Category:gourmet  Tag:おにぎり / お菓子 / イベント / スイーツ / パン / ヴィーガン

東京ビーガングルメ祭り2017Autumn

10月1日(日)に木場公園で開催された東京ビーガングルメ祭り。東京での開催3回目。毎回お天気がよく肌がヒリヒリするぐら日焼けしてしまって。

この度の私のお目当てはシンプルに2つのお店のみ。実は最近カラダの変化がいろいろあって…というよりは、ようやく私自身がカラダの声を受け止める気になったという方が正しい説明かも。

お目当てのお店の一つ目は山梨の「ごぱん」さん。山梨のお店にも行ってみたいなと思いつつまだ一度も行ったことがない。やはりファンが多いので朝から並んでいましたよ。 IMG_1485 ヴィーガン、穀物菜食のスタイルになって10年以上経ちますが、はじめのころに「ごぱん」さんのパンをよく代々木上原や御茶ノ水のGAIAさんで購入していました。現在では取り扱いはないと思います、おそらく。甘味料を使っておらず全粒粉を使用し噛めば噛むほど旨みを感じられるご飯みたいな「ごぱん」さんのパンがとても美味しくて。

今ではすっかり全粒粉のことなど忘れて薄力粉や甘味料もメープルシロップ、ココナッツシュガー、米飴と好きなように好きなだけ食べていましたが、先月ようやく体からのサインをしっかり受け取めるきっかけがあり、また初心にかえるような流れになってきました。というのは、もともと体質的に白米を食べると便秘になって全くデトックスができなくなってしまう人なので、ご飯は玄米の方があっている。食べること、インプットの方はかなり意識していましたがアウトプット、デトックスの方はすっかり軽く見ていて。私の場合、溜め込むことが得意なのでこちらもテコ入れが必要みたい。現在いろいろ実践中。やればいいのにすっかり忘れてやっていなかった。

ヴィーガン、穀物菜食になりたての頃は、ある意味頑張って意識して食べないように実践していましたが、今回はどうも食べたくてもカラダが必要ないと言っているようで…。今だけなのかもしれませんが。

基本的に美味しいものだけでなく甘いものもしょっぱいものも何でも食べることが大好きな私。食べる必要がなくなってくるのはよりシンプルになって少しの量でパフォーマンスもGoodなら経済的だし精神的にも楽でうれしい反面、やや寂しい気持ちもちょっぴりあったり。

世の中はグルテンフリーが流行っていますが、私の場合、精製されている白米の米粉は腸が腫れてしまって調子がやっぱりよくないんです。玄米粉だったり雑穀の粉だとそんなことはないのですが…。

それと甘味料。メープルシロップでもココナッツシュガーでも米飴でも喉がイガイガしたり腫れたりしないから気にせず使っていました。もちろんお菓子やスイーツも買っていました。でも最近カラダがいらないと言っているみたいで、食べたいと思わなくなってきて。いやいや正確に言うと最近ではないんですよね、もう一年前、去年からずっとカラダはいらないと言っていました。薄々感じてはいたものの今まで食べてたんだから今まで通り食べれるでしょ!と勝手に頭でつじつまを合わせていた感じです。

オーガニックであろうとなかろうとメープルシロップや米飴、ココナッツシュガーでさえも体に入れると重いというか体調がどうもよろしくない。抵抗力がなくなって風邪をひきやすくなったとか、歯が痛いとかそういうことは全くなくていたって健康。ただ食べた後のカラダの状態がとにかく重い。そしてちょっと食べる過ぎると背中、たぶん腎臓あたりが痛くなることもある。そうなってくるとどんどん甘いものガ食べたいという気持ちが起こらなくなってきて。

それでもお菓子、スイーツは大好物だったという記憶がしっかりあるので、頭や目で美味しそうだから食べてみようといった具合で食べてはいました。このヴィーガン、穀物菜食の食生活になる前に比べたらお菓子や食事の量は相当減ったのですがさらに減らしてくれ〜!といった感じですかね。朝食も食べないからほんと消費量が少なくなってきた。

甘味料だけでなく植物性の油も同じように代謝ができないのか食べる必要がないのか食後、体が重くなったり背中が痛くなることも多々あって。ごま油、菜種油、オリープオイル、ココナッツオイル、発酵豆乳マーガリンなどなど全て。もともとココナッツオイルは私の体に合わないようである量を超えると腸や内臓がおかしくなる。あとスナック菓子やおかきなどに入っている植物油。私の場合はそれらもこれから気をつけた方がいいみたい。

という個人的なカラダの変化があって今回は2つのお店をセレクト。いろいろ買わなくて済むからシンプルで楽といえば楽かな。用事もあったので買い物をしてすぐ移動。

で何を買ったかというと「ごぱん」さんで購入したのはこちら。 IMG_1495 「ごぱん」さんは無農薬、低農薬の有機栽培でつくられた玄米や野菜、海藻、自然塩、天然醸造の味噌や醤油、梅酢などを使っていて、もちろん動物性の乳製品や卵も不使用。さらに甘味料は砂糖、メープルシロップ、てんさい糖なども入っていないんです。そこがすごい。甘みといってもリンゴジュースだったりと自然の甘みで助かります。腑に落ちるまで時間はかかったけれどこういう甘みの方が私もカラダも実は好き。

今までの私だったらすぐに色々味見をしたくてパクパク食べてしまいそうですが、今回はほとんどすべて冷凍しました。

このりんごまるごと包み焼きがめちゃ美味しくて。 IMG_1482 ひめりんごがまるごと入っていてりんごの甘みで十分満足。 IMG_1498 玄米サワードゥライトプレーンというこの食パン、とっても美味しかったな。もう一つ買えばよかった。冷凍後、蒸してもトーストしてもどちらでも美味しい。和食にも合うんです。煮物とか。オリーブオイルと塩よりも、煮物や煮物の煮汁と一緒に食べるとめちゃ美味しかった。 IMG_1480 グルテンフリーのバナナケーキ。 IMG_1484 「ごぱん」さんのグルテンフリーは米粉だけでなくひえ粉を使っていたりするので美味しく食べられました。ひえ粉でつくるとホロっとなめらかに溶けていくような食感でそれがまたいい感じ。 IMG_1500 バナナの自然の甘みのみですがそれが丁度いい甘さ。スライスして冷凍後は、解凍して冷たいまま食べるのが個人的にはオススメ。小さいけれど1〜2枚で十分満足。 IMG_1502 あえて甘味料が入っていない方が美味しいなと心から思える今日このごろ。こんな私は昔の私から見たら信じられませんが…。

二つ目のお店は信州の「マクロビオティックキッチン gen」さん。 IMG_1491 こちらはマクロビオティックを基本として、自分の食べるもの、使うもの、住むところ、をできる限り自分達の手でつくっています。作物もつくっていて、もちろん特別な方法ではなく昔はみんなやっていた自然農法。大自然と共生しながら、現代の「資本主義経済」に委ねず、必要のない「長いもの」には巻かれず、表面上ではなく、何に対しても「真実はどうなのか」見極める努力をしていくというスタンス。これを読むとやっぱりその生き方に惚れてしまう。詳しくはHPを見てみてください。 IMG_1486 甘味料に関しても甘酒を使ったりいろいろ考えてつくられています。揚げ物も今回たくさんあってものすごくひかれましたが、大好きな揚げ物はちょっとお休みして「8年梅干しの玄米のおにぎり」と「中華まん」をチョイス。 IMG_1489IMG_1487 IMG_1490 「中華まん」は蒸したてで美味しかったな。 IMG_1487 玄米おにぎりはラップに包まれた海苔もついていて。8年ものの梅干しとのことでしたが、東城百合子さんの4年梅干しを知っているせいかちょっと塩気がきつくマイルドではなかったのでうーんという感じでした。でも玄米ご飯はとっても美味しかったですよ。 IMG_1493 朝一番からたくさんのお客さんで賑わっていた東京ヴィーガングルメ祭り。京都のカカオマジックさんやアインソフさん、T'sレストランさんのオーナーさんのトークショーもありイベントも盛りだくさんだったようです。

ずっと変わらず丁寧につくり続けてくださる「ごぱん」さんや「マクロビオティックキッチン gen」さんに感謝。私のDNAが喜ぶ素朴でやさしい味が本当にうれしい。東京ビーガングルメ祭り次回も楽しみだな。

そうそう今月は代々木公園で「10/21(土)22(日)東京ベジフードフェスタ2017」、「10/28(土)29(日)アースガーデン秋」とイベントが目白押し!「ごぱん」さんのフェイスブックによるとアースガーデンにもまた出店されるようです。玄米サワードゥライトプレーン買えるかな。 IMG_1479 ●organic cafe ごぱん
http://www.gopan.jp/index.html

●マクロビオティックキッチン「gen」
http://gennosato.jp/?page_id=13

●東京・名古屋・京都ビーガングルメ祭り運営事務局
http://vegefes.com


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク