• 前の記事へ

Category:culture  Tag:アウトドア / デザイン / 雑貨

キャンプにいいかも!オーストラリア生まれのオシャレでエコなテーブルウェア、EcoSouLife!

神宮前のワタリウム美術館へ寄ってみた。 IMG_7407 1Fのミュージアムショップ「ON SUNDAYS」でカラフルなお皿やカップを発見。 IMG_7263 オーストラリア、メルボルン生まれの天然素材のテーブルウェアブランドEcoSouLife(エコソウライフ)。 お店で売っていたのはバンブーシリーズ。 IMG_7341 竹の繊維、コーンスターチを主成分としてつくられていて、耐熱温度は100℃、耐冷温度はマイナス20℃。電子レンジ、オーブンは使用不可ですが食器洗浄機対応。ヴィーガンマークはなかったけれど、恐らくヴィーガン。

漆器のように冷めにくく、器を持っても熱くならないらしい。軽くて割れないから、地震の多い日本で普段の食器として使ってもいいなと思ったほど。

色もオレンジ、グリーン、ブルー、グレー、ピンクととってもカラフル。なんと染料も天然素材。

カトラリーセットもあったけれど、ちょっと使いやすいのかはわからない。 IMG_7258 こちらはピクニックセット。自分が使っているカップやお皿がすぐわかるように色わけされている。 IMG_7262 軽くて割れないからキャンプ兼防災用としていいかなと思い、Bamboo(バンブー)シリーズから3種購入。最終的にゴミにならないところが購入の決め手に!

サイドプレート(¥680/税込) IMG_7278 ボウル(¥680/税込) IMG_7280 キャンパーカップ(¥850/税込) IMG_7281 みんなにやさしく地球にもやさしいエコソウライフ。安全、安心だけでなく、繰り返し使って最後は土に埋めると2〜3年で土に還るらしい。エコソウライフのコンセプトの1つが「いつかは土に還っていくもの」。地球の大切な資源を大切に使いそして循環させていきたいという想いがこめられている。

これはいただいたエコソウライフのカタログ。飾っておきたくなるぐらいステキ。 IMG_7343


about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク