Category:gourmet  Tag:おうちごはん / カレー / グルテンフリー / ヴィーガン / 外食 / 根津

根津の谷の甘味料やトマト不使用の絶品野菜カレー。自宅では「スリカレー」のスパイスセットで味わえます。

素材を生かす調理にモチモチ玄米に根津の谷さんのランチやお弁当は本当にいつも美味しくて。美味しい!だけではなく、カラダとココロも満たされる。そんな根津の谷の野菜カレーを私は一度も食べたことがなかったんです。

カレーは、ヴィーガンのお店でも、インドカレーのお店でも、トマトなどのナス科の野菜だったり、ジャガイモ、唐辛子、白砂糖や甜菜糖などの甘味料が入っていることが多々あるのでやや避け気味。甘味料も白砂糖を使っている場合が国内でも海外でも結構多い。以前、アジアンキッチンのヴィーガンカレーを喉のかゆみや腫れを無視して、週一ペースで食べていたら、ある日突然子宮に強烈な痛みが一日中続いたことがあって。後でお店に確認をしてみたら白砂糖を使っているとのことでした。残念。

でもこちらのカレーはナス科の野菜もジャガイモも甘味料も一切入っていないのです。それを知らずに、一度食べてみたいなとカレーのいい香りに誘われ食べてみることに。 IMG_3165 野菜がゴロッとのっていて食べ応えあり。スパイスの香りがなんともいえず、旨味、コク、玉ねぎの甘みのバランスが素晴らしくて。カレールーが美味しすぎ。 IMG_3166 野菜カレー、玄米ご飯、グリーンサラダ、香の物、本日のお茶のセットで2018年4月からは¥1,350(税込)。

何で今まで食べなかったの?と思ってしまったほど。ただ、食事中そして食後に唇が赤くなって周りがヒリヒリピリピリ。風邪をひく前によくある口の周りの乾燥かなとはじめは思ったのですが、どうも様子がおかしい。結構痛みが激しくなってきて。その後プックリ腫れてしまい、夕方には唇の周りがカサブタみたいにかたくなってしまったんです。そして1日中痛かった。翌朝も硬くなった皮膚はそのままで。もとに戻るまで1週間ぐらいかかりました。

で、原材料を再度確認したらトマトなどのナス科の野菜やじゃがいもは使っていないし、さらにたくさんの玉ねぎをじっくり炒めて甘みを出しているから、甘味料も一切つかっていないと。なんでだろう?と思いつつも、とても美味しかったのでもう一度食べてみた。

今度は食後、口がやや赤くはれてましたが前回ほどひどくなかったので大丈夫かも?!と思っていたらお尻が激しくヒリヒリ。痛すぎ。結構強烈でした。少しの唐辛子なら大丈夫な時もあったりしたのでスルーしていましたが、どうも唐辛子がだめだったみたい。

そんなカラダの反応を、根津の谷のお店の方と話していたら、レストランではこのスパイスを使ってるんですよとお店に置いてある「スリカレー」を教えてもらったんです。この「スリカレー」だけ買いにくるというお客さんもいらっしゃるほど密かに人気とか。 IMG_3264 本格的なスリランカカレーが簡単につくれるこちらのスパイスセット。 IMG_3265 チリパウダーは別になっているからとても助かる。4〜8人前ぐらいつくれます。さっそくチリパウダーを使わず自分でつくってみることに。

「スリカレー」の作り方は、結構簡単で。レシピが1枚入っているのでそれを見ながらすぐ作れます。ささっと作れるレシピと玉ねぎをじっくり炒めるレシピと2種類あって今回はじっくり作るこだわりカレーでトライしてみました。 IMG_3266 シナモン、カルダモン、クローブのアロマティックスパイスにカレーリーフ、スクリューパイン、レモングラスのカレーハーブをこんなにたっぷり使ってオイルに香りをうつしているところ。これによって薫り高い極上カレーになってしまうなんてスパイスってすごいなと感動。 IMG_3279 そしてスパイスを除いて、 IMG_3281 香りが良いオイルで40分じっくり炒めてつくった玉ねぎに IMG_3282 ターメリック、カレーパウダーを加えてさらに炒めてカレーペーストの出来上がり。レシピではトマトを入れますが私は入れずそのまま。もちろん唐辛子も入れません。

作ったカレーペーストを2つにわけて、一つはひよこ豆の缶詰、冷凍かぼちゃ、人参、セロリを入れて煮込んだカレー。もう絶品で。 IMG_3291 もう一つはキャベツ、人参、赤レンズ豆を使ったココナッツミルクのカレー。 IMG_3404 こちらはお水のかわりに大好物だけれどやや苦手なココナッツミルクを使ってみました。レシピにある水分をココナッツミルクに変えても美味しいとあったので。こちらもめちゃくちゃ美味しすぎ。しっかり煮込んだせいか食後腸が腫れたり体の反応がなくうれしい。また作ってみよう。

結局唐辛子を使わなければ全く体の反応はなく何も問題無し。唐辛子のエネルギー、やっぱり強烈なんだなぁ。エネルギーを奪われるしカラダに合わない。

唐辛子が大丈夫なら根津の谷の絶品カレーめちゃくちゃオススメです。自然食レストランは水曜、日曜はお休みですが今日は営業しています。谷根千散策がてらいかがですか?日替わり根津の谷定食のメニューは当日だいたいですが午前11時すぎごろにブログにアップされるので確認できますよ。ついでにお店で売っているスリカレーでぜひご自宅でも。

根津の谷 http://nezunoya.web.fc2.com/


Category:gourmet  Tag:お菓子 / カフェレストラン / スイーツ / テイクアウト / パティスリー・ユイ / リマカフェ / 外食 / 銀座 / 閉店 / 馬喰町

ヴィーガンプリンのTRIPLE Rが一時クローズ、ナチュラル・ハーモニー菓子工房に5/10には新宿リマカフェも閉店。

何だか、お世話になっているお店が2018年3月31日(土)で閉店。そして新宿リマカフェも2018年5月10日(木)で閉店。と同時に池尻大橋のリマ食堂も。

あまり焼き菓子を食べなくなって、外食も減ってきているけれど、ちょっとテイクアウトしたりプレゼントにと利用していたから少し残念。でもこれも自然の流れ。何かちょうど区切りとしてはよいタイミングなんだろうな。

3月に入って、なんだかナチュラル・ハーモニーさんへ行きたい、行かなきゃと胸騒ぎがしてなんとか用事を済ませて久しぶりに行ってみたんです。そうしたらナチュラル・ハーモニー菓子工房さんが3月で販売終了とあるじゃないですか。胸騒ぎはこのことだったのかと。

ナチュラル・ハーモニー菓子工房として移転される前からお世話になっていたナチュラル・ハーモニー菓子工房さん(パティスリー・ユイさん)。あんなに好きだった焼き菓子もあまり食べたいと思わなくなってきて足が遠のいていましたが、もう最後ならと久しぶりにスコーンと全粒粉のクッキーを購入。全粒粉のクッキー、やっぱり素朴でやさしい美味しさ。 IMG_3005 IMG_3006 そして、カカオニブの入ったココアとカカオニブのスコーンはなんとも最高でした。チョコチップが入っているスコーンよりもカカオニブの方が私は好みだな。甘さ控えめでカカオニブの苦味がきいて大人向き。すごくいい組み合わせ。カカオニブのつぶつぶの食感もいい。さすがだな。米粉はそんなに体に合わないのだけれどこちらのスコーンはなんだか美味しい。 IMG_2997 IMG_2998 やっぱりナチュラル・ハーモニー菓子工房さんのスイーツは絶品だなと最後に再確認。またどこかで会えるといいな。

4月からは「焼き菓子Lisse」さんのお菓子が並んでいましたよ。ナチュラル・ハーモニーさんの初代パティシエの方らしくめぐりめぐってという感じですね。甘味料が合わなかったので購入できませんでしたが美味しそうでした。

そしてたまたま、4月初旬、お土産にヴィーガンプリンを予約しようと久しぶりにサイトを見たら取り扱っている馬喰町のトリプルアールさんが3月末で閉店してしまっていてびっくり。でもリニューアルのため一時クローズということでまた利用できそう。よかった。 IMG_6657 ちなみにヴィーガンプリンはこの連休中の明日、明後日の2018年5月5日(土)、6日(日)とマーチエキュート神田万世橋のMANSE BRIDGEで開催されるイベント「BESPOKED JP」で販売しますよ。オリジナル、抹茶、チョコと3種類。すっかり甘いものをあまり食べなくなってチェックしていなかったから私もチョコを食べてみたいと狙っています。サイズとお値段も私が食べていた時よりもお手ごろになっていた気が…。

そして最近驚いたのが、リマカフェの閉店。それも新宿だけでなく池尻大橋のリマ食堂も同時に閉店。でもこちらもまたヴィーガン&ベジタリアンのお店を検討中らしいのでHP要チェックです。新宿リマカフェでは2018年5月3日(木)から5日(土)までデーツの甘みの柏餅が並ぶみたいですよ。

たくさんお世話になった3つのお店。 本当にいつも美味しいごはんやスイーツをありがとうございました。またリニューアル後のお店も楽しみだな。

●株式会社ナチュラル・ハーモニー
https://naturalharmony.co.jp

●LIMA CAFE(リマカフェ)
【住所】〒151-0053 東京都渋谷区代々木二丁目23番地1号ニューステートメナー
【電話番号】03-6276-0571
【営業時間】11:30-19:00(L.O.18:30)
【定休日】なし(土日祝営業・年末年始は除く)
【URL】http://lima-cafe.com


Category:gourmet  Tag:イタリアン / サンドイッチ / テイクアウト / ハンバーガー / パスタ / パン / リトルクッチーナユメ / ヴィーガン / 外食

自家製天然酵母パンも絶品。シンプルリトルクッチーナさんのやわらかカンパーニュ。

ランチがなくなり先月2月からはじまったシンプルリトルクッチーナさんのパン。お店の入り口にかわいいパンたちがならんでる。やっぱりなと期待を裏切らないやわらかくて旨みのある絶品パン。 IMG_2782 自家製酵母もお野菜だったり、干しぶどうだったりその時のタイミングによっていろいろ。そこがまたいい感じ。 IMG_2716 フォカッチャも並んでいます。 IMG_2781 日によっては甘いパンもあったり。この日は甜菜糖使用で私は見て楽しむだけ。 IMG_2848 中でも一番のオススメは、かた〜いカンパーニュではなくあやわらか〜い自家製酵母の低温熟成カンパーニュ。これが絶品で。酸味は嫌いではないですが、酸味が全くないカンパーニュ。全粒粉が入っていて小麦の旨みをより感じられる。低温でゆっくりゆっくり発酵、熟成。この時のカンパーニュはお野菜の、人参だったかな、自家製酵母でした。人参でもいろいろ種類の違う黄色い人参の自家製酵母だったりお兄さんもお野菜で楽しんでるのがよく分かる。 IMG_2719 初めはやわらかカンパーニュ?!ちょっと物足りないと感じるのかなと思いましたが全くそんな心配はなくこれはこれでめちゃくちゃ美味。ちょっとトーストするだけで外側はカリッと中はフワモチ。超おいしい。発酵豆乳マーガリンが合うみたい。ちょっとマーガリンを塗って、細切りにした生の人参と梅酢につけた玉ねぎをのせただけでウマウマ。本当に美味しいと思えるパンは生野菜と相性がとってもよくって調味料をいろいろ使う必要がない。お野菜のフレッシュなおいしさとパンの旨み両方がしっかり存在しながら喧嘩せず口の中で溶け合いさらに美味しさがアップして広がる感じ。パンとお野菜のハーモニーがたまらない。 IMG_2734 麹とホップの豆乳山食パンもふわふわ。 IMG_2717 私が買った日はホップは入っていなかったようです。日によっていろいろなのでそこも自然、流れにおまかせ。まだパンが温かかったので袋を開けてみたんです。そうしたらパンの香り、野菜酵母の香りがなんとも素晴らしく。食べずに香りに夢中になってしまいました。 IMG_2735 他には全粒粉入りの丸パンと IMG_2721 ベーグルも美味しかったな。 IMG_2862 シンプルリトルクッチーナさんの自家製天然酵母のパンは全部美味しい。今のところやわらかカンパーニュが一番オススメかな。カンパーニュって結構外側がかたい。まぁそれが美味しいのですが、一度冷凍して食べる前にトーストするとやや外側がかたすぎて口の中の粘膜にささって痛いなぁなんて思っていたんです。でもシンプルリトルクッチーナさんのやわらか熟成カンパーニュはトーストするとちょうどいいかたさになりカリッとして生野菜をサンドしてガブッといっても何も問題なく食べられる。この食べやすさ、なかなかいいわ。

ちょっと前に店内の黒板メニューにサンドイッチ(まだ店内で注文したことはないですが、基本的にチーズを使用したもののようで私の場合はその時の食材でヴィーガン仕様で作ってもらうことになるようです)と書かれていたことを思い出し、パンの取り置きをお願いする時にサンドイッチをテイクアウトできるかどうか聞いてみたのです。たまたまその時は使える丸パンがあり、挟む具材も用意できるということで急遽お願いしてみたのですがこれまた言葉を失うくらい絶品で。 IMG_2787 コロッケとハンバーグ。美味しすぎて感動。なんだろうこのバランス。味、食感、全てが調和した素晴らしいココロもカラダも満たされるお兄さんのサンドイッチというか絶品ハンバーガー。その時の食材によるのでいつも注文できるわけではないサンドイッチというかハンバーガー。食べることができてラッキーでした。気をつけたのですがサンドイッチ(ハンバーガー)は持って帰ってくるときにちょっと崩れてしまって…。きっと作りたてはもう少し見た目が美しかったと思います。

ついでにテイクアウトはパスタも可能。 IMG_2785 大好物、大根のペペロンチーノ。冷めても美味しい。 IMG_2788 お料理もお菓子もそして自家製天然酵母パンも美味しいだけでなく見えないやさしいエネルギー、静かなワクワクを感じる。これからもたくさん応援したいな。

もう3月に入ってしまったけれど最近カレンダーが置いてある。シンプルでステキ。これは2月でもう終わってしまっていますが。 IMG_2783 今月3月の貴重なスペシャルランチdayは3/16(金)。ランチdayの夜は17時30分より通常通り営業のようです。

●SIMPLE. LITTLE CUCINA
(シンプル・リトルクチーナ)

【住所】〒112-0002 東京都文京区小石川2-25-10
【電話番号】03-3868-3976
【営業時間】15:30-22:00(パスタ リゾットは17:30〜)
【定休日】火曜日(変則的に水曜日)
【URL】http://www.littlecucina.com


Category:gourmet  Tag:スイーツ / フレンチ / ヴィーガン / 京都 / 外食

素材本来の味を大切にした京都のヴィーガンフレンチ、ビストロ・ラ・フルシェット

野菜、素材本来の特徴を最大限にいかしたヴィーガンフレンチがいただけるこんなお店が京都にあったとは。 IMG_1779 以前から気になってはいましたが、夏は食べられないナスやトマトやピーマンだらけなのでやっと行くことができました。ちょうど京都のマンガ博物館の裏あたりにある古くて小さなお店。現在ランチはヴィーガンフレンチプレートのみのようですが、十分満足。 IMG_1781 お料理、味はすばらしい。あくまでも現在の私の味覚での話ですが…。というのは、甘味料もあわなくなってきた私の舌は繊細な味をもうけとれるようになってきているようで。美味しさだけでなくその素材、お料理が生命力あふれるものなのか、それをカラダで感じられるようになってきているみたい。香りや味、口からカラダに入った時の感覚、満たされ具合がまるで違う。

京都、美山の野菜を使った「Végéフレンチ」。見た目の良い野菜ではないけれど味は抜群と。(本当にその通りでした。)農業歴50年以上の経験豊富な女性達が孫や息子に食べさせるつもりで育てているらしい。

テーブルには星の王子様が。コルクでつくった置物がたくさんあって可愛らしい店内。 IMG_1786 調理法はいたってシンプル。使う調味料も塩、酢、油。甘味料は使わない。そこに目をつけるシェフが素晴らしい。本当に素材の立場になり素材を大切にしている姿勢が感じられる。

今はオーガニックだろうが、メープルシロップだろうが、ココナッツシュガーだろうが米飴だろうが、どうも甘味料をカラダが受け付けない。喉にしつこい甘みが残ったり、鼻水、咳、粘膜の乾燥が激しかったり、カラダがだるかったり重かったり浮腫んだり。 そんな私にはこちらのお店は超ピッタリでありがたい。

店主のブログを読んでいると本当に野菜がお好きなようで。 「素材を食す」がお料理のテーマらしく、良い食材を限りなくナチュラルな味に仕上げ、肉・魚・卵・乳製品・出汁・糖類は野菜の味を際立たせるために使っていないとのこと。畑から収穫した時点ですでに完璧な味になっているからこそ、その完璧な味を生かすために最低限の調理と厳選した調味料による最低限の調味。ステキすぎ。私も毎日自然の一部であるカラダは完璧だと感じるから本当にその通りだと思う。

「良い材料はそれ自体が複雑味を持っておりただそれを壊さない様皿に盛るのが私の仕事です。」と気持ちよい店主のお言葉。自然が育んだ完璧な素材に余計なことをしてぎゃくにその素材が持つエネルギーを奪わない。私のカラダに対する態度と同じでうれしい。

調味料は塩・レモン汁・オリーブオイル以外使っていないらしい。「刺激=美味しさ」の図式も必要なしと。これも腑に落ちる。刺激物はカラダにダメージを与えるしエネルギーを奪う。満たされていると刺激物はほしいと思わなくなる。

食べると、本当によくわかる。食材の味は意外とそのままで美味しかったりする。調理をしない方が美味しかったり。甘味料や調味料を加えない方が本来の素材がもつ旨み、甘みに感動する。

そんなお料理が味わえる貴重なお店、ビストロ ラ フルシェットさんのこの日のヴィーガンフレンチプレート(¥1,000/税込)は、豆乳ポタージュカプチーノ仕立て、おからのガレット、玉ねぎのオーブン焼、自家製天然酵母パン。前もって予約していたので有機レンズ豆のハンバーグの代わりにおからのガレットに変えてもらいました。トマトが食べられないので。 IMG_1784 1週間寝かせて焼いた自家製天然酵母パンを温めている時にただよってきた香りがまぁ素晴らしくて。 とにかくカラダもこころも喜び満たされるランチでした。

甘味料不使用のデザート(+¥500/税込)も気になり黒ごまと豆乳のアイスクリームと豆乳プリンを追加で注文。豆乳アイスクリームが絶品で。アールグレーのような香りがふわっとただよったかと思ったらデーツの香りだそうで。デーツの香りを感じたのははじめてかも。素晴らしく良い香りだった。甘みもデーツとドライフルーツの甘み。デーツシロップじゃないんです。美味しかったなぁ。 IMG_1788 ランチは予約可能。ディナーは要予約と思っていたら気軽に来ていただくために予約なしのディナーセット(¥2,400/税込)も今月からやっているようです。たくさん食べられなくなってきたけど一度コース料理も食べてみたくなってきた。

美味しいだけじゃない、食べた後も体が穏やかなんて本当にすごいヴィーガンフレンチです。

●Bistro la fourchette(ビストロ ラ フルシェット)
【住所】〒604-0846 京都府京都市中京区押小路通両替町西入ル金吹町460住岡ビル1F
【電話番号】075-213-3693
【営業時間】ランチ 12:15-16:00 / ディナー 18:00-21:30
【定休日】不定休
【URL】http://www.la-fourchette.jp


Category:gourmet  Tag:イタリアン / シンプルリトルクッチーナ / パスタ / ヴィーガン / 外食

シンプルリトルクッチーナさんの最後のランチ。2/3(土)からはベーカリー?!

何だかこの間からシンプルリトルクッチーナさんへ行った方がいいなとなんとなく思っていて。今朝もいろいろ用事があったけれどやっぱりソワソワ、モヤモヤ。結局久しぶりにシンプルリトルクッチーナさんでランチをと思って行ってみたら、なんと明日1/29(月)でランチは終わりとのこと。 IMG_2642 ランチメニューのランチセットは黒板のメニューで決まっているのですが、動物性なしであれば海老抜きにしてもらうか、今日はきのこのペペロンチーノ、大根のペペロンチーノとその時の食材で臨機応変に対応してくださりいつも感謝。

今日はお久しぶりの大根のペペロンチーノでランチセットを注文。絶品。言うことなし。見た目はシンプルですが濃くと旨みがあり美味しすぎ〜。 IMG_2654 セットのサラダもフォカッチャも美味しい。サラダにかかっている和風のような洋風のようなドレッシングも美味。 IMG_2651 さらに本日の選べる前菜の焼かぶのマスタードソース(¥400/税抜)も注文。粒マスタードがまろやかで調和したいいお味。こちらも美味しすぎ。 IMG_2648 ごぼうのフリット(¥400/税抜)も注文。旨みが素晴らしい。 IMG_2652 お隣の男性のお客さんが本日の選べる前菜からテンペカツレツを注文されていましたが、「これ美味しいねぇ」と。 IMG_2646 ランチはなくなりますが、2/3(土)からはベーカリーとして15時よりパンや焼き菓子を店頭販売するらしいですよ。ヴィーガン仕様の全粒粉入りの丸パンとか食パンとかもあるらしく。何だかワクワク。パンを販売する時間帯はカフェでお茶ができるかもしれないです。もちろんディナーはなくなりませんから、お食事はディナーで是非。これからのシンプルリトルクッチーナさんも楽しみ。 IMG_2644 そうそう、こちらも店頭に飾られていました。オーナーシェフの初のレシピ本!これがまたすごくいいんだな。お料理もスイーツも素晴らしくて。こちらに関してはまたの機会に。 IMG_2645 ●SIMPLE. LITTLE CUCINA
(シンプル・リトルクチーナ)

【住所】〒112-0002 東京都文京区小石川2-25-10
【電話番号】03-3868-3976
【営業時間】ランチ 11:30-15:00(2018年1月29日で終了) ベーカリーは2/3から / ディナー 17:30-22:00
【定休日】火曜日(変則的に水曜日)
【URL】http://www.littlecucina.com


Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / パスタ / ヴィーガン / 外食 / 日比谷

日比谷シャンテのチャヤ ナチュラル&ワイルドテーブルさんでヴィーガン豆乳カルボナーラ。

昨年末に日比谷シャンテのB2Fチャヤマクロビさんが、チャヤ ナチュラル&ワイルドテーブルとしてリニューアルオープン。全体的にB2Fのフロアがベジフロア的な感じになってました。もちろんお肉、お魚もありますよ。

ちょうど帰るころには人が少なくなりパシャり。店内もいい感じ。 IMG_2448 スイーツやお惣菜は、ほとんど甜菜糖が使われていることが多いので14時から注文可能な「玄米パスタ」なら大丈夫かなと以前からチェックしていました。

で、玄米パスタ プチベールと茸の豆乳カルボナーラ(¥1,200/税込)を注文。食器もオシャレになってる。 IMG_2445 見るからに美味しそう。いやいやめちゃくちゃ美味しかった。濃厚で旨味もあって食べた後は軽い。 IMG_2446 以前よりもさらに美味しくなった気がしたので店員さんに尋ねてみたら、シェフが変わったんですよと。もし前のシェフを基本にそってつくられる方としたら、現在のシェフは創作意欲が旺盛な方らしく、アレとコレ組み合わせたら良いかもとひらめきが次々と出てくる方らしい。お店の方は対応が大変かもしれませんが…。

ちょうど入店時はお客さんがいっぱいだったので原材料は確認しませんでしたが、甘味料は入っていなかった気がします。喉も腫れなかったしかゆくもならなかったので。ただ胡椒がとても効いていて口には美味しいけれど食後、夕方からおしりが超ヒリヒリで大変でした。肛門の症状は肝臓の表現、状態でもあるから、肝臓さんにダメージを与えてしまったことになる。肝臓さんごめんなさいって感じです。胡椒や唐辛子でお尻がヒリヒリする人は実は肝臓も地味にやられています。肝臓は何も言わないから大丈夫なんて大間違い。

めちゃくちゃ美味しかったので、次回は胡椒抜きで注文だな。そうそう、場所はB2Fで以前あったエスカレータを降りたすぐ目の前のスペースではなく、ちょっと中ほどへ行ったところにありますのでご注意を。知らずに間違えて違うお店に入ってしまい座ってしまったお客さんもいるらしいです。スイーツも食べられたらうれしいなぁ。

●チャヤ ナチュラル&ワイルドテーブル 日比谷シャンテ店
【住所】〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-2-2 東宝日比谷ビル B2F
【電話番号】03-3500-5514
      平日14:00〜、土日祝日17:00〜の予約可能
【営業時間】火~土曜日 11:00~23:00(L.O 22:30)
      日・月曜日 11:00~22:00(L.O 21:30)
      ランチ   11:00~14:00L.O
      カフェ&ディナータイム 14:00~L.O
      デザート・ドリンクは終日利用可
【定休日】日比谷シャンテ休館日に準ずる
【URL】http://www.chayam.co.jp/restaurant/hibiya.html


Category:gourmet  Tag:ヴィーガン / 千駄木 / 和食 / 外食 / 居酒屋 /

千駄木、野菜処 よかしこや 今風庵で超ぜいたくな旬菜鍋

お久しぶりに、千駄木駅近くの野菜処 よかしこや 今風庵さんへ。

おめあては、築地御厨さんのお野菜たっぷり、ヴィーガン仕様の旬菜鍋。外食でこんな美味しくカラダの反応も気にせずたっぷりシメの雑炊まで楽しめるのははじめてかも。めちゃくちゃうれしいし美味しすぎ。

お通し、先付2品、雑炊、香の物とちょっとしたコースになっていて一人前が¥2,800(税込)お二人様から注文可能(希望日の前日までに要予約)。

この日のお通しは金時草と納豆の和え物。とっても美味しい。お茶は¥310(税込)。 IMG_2238 先付は、プチベール(ケールと芽キャベツから誕生したものらしい)とミックスリーフのサラダと IMG_2240 かぶととち尾揚げの煮物。この煮物絶品!たまらない。いいお味。先月にこちらのお店で料理教室があったらしいのですが、参加したいな。 IMG_2241 お次はメインの旬菜鍋。野菜ときのこがやまもり!たっぷりで! IMG_2246 カラダもココロもあったまるよかしこやさんの旬菜鍋、ぜいたくだなぁ。出汁は立派な昆布と干し椎茸。 IMG_2244 こちらは野菜を入れる前。きのこを全部入れた図。一度にこんなたくさんの種類のきのこを食べるのは初めてかも。 IMG_2247 はるさめ、車麩にお豆腐、おかひじき。ウマウマ。 IMG_2248 自分ですったごまに IMG_2242 完熟の柚子を絞ってお醤油と食べるのも幸せ。完熟の柚子が美味しすぎ。 右下の醤油、梅酢、ごま油でつくられたにら醤油もウマウマ。手作りは本当に美味しいな。 IMG_2249 もちろんシメは玄米雑炊。オーナーさんが舞茸と栃尾揚げを入れてつくってもってきてくれるのですが、柚子胡椒をすこ〜しだけ入れて食べたらめちゃくちゃ美味。うどんという選択肢もあるみたい。 IMG_2252 クリスマスは終わってしまったけれど忘年会もしくは来年の新年会にぜひ。年末は12月29日まで。年始は1月5日から営業です。また来年も夕飯を食べにこよ。

●よかしこや 今風庵(こんふうあん)
【住所】〒113-0022 東京都文京区千駄木3-36-12 団子坂下
【電話番号】03-5832-6580
【営業時間】18:00-23:00 お料理LO 21:30 / お飲物LO 22:30
【定休日】日曜日、祝日、第二土曜日、夏季、年末年始
【URL】http://www.comfoo.biz/pc/


Category:gourmet  Tag:ヴィーガン / 千駄木 / 和食 / 外食 / 居酒屋

千駄木駅からすぐのヴィーガンもそうじゃない人も一緒に楽しめる「野菜処 よかしこや今風庵」

こちらのお店、お料理、お店の雰囲気、価格と三拍子そろったステキなお店。奥に座敷がありますが入り口の方にはカウンターもあります。結構いつも常連さんで賑わっている感じ。 IMG_1225 オーガニックやヴィーガンってなぜこのお料理でそんなに高額なんですか?と思うことが結構あって。以前、ザ・リッツ・カールトン大阪のイタリア料理「スプレンディード」でマクロビコースが味わえるということで行ってみたらみんなでかなりガッカリ…。一人¥7,000ほどの野菜料理のコースだった記憶があるのですが、え?って感じの残念なお料理で。本当にこれが美味しいと思いますか?と素人ながらも聞きたかったぐらい。今は絶品コースになっているかもしれないのでなんとも言えませんが…。おそらく普通のイタリアンは美味しいんだと思います。だからお店は高いとか有名とかホント関係ないなと。

実はお酒好きな方からおしえてもらい、さっそく2回目の訪問。時間をあけずすぐまた来たいと思ったほど気に入ってしまった。店主のお人柄もとてもいい。九州出身の女性です。

オーナーさんは特に病気や体質でマクロビオティックを学んだわけではなくたまたま職場で必要だったらしく勉強することに。そこで菜食の人とそうでない人が一緒に楽しめるお店があればいいなと14年ほど前にこのお店をオープン。14年前から営業してらっしゃるにも関わらずノーマークな私でした。改めてびっくり。

初めてお邪魔した時に、とってもお味が良くて私好みで、居酒屋さんなのに塩辛すぎず、それでいて濃すぎないんですよね。まるでおうちごはん。だから飽きないしあたたかい。

お通しから全て絶品で美味しすぎ。ヴィーガンではない方も絶賛していました。中でも個人的にテンペが何だかとても美味しく感じたんですよね。テンペカツやテンペの照り焼きはよく出会いますが、ちょっと油で揚げたテンペがサラダに入っていてそれがすごく美味しかった。

前回私はお酒を飲まないので100%のザクロジュースをいただきました。美味しい。お通しも絶品。 IMG_1218 もちろん煮物も絶品でしたよ。 IMG_1219 今回は「夕菜セット」と「ご飯セット」が両方楽しめる「ベジタブル御膳」¥1,820(税込)を注文。なんというコストパフォーマンス。セットメニューだけでなく単品メニューもあります。これから冬にかけて2名様からですが要予約のお鍋もいいかも。(ヴィーガン仕様があるかどうかわかりませんが…。) IMG_1297 お通しの切干大根のペペロンチーノにテンペのシーザーサラダ。もちろんヴィーガン仕様。言うまでもなく絶品。 IMG_1296 お酒が好きな方にもこちらのお店はオススメですが、そうでない方にも夕飯がしっかりいただけるのでご飯屋さんとしても利用できます。いつもあるわけではないようですがこの日のご飯はゆかりのふりかけつきの玄米と香の物。おかわりもできるみたいですよ。私はお腹がいっぱいでできませんでしたが。柔らかくてめちゃうま。野菜料理は3品選べるのでトマトと卵がNGな私は鬼おろしのせ厚揚げ焼きを作ってもらいました。これまた絶品。 IMG_1299 そして揚げ物はごぼうの天ぷら。シンプルだけどアオサ塩と一緒に食べるとこれまた絶品。 IMG_1302 「ベジタブル御膳」には汁物がついてくるのですが、この日は鰹出汁が入っているのでそのかわりにほうれん草のソテーを出してくれました。臨機応変に対応してくれるその細やかさに感謝。それにしてもこの満足感、満腹感すばらしすぎ。 IMG_1300 そうそう美味しいお酒もありますが、ノンアルコールの龍馬もあるみたい。この日は在庫なしで飲めませんでしたが。

やはり、素材からして違う。実は野菜の目利きで有名な築地御厨の田中さんセレクトのお野菜を使っているんです。これまたすごい。この美味しさはオーナーの腕と素材がやっぱりなと言った感じ。とにかく、お酒好きの方やヴィーガンじゃない方と一緒に楽しめ、めちゃくちゃお料理が美味しいお店なので、谷根千へ遊びに来られた際にはぜひ。

お店の入り口左上の招き猫が目印です。 IMG_1304

●よかしこや 今風庵(こんふうあん)
【住所】〒113-0022 東京都文京区千駄木3-36-12 団子坂下
【電話番号】03-5832-6580
【営業時間】18:00-23:00 お料理LO 21:30 / お飲物LO 22:30
【定休日】日曜日、祝日、第二土曜日、夏季、年末年始
【URL】http://www.comfoo.biz/pc/


Category:gourmet  Tag:ヴィーガン / 和食 / 外食 / 滋賀

滋賀県守山市の自然派レストラン「梅の木」さんの絶品マクロビランチ。

見ているだけでワクワク。

京都駅からJR琵琶湖線で約30分、守山駅下車。東口に出て守山駅を後ろに正面をまっすぐ進み一つ目の信号機のある交差点、守山駅東口まできたら右折。右折後はひたすらまっすぐ道なりに。遠くの方に見える信号機まで歩くと交差点がありその近くにマクロビレストラン「梅の木」があります。ちょうど交差点近くにあるので見つけやすい。だいたい守山駅から歩いて10〜15分くらいかな。 IMG_1058 ベジカフェブロガー、マクロビマウスさんの「Vege Cafe Guide in Japan」で気になり行ってみましたが、超美味しい。



地元の方に愛されているなと感じるお店で、ちょうど13時ごろお店に入りましたがすでに2組のお客様が食事を終えられたところ。常連さんっぽかったな。その後も1組のカップルが入ってきました。

ナチュラルでかわいらしいウッディーな店内。オーナーさんの雰囲気もとても穏やかで優しい感じ。奥様お一人で調理もホールもこなしているので、お茶やお箸などはセルフサービス。 IMG_1061 メニューは1つですが、いろいろなお惣菜がワンプレートにきれいに盛り付けられてうっとり。そして玄米ご飯とお味噌汁のセットのマクロビランチ¥1,200(税込)をいただきました。 IMG_1064 玄米ご飯はとっても柔らかくサラッとしていて美味。ミョウガが入ったお味噌汁は濃すぎず薄すぎずちょうどいいお味。プレートのお惣菜がもう見た目もお味も素晴らしく感激。それぞれのお惣菜は工夫されて上手に丁寧に調理されている。酸味や甘味などバランスが絶妙。 IMG_1065 揚げたての車麩のカツも美味しすぎ。ごぼうや椎茸が入ったハンバーグに人参ソース。自家製がんもどきもフワッフワ。あらいぶきっちんさんのお豆腐を使用。あらいぶきっちんさんのお豆腐は京都のサルーテさんでも使ってる。白味噌とオリーブオイルなどいろいろな調味料を組み合わせた和え物も絶品で。ひじきや切り干し大根の煮物もやさしいお味。とにかく全部美味しかった。

さらにこちらのお料理のすごいところというかうれしいところは甘味料を使用せず、そのかわりにリンゴジュースで甘味をつけているところ。エリンギに隠れて見えないけれどプレートの真ん中にあるごぼうの煮物、炒め煮のようなものはリンゴジュースとは気づかないくらい調和した甘辛な味。みりんも使わないんですよ。でもコクのある甘みがしっかり味わえる。調理する人のエネルギーもいいんだろうな。梅干しだったりお味噌だったり自然のプロセスを経た調味料や素材の組み合わせ、使い方がすばらしいから素材の味を隠さず壊さずいろいろな深みのある味を楽しめました。

すっかりファンになってしまった私。ココロもカラダも大満足。私にとっては高級フレンチのようなごちそうで。毎週食べたい感じ。

調和したお料理はすごいな。カラダに入った後もそれぞれの内臓の反応も何もなく穏やか。食べている時も食べた後も心身ともにリラッックスできる食事。これからは美味しいだけでなく食べた後にカラダや環境にどう影響するかが大切だと思う。こんなお店に出会えるのは本当にうれしい。

早めに行った方がいいみたい。予約もできます。営業時間は17時までになっていますが日によっては売り切れて早く終わってしまうことも。

ここは超おすすめ。他の季節にまた食べにこよ。

●梅の木
【住所】〒524-0041 滋賀県守山市勝部4-3-1
【電話番号】077-583-3551
【営業時間】ランチ 11:00-17:00 / ディナー 18:30-?
【定休日】不定休
【その他】専用駐車場有 3台

●あらいぶきっちん
http://www.alive-kitchen.com/top.htm


Category:gourmet  Tag:アイスクリーム / スイーツ / チョコレート / テイクアウト / ローフード / ヴィーガン / 京都 / 外食 / 飲み物

絶品ヴィーガンローチョコレートを味わえる京都カカオマジックさん。

第一回東京ビーガングルメ祭りで初めて食べたカカオマジックさんのアイスショコラにめちゃくちゃ感動したことがあって。

その日はとても暑く、絶品だったアイスショコラを飲み終えてカップをずっと持ち歩いていたら、カカオニブと大きな氷がいい感じに溶け合っていつの間にか冷た〜いカカオウォーターに。甘いわけではないのですがこれがまた絶品で。初めてカカオニブが美味しいと感じた日。

あ〜もう一度あのアイスショコラが飲みたいなと思いながらあっという間に月日は経ってしまい。先日ようやく京都のカカオマジックさんへ。

アクセスの仕方はいろいろあるようですが、今回京都駅前のバスターミナルから出ている5系統のバスに乗って「銀閣寺道」で下車。バス停の反対側へわたり歩いて5分ほどでお店に到着。思ったよりもアクセスしやすかったな。

観光客で賑わう通りからちょっと入ったところにお店があるのですが、すいていてラッキー。 IMG_0965 通常はショップ営業のみでローチョコレートやテイクアウトドリンクメニューのみの販売。でもその日はちょうどカフェ営業をされている日だったのでカフェでいただくことに。テイクアウトメニューは他に、抹茶ラテ、ほうじ茶ラテ、アイスカフェラテ、オーガニックコーヒーもありましたよ。 IMG_0966 店内も落ち着いた雰囲気でとってもオシャレ。 IMG_0969

まず入り口で注文と会計を済ませるのですが、美味しそうなローチョコレートのボンボンショコラはアガベシロップ使用であきらめ、ドリンクのアイスショコラ(¥800/税抜)とアイス玄米珈琲ラテ(¥700/税抜)とローチョコアイス(¥500/税抜)を注文。

言うまでもなくアイスショコラは濃厚でやっぱり絶品。甘みはデーツ。ローチョコレートは口の中が食べた後もっさりしない。スッと溶けて跡形もなくなりサラッとさっぱりしている。チョコレートドリンクやチョコレートを食べた後は大抵喉が乾くのですが、それが全くない。48℃以上に加熱せずその物本来の酵素が栄養素をそのままに効果的に摂取できるローフードと同じ考えでつくられているローチョコレートはやっぱり私は好きだな。 IMG_0970 こちらはアイス玄米珈琲ラテ。ラテは自家製アーモンドミルクとオーガニックメープルシロップでつくられている。ローチョコレートは入っていないけれどアーモンドミルクの濃厚シェイク、とっても美味。 IMG_0971 ローチョコアイスもカカオニブがアクセントになってとっても美味しい。小さめのカップだったので一人1カップずつ2カップ注文しようかと思いましたが1つで十分。何だかエネルギーが違う。サラッとした口当たりで軽いのにものすごく詰まっている感じ。だから飲み物とアイスだけですがお腹が夜になっても空かなかったほどの満足感、満腹感がすごすぎ。心も体もしっかり満たしてくれるカカオマジックさんのローチョコレート。めちゃくちゃ美味しいからまた食べたいと思うけれど食べた直後はもっと食べたいという気持ちにはならないぐらい大満足。 IMG_0974 甘みはデーツとココナッツシュガー。チャガとはロシアなどの寒冷地原産の「きのこ」のことらしく。和名ではカバノアワタケ。見た目はかたく黒っぽく、ごつごつしている。これもスーパーフードらしい。 IMG_0975 ローチョコアイスもテイクアウト可能。他に用事がなければテイクアウトしたかったな。ローチョコレートはオンラインショップでも購入可能。

満たされた〜という感覚が半端なくチョコレート好きにはたまらない。食べ物も見た目の量じゃないなと再確認。カカオマジックさんのローチョコレートはオーガニックの生カカオと天然の甘味料のみを使用し乳製品、保存料、乳化剤なども一切使わず一粒一粒丁寧に手作りされている本当にピュアなチョコレートだということが食べて実感。そうそうこちらはアイスにもラテにも豆乳は使っていません。豆乳がNGの方にもいいかも。

ということでエネルギーがた〜っくさんつまったローチョコレートを味わいたいなら京都のカカオマジックさんへぜひ。この週末2017年8月19(土)10:00-16:00、カフェは営業されるようです。基本的にはチョコレートショップとして、テイクアウトドリンクメニューはありますが店頭販売のみ。カフェ営業は期間限定、おやすみも定休日の火曜以外もあったりするので必ずHPをチェックてからお店へ行ってくださいね。

●Cacao ∞ Magic(カカオマジック)ショップ営業のみ
【住所】〒112-0002 京都市左京区浄土寺石橋町41-1
【電話番号】075-757-8914
【営業時間】12:00-20:00(今月8月のみ10:00-16:00)
【定休日】火曜日
【URL】https://www.cacaomagic.com


about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク