• 前の記事へ

Category:culture  Tag:デザイン / 雑貨

赤木明登さんのぬりもの

北千住の萬器さんで見つけた赤木明登さんの漆器、ぬりもの。個展最終日の閉店1時間前に一目惚れした蕎麦椀です。ずーと漆のお椀をさがしていたので即決。なんとも言えぬ落ち着いた色味の赤とめちゃくちゃ迷いましたが黒を購入。蕎麦椀なので少しサイズは大きめで、年越し蕎麦に、お雑煮、七草がゆにと…年末年始は大活躍しました。

盛りつけるとこんな感じ。こちらはヴィーガン野菜天丼。揚げたての舞茸天ぷらの上から醤油をかけているだけ。舞茸の天ぷらは大好物^ ^ IMG_5371

塗師(ぬし)である赤木明登さんは婦人画報の元編集者。私は全く知りませんでしたがネットで取材記事などを拝見するととてもステキな方です。赤木明登さんのぬりものは高級な輪島塗ですが特別な日だけでなく毎日使える漆器を意識されて、あえてぬりものと言っているようです。タッパーもあるんですよ。現代の生活にしっくりくるよう、和紙を使ってつやをおさえています。

購入の決め手はパッと見と気持ちのよい手触り。とにかく美しい。作家さんのバランスのよいセンスとともに堂々とした存在感とあたたかみを感じました。シンプルで飽きのこないモダンなシルエットと和紙の上から漆を塗っているというマットな質感。もちろんデザインだけでなくものもピカイチ。国産の漆を使用し、器の形の意味や由来を考え一番いい形を突き詰めているそうです。色に関しては黒は白い黒、最もいい黒を目指しているとのこと。ステキです。

熱いものを入れてお椀を持っても当たり前ですがアチチッとならなず、油を使ったお料理も酢の物、ラーメンと何でも使えるので普段使いにいいですね。お手入れはびわこふきんがよいらしくびわこふきんに関しては次回のブログで。

赤木さんの次の個展が今から楽しみです。萬器さんはお気に入りのお店で、行ったことはないですが本店は千葉県柏市にあります。普段に使える宝物がきっとみつかりますよ。 IMG_5866


about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク