Category:gourmet  Tag:お菓子 / オーサワ / グルテンフリー / スイーツ / ヴィーガン / 甘味料 / 砂糖

オーサワさんの米飴で作られた小豆羊羹。

オーサワさんの米飴で作られた小豆羊羹。白砂糖や甜菜糖などで作られたものに比べると甘みはとってもやさしいから物足りないと感じる人が多いかも。 IMG_9645 羊羹は大好物ではないけれど、気が向いたら年に一回ぐらい買うかなという感じ。甘味料は米飴のみ。 IMG_9640



動物性食品を食べなくなってから白砂糖は肉体からエネルギーを奪い免疫力を低下させるなと実感。白砂糖は瞬間的に頭が冴えて活性化したような感覚に陥るかもしれないけれど、頭痛や様々なカラダの不調をもたらす。白砂糖を摂取したからといってすぐ病気や死に直結するわけではないからなかなか意識がいかないけれど、水面下でジワジワエネルギーを奪い不調和を起こしていく。そして白砂糖は中毒性もあるからもっともっと欲しいとなってしまいなかなか抜け出せず負のスパイラルに陥ってしまう。だから白砂糖の本質は気づきにくいし本当にやっかい。

人によっては毒を変換させてしまうぐらい動物性食品や精製砂糖、精製塩、添加物など多少何を食べても大丈夫な方もいらっしゃる。

去年、今年に限らずヴィーガンになってインフルエンザや風邪に縁がない。マスクをしているわけでもなく、手洗いも徹底していないけれど…。

でも白砂糖を普通にとっていた時、それはヴィーガンになる前になりますがちょっと疲れたり免疫力が下がると扁桃腺がすぐ腫れて熱が出るときもありました。インフルエンザには一度だけかかったこともある。ヴィーガンというだけでなく砂糖、アルコール、カフェインもとらなくなってここ十数年扁桃腺が腫れるということは全くなく熱も出ない。本当にカラダがラク。絶対熱が出ないと言っているわけではなく必要があればまた熱がでることもあるとは思いますが…。そのあたりも全て自然におまかせだから何が起こるか私にはわかりません。

内臓(自然)からエネルギーを奪う食生活から離れていくと肉体は当たり前だけど元気になって本来の姿へ自然に戻っていく。内臓が元気ならサプリメントも必要なくなってくる。実際私はサプリメントを一切摂取していないので。肉体に負担をかけず、奪わず、邪魔をせず、エネルギーを与えるサポートするだけで内臓は本来の機能を発揮でき、そんな健全な内臓は与えられたエネルギーを変換して必要な栄養素をカラダの隅々へしっかり届けてくれる。だからカルシウムが必要だから外から工場で作ったカルシウム(物質)を与える必要がなくなってくる。いつの間にかサプリメントを摂らなければならないという発想にならなくなってしまった。薬と同様、常にサプリメントを買わなければならないってお金もかかるし私にとっては持ち物が増えるから面倒臭い。

肉体は本当に物質ではなくエネルギー。常に変化している。完璧につくられた肉体(生命)の中では実験では確認できない様々な変換作業がたくさん行われていると感じる。まるで錬金術。ただ肉体が本来の機能を発揮できる状態、自然に近い元気な状態であればの話ですが…。

話はそれましたが、オーサワさんのひとくち小豆ようかん、芋ようかんもありますよ。




Category:gourmet  Tag:お菓子 / スイーツ / ヴィーガン / 甘味料

自然の甘み、粉の旨味を感じられる「木のひげ」さんのりんごのタルト。

自然の旨味、甘みは人によって感じ方が違うのでなかなか伝えることが難しい…。例えば白砂糖やきつい甘みに慣れてしまっている場合、自然の甘みを必ずしも同じように美味しく感じるとは限らないので。

白砂糖を普通に食べていた時は、このりんごのタルトのような自然の甘みや粉の旨味が全くわからなかった私。「まずい!」と思ったことを今でも鮮明に覚えてます。しかし現在はすっかり真逆の感覚でめちゃくちゃ美味しいと感じるからふしぎ。 IMG_9404 昨年の今頃はちょうど喉や目が痒かったり鼻水が出たりと軽〜い花粉症の症状が出ていました。しかし今年は今のところ何もなし。

ただ、昨年の11月末から12月にかけて約3週間ほど激しい皮膚と喉の粘膜の乾燥、鼻水、咳の祭りが…。だるくもないし熱もない。風邪ではなく甜菜糖を食べた時にまとめて出てくる症状と全く同じでした。

頭をよぎったのは、そういえば昨年は甜菜糖よりもきつい白砂糖を使った普茶料理をコースで食べたなと。食事中は顔が赤くななって腫れて痒く痛くなって…。さらに喉も腫れて頭がボーッとしてしまい会話もままならないと大変だったことを思い出しました。でもそのような症状で終わったなと勝手に思い込んでいましたがカラダはそうは言っていなかったようで。

よ〜く観察しているとしっかりカラダにインプットした不必要なエネルギーは自然の摂理によってきちんとアウトプットされるということがよ〜くわかる。

花粉かホコリか何かに反応して昨年末、粘液、せきなど大量のゴミを出しきったせいか今のところ特にスギ花粉に反応する必要がない模様。

ヴィーガンになって砂糖断ちをしている時に、白砂糖、甜菜糖、きび砂糖、黒砂糖などを使っていないおやつで本当にお世話になった「木のひげ」さんのお菓子たち。ナチュラルハウスさんやナチュラルハーモニーさん、自然食品店で見かけます。卵や蜂蜜などを使っているものもありますが、ヴィーガン仕様もあるんです。

例えばヴィーガンでも食べられる「エルフの焼き菓子」や「ツーロングA」はとっても硬いけれど噛めば噛むほど甘み旨味が出てくるから美味しいんです。





りんごのタルトの原材料も変わらずとってもシンプル。タルトはしっとり。シナモンはきつすぎずほどよく馴染んでるから全く気にならない。 FullSizeRender 4 そしてメープルシロップなど甘みを一切使わなくても、ゴロッと入ったりんごの甘みがレーズンの甘みと合わさって十分に甘みを感じられる。 IMG_9406 自然の甘みって本当に美味しい。もっともっと欲しいとならないし体も心も満足。数年ぶりに食べましたがやっぱり美味しかった。工房にはカフェもあるようです。パンも美味しいですよ。

●木のひげ
http://www.din.or.jp/~kinohige/index.html


Category:gourmet  Tag:ヴィーガン / 甘味料 / 飲み物

デーツシロップがアイス穀物コーヒー豆乳オレにピッタリ!

これ美味しい!

リマの通販で初めて購入してみたデーツシロップ。農薬・化学肥料不使用の中東原産のナツメヤシの実を100%使用。ミネラル(マグネシウム・亜鉛)が豊富。

トゥルーベリーのホイップスムージーでデーツシロップを使用していたり、最近チャヤさんでもデーツシロップが売られていたり気になってはいましたが…。 IMG_7365 アイスの穀物コーヒーを作って豆乳で割った時にちょっとデーツシロップを入れてみたんです。なんとなくメープルシロップの甘みが今ほしいと思っている甘みと違うなと思って。そうしたら、めっちゃ穀物コーヒーに合ってる。黒糖みたいにコクがある。でも黒密よりも後味がフルーティというかあっさりめ。 IMG_7308 白玉だんごにきな粉とデーツシロップで和風なおやつもいいかも。濃くはあるけどあっさりした甘みで美味しかった。 IMG_7413 喉の痒みや頭痛などもなくお料理にもお菓子作りにも使えていいみたい。


Category:gourmet  Tag:ヴィーガン / 甘味料 / 食品 / 飲み物

やし糖で穀物コーヒーソイラテ

やし糖を入れると穀物コーヒーでつくる豆乳ラテにコクがでて美味しい。 IMG_5305 やし糖は椰子樹液を煮詰めるだけで作られるインドネシアの伝統的なお砂糖で、農薬・化学肥料一切不使用の椰子でつくられています。メープルシュガーのような香りでクセのない甘味だから使いやすい。 原材料はインドネシア産ココナッツ花蜜のみ。




Category:gourmet  Tag:ヴィーガン / 甘味料 / 食品

米飴で栗きんとん

お料理にもお菓子作りにも使うおいしい米飴。この米飴で大好物の栗きんとんを毎年つくります。飴なので溶けにくく扱いづらいのですが…身体にやさしくおいしいので。 IMG_5259 冷凍むき栗と米飴で甘露煮をつくり、裏ごししたさつま芋と合わせてできあがり! 甘露煮は仕上げにみりんを少し入れて煮きります。 IMG_5308 ヴィーガンになる前、つまり白砂糖、きび砂糖、黒糖、甜菜糖など自分に合わない甘味料を食べていた時は米飴が全く甘く感じずおいしくないなと思っていた私でしたが今ではとってもおいしく感じます!いろいろな米飴がありますがこれはおすすめです。


about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク