Category:gourmet  Tag:アイスクリーム / スイーツ / チョコレート / テイクアウト / ヴィーガン / 原宿 / 砂糖不使用

Happy Rainy Day! 雨の日はキッピーズ ココクリーム。

5月初旬、アイスクリームがフッと食べたいなと。でもアガベシロップだったり、デーツシロップだったり、メープルシロップだったり甘味料が結構入っているのでどうしようかなぁと思っていたら、KIPPY'S COCO-CREAM(キッピーズ ココクリーム)がフッと頭に浮かんだので久しぶりに行ってみたんです。

行こうと思った時間帯がちょうど閉店前ギリギリで、さらに雨も降っていたからやっぱりやめようかなと思うましたが行ってみようと。

行ってみたら、なんと平日限定で雨の日にアイスをお店で購入すると、アイス+1scoopプレゼント。予期せぬサービスにテンション上がる!2scoopsのオーダーでこの日は3scoops食べられました。でも実際は2scoopsで十分だったなと。トッピング(+¥100)もたくさんありますが、何も選ばずこの日はそのままヴィーガン仕様が3種類あったので、バニラデーツ、コーヒーデーツ、チョコレートデーツをチョイス。バニラはまぁまぁ。コーヒーデーツとチョコレートデーツは私好みでやさしい甘味でとても美味しかった。次回はカカオニブをトッピング決定。 IMG_3694 KIPPY'S COCO-CREAM(キッピーズ ココクリーム)は、カリフォルニア生まれの乳製品、砂糖、グルテンを一切使っていない100%オーガニックでフレッシュなアイスクリームショップ。 IMG_3695 メキシコ産オールドココナッツから採れる新鮮な生のココナッツクリームをベースに生ハチミツやデーツで甘さをプラスしながら毎朝手作りしているそう。基本的に甘味は加熱処理されていない生はちみつですが、デーツの甘味(デーツシロップではないですよ)を使ったヴィーガンもOKなフレーバーもあります。 IMG_3693 この日は私が選んだ3種類(バニラデーツ、コーヒーデーツ、チョコレートデーツ)。 IMG_3696 つなぎ、凝固剤、膨張剤、安定剤は絶対に使わないという徹底ぶり。土を農薬など化学品で汚さないと決意された農家の方のサポートなどいろいろなことを意識されている。

ココナッツミルクは好きだけど、あまり体には合わないので最近は買わないしほとんど食べない。でもこちらのココナッツクリームベースのアイスクリームは、シロップを使わず、生だからか食後、特に体の違和感が全くないからお気に入り。

イートインもOK。店内もPOPでかわいい。 IMG_3697 結局今年の夏食べに行ったのは1度だけですが、 雨が降っても食べたいなと思ったら、雨の日こそキッピーズココクリームへぜひ。 IMG_3691

●KIPPY’S COCO-CREAM(キッピーズ ココクリーム)
【住所】〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-6-3 1F
【電話番号】03-6758-0620
【営業時間】ランチ 11:00-19:30
【URL】http://kippyscococream.com
【その他】イートイン可


Category:gourmet  Tag:お菓子 / カルビー / ヴィーガン

カルビーさんのミーノ 茶豆しお味。

お久しぶりに、セブンイレブンで思わず買ってしまったカルビーさんのミーノ、茶豆しお味(¥160/税込)。 IMG_4743 スナック菓子はほぼ口にしなくなったので、コンビニで何か食べられるものがあるかなと覗くことも最近は減ってしまった。でも久しぶりに店内をウロウロしていたら見つけてしまった。

原材料もシンプル。酸化防止剤も入ってないみたい。 IMG_4741 ほどよいしお味でお豆の味が美味しい。脂っこくもなかったな。 IMG_4744 美味しいけれどカラダはそんなにほしがっていないからリピートなし。カルビーさんのミーノシリーズ、結構ハマってる人が多いみたい。


Category:gourmet  Tag:アイスクリーム / イタリア / ジェラート / ソイフリー / テイクアウト / ヴィーガン / 中目黒 / 京都

京都三条でも東京中目黒でも味わえる世界に認められたヴィーガンジェラート、プレマルシェ・ジェラテリア。

今年の夏、京都と東京で食べたプレマルシェ・ジェラテリアのジェラート。 たくさんのフレーバーにワクワクしますが、私が食べられるのは一部なので選びやすい(笑)

京都三条店はこちら。イートインOK。地下鉄東西線・二条城前駅から少し歩き、京都三条会商店街に入ってブラブラしているとすぐわかります。プレマルシェ・ジェラテリアから少し離れたところに自然食品店プレマルシェ・オーガニクスもあるからぜひそちらも要チェック。食品や雑貨など必要なものが揃うので、ちょっとジェラートをいただいた後、お買い物もできていい感じ。 IMG_4346 国際コンテストW受賞と世界に認められたジェラートの看板やのぼりなどが置いてあって見つけやすい。個人的には、受賞歴よりどちらかというと自分のカラダに合うかどうかが気になるのであまり興味はありませんが…。この写真下に写っている「らくなちゅらる通信」、おすすめ。ぜひ読んでみて。お店では無料でいただきました。 IMG_4344 ジェラートの種類はヴィーガンでないものも含めてた〜くさんありました。 IMG_4348 ヴィーガン仕様で甜菜糖などを使用せず甘味料なしとなると2種類。2種類あれば十分です。白米のジェラート「米のうまみミルク」か、玄米のジェラート「米のローストキャラメル」。甘味料不使用のジェラートは私にとって貴重。そしてソイフリーが魅力的。アイスクリームは原材料に豆乳を使うことが多いから、大豆アレルギーの場合はこのジェラートを紹介できてうれしい。私も大豆は最近たくさん食べられなくなってきているので。原材料は全て確認できませんでしたが、こちらの2種類は甘味料不使用でコーンスターチなどが入っているそう。 IMG_4343 特に体の反応はなく、クリーミーというよりはあっさりしていて甘みはしっかりありました。個人的には絶品!とまではいきませんでしたが、美味しかったですよ。おそらく他のメニューの中には絶品ジェラートがありそう…。

京都三条でヴィーガンジェラートを堪能したら、中目黒店がオープンすると聞きつけ行ってみました。中目黒駅からとても近くてアクセスはいい。ちょうどレインボーバードランデヴーがある目黒銀座商店街の入り口付近向かって左手でした。ちょうどTSUTAYAのすぐそば。 IMG_4484 京都で食べた「米のうまみミルク」もありましたが、 IMG_4486 こちらでは「米のローストキャラメル」をチョイス。 IMG_4487 少し苦味があってこちらもサッパリしていて美味しい。 IMG_4489 中目黒店内には、京都のジェラート店だけあって祇園祭の山鉾ミニチュアも。もちろんイートインOKです。 IMG_4490 中目黒店は、12時開店なので午前中に動く場合は要注意。また、中目黒店の定休日は今のところ木曜日のようですが、営業時間や定休日も変わる可能性がありそうなのでお店に行く前に必ずHPやFacebookを確認した方がいいみたい。カップに入れてテイクアウトも可能なのでヴィーガンの方やそうでない方への手土産にいいかも。

●Remarché Gelateria(プレマルシェ・ジェラテリア)
https://gelato.organic


Category:gourmet  Tag:GAIA / カキ氷 / ヴィーガン / 御茶ノ水 / 砂糖不使用

今年初で最後のケイ工房さんのカキ氷。

真夏ほどではないけれど、今日は暑い。

8月下旬の土曜日、GAIA御茶ノ水店でケイ工房さんの店頭販売がちょうどやっていました。おいしそうな焼き菓子、パンなどが売っているなぁとたまにお見かけしていましたが、今回はカキ氷を売っていたので、夏真っ盛り!というわけではなかったけれど思わず買ってしまいました。アイスクリームも好きだけど、カキ氷はアイスクリームよりもサッパリして好きなんです。でもなかなか甘味料なしとなると出会う機会がほぼない。 IMG_4548 ケイ工房さんのカキ氷は、甜菜糖と米飴の手作りシロップ使用とあったので食べられないかなと思ったけれど、メニューの「甘酒とココナッツミルク タピオカ入りアジアン風」にひかれてしまい…。ちょっとお尋ねしたら甘酒とココナッツミルク、タピオカ以外には何も入っていないそうでラッキーと即注文。甜菜糖と米飴のシロップをカキ氷の中にかけてくれるらしいのですが、私は甜菜糖NGなので(最近はメープルシロップもココナッツシュガーもカラダがNoと言ってくるようになってきました)タピオカと甘酒ココナッツミルクのみで。タピオカ好きの私にはとてもうれしいメニュー。

大きな四角い氷を運んでセットして手動のカキ氷機でシャリシャリと削ってくださいました。甜菜糖と米飴のシロップなしでもなかなか美味しかったですよ。

メープルシロップやココナッツシュガー、米飴などあらゆる甘味料をとらなくなると、生理前ごくたま〜に忘れたころにやってくる半日もしくは1日続く軽い頭痛が全くなくなりました。甘酒はたまに食べても私の場合今のところ全く影響なし。でも食べた次の日はカラダはやや重いかな。果物で甘みをとった場合は食後も翌日もカラダは軽い。

もう今年は終わってしまいましたが、また来年ぜひ食べたいな。GAIAさんの店頭販売もいろいろあって楽しいですよ。ケイ工房さんの店頭販売は毎月あるわけではないようで、今年の8月は土曜日(不定期)であったようです。

●GAIA 御茶の水店
【住所】〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-3-13
【電話番号】03-3219-4865
【営業時間】B1/1F 月-金 11:30-19:30 / 土日祝 11:30-18:30
「2F 晴れ屋カフェ」「3F GAIA食堂」はHPをご覧ください。
【URL】http://www.gaia-ochanomizu.co.jp/shop/pages/shop_info.aspx#shop_ochanomizu


Category:gourmet  Tag:フルーツ / ヴィーガン

熊本県水の子会の極早生(ごくわせ)みかん、ほどよい甘みと酸味が美味。

私は陰陽五行でいうところの肝臓の性質が強い肝臓タイプ。だからレモンだったり酸っぱいものが大好物。

ここ数年、みかんを全く買っていない。なぜならめちゃくちゃ甘すぎて私にとっては美味しく感じない。ちょっと気持ちわるくなってしまうほど…。これもちょっとしたカラダ、味覚の変化なのですが。

先週、果物が食べたいと思いお店で見つけた化学肥料不使用で少し農薬を使っている熊本県の水の子の会極早生(ごくわせ)みかん。パッと目に入りちょっと買ってみたら、これが今の私のカラダにはピッタリで大当たり〜。 IMG_4749 ピッタリのものを見つけた時は本当にカラダも心も満たされる。初めて緑色の極早生みかんを買いましたが、こんなに酸味と甘みが絶妙でとても美味しいとは知りませんでした。この夏は、ごはんよりも野菜よりもお水よりも果物にお世話になったな。

ちょうど今の時期に出回る極早生みかんは、私にとても合うみたい。酸っぱいものが好きな肝臓タイプの方にはおすすめかも。カラダは日々変化するから肝臓タイプと言ってももまた変わりますが…。今のあなたは何タイプ?


Category:gourmet  Tag:おうちごはん / レシピ / ヴィーガン / 和食

甘味料なしでも美味しいゴマドレッシング。

先週ちょっと入ってみたお店で食べたサラダにかかっていたヴィーガン仕様の砂糖なしゴマドレッシングがやけに美味しく感じて。カラダが欲しているようでずっとあの味の感覚が残っていました。今日早速、家でもやってみようと検索してみたんです。

土鍋でごはんを炊くようになって、その時に参考にした同じサイト「白ごはん.com」がなんとなく良さそうだなと参考にしてみたらいい感じ。でもやっぱり自分好みのアレンジは必要で。私の場合は最近メープルシロップだろうがココナッツシュガーであろうが今まで合っていた甘味料でもカラダがどうも嫌がるので甘味料なしで作ってみました。 IMG_4859 原材料 ●タヒニ(大さじ2)●黒すりごま(小さじ2)●酢(大さじ1)●九鬼太白純正胡麻油(大さじ1と1/2)●九鬼太白純正胡麻油こいくち(小さじ1)●醤油(小さじ2)●自然塩(小さじ1)●水(大さじ3)

家にあるものを使ったので、すりごまに黒ごまを使用。砂糖は使わないので米酢は大さじ1に、塩も小さじ1に減らしました。材料があればはじめに水以外を全部一緒に混ぜて、最後に水を加えるだけで超簡単!

甘味料なしのアレンジレシピが、今の私のカラダにピッタリで。レタスを洗ってちぎった上からゴマドレッシングをかけただけですが、めちゃ美味しい。冷蔵庫で5日間くらいは保存できるみたい。でも砂糖なしのアレンジレシピだからそこは様子をみたほうがよいかも。思わずレシピ通りにオイル入れてしまいましたが、オイル無しでも美味しかったですよ。 IMG_4860 キャベツの千切りでも春雨サラダでもお蕎麦でも何でも合いそう。ゴマを食べたいと思う時と全くカラダがほしがらない時とあるから買ったタヒニがなかなか減らずどうしたものかと思っていましたが、使い切ることができそうでホッ。「白ごはん.com」は、ヴィーガンではないですが美味しい丁寧な和食レシピが掲載されていてお気に入りです。


Category:gourmet  Tag:ヴィーガン / 野菜 / 食べ物メモ

【食べ物メモ】「生」のとうもろこしがこんなにジューシーで美味しいとは!

あっという間に9月。お久しぶりの更新になりましたが、この3ヶ月ほど、カラダと意識の変化がすごかった。見た目は何も変わっていないかもしれませんが。

今までにない厳しい暑さ。にもかかわらず毎年やや夏バテ気味なこの私が、今年の夏は全く夏バテなし。汗はたくさんかきましたがこんなに元気な自分に自分がビックリ。常に変化し続ける宇宙や地球と一緒に、自然の一部であるカラダも自動的にアップデートされているから辛くないみたい。

今年の夏を思い返してみると、昨年までとはまた違う食生活に変化。 カラダがほしがった食べ物がまず加熱しない果物。果物を食べる時は果物だけ。次に加熱しない野菜。そして野菜と一緒に食べるのが精製されていない麺類か玄米、もしくは豆類。果物や野菜に比べると麺類や玄米や豆を食べた量はめちゃくちゃ少なかった。ご飯もあまり炊かなくなってきたから、ようやくステンレス製の片手鍋ややかんを手放せました。

あんなに大好きだったクッキーやパンケーキなどのお菓子、スナック菓子、そしてインスタントラーメンや冷やし中華、炭酸飲料、ストレートジュースもほとんど口にせず。たまに、油抜きの手作り甘酒アイスクリームは食べましたが。そうそう、お水や塩分を摂取するよりも果物を食べた方がカラダがシャキッと元気になれた。塩分多めの食事をとると風邪をひいた時のように口の周りが乾燥したり足が浮腫んだり。その点果物は全くそういう不快な症状がなくリフレッシュできるから不思議。だから世間でいう「熱中症には塩分と水分補給」が、特にこの夏の私にはしっくりこなかった。

メープルシロップやココナッツシュガー、米飴などの甘味料もほとんど使っていないからなかなか減らないし、 油は、サラダにかけるとか加熱せずに食べることはありましたが、炒めたり揚げ物をしたりはしなかった。カツやコロッケ、チャーハンなど大好物な私でしたが、ヴィーガン仕様でも油で揚げたり炒めたりしたものを食べた翌日のカラダが、どうも重く調子が良くないんです。

で、今年の夏、とうもろこしを何度か食べましたがお気に入りの食べ方は生! そう、そのまんま。なんて簡単で美味しいんだろうと感動してしまいました。 IMG_4251 洗ってそのまま食べる。それだけ。本当に簡単。カラダがどうも蒸したり焼いたりするよりも生の方が美味しいと言っていたのでその通りにしてみましたが、特に生食用というわけではないけれど、これがジューシーで甘くて美味しいの。もちろん無農薬、化学肥料を使っていない方が美味しいし、どんな人がどんな思いで作っているかも影響してくると思う。そんな意識で作られた野菜や果物はカラダを活性化してくれるエネルギー、生命力に満ち溢れているからカラダも満たされる。最近また手元に常において読み始めた「波動の法則」でいうなら、歪んだ細胞、それが発する振動波を持つ食べ物を食べると、カラダの細胞も歪んだ細胞の波動に同調して病気だったり精神的にも影響を及ぼすんだろうな。自分の日々の行動も、食べ物をつくる過程もどんな意識の状態かによって見かけは同じに見えたとしても中身は全く違う存在になってしまう。

ただちょっと水に浸してというか洗った後、時間を置いた方がいい時もあるかも。 2本とうもろこしを買った時に、一本洗ってすぐ食べてもう一本を置きっぱなしにしていたら 小さい綺麗なきみどり色の小さなニャッキが1匹出てきてたから(笑) 最初に食べた一本にもニャッキがいたかもしれないけれど…後の祭り。 もちろんニャッキは、外へ放しましたよ。

今日からまた忘れないうちにこの3ヶ月の気付きやカラダの変化をメモしておこうと思います。


Category:gourmet  Tag:ノンカフェイン / ヴィーガン / 北海道 / 飲み物

ノンカフェイン!北海道天心農園さんのチコリーコーヒーがとっても美味しい。

コーヒーは全く飲まなくなって10年以上経過していますが、以前はスターバックスのコーヒーを1日2〜3杯飲んでいたこともあって。あまり美味しくないのに飲まずにはいられないというか。今思うとカフェイン中毒だったなぁと。スターバックスのラテで豆乳にしてもらったりしていたけれど必ず腸が腫れて胃がおかしくなっていたのを思い出す。何か不自然なものが入っていたね、きっと。カラダは嘘をつかないから。

そんな話はさておき、コーヒーを全く飲まなくなったからペーパーフィルター、ドリッパーはもう必要ないなぁと思いつつ置いておいてよかった。このお気に入りの「天心農場のチコリーコーヒー(¥1,296/税込)」はドリップする必要があるんです。ひと手間ですが苦味が何ともいえず絶品で。ちょっと一息つきたい時にオススメ。もちろんコーヒー好きの方が飲むとやっぱり違うという感想が出てきますが、コーヒーから離れると全くそういう感覚も出てこない。 IMG_3313 私の場合、いつもチコリーコーヒー大さじ1杯で2〜3杯抽出する感じ。 IMG_3603 北海道の天心農園さんのチコリーコーヒー。ノンカフィエンでとにかく美味しい。美味しいからと言って中毒にはならない。飲みたいなと思う時にドリップする感じ。やっぱりカフェインが入っていないと全然違う。毎日飲みたいとは思わない。

豆乳はあまりたくさん飲めなくなってきたけれど、ライスドリンクより豆乳で割った方が美味しい。ライスドリンクだとやや酸味がきつくなる。

原材料はもちろんシンプル。チコリーのみ。チコリーの根を乾燥、焙煎しているだけ。 IMG_3606 入れ方によって必要以上に苦味や雑味が出てきたりするので、しっかりお湯を沸騰させて普通のコーヒーの淹れ方と同じようにドリップすると美味しくできる。カスの表面を見て細かな泡が残っていると美味しくできている証拠。 IMG_3597 雑味のないクリアなチコリーコーヒーを抽出できると、豆乳を入れなくても最近美味しく感じる。

以前は、有楽町交通会館1Fの北海道どさんこプラザで売っていたのですが、取り扱いがなくなってしまったようで。今回は、北海道の心豊かな情報を伝える「northern style スロウ」の通信販売で購入。ちょうど9個購入すると送料無料みたい。北海道の富良野に旅行した時も普通におみやげ屋さんに売っていましたよ。私はまとめて買ってシェアしました。 IMG_3609 ●天心農場
http://www.f-tenshin.co.jp/drink.html

●スロウなお買い物
http://www.n-slow.com


Category:gourmet  Tag:スイーツ / スムージー / ヴィーガン / 砂糖不使用 / 表参道 / 飲み物

トゥルーベリーのトゥルーアサイーベリーが絶品。

トゥルーベリーさんの「トゥルーアサイーベリー」、その名の通り飲めばわかる本当に美味しいアサイーのスムージー。まさにこういう新鮮でエネルギーいっぱいの飲みものが「エナジードリンク」!

表参道に週末行ったらめちゃくちゃ暑く、ちょうど近くにいたので迷わずトゥルーベリーの表参道店へ。 IMG_3575 いつきても盛り沢山なメニューで迷ってしまう。大好物のホイップスムージーのチョコクリームにアガベシロップを使用していると以前聞いていたし、その日はフルーティなものを欲していたのでスムージーにしようと。スムージーにしぼってもたくさんのメニューがあるのでまた悩む。カラダが喜びそうなものは?と目に入ったのが初めて飲む「トゥルーアサイーベリー」というスムージー。

原材料はとってもシンプル。アサイー、バナナ、ブルーベリー、デーツのみ。シンプルで本当に品質のよい素材を使っているから余計なものを加える必要がない。品質がよいというのは世間でいうところの「いかに見栄えがよくきれいで美しいか」とかそういうことではなく、人間がなるべく介入せずありのままの自然のエネルギー、生命力があるかどうかということがポイント。

シンプルだけど濃厚でジューシー。「トゥルーアサイーベリー」美味しすぎ。最近は果物を噛んで食べるスタイルなのでめちゃくちゃ久しぶりにスムージーを飲んでみましたがやっぱり美味しいね。

お久しぶりのスムージーだったので、常温と冷ためどちらにしますか?と聞かれハテナ?始めはよくわからず確認してみたら長めに撹拌するとやや常温に近くなるらしく冷ためが好みの場合は短時間の撹拌らしい。カカオニブやスピルナをプラスしても美味しいとメニューにあったので次回ぜひ。

こんなところにジューススタンド発見と思って注文しようと原材料を確認したら、アガベシロップや白砂糖、きび砂糖などお砂糖などで調整されていることがあるからどこでもというわけにもいかず。そして、アサイーのスムージーもアサイーボウルも、きび砂糖だったりお砂糖でアサイー自体をすでに調整したものを使用していることが多く、お店にわざわざ行ったけれど食べられなかったことも結構ある。

これ、フルーティでいながら濃厚。調整も一切していないフルーツそのまんまをググっと飲める感じ。やっぱりトゥルーベリーさんのスムージーは美味しいだけじゃない生命力あふれるカラダにやさしい飲みもの。おすすめです。営業日、営業時間は確認してくださいね。以前より営業時間が長くなったみたいです。 IMG_3577 ●Trueberry(トゥルーベリー)表参道店
【住所】〒107-0061 東京都港区北青山3-10-25
【電話番号】03-6427-7088
【営業時間】10:00-19:00
【定休日】不定休
【URL】http://trueberry.jp


Category:gourmet  Tag:おうちごはん / カレー / グルテンフリー / ヴィーガン / 外食 / 根津

根津の谷の甘味料やトマト不使用の絶品野菜カレー。自宅では「スリカレー」のスパイスセットで味わえます。

素材を生かす調理にモチモチ玄米に根津の谷さんのランチやお弁当は本当にいつも美味しくて。美味しい!だけではなく、カラダとココロも満たされる。そんな根津の谷の野菜カレーを私は一度も食べたことがなかったんです。

カレーは、ヴィーガンのお店でも、インドカレーのお店でも、トマトなどのナス科の野菜だったり、ジャガイモ、唐辛子、白砂糖や甜菜糖などの甘味料が入っていることが多々あるのでやや避け気味。甘味料も白砂糖を使っている場合が国内でも海外でも結構多い。以前、アジアンキッチンのヴィーガンカレーを喉のかゆみや腫れを無視して、週一ペースで食べていたら、ある日突然子宮に強烈な痛みが一日中続いたことがあって。後でお店に確認をしてみたら白砂糖を使っているとのことでした。残念。

でもこちらのカレーはナス科の野菜もジャガイモも甘味料も一切入っていないのです。それを知らずに、一度食べてみたいなとカレーのいい香りに誘われ食べてみることに。 IMG_3165 野菜がゴロッとのっていて食べ応えあり。スパイスの香りがなんともいえず、旨味、コク、玉ねぎの甘みのバランスが素晴らしくて。カレールーが美味しすぎ。 IMG_3166 野菜カレー、玄米ご飯、グリーンサラダ、香の物、本日のお茶のセットで2018年4月からは¥1,350(税込)。

何で今まで食べなかったの?と思ってしまったほど。ただ、食事中そして食後に唇が赤くなって周りがヒリヒリピリピリ。風邪をひく前によくある口の周りの乾燥かなとはじめは思ったのですが、どうも様子がおかしい。結構痛みが激しくなってきて。その後プックリ腫れてしまい、夕方には唇の周りがカサブタみたいにかたくなってしまったんです。そして1日中痛かった。翌朝も硬くなった皮膚はそのままで。もとに戻るまで1週間ぐらいかかりました。

で、原材料を再度確認したらトマトなどのナス科の野菜やじゃがいもは使っていないし、さらにたくさんの玉ねぎをじっくり炒めて甘みを出しているから、甘味料も一切つかっていないと。なんでだろう?と思いつつも、とても美味しかったのでもう一度食べてみた。

今度は食後、口がやや赤くはれてましたが前回ほどひどくなかったので大丈夫かも?!と思っていたらお尻が激しくヒリヒリ。痛すぎ。結構強烈でした。少しの唐辛子なら大丈夫な時もあったりしたのでスルーしていましたが、どうも唐辛子がだめだったみたい。

そんなカラダの反応を、根津の谷のお店の方と話していたら、レストランではこのスパイスを使ってるんですよとお店に置いてある「スリカレー」を教えてもらったんです。この「スリカレー」だけ買いにくるというお客さんもいらっしゃるほど密かに人気とか。 IMG_3264 本格的なスリランカカレーが簡単につくれるこちらのスパイスセット。 IMG_3265 チリパウダーは別になっているからとても助かる。4〜8人前ぐらいつくれます。さっそくチリパウダーを使わず自分でつくってみることに。

「スリカレー」の作り方は、結構簡単で。レシピが1枚入っているのでそれを見ながらすぐ作れます。ささっと作れるレシピと玉ねぎをじっくり炒めるレシピと2種類あって今回はじっくり作るこだわりカレーでトライしてみました。 IMG_3266 シナモン、カルダモン、クローブのアロマティックスパイスにカレーリーフ、スクリューパイン、レモングラスのカレーハーブをこんなにたっぷり使ってオイルに香りをうつしているところ。これによって薫り高い極上カレーになってしまうなんてスパイスってすごいなと感動。 IMG_3279 そしてスパイスを除いて、 IMG_3281 香りが良いオイルで40分じっくり炒めてつくった玉ねぎに IMG_3282 ターメリック、カレーパウダーを加えてさらに炒めてカレーペーストの出来上がり。レシピではトマトを入れますが私は入れずそのまま。もちろん唐辛子も入れません。

作ったカレーペーストを2つにわけて、一つはひよこ豆の缶詰、冷凍かぼちゃ、人参、セロリを入れて煮込んだカレー。もう絶品で。 IMG_3291 もう一つはキャベツ、人参、赤レンズ豆を使ったココナッツミルクのカレー。 IMG_3404 こちらはお水のかわりに大好物だけれどやや苦手なココナッツミルクを使ってみました。レシピにある水分をココナッツミルクに変えても美味しいとあったので。こちらもめちゃくちゃ美味しすぎ。しっかり煮込んだせいか食後腸が腫れたり体の反応がなくうれしい。また作ってみよう。

結局唐辛子を使わなければ全く体の反応はなく何も問題無し。唐辛子のエネルギー、やっぱり強烈なんだなぁ。エネルギーを奪われるしカラダに合わない。

唐辛子が大丈夫なら根津の谷の絶品カレーめちゃくちゃオススメです。自然食レストランは水曜、日曜はお休みですが今日は営業しています。谷根千散策がてらいかがですか?日替わり根津の谷定食のメニューは当日だいたいですが午前11時すぎごろにブログにアップされるので確認できますよ。ついでにお店で売っているスリカレーでぜひご自宅でも。

根津の谷 http://nezunoya.web.fc2.com/


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク