Category:gourmet  Tag:お菓子 / オーサワ / グルテンフリー / スイーツ / ヴィーガン / 甘味料 / 砂糖

オーサワさんの米飴で作られた小豆羊羹。

オーサワさんの米飴で作られた小豆羊羹。白砂糖や甜菜糖などで作られたものに比べると甘みはとってもやさしいから物足りないと感じる人が多いかも。 IMG_9645 羊羹は大好物ではないけれど、気が向いたら年に一回ぐらい買うかなという感じ。甘味料は米飴のみ。 IMG_9640



動物性食品を食べなくなってから白砂糖は肉体からエネルギーを奪い免疫力を低下させるなと実感。白砂糖は瞬間的に頭が冴えて活性化したような感覚に陥るかもしれないけれど、頭痛や様々なカラダの不調をもたらす。白砂糖を摂取したからといってすぐ病気や死に直結するわけではないからなかなか意識がいかないけれど、水面下でジワジワエネルギーを奪い不調和を起こしていく。そして白砂糖は中毒性もあるからもっともっと欲しいとなってしまいなかなか抜け出せず負のスパイラルに陥ってしまう。だから白砂糖の本質は気づきにくいし本当にやっかい。

人によっては毒を変換させてしまうぐらい動物性食品や精製砂糖、精製塩、添加物など多少何を食べても大丈夫な方もいらっしゃる。

去年、今年に限らずヴィーガンになってインフルエンザや風邪に縁がない。マスクをしているわけでもなく、手洗いも徹底していないけれど…。

でも白砂糖を普通にとっていた時、それはヴィーガンになる前になりますがちょっと疲れたり免疫力が下がると扁桃腺がすぐ腫れて熱が出るときもありました。インフルエンザには一度だけかかったこともある。ヴィーガンというだけでなく砂糖、アルコール、カフェインもとらなくなってここ十数年扁桃腺が腫れるということは全くなく熱も出ない。本当にカラダがラク。絶対熱が出ないと言っているわけではなく必要があればまた熱がでることもあるとは思いますが…。そのあたりも全て自然におまかせだから何が起こるか私にはわかりません。

内臓(自然)からエネルギーを奪う食生活から離れていくと肉体は当たり前だけど元気になって本来の姿へ自然に戻っていく。内臓が元気ならサプリメントも必要なくなってくる。実際私はサプリメントを一切摂取していないので。肉体に負担をかけず、奪わず、邪魔をせず、エネルギーを与えるサポートするだけで内臓は本来の機能を発揮でき、そんな健全な内臓は与えられたエネルギーを変換して必要な栄養素をカラダの隅々へしっかり届けてくれる。だからカルシウムが必要だから外から工場で作ったカルシウム(物質)を与える必要がなくなってくる。いつの間にかサプリメントを摂らなければならないという発想にならなくなってしまった。薬と同様、常にサプリメントを買わなければならないってお金もかかるし私にとっては持ち物が増えるから面倒臭い。

肉体は本当に物質ではなくエネルギー。常に変化している。完璧につくられた肉体(生命)の中では実験では確認できない様々な変換作業がたくさん行われていると感じる。まるで錬金術。ただ肉体が本来の機能を発揮できる状態、自然に近い元気な状態であればの話ですが…。

話はそれましたが、オーサワさんのひとくち小豆ようかん、芋ようかんもありますよ。




Category:health  Tag:健康 / 映画 / 砂糖

危ないのは危険ドラッグだけじゃない!白砂糖も麻薬!渋谷アップリンクでシュガー・ブルース上映中です!

やっと、こんなドキュメンタリー映画が公開された!時代の変化を感じます。興味のある人ない人、生き方もいろいろいろだけど、ピンときたらぜひおすすめです。

先日、おしえてもらった「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」というドキュメンタリー映画。どうしても見たくなり渋谷アップリンクへ。 IMG_7235 アップリンクへ到着したら、もう一度見たいなと思っていた「永遠のヨギー」も上映中。カフェも併設されている1階でお支払い。 IMG_7238 整理券をいただき2階へ。ちなみに一般で¥1,800(税込)。 IMG_7243 監督は、チェコのドキュメンタリー映画作家であるアンドレア・ツルコヴァーさん。3度目の出産で妊娠糖尿病と診断された彼女が、そこから様々な取材を通して精製された砂糖の本質に迫っていくという「無血の革命」5年間の記録。日本だけでなく世界的にいかに精製された砂糖がありとあらゆる食品に添加されているかがよくわかる。そして精製された砂糖は百害あって一利無しということも。

世間では危険ドラッグと騒いでいるけれど、身近にある白砂糖を含め精製された砂糖は麻薬と同じ中毒性のある合法ドラッグ。カラダだけでなく精神にも異常をきたす。見た目では全くわかりません。甘くて美味しい白い粉。見えなくても少しずつ身体の中ではジワジワと不調和を起こし気づかぬうちに中毒に。いつの間にかカラダを破壊する。

依存、中毒性といえば白砂糖だけではない。タバコやカフェイン、アルコールも同じ。そしてヴィーガンでもたくさん食べているトマトも。すべて内臓にダメージを与える。適量ならいいと思うかもしれませんが、中毒性のあるものは適量でとめられないから怖い。依存状態になりもっともっととなってしまう。

以前にヴィーガンになって数年経ったころ、中国茶のワークショップに参加。高価でなかなか手に入らない無農薬の烏龍茶を中国茶器でいただいたことがありました。カフェインが気になりましたがめったに味わえないという言葉に思わず反応。ほんの少し飲んだだけなのですがその後どうなったのか。頭がボーッとして集中できなくなり酔っぱらったようなフワフワした感じ。私は身体の異変を感じそれ以上他のお茶を飲むことはできませんでした。

翌日はというとカラダが強烈にだるく、予定があったのに出掛けられず何もできない状態。カラダも重く頭痛もあり大変だったことを思い出しました。中国茶を飲みながら麻薬のような高揚感を楽しむ人たちもいるらしい。コーヒーだけでなく、ウーロン茶や緑茶、紅茶にもカフェインはたくさん入っている。

白砂糖の害は証明できるの?栄養学的には良いのでは?これらの質問や議論は私からするとナンセンス。良い悪いの問題ではなく自然の摂理からはずれている。ビタミンやミネラルを奪い肉体のパワーを奪ってしまうのが精製砂糖、つまりは化学物質。砂糖断ちをすれば自ずと体験でわかってくる。エビデンスも何も必要なく、カラダ(=自然)がおしえてくれる。あなたの中にドクターがいる。

インタビューの中で科学ライターや食品探偵ジャーナリスト、産婦人科医師、微生物学者、臨床研究者など世界で活躍されている方々のお話が出てきますが、白砂糖、つまりは精製された砂糖は肥満や糖尿病だけでなく、神経系、パーキンソン病や自閉症ぜんそくなどの免疫系の異常、癌、ADHD(不注意、多動性、衝動性の発達障害)や統合失調症、アルツハイマーなどの脳疾患のリスクなど心身ともに影響を及ぼしていると語っている。そして妊娠中の完全無防備な胎児にも。

そんな情報が私たち一般庶民になぜストレートに伝わらないのか。 あるジャーナリストが砂糖業界の闇について話をしていましたが、アメリカで1970年代に政府、業界、学者たちが結託して砂糖の安全神話をつくりだし世界に広まったと。きっとそこには大金が動いているんでしょうね。砂糖業界の闇も原発問題も同じ社会の仕組み、構造がみえてくる。

私たちが砂糖を必要とする限り、私たちが砂糖を食べるという選択をする限り彼らは儲かるから需要があるからとますます巨大化していく。原発の安全神話、ワクチンの安全性すべてに通じる話です。 業界や社会の仕組みについては以前のブログにもアップしたスライヴ、THINKERでもわかりやすく説明されている。

一方、砂糖業界、開発に携わった方のインタビューでは、いかにお客様に満足していただくかを考え最も消費者を虜にするバランスを見つけ出すことに力を注いでいることがよくわかる。精製された砂糖を使用することによって、カラフルに着色することによってお客様は喜んでまた購入してくださると。

不健康があってこそ健康のありがたみかわわかるというか、さまざまなことを体験するために白砂糖、タバコ、カフェイン、アルコールなど健康とは真逆の存在があるのかもしれない。けれど気づいてしまったら食べる必要のないものをわざわざ食べてあるがままですばらしい肉体を自ら破壊することはしたくないのが私のスタンス。

先日、普茶料理の梵へ食事に行き、甜菜糖だけでなく白砂糖も使用されていたという記事をアップしましたが、今回は食べた直後、翌日のカラダの反応はありましたがその後子宮の痛みや激しい頭痛がなかったのでホッとしていました。が、今回は1ヶ月後に精神的ダメージが。約1週間ほどの感情の嵐。

実は砂糖やカフェイン、アルコール無しのヴィーガン食になると精神的に穏やかな日常に変化していく。相手を攻撃するというよりは客観的に自分を見つめる機会が多くなるというか。全く怒りを感じないわけではないですよ。どれくらいの期間でそうなるのかはその人それぞれ。ですから余計に穏やかな日常に突如現れたその反動というか感情の揺さぶり、変化がよくわかったんです。突然のイライラ、ソワソワ、仕事が手に付かず全く集中できなくなってしまった。いったい何が起こったの?と始めは少し動揺しましたが…。

周囲から何か攻撃を受けたこともなく、何も理由がないので本当にビックリ。周囲の人たちを敵と感じ一方的に怒りを覚え被害妄想に襲われる。周囲を攻撃したい衝動。もちろん白砂糖の影響だけではないかもしれないけれど、私たちが想定できない目に見えない影響がたくさんある。1週間ほどでおさまりましたが、あの周囲への嫌悪感といったらすさまじかった…。もし無意識にその怒りという感情についていったらどうなるか。人間関係の崩壊、激しい時には事件になってしまうかもしれない。

本来精進料理は砂糖は使わない。精進料理を食べて身体を害してしまうなら食べない方がいい。お店が悪いとかそういうことではなく、結局、私たちがずっと精製された白砂糖をほしがる限り、それを美味しいと思って食べ続ける限り、砂糖業界は私たちのためにせっせと白砂糖を生産し続け、メーカーは様々な白砂糖を使用した食品をそして、レストランは白砂糖を使用したメニューを開発するんでしょうね。

もちろん、白砂糖の弊害に気づき、未来を見据え白砂糖を使用しない食品やレストランを生み出している方々もたくさんいる。私はそんな人たちを応援したいからブログにどんどんアップする。

この映画で一番印象に残ったのは、現在白砂糖のワークショップを開いて危険性を伝えている砂糖断ちをしたダンサーのアメリカ人女性。若い頃麻薬やアルコール依存症だった彼女は、白砂糖も麻薬と全く同じようにカラダをむしばんでいくと語っているんです。だから非常に危険だと。実際麻薬の体験がある彼女だからこそ説得力がある。

その彼女がバイブルと言っている本が、この映画タイトルと同じシュガー・ブルース。著者はウィリアム・ダフティ。私も読んでみたいのですが日本では残念ながら絶版。既に1970年代に精製された砂糖の害について指摘されている方がいらっしゃったんですね。



麻薬に手を出したことはないけれど、白砂糖、きび糖、甜菜糖、アガベシロップなどをカラダに入れると、頭が働かなくなり、倦怠感とか、集中力がなくなったり、イライラしたり被害妄想にかられたりもちろん頭痛や喉の腫れかゆみ、粘膜のただれなど、心身ともにおかしな状態になることは感じていたので、そういうことかと納得。

でも納得と同時にそんな危険な白砂糖が、大人よりも純粋な小さな子供でも簡単に手に入ってしまう、そんな日常が恐ろしすぎるなと。

砂糖といえば最近よく見かけるアガベシロップも子供に食べさせるとその反応でその本質がすぐわかるよと話を聞いたことがあります。子供は大人よりも純粋だから、合わないものが身体に入るとすぐ心身ともに反応がでると。私はアガベシロップは合いません。アガベシロップの健康障害の研究結果が出ていることも事実。

この映画でも子供たちへの影響を懸念していました。やはり母親としては子供には元気に育ってほしいですよね。実際に監督の3番目の息子さんがなかなか話すことができずにいるらしく妊娠糖尿病の影響ではないかという不安もあるようで。精製された砂糖は、精神、認知機能、学習能力などにも影響があるという科学的証拠もたくさんある。大人に影響があるのに子供には影響ないなんてありえない。

私も10代、20代と白砂糖を食べていた。もちろん体調ははっきり言って最悪でした。ヴィーガン食にチェンジしたと同時に砂糖断ちもし、アルコール、カフェインも辞めました。今思うとその砂糖断ちの過程での私の行動は異常そのもの。

本来肉体は苦み、酸味などと同じように自然の甘みをほしがることはふつうのこと。でもその砂糖断ちをした時の私は、甘みを必要としているというよりは、お腹がいっぱいなのに頭が甘みを欲しがるというか、口がさびしいというか…そのような状態。

そんな時は精製された白砂糖ではなく、さつま芋、かぼちゃ、甘栗、レーズンなど自然の甘みを欲しいだけ与え続けました。数えていないけれど甘栗の量はひどかったと思います。近くのコンビニで甘栗がすぐ手に入ったのでそこで購入していたのですが、始めは甘栗の陳列は1列だったのにいつの間にか私が異常に買うので2列になっていたこともある。それぐらい口に入れても入れても満足しない。お腹いっぱいで寝たいにも関わらず何か甘いものを口に入れたいと、ベッドに横になりながら甘栗片手に食べ続けいつの間にか寝てしまうということもありました。カシューナッツ1kgを2〜3日で食べてしまったり。

お腹いっぱいでも苦しくてももっともっとと欲しがる自分。依存ってホント恐ろしい。食べる量も半端ない。いつの間にか砂糖の依存と中毒からぬけ出せたような気がしますが、激しい時期は3〜5年ほどあったでしょうか。年間を通して食べまくるというよりは、狂ったようにほしがる時期が存在しはじめはたくさんやってきた。そのうちその回数が1年に数回になりいつのまにかなくなったという感じ。

今はもっと、もっと欲しい!というそれが全くないんです。食事も必要以上に食べられない。クッキーや甘いものも大量に食べられない。依存、中毒を超えていくと、心身ともに楽になる。たくさん食べる必要もなくなり物質的なものを食べない方が楽に思えるようになったり。不食という世界も見えてくる。

ここ2〜3年かな。頭、エゴ主導の食生活ではなくカラダ、自然主導になってきたのは。ちなみに砂糖やアルコール、カフェイン無しのヴィーガンの親から生まれたヴィーガンの子供はそんなに甘いものをいつも欲しがらない。そんな姿にビックリしたことがあります。

ヴィーガンライフといっても精製された砂糖は危険。そして中毒、依存性のあるものも!無血の革命、いかがですか。


 スポンサーリンク 




Category:health  Tag:ヴィーガン / 健康 / 和食 / 外食 / 砂糖

白砂糖とカラダの反応

ヴィーガン仲間と一緒に普茶料理の梵(ぼん)へ。普茶料理は精進料理の1つらしい。 お料理は7,000円のコースでこんな感じ。 IMG_6180 IMG_6181 IMG_6183 IMG_6184 IMG_6185 IMG_6188 IMG_6192 IMG_6190 IMG_6197 IMG_6198 おもてなしも素晴らしく、お料理は芸が細かく、盛り付けも美しい。離れのお部屋へ通され雰囲気もよく感動!でした。 IMG_6178 しかし食事をしはじめて、少しずつ喉の腫れと痒みが出て、だんだんと脳というか頭が働かなくなりモヤがかかった状態。みんなと話をしていても何も考えられず話に集中できない。顔は赤くなっていたようで痒みもあり頬は少し浮腫むというか腫れたような感じ。翌朝はカラダが痛重く疲労感、倦怠感もありました。

全体的にお料理がとにかく甘い。素材の甘みではなくお砂糖の甘み。食後に尋ねると甜菜糖だけでなく白い物は美しく見せるために白砂糖も使用しているとのこと。とらやさんの羊羹と同じように仕込みの際日持ちをさせるためどうしても必要とのこと。(カラダ=自然よりも人間の都合を優先させているのがよくわかります。)精進料理のお店もなかなかお砂糖不使用のお店がない気がします。15人以上の団体で早めに予約をすれば砂糖抜きで対応可能かも。

白砂糖や甜菜糖の威力は改めてすごいなと実感。一緒に行ったヴィーガン仲間の1人は鼻水が止まらなくなって、その後は激しい咳、鼻水、痰が続いてるとのこと。カラダに合わないお砂糖は明らかにカラダに負担をかけますね。

普段の生活でも白砂糖はお漬け物やお菓子、飲み物と何にでも入っているので入っていないものを見つけるのは至難の技。現代の食生活での白砂糖摂取量はすごいだろうなと思います。

お野菜は自然栽培ではないのですが、旬のものを使用されているとのこと。美味しくいただきましたが、人参の天ぷらはなんと何にも味がしなかった…。残念ですが素材の旨味も甘味もなく美味しくありませんでした。やはり自然栽培のお野菜とは味が全然違うんだなと再認識。もずく酢、胡麻豆腐、そうめんの天ぷらは甘くなく(笑)美味しかったですよ。ちょっとホッとしました。

ステキなお店で美しい手の込んだお料理でしたが、カラダはNO!と正直。白砂糖や甜菜糖のカラダの反応を再確認できるよい機会でした。激しい咳や生理前の頭痛や、下腹部痛がこないことを祈ります。 IMG_6200 最後にこんなかわいい鈴をいただき感謝。 IMG_6257 ちなみにこんな映画もあるみたい。まだ見ていませんが。おもしろそ。


Category:health  Tag:ヴィーガン / 健康 / 砂糖 / 花粉症

甜菜糖と花粉症とVEGANの私

体調不良からヴィーガンという食スタイルになりましたが、20代後半から始まったひど〜い花粉症の症状もほとんどなくなりました。

ヴィーガン1年目はマクロビオティックを実践。マクロビオティックといっても小麦製品、パンや麺類、メープルシロップや米油などの甘み、フルーツ、もちろんカフェイン、アルコールも一切とらない生活。完全に玄米と野菜の生活です。いらない脂肪はとれ体調は少しずつよくなりひどかった花粉症は消えました。

現在はマクロビオティックの陰陽を頭で考えるというよりはカラダが食べるものを教えてくれるのでカラダの声を聞いて食べています。動物性食品はもちろん食べません。

にも関わらず、少しぐらいならと甜菜糖をカラダに入れ始めたことがある私。職場が近かったこともあり日比谷シャンテのチャヤマクロビさんで週2ぐらいのペースでお惣菜やケーキ、ランチを約2年ほど食べていたことがあります。ほとんどのチャヤマクロビさんのお惣菜、スイーツなどには甜菜糖が入っており食べた直後喉にかゆみや違和感があったり、生理前にやや辛い頭痛があったりしましたが我慢できるという感じでした。しかしその2年間の2度あった春は2回とも1月下旬ごろから喉や肌の乾燥赤み痒み、とまらない激しい咳(まるで喘息?!と思うほど)、大量の鼻水とかなりひどい花粉症の症状が約1ヶ月強続いたんです。会社が大きな空気清浄機を購入してくれたほど…。

またある年はヴィーガン弁当を見つけて週2回ほどのペースで食べていたら3ヶ月後のある日、突然朝から子宮や卵巣など下腹部の強烈な痛みが一日中続いたこともありました。白砂糖が入っていたようです。お弁当を食べた後はやはりのどの腫れといいますか痒みはあったんですが無視してしまいました。

日本も海外もヴィーガンといってもお砂糖(白砂糖、きび砂糖や甜菜糖など)を使用したお店や商品が結構多いんです。

ちょうど代官山に通っていた時に震災後ヴィーガンカフェやレストランが少なくなり、なぎ食堂で半年ほどお世話になっていたのですがやはり甜菜糖は使用しているとのこと。パン屋さんも乳製品やお砂糖が入っていたりとなかなか難しい。やっと代官山駅前で毎朝出勤時に移動式カフェ見かけ大きな美味しそうなマクロビクッキーを発見し少しくらいいいかと思わず購入。ただ甘みはやはり甜菜糖。でも少しぐらいいいかなと都合よく言いわけしながらいつの間にか週に数回買って食べていました。

約1カ月後突然花粉症のような症状が!時期的にはちょうど1月下旬ごろ。激しい皮膚と喉の乾燥、止まらない咳に大量の鼻水と、祭りがはじまりました。この時もう甜菜糖は食べてはいけないなとやっとカラダで気づきました。

それ以降はエゴの声に従わずカラダの声に耳を傾け甜菜糖は食べていません。そして花粉症の症状はほとんどありません。なぜほとんどといっているかというと春に少しの鼻水や乾燥はあるので。ヴィーガン1年目の米飴やメープルシロップなどの甘みを一切食べなかった時はその少しの鼻水や乾燥もなかったかと思うと、メープルシロップや米飴、ココナツシュガーなどを食べなければおそらく何も症状はでないんだろうなと思います。そもそもおやつも必要ないんでしょうね。きっと。お砂糖に関しては私の場合、白砂糖、黒砂糖、きび砂糖、三温糖と同じように甜菜糖もカラダに合わず、メープルシロップと米飴、ココナッツシュガーなどは食べています。

日比谷シャンテのチャヤマクロビの店員さんが「甜菜糖を栽培するためには大量の農薬を使用するらしく、もしかするとその農薬にあなたのカラダは反応しているのかもね。なかなかオーガニックの甜菜糖は手に入らないけれど。」と。農薬を外へ出そうと頭痛や咳、痒み、鼻水など花粉症と同じような症状がでるのかもしれません。オーガニックの甜菜糖が手に入ったら一度ためしてみたいなと思っています。

お砂糖は農薬のこともありますが、精製過程で化学物質を使用しているのでどのようにつくられたのかそのプロセスが大事だと聞いたことがあります。精製過程で使用した化学物質はパッケージに記載されていませんから。サトウキビをそのまま絞ったジュースなら何もカラダは反応しないそうでまた機会があれば試してみたい。

日比谷シャンテのチャヤマクロビさんに頻繁に通うことが減り外食はお蕎麦やおにぎりが多い私。この時期少し乾燥したり鼻水も出ますがあの苦しい花粉症の症状は全くありません。カラダは面白いぐらい正直(笑)私にとってカラダ(=自然=プログラマー)はすばらしいドクターなんです。しかも無料で副作用も全くなくこんなに的確なことを教えてくれるドクターは他にないですよ!すべての答えはあなたの中にある!

長くなりましたが、私の場合そんなこんなで甜菜糖を食べなくなりました。VEGAN+自分に合わない砂糖なしの生活をするとカラダも楽になり医療費も必要なくなりいいことだらけ!ほんとオススメです。

もちろんカラダは甘みを必要としている時もあるので、エゴの誘惑なのかカラダの声なのかしっかり見極め(頭でなく感じて)、自分のカラダに合う自然の甘みを与えてあげてくださいね。私も完璧ではないですがその見極めも自然とできるようになりますよ。


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク