィーガン

ナチュラルローソンで見つけたTEMOLE(ティモーレ)のザクロチップス(オリジナル)

パッケージにひかれて思わず買ってしまったTEMOLE(ティモーレ)のザクロチップス オリジナル。ナチュラルローソンで山盛りになっていました。

ザクロが入っているスナックなんてどんな味か想像できず、全く期待していなかったのですが、これがなかなか美味。数日後お店の前を通ったら、アーモンドシリーズよりも売れ行きが良いみたいで、残り2つになっていました。ザクロとひよこ豆の粉末を練りこんだノンフライチップス。意外な組み合わせだけれど美味しい。量も少なめでちょうどいいな。 IMG_0844 ◯原材料 ザクロ、ひよこ豆、米ぬか油、フラックスシード、チアシード、海塩

豆の中で、ひよこ豆は大好きなので余計に味が好みなのかも。 同じザクロチップスでも、別のフレーバーがあるようなのでヴィーガン仕様は「ザクロチップス オリジナル(パッケージ正面ザクロのイラストの背景がピンク。)」です。お間違えなく〜。


Category:gourmet  Tag:イタリアン / カフェレストラン / グルテンフリー / パスタ / ヴィーガン

リニューアルオープンしたかくれん穂さんのヴィーガンレーズンバター

グルテンフリーの100%米粉パスタが食べられるかくれん穂さん。3/1にリニューアルオープンしていました。 IMG_0779 オーナーおすすめの新メニュー、自家製ヴィーガンバター(¥680/税抜)が美味しい。オーナーは何でも直観でつくるそうで、甘味料を一切使用せずカシューナッツやココナッツオイルでつくれられているみたい。私にとっては、ちょうどおやつにいいかも。かわいくていつも元気なオーナーさん曰く、赤ワインにピッタリらしいですよ。 IMG_0777 新メニューが加わりメニューも少し変わっていましたが、自家製ヴィーガンバターともう1つ、かくれん穂さん1番人気の旬野菜たっぷりパスタ(¥980/税抜)をお久しぶりに注文。4つの味、ペペロンチーノ、しょうゆベース、トマトベース、ジェノベーゼソースから選べます。私はしょうゆベースをチョイス。 IMG_0780 しょうゆベースは、唐辛子を使用せずしょうゆの甘みとコクが感じられる。炒めた野菜だと消化が難しいので生野菜で対応していただきありがたい。油で炒めたものを食べると、右足甲が異常にむくみこむら返りが起こるから個人的には要注意なんです。

季節は今、春。陰陽五行で春は、肝臓がアクティブになる季節。肝臓に溜め込みやすい怒りという感情がムクムクとでやすかったり、肝臓からのデトックスも起こりやすいタイミング。季節に関係なく、普段の生活でこむら返りが起こりやすかったり、足がつりやすいということは、肝臓に負担をかける生活をしているということ。肝臓は筋肉を司っているから、怒りの感情を溜め込んだり、油だけでなく、アルコール、甘味料、トマト、動物性由来のものなど肝臓のエネルギーを奪うものを入れると肝臓は疲弊してしまう。以前、怒りを発したと同時に足がつる、こむら返りを起こした状態を目の前で見たことがあってびっくりした。怒りの感情もエネルギー。悪いわけではなく、観察し、出てきたら誰かにぶつけず溜め込まず、ただシンプルに出す。これが基本。カラダのあらゆる症状を観察することと同じだから、まず病気やあらゆる症状をなんとかしようとしなくなると、自然に感情のデトックスも見守れるようになる。

怒りを覚えたその瞬間の目の前の現象、目の前の人や言動は、実は自分が握りしめていたもの、自分が無意識に創造したものだったりするから、毎回「フゥ〜、これも私かぁ〜」と目が点になる。嫌だな、ムカつくなと思ったら注意深く観察。すぐに気づかなくても、全て私だったなと気づくようになってきた。本来の食スタイルに戻っていくと、カラダが整い、こういうことが気づきやすくなってくる。そうなってくると外側に文句を言う必要がなくなってくるんです。いや文句を言えなくなってくるんです。目の前の問題としているものに何とかしようとするよりも、自分の内側を整えたくなってくる。

話は戻って、リニューアルしたかくれん穂さん、バーカウンターや秘密のシート⁈もあったりと、さらにリラックスできる空間になっていました。 IMG_0778 |かくれん穂さんのHPはこちら


Category:gourmet  Tag:むげんだい / フルーツ / 野菜 / 銀座

むげんだいさんのリラックスした野菜とフルーツが美味しい

ついついカラダが自然と向いてしまうむげんだいさん。 今年も絶品焼き芋は終了してしまいましたが、こちらのお野菜やフルーツが新鮮でとっても美味しい。 IMG_0512 最近は焼き芋から離れ、お野菜やフルーツを購入することが多いかな。パイナップルも絶品でした。

オーガニックでも、リラックスしていないというか素直でやさしいお味とそうでないものがあったり、食べるとその違いがカラダでよくわかる。最近は見ためやそのお野菜やフルーツの雰囲気でその存在を感じられるようもなってきたみたい。種の存在から、栽培環境、栽培している人、運ぶ人、扱っている人、全てが目に見えなくても繋がり関係していることがよくわかる。 IMG_0680 このキャベツも絶品で。素材がすばらしいと調理や調味料が必要ないほど。

頭では近くのお店の方が楽なんだけれどカラダが自然とむげんだいさんへ向かってしまうことがある。いつもというわけではないですが、私に今必要なものがある時は自然と引き寄せられる感じ。

新鮮なお野菜やフルーツを買うためにお世話になっているお店の一つむげんだいさん。穏やかな素材に出会えます。入荷状況を知りたい場合は、フェイスブック要チェックです。

|むげんだいのFacebookはこちら


Category:gourmet  Tag:Trueberry / スープ / テイクアウト / ヴィーガン / 外食 / 表参道

Trueberryさんのあったか大根カシュークリームスープ

トゥルーベリーさんは、コールドプレスジュースやスムージーだけでなくお食事メニューも絶品で。こちらのあったかスープ、期間限定だと思うのでもうすぐ終わってしまう気がしますが…。 IMG_0252 4種類ある中で、大根カシュークリームスープ(¥480/税抜)がお気に入り。カシューナッツのクリーミーな味わいが大根に合うんです。油を使っていないから食べた後もカラダがラク。とってもやさしいクリーミーな味わいが楽しめます。テイクアウトもOK。これは絶品です。 IMG_0255 ○原材料 大根、カシューナッツ、玉ねぎ、塩、胡椒(トッピング用の胡椒は外せます。)

|Trueberry(トゥルーベリー)のHPはこちら


Category:gourmet  Tag:おうちごはん / イタリアン / グルテンフリー / パスタ / ヴィーガン

ライフで見つけたアルチェネロの有機グルテンフリーパスタとチャヤさんのパスタソース

半年ぶり?にちょっと寄ってみた近所のスーパーで、アルチェネロのオーガニックのグルテンフリーパスタとチャヤさんのレトルトパスタソースが並んでた。こんなところで買えるなんてテンションが上がる。スーパーやコンビニは毎日行かないから、たまに見に行くとワクワクする。

私は普段食べないけれど、小麦アレルギーの子供のために先日Trueberryさんで同じパスタを購入していたからちょっと気になって。

パスタソースとか加工品は全く買わなくなってしまったのに、うれしくてパスタはペンネ(¥458/税抜)と(スパゲッテイ¥458/税抜)を、パスタソースは豆乳カルボナーラ(¥508/税抜)を思わずゲット。このグルテンフリーパスタ、アマゾンでも人気みたい。



グルテンフリーパスタのゆで時間は、スパゲッティ10分〜11分、ペンネ11分〜12分。溶けやすく、ゆでるとポタージュのようにトロミのあるゆで汁ができる。なんだかゆで汁も美味しそう。パスタソースは袋のまま、熱湯の中で5分温めるだけ。 IMG_0770 〇原材料(有機パスタ) 有機とうもろこし、有機米粉
〇原材料(豆乳カルボナーラ) 豆乳、くん製玉ねぎ(玉ねぎ、オリーブ油、こしょう、食塩)、エリンギ、アーモンドペースト、スイートコーンパウダー、オリーブ油、野菜ブイヨン、ココナッツミルク、塩麹、馬鈴薯でん粉、にんにくペースト、りんご酢、酵母エキス、こしょう(一部に大豆、りんごを含む)

こしょう、馬鈴薯でん粉が入っていたけれど、そこまでカラダのダメージなし。美味しかったですよ。酵母フレークをかけるとチーズっぽくコクがでて美味。私の場合、さらにキャベツの千切りをたっぷりトッピング。そうすると、食後カラダが重くならず消化がややラクになるんです。お久しぶりの簡単パスタメニューでした。


Category:gourmet  Tag:オレンジ / フルーツ / ヴィーガン

清見オレンジが美味しすぎ

今、清見オレンジにはまってる。みずみずしく甘みと酸味が絶妙で。

昨年から引き続き、真冬もフルーツがメインディッシュになることもしばしば。温かい野菜スープやお鍋もいいけれど、この冬は特に、フルーツ、特にオレンジをカラダが欲しがっている。

フルーツって、子供たちにも大人気。この間、2才〜4才くらいの子供たちが家に遊びにきたら、みーんなフルーツに目がないの。フルーツを洗ってカットして目の前に出した途端、あっという間になくなってしまうからおもしろい。子供は、自分に必要な食べ物をよく知っている。そして私たち大人よりも自然に近い存在。以前そんな話を聞いたことがあったな。

今年に入って2月初旬だったかな。何度も購入した福岡自然農園さんの無農薬ネーブル。これが絶品でした。ランチに1個食べたらお腹いっぱい。

ちなみに今日のランチは、リンゴ。野菜も好きだけどそれよりもフルーツがやっぱり多いし美味しい。フルーツは、洗ってカットするだけだからとってもラク。調理も必要なく、ドレッシングとか調味料もいらない。それだけで完結するシンプルな食べ物。何と言っても食べた後の不快感というか違和感がなく、カラダがシャキッとする。

最近、カラダが欲していないものをカラダに与えると、シャキッとしない。それじゃないよといってくる。そういう時はもう食べない。

福岡自然農園さんの有機ネーブルも清見オレンジも美味しかったな。


Category:gourmet  Tag:Trueberry / スムージー / チョコレート / テイクアウト / ヴィーガン / 銀座 / 飲み物

Trueberry(トゥルーベリー)さんのホットスムージー HOT WHITE CHOCOLATE

この冬、感動したTrueberry(トゥルーベリー)さんのヴィーガンラテ、ホットスムージー。初めて、銀座アインソフ1Fで飲んでみたら、これが絶品で。(現在、スムージーは銀座店でのお取り扱いを停止中。コールドプレスジュースのみ購入可能。2019.03.06) IMG_0397 中でもお気に入りが、やさしい甘みで濃厚な「ホットホワイトチョコレート」。甘味料を使わず、ココナッツミルクとデーツ、カシューの甘み。そこが今の私にとってカラダが喜ぶ大事なポイント。なぜか、こちらで飲むココナッツミルクは少量なのか?カラダが嫌がらない。なんでだろ?

トッピングのラズベリーがまたいい感じで、見た目もスノーホワイトの中にポッとラズベリーカラーが浮かんでかわいい。濃厚な味わいなんだけれど、飲んだ後はあっさりしている。だからSサイズでもすぐ飲めてしまう。Sサイズといっても小さくなくて、結構たっぷり入っています。ホットホワイトチョコレートは、サイズがMINI ¥680(税抜)、S ¥1,080(税抜)、L ¥1,420(税抜)の3サイズ。 IMG_0183 〇原材料 カシューナッツ、カカオバター、ココナッツミルク、カカオペースト、デーツ、塩

トゥルーベリーさんのメニューは、スムージーだけでなく、どれも美味しい。ハズレがないと言ってもいいぐらい。とってもシンプルな素材なんだけど、めちゃくちゃ美味しいものをつくる天才だなといつも思ってしまう。素材選びから、素材の組み合わせ、分量、全てのプロセスやアイディアが気になるほどすごいなぁといつも感動してしまう。

デーツとココナッツミルクの甘みは、白砂糖や強い甘みに慣れている人にとっては甘さが足りないと思うかも。

実は表参道店で同じメニューをテイクアウトした時の味が、銀座店で感動した味とちょっとだけ違ってたから聞いてみた。同じメニューでもレシピの分量が店舗によって微妙に違うらしい。良い悪いということではなく、どう感じるかは、つくる人のエネルギーや、その時の素材や私のカラダの状態でもかわってくるしね。

ホットスムージーは他には、ココナッツシュガーを使用した「CHOCO TONIC」「GOLDEN TONIC」、デーツの甘みの「ASAZUMI LATTE」。いろいろ種類はあるけれど、「HOT WHITE CHOCOLATE」これが一番好みだな。ホワイトチョコレート好きにはたまらない美味しさです。 IMG_0178 昨年8月より銀座アインソフ1FでTrueberry(トゥルーベリー)さんのコールドプレスジュースやスムージを購入できる。(現在、スムージーは銀座店でのお取り扱いを停止中。コールドプレスジュースのみ購入可能。2019.03.06)トゥルーベリーさんのコールドプレスジュース、これも実は教えたくないくらい絶品で。こちらはまたの機会に。 IMG_0179 スムージーは、毎日、いつでもというわけではないようなので、一度電話で確認をした方がいいみたい。ホットスムージーは冬季限定だからもうすぐ終了してしまうかもです(現在、スムージーは銀座店でのお取り扱いを停止中。コールドプレスジュースのみ購入可能。2019.03.06)。

|Trueberry(トゥルーベリー)のHPはこちら


Category:health  Tag:フルーツ / ヴィーガン / 乾燥 / 健康 / 野菜 / 静電気

寒さと乾燥と静電気

この冬、いろいろ変化はあるけれど、ちょっと今までの感覚と違うところがあって。

「寒い!」と思うんだけれど、何だか気持ちいいという感覚。真冬に冷気が心地よく感じるなんて何だかんだ不思議。外側の冷気とカラダが一体になった感じというか、循環しているというか。コートで外気をシャットダウンしてしまうと寒さを余計に感じるような気もしていて。だから真冬でもコートの前を閉めずに開けっ放しで歩いていた。ちょっと冷気が袖を通って体全体を通過すると気持ちよく感じて、寒さが寒さと感じなくなってくる感覚に。朝、お布団の中から出たくない気もするけれど、外の冷たい空気に触れたい気もしてしまう。

そして、「あ!」と思ったことは、バチバチの静電気に毎冬怯えていた私が、今年の冬はなぜか静電気が起こらない。ずっと雨が降らずとても乾燥していた時期があったにも関わらず。手を洗う時、水に触れようとすると静電気がいつもバチっとくるから冬は手洗いがかなり恐かった。でもそれがこの冬全くないからビックリ。カラダが乾燥しすぎず水分の調整がうまくいっているのか、電気を溜め込まず外に放出できているのか、私にはよくわからないけれど、うれしい変化。やっぱり生のフルーツだったり野菜を食べるようになって、カラダの内部、内臓のコンディションが整ってきたのかなぁと。

そうそう、季節の変わり目に肌や髪の毛の乾燥が気になるけれど、今年はそれがない。ジョンマスターオーガニックのシャンプーを使っていた時は、どんどん手肌、髪の毛が超乾燥してパサパサに荒れまくって大変なことになってしまいましたがそれもない。今、髪の毛は、試しに買ってみた石鹸シャンプーをごく少量をたまに使い、それ意外は湯シャン。

カラダはいろいろ変化していて、外側が超乾燥していてもカラダが調和していると静電気もそんなに起こらないような気がしてきた。今日も引き続き観察中。


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク