• 前の記事へ

Category:health  Tag:ヴィーガン / 健康

ヴィーガンは風邪ひかない?!

最近風邪がはやっているようで、年明け会社でも3〜5名ほど次々と風邪でダウン。10代後半から20代は扁桃腺が痛くなりよく腫れていました。1度だけ大学受験の10日前にインフルエンザにかかり強い抗生物質を飲んでさらに体調不良になった記憶があります。現在ヴィーガンになって11年目になりますが医療費は0。今のところ風邪、インフルエンザともに縁がなく、マスクもしていませんが扁桃腺も腫れることがありません。

ヴィーガンといっても、砂糖、アルコール、カフェイン、ナス科の野菜などとにかく自分のカラダに合わない食べ物は要注意。ナス科の野菜は微弱な毒性があるんです。放射能と同様、微量であればすぐに死にいたるというわけではないですがカラダにダメージを与えています。

風邪やインフルエンザと縁がない私も熱や咳など身体の症状が全くないということではありません。今までにカラダに入れてしまった私に合わない動物性食品や砂糖、カフェイン、アルコールなど食べ物だけでなく感情も含め古い情報(ゴミ)が自然治癒、クリーニングによって外に出てくることはあります。いつでてくるのか。それはわたしのカラダのみぞ知る、そう地震など天災と同じく突然きます(笑)。症状は人それぞれ。熱、咳、鼻水、出血や腫れ痺れ痒みなど激しい痛みを伴い瞬間で終わることもあれば何年も続いたりと。急に歩けなくなることもあります。

そういう意味ではヴィーガンになって5年目ぐらいに、立てなくなるぐらい首から背中にかけて神経の痛みが3カ月続いたことがありました。激しい背中の神経の痛みで寝返りも寝ることもままならない状況。身体をちょっと動かすだけで電気が走るような神経の痛み。寝ているだけでも痛すぎて辛すぎて…。そういう時でもただ見守りカラダの声に従うのみ。治そうとはせずカラダをサポートします。サポートとはカラダが自分でクリーニングしようとしているのでむやみに栄養!栄養!と食べたり、あれやこれやと心配してエネルギーを消耗せず邪魔をしないということです。カラダが寝たいと言っているなら寝る。温泉に入ったり、腸をきれいにしたりとクリーニングに必要なエネルギーを奪うのではなくエネルギーをカラダに与えてあげるということが大切。

今はやりのエナジードリンクやコーヒーなどを飲んで自分のカラダにムチを打ち頑張らない。食べたくないとカラダが言っているならば食べない。消化にはたくさんのエネルギーを必要とするのでカラダがクリーニングしようとしている時は基本私は食べないようにしています。というよりも食べたいと思わないので自然と断食をすることになります。するといつの間にか自然に症状はおさまりその後のカラダは何事もなかったように以前よりもパワーアップ!嵐はいつ終わるかは誰にもわかりません。自然(=カラダ)ってそういうもののようです。

自然の一部であるカラダは厳しい時もありますがおもしろいですよ。自然は完璧!パーフェクト!


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク