Category:health  Tag:シューズ / ビモロ / 健康 / 初動負荷トレーニング

靴はこれ以外履けないかも?!初動負荷理論®に基づいたワールドウィングオリジナル、科学のビモロシューズ。

ビモロ!ビモロ!ビモロ!今月はいつの間にかビモロ祭りになってしまった(笑)。

家でも履いているコーチがいるほど心地よいビモロシューズ。ある病院では院長先生をはじめ看護師さんスタッフ全員が履いていたりもする。イチロー選手もビモロスパイクを履いています。そういえば5月にイチロー選手使用モデルBeMoLo Premium Limited Editionが限定発売されていました。

現在ほぼ毎日履いているのはパンチングのホワイト。これが廃盤になってしまいどうしようかと思っていたらやっとトラディショナルシリーズがリニューアルされ先月6月13日発売開始。私はカラフルなものよりホワイトが好みなのでこれを待っていました。ビモロシューズは履いているだけでトレーニングにもなるんですよ。 IMG_0731 ビモロシューズのマイクロファイバー・トラディショナルのホワイト。3Eだから幅広の足でも全く窮屈ではなく見た目もスッキリ。ホワイトのBマークがついて再登場。旧トラディショナルのデザインはシルバーや紺色が少し入っていたので今回のリニューアルバージョンは真っ白で超わたし好み。 IMG_0734 ●standard/extra small 定価14,040円(税込) 約220g(23.0㎝)
●マイクロファイバー<超極細繊維>(人工皮革)材
●トレーニング&ウォーキング対応

発売開始前日に待っていましたとばかりまず1足予約注文。1週間ほどですぐに手に入りジムで試しばきをさせてもらいサイズを確認してさらに2足追加注文。追加した2足も今月に入って入荷。結構待つ覚悟でいたので思ったより早く手に入ってラッキー。スタンダードサイズは、23.0~28.0㎝で0.5㎝ピッチ。エキストラスモールは22.0、22.5㎝で別注品ですがスタンダードと同じお値段。ただしラージサイズは別注品でも少しお値段が高くなります。ラージサイズは28.5、29.0、30.0㎝で定価15,120円(税込)。

  以前鳥取合宿に参加した際に、パンチングのホワイトがたまたま残っていて2足購入しましたが、結果的にまとめて買ってよかったんですよね。毎日そればかり履いているので一年に1足ぐらいのペースで履きつぶしてしまう感じ。外履きで白となると汚れもやはり気になるので。マイクロファイバーがリニューアルされるまでそれでちょうど間に合いました。大量生産ではないから必要な時に自分のサイズ、色が必ずあるとも限らない。だから見つけたらまとめ買い。

実は両親もこのビモロシューズはお気に入り。右膝の強烈な痛みと同時に右足が突然動かなくなり歩けなくなった母はこのシューズを履くと歩けたんですよね。それほどすごい。骨折後歩行がスムーズにいかない友人もこのシューズを履いてスイスイ歩いていたから本当に驚く。カラダをサポートしながら動きをスムーズにしてくれる靴というか何というか。

ワールドウィングオリジナルの初動負荷理論®に基づいた科学のシューズは、オリンピック選手、プロスポーツ選手、麻痺改善に取り組む方々や医師から神経筋機能を高めるシューズを作ることができないかという声からはじまったらしい。初動負荷トレーニングはイチローもやっているトレーニング。

歩いたり生活する時に、普通は目の仇にされる「衝撃」の力の方向性や大きさを変えることで関節や筋肉のアンバランスを解消しその「衝撃」を利用しながら神経筋制御、神経筋機能を高めることができないかとうまれたのが科学のシューズ 「NEW BeMoLo®シューズ」。だからこれはただの靴という概念を超えた変換装置なんですね。

ビモロシューズの裏には 3本のビモロバー。BeMoLo(ビモロ)バーは、理想的な足圧の移動を誘導するらしい。 IMG_0732 踵から第4指に向けたバーと、その左右にあるバーの計3本のビモロバー。 体重の数倍にもなる着地時の負荷(荷重)の方向性を変えることで、自然に衝撃を分散する。そして足底のアーチを保護しながら理想的な足圧の移動を誘導し、合理的な歩き方をガイド。適切な使用によって多くの故障の原因とされる足首の内折れを防ぎなかわらバランスやスピードアップと心地よいフラット着地を可能にしてくれる。

ずいぶん前に注文していたゴルフ・タウン用シューズのエモスタ、ブラックも先日ジムに届き一足購入。ブラックも一足欲しいなと以前から思っていて。少しお高いですがマイクロファイバー・トラディショナルのブラックよりもこちらのデザインが気に入ったので。ちなみにゴルフはしません。 IMG_0729

●standard 定価22,680円(税込) 約235g(27.0㎝)
●マイクロファイバー(アッパー部)/ 合成樹脂・ラバー(ソール部)
●タウンユース、ゴルフ、ウォーキング

大量生産ではないからいつでも手に入るわけではないので、購入できるときが買い時。なんせこのビモロシューズ以外は履く気がしない。

こちらも裏を見るとしっかり3本のビモローバー。 IMG_0730 シューズはこんなシンプルな箱に入っていて FullSizeRender 巾着つき。 IMG_0735 ビモロシューズいくら歩いても疲れない。軽いし最高だな。 ヴィーガンという食スタイルだけでなくこのビモロシューズ、変換装置もぜひ機会があれば体感してほしいと思ってしまうほど。めちゃくちゃおすすめです。

楽天でも購入可能。楽天ではスタンダードサイズは結構売り切れ再入荷待ちが多いようです。もしお近くにワールドウィング提携施設があればそちらで注文、購入する方が良いかも。試しばきもできるので。関東では、茨城、千葉、埼玉、東京は麻布、池袋、神奈川は町田、相模原といったところ。ワールドウィング本部のHPに提携施設が掲載されています。

●株式会社ワールドウィングエンタープライズ
http://www.bmlt-worldwing.com

●ビモロショップ
http://www.bemoloshop.com/index.html

【送料無料】BeMoLoシューズ/エモスタ(EMO-ST)カラー≪ブラック≫〈タウンユース〉〈ウォーキング〉〈ランニング〉〈ゴルフ〉

価格:22,680円<
/>(2017/7/21 10:42時点)


Category:health  Tag:ヴィーガン / 健康 / 胃ガン / 貧血

貧血も怖くない?!胃がなくても動物性由来の食材やサプリメント、薬に頼らず赤血球の値が正常値になった話。

父は胃ガンで全摘出済み。だから内臓が1つない状態。

最近父からおもしろいカラダの変化を聞き私は興味津々。なぜって内臓、胃が1つ欠けた状態で赤血球、ヘモグロビンの値が徐々に減っていき10年以上も正常値よりも低い状態だったにも関わらずいつの間にか正常値ど真ん中になったらしい。

これっておもしろい生命現象だと私は思っていて。なぜなら父はここ2年ほど栄養剤などのサプリメントや卵、小魚などの魚介類や肉類など動物性由来のものを一切食べていない。つまり完全にヴィーガンでしかも高齢。もちろんヴィーガンと言ってもカラダが受け付けないアルコール、カフェイン、白砂糖、甜菜糖、きび砂糖、黒糖、ハチミツなどもとっていない。風邪やインフルエンザにもかかっていないから薬も実は飲んでない。

一般的に胃を全て切除すると後遺症がいろいろあるらしく、その中に貧血もあるらしい。正常な赤血球を作るために欠かせないビタミンB12が不足したり、カルシウム、鉄が足りなくなってしまうそうで。お医者さんからは食品から栄養素を摂取しても胃がないと吸収することが難しいため、赤血球、ヘモグロビンの値が低くなることはまぬがれない、しょうがないとのこと。

貧血を見極める目安は血液検査でヘモグロビンの濃度(Hb値)。成人の正常なHb値は男性では14~18g/dl、女性では12~16g/dlとされいて。血液成分のひとつである赤血球には、ヘモグロビンという物質が含まれ、そのヘモグロビンは体内で酸素を運搬する役割があり、貧血は、赤血球あるいはヘモグロビンの量が正常値よりも低い状態を指すらしい。

父の場合は術後正常値だったものがどんどん減っていきついには正常値よりも低くなってしまった。

いろいろ思い出してみると確かに手術後の父は1年中寒い寒いと言っていて、手足は冷たく靴下を何重にもはき冬場は寝るときも手放せないほど。そして貧血でフラフラするとも言っていた。でも最近は全く寒い寒いと言わないし、フラつくこともなく貧血も全くないなぁ。

たまたま先日健康診断で再検査になったおかげで、血液検査をしたらなんとヘモグロビンの値が正常値になって全く問題ないことに気づいたらしい。ある意味再検査をしてラッキーだったわけで。

大学病院で胃を丸ごと切除した後、西洋医学の長所と漢方のような東洋医学をミックスしたような抗がん剤やステロイドを使用しないで治療を行う土佐清水病院に10年以上お世話になっていて。

その10年以上もの間、再発を心配して抗ガン剤ではなく天然の生薬を1日3回食後に飲みながら、栄養面から食べた方がいいと自分で意識して毎日卵と小魚は欠かさず食べていました。これも今思えば思い込みだったりするわけで。この思い込み、食に関することだけでなく人それぞれいろんな思い込み、常識を無意識に持っていると思うのですが先祖代々引き継がれていたりするものもあったりするから結構強力なんですよね。私もたくさんあります。カラダや生き方を無意識にコントロール、制限してしまったりするので。

その高価な生薬が、カラダの中の悪いものも良いものも全てカラダの外へ流してしまうほどめちゃくちゃ強烈で。だから生薬を飲んだ後は常にお口直しが必要なぐらいとてつもなく苦いんです。毎食後胃がないにも関わらずたくさん甘いものを食べないといられないそんな生活でした。その頃は生薬の苦味を緩和させるために白砂糖のお菓子もたまに食べていた気がします。天然の生薬と言っても大量の強い薬なわけで、苦味を緩和させるために食べていた甘いものなど内臓はきっと疲弊していたんだろうなとついつい想像してしまう。

生薬のおかげでガンの再発はしていませんが、体重は増えず赤血球、ヘモグロビンの値は低いままで貧血はそのまま継続。

土佐清水病院では食生活に関しては肉類、アルコール、うなぎ、赤身の魚などは食べるとガンのエサになってしまうのでやめたほうが良いと。カフェインや白砂糖、卵に関しては特にふれていませんでした。ただ睡眠はとても大切と。

手術前の父の食生活は白米、アルコール、カフェイン、動物性食品と全てふつう。タバコはもともと吸わない。

そんな卵、小魚、紅茶ありのベジタリアン生活と天然の生薬を10年以上続けガンの再発はなかったものの体重は増えず赤血球が少ない状態は続き、ちょうど3年ほど前に舌が真っ赤に腫れヒリヒリと痛み出し味覚障害を発症。美味しくないし食べても貧血、体重も増えない…食べることが苦痛と言っていました。誰だってこんな状態で心穏やかにいられない。

甘いものは美味しいとかんじるのですが酸味、塩気などは全く感じなくなってしまったんです。何を食べてもまずいと。塩や酢、味噌も味が全くしない。ただ醤油だけはかろうじて味がしたらしいです。

その後生薬をやめ味覚障害のために半年ほど大学病院で処方された亜鉛やビタミンの錠剤を飲んでいました。味覚障害は少しずつ良くなっていったと思いますがそれでも赤血球の数値は低いまま。そのころは肉類はたべていませんがまだ小魚、卵、紅茶(カフェイン)は食べていました。

錠剤を飲みきったあたりからそれ以上サプリメントはとらず、さらに小魚、卵、紅茶もいつの間にか口にしなくなったんです。もういらないと。あんなにカルシウムやたんぱく質をとるためには小魚や卵が必要だと言っていたのですが。

もちろんこれは父の変化ではあるのですが、父の行動が変わるというよりは「〇〇を食べなければ栄養不足になる」「〇〇を食べなければならない」という思い込み、コントロールが外れたんだなと私は思っていて。本来の姿に戻るそんな感じ。この食べ物が良いとか悪いとかいう判断、ロゴス的な視点ではなく、エゴ、〇〇ねばならないというマインドのコントロールから肉体を解放することこれが結構タフな作業。

「これは良い食べ物だから食べてよい」「これは悪い食べ物だから食べてはいけない」とただ良い悪いと判断して食べる食べないを頭で選択し表面的に行動に移すことはマインドのコントロールを外すことよりも実は簡単だったりもする。あ、でも私の場合砂糖中毒から抜け出すのだけはホント大変でしたね。今思い出すと。

今では動物性由来の食材やサプリメントを摂取しなくても生きていけると言っているのでおもしろい。意識が変わると行動もかわってしまう。 このような体験を重ねていくと世の常識が自分にとっては合わないと思うことが結構あったりするわけで。

完全にヴィーガンになって合わない砂糖やアルコール、カフェイン、ナス科の野菜をカラダに入れなくなってちょうど2年ほど。お米は白米でなく玄米。毎朝、納豆に味噌汁、黒ごまたっぷりの玄米をを食べている。黒ごまも玄米もあまり美味しくないと言っていたのですが今ではとっても美味しくて飽きないらしい。

そして今まであきらめていた赤血球の値が正常値に。生薬もサプリメントも動物性たんぱく質もとっていないのに。何度もいいますがプラス高齢にも関わらず。

父の内臓もエゴの声に従わず合わないものを入れなければどんどんストレスがなくなり肉体の中で本来備わっている機能、分解、合成がスムーズに行われ自然の流れ、自然の状態、バランスが戻ってきたんだろうな。福岡伸一さんのお話にもでてくる回復力、生命力ってやっぱりすごい。

で体重も少し増えたらしく喜んでいました。

最近アルコール好きのヴィーガンの方で入院されたら方がいらっしゃると聞いたり、アルコール中毒で死にそうになった学生、エナジードリンクなどに大量に入っているカフェイン中毒の話などを耳にしますが、若者の間でもカラダは結構悲鳴をあげているんだろうな。

自分のカラダ(自然)が必要としているカラダ(自然)に合っている食べ物、エネルギーをカラダに与えてあげる、サポートするというシンプルなことが結構大切なことだったりもして。エゴの流れではなく自然の流れの中にカラダ戻してあげる、ありのままの姿に戻るただそれだけなんですが今の世の中はあるがままでいることが難しいと感じる毎日。

こんなことに驚くというかワクワクするのは私だけかもしれませんが、カラダ、自然はあるがままで完璧だなと思ってしまう。自然、生命、カラダっておもしろい。

実は同じ食生活の母も決して若いわけではないのですが最近手芸を再開させていて。50代の頃は肩が凝ってしょうがなくもうできないなと思っていたらしいのですが最近はいくらやっても肩が凝らないと。だから楽しくってしょうがないらしい。パフォーマンスが若い時よりも間違いなく上がってる。

話はそれてしまいましたが胃が丸ごとなくても完全ヴィーガン、合わない砂糖、アルコール、カフェイン、ナス科の野菜なしの食生活、つまりは自分にあった食スタイル、自分のオリジナルなスタイルを思い出すと貧血も全く問題なくなってしまったというお話でした。これからも引き続き観察の毎日です。


Category:health  Tag:洗剤

宮本製作所のベビーマグちゃんで洗剤を使わないやさしいお洗濯。

洗剤を使わず赤ちゃんの衣類やオーガニックコットンのお洗濯に最適なベビーマグちゃん(¥2,592/税込)。アレルギー症などお肌に敏感な方にもいいみたい。ピンク、ブルー、イエローの3色からイエローを生協で見つけて買ってみました。

洗剤を使用しなくても洗浄力、消臭力、除菌力が向上。ニオイ成分の分解力は合成洗剤よりも強いらしい。これってすごいな。

この三角のメッシュ袋の中には飲料水素水にも使用されている高純度のマグネシウムが入っていて、水と反応し作り出す水素は高い洗浄力があるらしい。洗濯槽のカビや汚れ、排水ホース、排水溝の汚れをも落とすとのこと。(毎日使用して2週間後から3週間)

使用方法は洗濯物と一緒にベビーマグちゃんを入れるだけ。洗濯、すすぎ、脱水と入れっぱなしで大丈夫。 ベビーマグちゃんと一緒に洗剤を使っても使わなくてもどちらでもOK。洗剤を使用しない時は当たり前ですが泡が出ないので「すすぎ」も洗いになるので「すすぎ」をスキップして節水も可能。

洗濯後はベビーマグちゃんを干して乾かしておくだけ。洗濯物約3kgでベビーマグちゃん1個。5kgで2個。8kgで3個使用が目安。洗剤併用の場合は洗濯物の量に関係なくベビーマグちゃん1個でOK。洗浄、消臭効果は約1年間持続。使い終わったらマグネシウムは光合成に必要なものなので植物に与えてあげるとGood。

洗濯、すすぎだけでなく「乾燥」も使用可能らしいですが、三角メッシュの劣化が早まるかも。ベビーマグちゃんは洗剤はもちろん柔軟剤と一緒に使用可能。もし汚れがひどい場合はマグちゃん(ベビーマグちゃんとはまた別のシリーズ)で浸けおきをしてから洗濯するといいみたい。



ちょうどベビーマグちゃんと洗剤と併用して半年ほど経過。たまに部屋干しで生乾きの匂いが気になる時があったのですが、それがそういえばなくなったな。あと洗濯槽のカビ臭さも無くなってる。環境を配慮したソネットさんの洗濯用液体洗剤を使っていますが、今度は洗剤なしでベビーマグちゃんを使ってみようかな。ヴィーガンになるとそんなに着るものも汚れない気がするので。


Category:health  Tag:ヴィーガン / 自然

春は肝臓、スタートの季節。あなたの肝臓はお元気ですか?

ここのところストレートのみかんジュースや果物を食べたいと思わなかったので全く買っていなかったのですが、週末久しぶりに柑橘系の果物を食べたくなって。食べたらめちゃくちゃカラダが喜ぶ喜ぶ。

酸味は肝臓さんが喜ぶ味。肝臓のエネルギー、波長は春のスタートエネルギーと同じ。レモンは肝臓さんの大好物。すっぱいものは基本的に好んで食べますが、そんなカラダ(=自然)の声に傾けながら春の訪れを感じる今日この頃。

肝臓さんはいつもやることがてんこ盛り。排毒や解毒作業などたくさん変換作業をしている。いくらオーガニックや体にいいからと言っても食べ過ぎたら肝臓さんのエネルギーを奪うことになる。

肝臓さんに負担をかけるものは動物性食品だけでなく、トマト、アルコール、砂糖、タバコ、カフェイン…などなどいろいろありますが…。私はそれらを食べると反応が出るので食べられないものばかり。

エネルギーである食べ物だけじゃなく、怒りや期待などの感情(エネルギー)もためこんでいたりすると肝臓さんのエネルギーが奪われ、肝臓の機能が低下するから本来のパワーを出せずブレーキをかけながら頑張って生活しているようなもの。肝臓に負担をかけ肝臓のエネルギーを消耗していると、実際何かをはじめたい、はじめようとした時にエネルギーを使えずうまくスタートがきれなくなる。

肝臓がやられてる人の体臭はすっぱい。これもカラダのサインだから良い悪いではなく自然なこと。でも人間は嫌なものにはすぐ蓋をしてしまうからせっかくのサインに気づきづらくなってしまう。何とか体臭を消そうといくら対処しても意味がなく、全体の調和が乱れている自然の摂理からはなれているというサインだから、ただそれに気づいて実践するだけ。

ヴィーガン、アルコール、砂糖など合わない、または本来必要ないものをカラダに入れなくなって、体臭は消えるというよりは内臓の調和がとれて体臭を出す必要がなくなったと感じます。全く体臭がないわけではないですよ。ちなみにいつの間にかヴィーガンになってしまった両親の加齢臭はゼロ。全く嫌な臭いがない。

肝臓が(もちろん肝臓だけでなく肉体が)調和していれば、春のスタートを気持ちよくエネルギッシュにきれるし本来持っているパワー、パフォーマンスをそれぞれがそれぞれの好きな分野で発揮できる。肝臓からのサインは他にもいろいろあるけれどまたの機会に。

陰陽五行の基本をたまに思いだすけれど、自然、一番身近な肉体を観察することは本当に面白い。そうそう、昨年末にゴミを出し切ったせいかやっぱり今年に入って花粉症の反応なし。すこ〜し目のキワのかゆみなどが一瞬ありましたが…。観察の毎日です。


Category:health  Tag:ヴィーガン / 自然療法

里芋湿布(パスター)ってやっぱりすごい!こめかみの打撲が2日で…

基本的にケガや骨折に縁がない方なのですが、先日こめかみを打撲し!かなり動揺しましたが…その後の手当て、里芋湿布(パスター)に思わず感動!

ケガをした直後はボコッとへこみながらも腫れていました。やっぱりちょっと怖かった。里芋湿布(パスター)はすぐ思い出せず、翌朝まだこめかみが熱を持ち腫れていて少しふれただけでも痛かったんです。でも里芋湿布(パスター)を作って貼ったらあら不思議、その日の夕方から3日目の朝は何事もなかったように痛みも腫れもほとんどなくなり撫でても全く痛くない!(うっすら膨らんだこぶのようなものは最終的にできていますが…。)その腫れている部分の下に熱を持ったグニュグニュした感触の水のような、ゼリー状になった何かが溜まっていて、炎症を起こしている様子が確かにあったのに完全に消えていました。もうビックリ!自然のエネルギーってすごすぎ!

炎症を起こしている時って自分の手がそのケガの部分にいつの間にかすぐ行ってしまうんです。守るというか「手当」という漢字の通り手で覆う感じ。ただ後で気づいたことなのですが、里芋湿布(パスター)後は全く手が患部に行かなかったんです。それにも驚きました。炎症が治まったんだなということもそんな無意識の行動を観察することでよくわかる。

こめかみって、食べる時に結構動くところなんだなと今回改めてわかりましたが、ケガした当日、翌朝は口を開くことが少し難しく、噛むとこめかみがめちゃ痛くて…。でもその痛みが一晩であっという間に消えてしまうから本当にビックり!

ほぼ使うことがない賞味期限が切れている里芋粉がたまたま自宅にあったので水を入れてこんな感じでこねて img_8849 ガーゼに広げて包んで湿布を作りました。この里芋粉には生姜と小麦粉がすでに含まれているので、水を混ぜるだけでいいから簡単で便利。後で聞いた話ですがガーゼに包まず直接患部に貼る方がよりいいみたい。 img_8850 里芋湿布(パスター)は東城百合子さんの「自然療法」やリマ・クッキングスクールの教本にもしっかり載っている手当法の一つ。



熱のある痛み、ねんざ、喉の痛み、乳腺炎、腹膜炎、リウマチ熱などの特効薬。何度かトライしたこともあり知ってはいましたが、ここまですごいとは。根津の谷のオーナーさんも里芋湿布(パスター)は打撲や捻挫などにすごく効くとおっしゃっていました。お客様でも結構な大ケガをされて里芋湿布で元気になられた方がいらっしゃるようで。

本来は里芋のきぬ皮を厚くむいてすりおろし、里芋と同じ量の小麦粉、里芋の一割のおろし生姜を混ぜ練り合わせて作ります。これを布か神の上に厚さ1cmぐらいにのばして包み患部に貼ります。「自然療法」では生姜湯で蒸した後に里芋湿布(パスター)を貼るといいとなっていますが、私の場合は今回こめかみが熱を持っていたので冷やしたく温めませんでした。

里芋粉と水を混ぜる時、水は少しずつ調節しながら入れるとべとつかず貼った後も扱いやすい。患部にのせるとひんやりしてとっても気持ち良かった。湿布を取りかえる時はその里芋湿布が乾く前がいいようです。

そうそう里芋湿布(パスター)をこめかみに固定させる時、大判のハンカチがとても役に立ったので、普段持ち歩くのにタオルハンカチよりもこういう時は大判のハンカチ、バンダナ、手ぬぐいを持っていた方がいいみたい。最近はタオルハンカチばっかりだったので…。ちなみにこのかまわぬさんのハンカチは大判でとっても使いやすい。(実際はハンカチではなく風呂敷みたい。「おいしい風呂敷」シリーズは人気のようなので要チェックです。)おいしそうなかわいい柄がとても気に入ったので購入したのですが、アイロンをあてなくてもそんなにシワにならず結構ピシッとしてお気に入り。 img_8879 里芋湿布(パスター)かぶれやすい場合は、里芋で作るより市販されている里芋粉で作るか里芋の代わりにジャガイモで作るとかぶれないかも。貼る前にゴマ油を塗る方法も覚えておくといいみたい。

知識があっても体験しないとなかなかわからないものだなぁと。里芋湿布(パスター)を知ったのは随分昔ですが、今さらながら超おすすめです!もちろんケガをしないことが一番ですが、家に一袋常備しておくといいですよ。

はれもの、内臓の痛み、ねんざ、リウマチ、神経痛、火傷、喉の痛み、熱のある炎症の万能薬であるこの里芋粉、リマ新宿店など自然食品店などで手に入りますのでもしもの時にぜひ!


Category:health  Tag:ドイツ / ヴィーガン / 洗剤

ヴィーガンマークもついている!大掃除が楽しくなってしまうソネットさんの液体クレンザー。

一気にできないので少しずつ大掃除をはじめながら思ったのは、持っている洗剤がいつの間にかソネットさんだらけ。

洗濯用洗剤やトイレ用とソネットさんの洗剤を使っていますが、この液体クレンザーであるナチュラルスカーリングリキッド、めっちゃ綺麗になります。

ステンレス、シンク、蛇口、陶器などに使用できるようですが、特に蛇口がこんな感じでスッキリとピッカピカ!数日はこのままピカピカの状態が続きます。気持ちよすぎ!もちろんヴィーガンマークもついています。 img_8590 有機レモングラスの爽やかな香りもいい感じ。ソネットさんの洗剤は香りがいいからついつい掃除をしたくなってしまう。汚れが落ちるだけでなく洗剤を使用した後も生分解し自然に還るからすごい。液状なので隅にも届くから使いやすくおすすめです。

●sonett(ソネット)
【URL】http://sonett.jp

●株式会社おもちゃ箱
【URL】http://www.omochabako.co.jp


Category:health  Tag:ドイツ / ヴィーガン / 洗剤

ソネットさんのVEGAN洗濯用洗剤、ナチュラルウォッシュリキッド。

いつの間にか洗濯用にはソネットさんの洗濯用洗剤。ヴィーガンマーク付き。 この写真は最近見かけた750mlタイプ。やや小ぶり。



一番最初に見かけたのは、つくばのりっつんというお店。りっつんではソネットさんの洗剤が量り売りされていたり、化粧室の手洗いにソネットさんのハンドソープが置いてあり自由に使えるようになっていました。その時にいい香りだなぁと。でも当時はソネットさんにそこまでひかれず…。

ヴィーガンになると動物性食材を使わないので食器もあまり汚れず、カラダもそんなに汚れがひどくない気がしています。今のところはできるだけ環境やカラダにやさしい洗剤を使っていますが、そのうち洗剤もシャンプーも必要なくなる日がやってくるのかも。

このナチュラルウォシュリキッド(洗濯用液体洗剤)は、植物原材料、ミネラル成分のみでつくられ、手肌や環境にもやさしい。綿、リネン、麻、化繊の衣料のお洗濯用で白物用液体洗剤。全成分は水、脂肪酸カリウム、アレキルグルコシド。

オーガニック栽培のラベンダーエッセンシャルオイルの香りが個人的にお気に入り。柔軟剤などは必要なくふんわり仕上がります。赤ちゃんの肌着や敏感肌の方のお洗濯にもいいみたい。

お水にもサッと溶け、少々多めに洗剤を入れてしまったとしても溶け残りも全くありません。とっても使いやすい。つい先日、株式会社おもちゃ箱さんのオンラインショップで5Lを購入し、別売のコンテナ用ポンプで750mlの容器に詰め替えて使っています。 img_8304 img_8679



洗濯用液体洗剤は他に、無香料タイプのナチュラルウォシュリキッド、 img_8675



色物用液体洗剤のナチュラルウォシュリキッドカラー、 img_8676 ウール・シルク用などがあります。 img_8678





柔軟剤がなくても全く問題ないのですが、よりふんわり仕上げるなら柔軟仕上げ剤のナチュラルランドリーリンスも。 img_8677



今まで洗濯用洗剤で森の仲間(松の樹液とお水、自然の恵み100%でできた、環境にもからだにもやさしい多用途濃縮せっけん。)、エコベール、SARAYAさんなどいろいろ使ってきました。森の仲間は洗濯や食器用洗剤、お掃除、シャンプーなど、何にでも使え環境にもよかったのですがイマイチピンとこなくなり、エコベールは香りがちょっと強めで合わず。SARAYAの洗剤もコスパもよく環境にも配慮しているので最近まで使っていましたが黒い服に洗剤の溶け残りのような白いものが、いくら洗剤を少なめにしても必ず残るので使わなくなりました。

ソネットさんはドイツの水と森を守るオーガニック洗剤。 社名はフランス語のsavonnette(小さな石けん)に由来しているらしい。 img_8674 使用電力の半分を工場に隣接の水力発電所から、残りをグリーンピースから供給される自然エネルギーを使用しているという徹底ぶり。このグリンピースエネルギーとは風、太陽光、バイオマスなどの自然エネルギー源を利用してつくられているそう。

すべての原材料が100%生分解し、しかもそれが短時間で行われるものが環境にやさしい洗浄剤。 ソネットさんで使用する原材料は、とても自然に近く、もちろん石油由来ではありません。 またアレルギーを避けるため、人の肌にやさしい原材料を使うと同時に、酵素、着色料、保存料、蛍光増白剤などは不使用。さらに、遺伝子組換え操作をした原材料から作られた物質も不使用。

そして香りにもとことんこだわっていて、植物オイル、エッセンシャルオイルなどのすべての植物原料にオーガニック栽培のものを使用。洗濯中や洗濯後、ラベンダーの香りがほのかにただよう感じが超お気に入りです。お洗濯も楽しくなってしまう。

コスメキッチンやアメリカンファーアシー、リマ新宿店、GAIA御茶ノ水店などの自然食品店でよく見かけます。

●sonett(ソネット)
【URL】http://sonett.jp

●株式会社おもちゃ箱
【URL】http://www.omochabako.co.jp


Category:health  Tag:コスメ / ヴィーガン / 石けん

しっとりふわふわの泡にやみつき!アルガン石鹸とカサブクレイ石鹸。

なんだか自然とカラダを洗う時は石鹸を使っています。リキッドタイプのボディーソープを使ったこともありますが…。

まず右下のナイアードさんの「アルガン石鹸」。これは小さいサイズの40gで(¥400/税抜)。一番おすすめ!泡立てるとこんな感じでまるでホイップクリーム!しっかりきめ細かいフワフワの泡なんですが、その泡がシルクのようにしっとりしていて、思わずうっとり。めちゃくちゃ気持ちいい。 img_7896 主原料はアルガンオイルにエクストラバージンオリーブオイル。乾燥肌、年齢肌、普通肌向け。



アルガン石鹸のメーカーであるナイアードさんは良いものを長く使ってほしいというスタンスらしく滅多に新商品が出ないとか。そんな会社を個人的には素晴らしいなと。 img_7679 写真右上の薄いグリーンの石鹸は、有限会社クロスロードトレーディングさんのカサブ石鹸Sサイズ(¥350/税抜)。ローレルオイルとバージンオリーブオイルベースなのでほのかな月桂樹のいい香り。しっかり泡立ちますがアルガン石鹸ほどしっとり感はないかな。でも全くつっぱらない。すべての肌タイプ、敏感肌の方にもおすすめ。



写真左の混合肌・オイリー肌の方におすすめなクレイ入りのカサブクレイ石鹸(¥689/税抜)。カサブ石鹸と同じメーカーのもの。夏場、さっぱりした洗いあがりがとっても気持ちよかった。粘土(クレイ・ガスール)はトリートメント効果もありながら洗浄効果も。オイルには含まれていないミネラルがクレイによって補われるので洗いあがりもつっぱることなくすっきりとした使用感。バージンオリーブオイル、ローレル(月桂樹)オイル、クレイベース。クレイは汚れを吸着しながらコーティングもしてくれるなんて自然ってホントすごい!



実はシャンプー難民の時にこのカサブクレイ石鹸で髪の毛を洗ってみたんですが、全くきしみや違和感なく洗えてびっくり。カラダを洗ってるぐらいなので手もカサつかず何も問題なし。人によってはきしみがおこるかもしれませんが。

現在はクレイ入りのカサブクレイ石鹸を普段使いながらたまにアルガン石鹸をカラダ用に使ってます。強い香りが好みの方には少し物足りないかもしれませんがお肌に優しく気持ちいいですよ! 一つだけ注意しなければいけないことは、溶けやすいので石鹸を常に水を切った状態にしておくこと。私の場合お風呂場にずっと置きっぱなしですが水切りがしっかりできる石鹸置きを使っているので全く問題なく使えています。

こちらの3つの石鹸はコールド製法の手作り石鹸。顔や全身、髪の毛と全てに使用できます。カサブ石鹸はお茶の水GAIAさんで、アルガン石鹸は銀座のナチュラル&ハーモニックで売っていました。もちろんメーカーさんのそれぞれのオンラインショップでも購入可能です。

●ナイアード(アルガン石鹸)
【URL】https://www.naiad.co.jp

●有限会社クロスロードトレーディング(カサブ石鹸/カサブクレイ石鹸)
【URL】http://www.crosroad.com


Category:health  Tag:ヘアケア / マッサージ / 健康 / 雑貨

頭皮マッサージにアッカカッパのヘアブラシ♪

イタリア、アッカカッパ(ACCA KAPPA)のヘアブラシ「プロテクション6945」。頭皮マッサージ用に購入。

ブラシはほとんど使うことがなく…。だから自分で買うことがほぼない。美容師さんによく頭がこってるといわれたりもしますが…。何もケアしていなかった。 頭皮マッサージは以前から気になっていましたがどのブラシがいいのか全く分からず。

ジョンマスターのブラシがいいようなクチコミをネットで見かけお店に行ったら品切れ中。ずーっと品切れで最近店員さんから新しいブラシが近々発売予定と。しかしいつ発売かは不明。

そんな中、頭皮マッサージならこれ!と教えていただいたのがイタリアのアッカカッパのヘアブラシ。ぜーんぜん知らなかった。

特徴はナイロン製のループ。そのナイロンループの中空が頭皮をマッサージしながら髪をほぐし、からみをとってくれる。そして頭皮、毛細血管を刺激。ハンドルは木製とプラスチック製の2種類。

アッカカッパは、イタリア語でH(=アッカ)K(=カッパ)。なんだかかわい名前。創業者であるハーマン・クルル(Hermann Krull)の頭文字。ヘアブラシにはじまり香水やルームフレグランスなどもある。1869年イタリアのヴェネト州トレヴィーゾ市で創業。140年の歴史があるアッカカッパのポリシーは3つ。「シンプルなデザイン」「高品質」「天然素材」。ステキ。

木製ハンドルのブラシが欲しかったのですが水洗いできるほうがいいかなと水に濡れてもOKな紺色の高品質プラスチック製をチョイス。全長18cm。木製のものよりやや小ぶりで¥2,800(税抜)。 img_8285



そして可愛い布袋付き。(今回はコンランショップで購入しましたが、アマゾンや他のお店で購入した場合布袋がついていないかもしれないのでご注意を。) img_8288 木製ハンドルの「プロテクション946」はお値段が高めで¥4,800(税抜)で水洗いはNG。なぜかアマゾンはめちゃくちゃ高い…。ただ商品のイメージはこんな感じです。参考まで。



最近はループがやや細いソフトタッチ「プロテクション947」もあるみたい。ループの色は赤。

ヴィーガンの友人にヘッドマッサージをしてもらいめちゃくちゃ気持ちよかったので、自宅では現在このアッカカッパのブラシでブラッシングするのが楽しみ。とっても気持ちいいしスカッとします。

顔が白くなったとか(美白?!頭皮マッサージのおかげ?!)いろいろ言われますが…。 今さらですが頭皮マッサージ気持ちよすぎ!

香水もいいみたい。何がいいって香りが私好みで。 アッカカッパでは、体につけるものは安心して使えるように天然の成分にこだわっているらしく。香水にはイタリア産の花や植物から抽出した香りを調合しているそう。オーガニックともヴィーガンとも書いてありませんが、天然成分使用のアルコールフリーの練り香水「ホワイトモス」がとても爽やかないい香り。 img_8298 ラベンダーと、針葉樹西洋ビャクシンをミックスしたウッディフローラル系。 香りは強すぎないので2時間ぐらいで消えてしまうぐらいなのですがそれぐらいがちょうどいい。私は仕事中の気分転換にちょっと使っています。今のところかゆみなどの反応なし。そんなに大量に使っていないので。



ブラシは三越やスパイラルマーケットで見かけました。コンランショップにはブラシだけでなく香水やルームフレグランスなど品揃えが豊富でしたよ。

●ACCA KAPPA(アッカカッパ)
【URL】http://www.accakappa.jp/


Category:health  Tag:エネルギー / 不食 / 健康 /

不食、現代医学、ワクチン、憲法など「秋山佳胤のいいかげん人生術」がおもしろい!

この本、めちゃくちゃ腑に落ちる内容だらけで面白かった!



以前不食の記事をアップしましたが、意外とアクセス数が多いんです。

こちら、マーマーブックスフォーメンの創刊号で初めて知った秋山佳胤(よしたね)さん。犬のイラストがかわいくって手に取った雑誌。記事の内容は一味違うから個人的に好き。



その創刊号に不食を実践されている秋山佳胤さんのインタビュー記事が掲載されていて、山奥ではなく東京で弁護士をしながら子育てもしているというそんな秋山さんってどんな方なんだろうと気になっていました。そして先週本屋さんのレジ横に秋山さんの本が積まれていて…。即購入!

秋山さんご自身の写真ものっていて、男性ですが野獣という感じではなく優しそうな穏やかな印象を受けました。

憲法の話、ワクチンの話、病気の話、子育ての話などなどそう、そう!っていうことだらけでワクワク!

病気に関して、やはり秋山さんもどんどん毒素は出したほうがいいとおっしゃっていて「炎症反応とはゴミを浄化するありがたい反応」「好転反応とは浄化と排泄の絶好の機会」と。私も日々の体験や家族や友人の体験などを聞いて本当にその通りだなと。毒素を出した後体は元気になってしまうから。手術、薬を飲んで症状を止めてしまうということは実はカラダをさらに不調和へ導いてしまう古いやり方。

そしてどんなことがあってもリラックス、すべてにサレンダー。良い悪いで裁かない。私も常にカラダの声を聞くように直観を大切にしていますが、秋山さんも「自分こそが肉体の主人である。その態度が大事」と。病院へ行かなくてもドクターはあなたの中にいる。秋山さんはケガも自ら治してしまったそうです。

日本人が摂取しているひとりあたりの抗生物質の量は世界でトップクラスらしく、水銀の蓄積量も世界でダントツ1位。

1番に気に入ってしまったのは、読み始めてすぐに目に入った「アドバイスを受けるときのアドバイス」。「世間一般にいわれている説を、何もかも真に受けないことが、何より大事です。」と。このブログの記事もあくまでも1サンプル。鵜呑みにせず自分の直観や体験、内なる声を大切に。

食べ物をついつい物質と思いがちですが、命のあるエネルギー。秋山さんも不食といってもエネルギーを食物からではなく空気から受け取っている。

すっかり人間は食べ物に命があることを忘れてしまっていますよね。電子レンジで簡単にチンしてしまいますが、実は生命力は失われてしまっているんですよ。見えないからわからないかもしれませんが。ということは物質的にはカラダに与えているつもりでもカラダに生命力、エネルギーを与えることにはなっていないことになる。

そしてこの一文、「予防接種には毒性の成分が入っている」。ワクチンには例えば毒である水銀、アルミニウム、発がん性の高いホルムアルデヒドが入って危険にも関わらず予防接種の効果なしと。私もワクチンは必要ないと感じる。もちろん病院や薬、ワクチンにはヴィーガンになって全くお世話になっていない。そのおかげで何も問題はない。THINKERというサイトでもワクチンについてわかりやすく説明されている。

秋山さん曰く、子宮頸がんワクチンの被害者のけいれんと水俣病の水銀中毒の症状がとても似ていると。国やマスコミの言っていることを鵜呑みにしないということはこれからますます大切なことになってくると思う。秋山さんの息子さんも予防接種は一本も打っていないらしい。

さらに「新しい知恵や技術をマスコミは伝えない」これもヴィーガンになって医療費がゼロになってしまった私には腑に落ちる言葉。

秋山さんは「フッ素」のお話もされていて。マスコミや政府は「フッ素」だけでなく「原発」など事実を伝えていないと。原発に関してはもっと安全で持続可能な技術は存在する。未だに福島の原発では放射能が漏れっぱなし。汚染水、処理水も海へ流され続けている。そんなことは今はもう報道もされていない。

話は変わって秋山さんのお子様もやはりゲームに夢中のようで。私はゲームには全く興味がわかないのですが、「ゲームは楽しみであり、瞑想である」とも書いてありましたよ。お子様には何もいわないらしいです。秋山さんの叱らないいいかげんで適当な自由な子育ても面白い。

「憲法は国民ではなく国家権力を縛るもの」国に対しての法だから「政府が憲法を改正しようなんていうときは、まず注意したほうがいいです」とも。

とても大事だと思ったのが「まずは自分が自己犠牲をやめ、ハッピーに過ごす」。他人に合わせる、断ることが申し訳ないなどと日本人はついつい相手を優先しがちなのでいろいろと感情が出てきますが、私は自分に合った食スタイル、ヴィーガンと出会いまず自分をハッピーにする満たすことを優先するようになった気がします。カラダの声を無視しある意味無意識に自分を痛めつけないがしろにしていたなと。人と違うということは日本だと目立ちますがヴィーガンになって人と違ってもOK!わがままではなくあるがままの自分のスタイルを大切にする、外側の声ではなく内なる声を聞くということが大切でありそれが自分を愛する優先することにつながることを実感しています。心身ともにとても楽だから。

カラダの声、直観に従って食べたいときに食べたいものを食べたいだけ食べる。これが一番カラダにいいとおっしゃっている秋山さん。自分の体の声、直観を聞き続けること感じることは本当に大切だなと思えた本でした。


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク