Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / スイーツ / ヴィーガン

未来食カフェレストランつぶつぶのほんのり甘くて美味しいミニパフェ。

甘味料をあまり受け付けなくなってきている今日この頃。

未来食カフェレストランつぶつぶのスイーツは、昔から米飴やメープルシロップなどの甘味料も使わずやさしい甘み。りんごや甘酒の甘みを使っています。

メープルシロップやココナッツシュガーなどしっかり甘いものを食べていた時期は、やや物足りなさを感じていたのを思い出す。だから、スィーツは注文しないことが多くて。でも今回はあえてどう自分が感じるかを知りたくて、ディナータイムに注文できるミニサイズのプリンミニパフェ(¥972/税込 )を食べてみました。(季節限定、ストロベリーは4/29まで) IMG_3263 季節によって内容は異なりますが、この日はストロベリーがキラキラすてきなプリンミニパフェ、とっても美味しかった。りんごのソースが自然な甘みでミニパフェをいい感じにまとめてくれる。見た目も美しく、量もちょうどいい。人によっては少なすぎと思われるかもしれませんが…。

慣れ親しんだ状況の中にいると気づかない。でも甘味料を自然に少しずつとらなくなってくると、あたりまえですがカラダもかわり味覚もかわる。現在の食スタイルになる前は乳脂肪、白砂糖たっぷりの大きなパフェが大好きだった。ヴィーガンになってもメープルシロップや米飴などたっぷり使っていたので、つぶつぶレストランのスーツを食べても、ちょっと甘みが足りない量も足りないと不足感を感じていたんですよね。この不足感、自動的に無意識に満たされないという感覚を受け取っていましたが今はそれがない。1年ほど前の私もやっぱり甘みが足りないなぁと思っていました。

常にぶれない未来色カフェレストランTUBUTUBU。美味しいミニパフェで自分の今の甘さに対する感覚が確認できますよ。2018年4月30日(月)のディナータイムは貸切のようですのでご注意を。来月のミニパフェはなんだろ。ちょっと気になる。 IMG_3190

●未来食カフェレストランTUBUTUBU
【住所】〒162-0851 東京都新宿区弁天町143-5
【電話番号】03-3203-2093
【営業時間】ランチ 11:30-13:30 / カフェ13:30-17:00(L.O.16:00) / ディナー 17:00-22:00(L.O.21:00)
【定休日】火曜日(祝日の場合営業・翌日休業)*月曜日は17時までの営業(祝日の場合22時まで営業)
【URL】http://b-tubutubu.com


Category:culture  Tag:お菓子 / グルテンフリー / スイーツ / テイクアウト / パン / フルーツ / ヴィーガン / 原宿 / 渋谷 / 砂糖不使用 / 雑貨

EARTH DAY TOKYO 2018

今日はアースデイ。地球のことを考えて行動する日。

渋谷方面に用事があり、山梨のごぱんさんも出店されると知ってちょっと寄ってみました。ちょど会場に到着した時、C.Wニコルさんも歩きでそれもお一人で到着されたところだったようで、花壇の端の方で休憩されようとしていました。

一番最初に目に入ったフェアトレードのお店、クラフトリンク。 IMG_3430 こんなハンドメイドのジュートの雑貨がたくさん並んていました。 左端にあるのは卓上ミニほうき。人気らしいです。持ち手の先端が、ライオン、しかなどの動物になっている。とてもステキ。麻で作られた動物の置物たち。ジュートのバッグなどもありました。 IMG_3486 中でもしまうまが気に入ってしまい、一つ購入。¥780(税込み)でした。手作りで一つ一つかたちも色も微妙に違うからそこがとてもいい。雑貨を買う予定ではなかったけれどハートに響いた久しぶりのかわいい雑貨。出会えてうれしい。中にワイヤーが入っているから手足を自由に曲げられるらしい。オンラインショップでも購入可能。

ごぱんさんはどこかなぁと歩いていたら、アレッポの石鹸も売っていて。 IMG_3432 お次はフィリピン産無農薬のバナナが目に入り、 IMG_3434 一本から購入可能で思わず購入。¥100(税込み)とお安い。 IMG_3437 ほどよい甘みであっさり食べられる。しつこくなくてとっても美味しい。オーガニックでも輸入バナナの独特の匂いがそういえばなかった気が…。だからとても食べやすかったなぁ。食べた後のバナナの皮はこちらへ。 IMG_3435 山羊の餌とか何かの餌として使うらしいです。バナナをほうばりながら、ごぱんさんへ到着。 IMG_3445 人だかりがなくゆっくり選べるなぁと思ったのもつかの間、いつの間にかお客さんでいっぱいになっていました。 IMG_3439 IMG_3441 お目当ての南部全粒粉100%、全粒粉と玄米の自家製酵母、塩ので作られているサワーブレッド(¥500)を一つ、久しぶりに購入できてうれしい限り。グルテンフリー、稗粉のバナナブレッド(¥400)も。 IMG_3482 大根入りの蒸しパンも買いました。全粒粉の蒸しパンおいしい。大根の味付けはねりごま、醤油、塩のみ。シンプルで絶品です。あと、玄米おかゆぱんスイートポテト桜風味も絶品でした。もちろん甘味料なしです。 IMG_3449 本当に優しい甘み、旨みでカラダが喜ぶおいしさ。 IMG_3502 サワーブレッドは、リトルクッチーナユメさんの天然酵母のカンパーニュと同じく、旨みがあって本当においしすぎ。いつも思うのですがもう一つ買えばよかったな。スライスして即冷凍。端っこを2枚食べましたが蒸してもトーストしても絶品です。

今日は、ビーガングルメ祭りもありましたが、今回そちらはパス。食べられるお店、気になるお店もあまりなかったので。また秋に行けたらいいかな。

お天気も良く、アースデイ東京2018はにぎわっていましたよ。一度、山梨のごぱんさんへ行ってみたいな。

●アースデイ東京
http://www.earthday-tokyo.org

●organic cafe ごぱん
http://www.gopan.jp/index.html

●craftlink クラフトリンク
http://www.craftlink.jp


Category:gourmet  Tag:お菓子 / スイーツ / ヴィーガン

米飴の優しい甘みが美味しいマクロビ流「素材を味わう全粒粉バー」。

お子さま向けにつくられたお菓子なのかもしれませんが…。大人のおやつにいいみたい。 IMG_3117 サンコーさんのお菓子は自然食品店や、生協でもよく見かける商品。でも、ほとんど甜菜糖やきび砂糖などの甘味料を使っているので私はいつも見て楽しむだけ。

先月根津の谷で見つけたサンコーさんの「マクロビ流 素材を味わう全粒粉バー」。2本入りで¥270(税込)お店のレジ横に置かれているのは、根津の谷のニューフェイスだったらしく。期待せず原材料を確認。 IMG_3107 うれしいことにこのクッキーの甘味料はなぜかメープルシロップに米飴。ひとつしか残っていなかったので即購入。食べてみました。これ当たり。ほどよい甘みでとっても美味しかった。

今のところ他のお店では見たことがない。どこで取り扱ってるんだろ。根津の谷でもあれっきり見かけない。焼き菓子はあんまり食べなくなってきたけれどもう一回ぐらい食べたいな。後味というか口の中にクッキーがなくなるタイミングに米あめのあめの甘みが感じられて美味しいんです。かみごたえはほどほどあるけれど、そんなに固くない。

美味しいけれど、どうもカラダが常にアップデートされているからか、変化、進化している感じで、オーガニックであろうとなかろうと、メープルシロップ、ココナッツネクター、ココナッツシュガーなど私に合うと思っていたものが合わなくなってきている。花粉症の症状とあらゆる甘味料は私の場合とても関係があるみたい。じっくり毎日観察していると自然の流れのなかでカラダの声、カラダの取り扱い方法がみえてくる。花粉症と甘味料についてはまたの機会に。

サンコーさんの「素材を味わう全粒粉バー」どこかで見つけたらまた買おう。出会わなかったら食べる必要なしということ。すべてはなりゆき。ラクだな。


Category:gourmet  Tag:おうちごはん / ヴィーガン / 野菜

生のごぼうが絶品。

昨日からマイブーム。生のごぼうが美味しすぎ。

4月に入ってますます生の野菜や果物をカラダが欲する毎日で。冷蔵庫に残っていたごぼうを初めて生で食べてみた。

これが、とっても美味しくて。鼻からふわっとかすかにぬけるごぼうの香りがまたいい感じ。ごぼうを生で食べるなんて全く想像していなかったのですが、サラダに入れてもそのまま食べても美味しい。ごぼうは炒めてきんぴらとか煮物に使うイメージでしたがこれからは「生」だなぁ。

レモンとタヒニ、いりごまと冷蔵庫にあったサニーレタスと高菜の漬物を一緒に混ぜてサラダにしてみたらこれまた絶品。ちょっと醤油をたらしても美味しかった。

ごぼうを生でそのまま食べるということは、調理が必要ないからめちゃくちゃ手軽。そして美味しくてカラダもラク。昔の私は、生のごぼうを食べても美味しく感じなかったかもしれない。今の私だからかも。カラダも私自身もどんどん変化、アップデートされている。毎日がおもしろい。


about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク