• 前の記事へ

Category:culture  Tag:坂本龍一 / 映画 / 音楽

Ryuichi Sakamoto: CODA

東京・角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国映画館で上映中の世界的音楽家、坂本龍一さんのドキュメンタリー映画、「Ryuichi Sakamoto: CODA」。3.11、原発、9.11、坂本さんの闘病の記録や日常、音楽制作の過程であったり、そして今までつくられたたくさんの音楽も映像とともに聞くことができてとてもよかった。

東日本大震災で津波にのまれた学校のグランドピアノを弾く坂本さんが、その音に違和感を感じるというよりはとても自然な音と感じるとおっしゃっていて。私もそう思いました。全く嫌な音とは思えなかった。

映画の中で、ピアノも元々は自然の中にあった木を何層にも重ねて長い時間をかけて鋳型にはめ込む。ピアノの音も人間が人工的に作り上げた音。人間から見れば調律され整えられた音がピアノの自然な音ではあるけれど、自然から見たらそうではない。調律せずに狂っていくピアノの音こそ本来の自然の音であり、木が自然の姿、音に戻ろうとしているわけでとそんな話が印象的でした。

調律された音がよくないとか、どちらが悪いとか良いとかではなく両方が存在するという意味でその二つの視点が面白い。

北極圏で氷の解ける音を採集したり、森の中を歩きまわりたくさんの自然な環境音を集めたり。その集めた音、素材を坂本さんが組み合わせて重ねていく。

これってお料理でもデザインでも何でも通じるプロセスで。素材を選んで編集していく作業、この過程は同じものはなくアイディアは無限大で。楽しくワクワクするからなんでもつくるって楽しい。

坂本龍一さんの音楽はなぜか昔から好き。本当に心地よい。心にグッとくる。asyncにも収録されている坂本龍一さん自身が作曲されたコラール、映画の中でも聞けるのですがめちゃくちゃいい。バッハを思い出す。

映画館は全く混んでいなかったけれど若い人や外国の方、興味のある方は見にきていました。ピンときた方はぜひ。

来年1月27日(土)から坂本龍一さんが今年の4月にニューヨークのパークアベニュー・アーモリーで行った「async」のライブの模様を収めた「坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async」が東京・角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国映画館で上映されるようです。

●「Ryuichi Sakamoto: CODA」公式サイト
http://ryuichisakamoto-coda.com


about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク