• 前の記事へ

Category:gourmet  Tag:お菓子 / オーサワ / グルテンフリー / スイーツ / ヴィーガン / 甘味料 / 砂糖

オーサワさんの米飴で作られた小豆羊羹。

オーサワさんの米飴で作られた小豆羊羹。白砂糖や甜菜糖などで作られたものに比べると甘みはとってもやさしいから物足りないと感じる人が多いかも。 IMG_9645 羊羹は大好物ではないけれど、気が向いたら年に一回ぐらい買うかなという感じ。甘味料は米飴のみ。 IMG_9640



動物性食品を食べなくなってから白砂糖は肉体からエネルギーを奪い免疫力を低下させるなと実感。白砂糖は瞬間的に頭が冴えて活性化したような感覚に陥るかもしれないけれど、頭痛や様々なカラダの不調をもたらす。白砂糖を摂取したからといってすぐ病気や死に直結するわけではないからなかなか意識がいかないけれど、水面下でジワジワエネルギーを奪い不調和を起こしていく。そして白砂糖は中毒性もあるからもっともっと欲しいとなってしまいなかなか抜け出せず負のスパイラルに陥ってしまう。だから白砂糖の本質は気づきにくいし本当にやっかい。

人によっては毒を変換させてしまうぐらい動物性食品や精製砂糖、精製塩、添加物など多少何を食べても大丈夫な方もいらっしゃる。

去年、今年に限らずヴィーガンになってインフルエンザや風邪に縁がない。マスクをしているわけでもなく、手洗いも徹底していないけれど…。

でも白砂糖を普通にとっていた時、それはヴィーガンになる前になりますがちょっと疲れたり免疫力が下がると扁桃腺がすぐ腫れて熱が出るときもありました。インフルエンザには一度だけかかったこともある。ヴィーガンというだけでなく砂糖、アルコール、カフェインもとらなくなってここ十数年扁桃腺が腫れるということは全くなく熱も出ない。本当にカラダがラク。絶対熱が出ないと言っているわけではなく必要があればまた熱がでることもあるとは思いますが…。そのあたりも全て自然におまかせだから何が起こるか私にはわかりません。

内臓(自然)からエネルギーを奪う食生活から離れていくと肉体は当たり前だけど元気になって本来の姿へ自然に戻っていく。内臓が元気ならサプリメントも必要なくなってくる。実際私はサプリメントを一切摂取していないので。肉体に負担をかけず、奪わず、邪魔をせず、エネルギーを与えるサポートするだけで内臓は本来の機能を発揮でき、そんな健全な内臓は与えられたエネルギーを変換して必要な栄養素をカラダの隅々へしっかり届けてくれる。だからカルシウムが必要だから外から工場で作ったカルシウム(物質)を与える必要がなくなってくる。いつの間にかサプリメントを摂らなければならないという発想にならなくなってしまった。薬と同様、常にサプリメントを買わなければならないってお金もかかるし私にとっては持ち物が増えるから面倒臭い。

肉体は本当に物質ではなくエネルギー。常に変化している。完璧につくられた肉体(生命)の中では実験では確認できない様々な変換作業がたくさん行われていると感じる。まるで錬金術。ただ肉体が本来の機能を発揮できる状態、自然に近い元気な状態であればの話ですが…。

話はそれましたが、オーサワさんのひとくち小豆ようかん、芋ようかんもありますよ。




about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク