• 前の記事へ

Category:culture  Tag:自然

「身軽に生きる」若い人たち。彼らも日経MJの記事もいいね。

若い人たちの意識は新しい流れにしっかりキャッチアップしてるんだな。

日経MJに若者の最近のライフスタイルがバーンと載っていて。思わず目が言ってしまった。

「在庫は持たず小容量が好き。」「平成生まれはギリギリ消費。」と見出しがあったけど、なかなかステキなことが載っていて。もちろんお金に余裕があることは悪いことではないけれどお金もエネルギーなわけで、軽やかな若者にどんどん必要な時に必要なエネルギー、お金が流れれば余分に持つ必要はないのかなと思ったり。

なぜそんなことを感じるかというと、カラダを観察していると呼吸だったり血液の循環だったり、出して食べるとか、常に流れている循環している状態がふつうというか心地よいから。もし食べたものを溜め込んでいると便秘になってお腹が張ってそれがもとで病気を引き起こすこともある。滞りがない、溜めない、常にエネルギーが循環している、これが自然の摂理なんだなと。エネルギーであるお金も同じことのようなきがする。

「食べきるのがプレッシャー」。この見出し、めちゃくちゃわかる。あまり以前のようにたくさん食べられなくなってきたそんな時期、昔の記憶のままに食料を多めにストックしていたら、ジャムやパスタ、インスタントラーメン、ストレートジュースなど賞味期限がどんどん過ぎてしまい、食べきるプレッシャーで疲れてしまったことがあったな。野菜や果物もそう。海外のように広場でマーケットがあってその日に必要な分だけ新鮮な野菜や果物を毎日気軽に買えるといいなと。究極は自給自足をついつい思い描いてしまう。

「日用品も使い切り。」「割高でも必要な分だけ。」私もようやくそうなってきた。食べ物だけでなく食のスタイルが変わっていくと、ライフスタイルも自然に変化し物欲が比べ物にならないほどなくなった。ゼロではないですよ。不必要なものまで衝動買いしないという感じ。まとめ買いが安いといっても、本当にそれを使い切れるのかといったら疑問。電池や消しゴムなどたくさん使う場合はいいですが、消しゴムはとりあえず割高でも一個あれば十分で。ホント若い人たちは自然のなりゆきかもしれないけれど軽やかでいいな。

そんな意識で私も10代20代をすごせたら、必要ないところにエネルギーを消耗せず、もっとやりたいことだったり他にエネルギーを費やせたし、きっと毎日がもっと気楽な気持ちでゆったり過ごせただろうなと。

「財布の中も最小限。」「今欲しいものを厳選。」「身軽に生きる。」すばらしい。

新聞はもう随分昔に購入はやめ全く読まない人ですが…。はじめてかも、久しぶりに新聞のニュースに興味を持ったのは。

若い人たちの感覚、意識や変化は要チェック。自然の流れがよくわかる。


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク