Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / スイーツ / レシピ / ヴィーガン / 愛媛

愛媛県今治市の緑豊かな玉川のマクロビオティックカフェマグノリアさんの超簡単、甘味料なしのヴィーガンパンケーキ。

一度行きたいと思いつつ。本当はまずお店に行ってから記事にしようと思っていましたが…。

愛媛県今治市のめちゃステキなマクロビオティック、カフェマグノリアさん。ブログを結構頻繁にチェックしています。

ランチメニューやスイーツメニュー、お料理教室など美味しいに違いないと思わせる記事や写真が盛りだくさん。美味しい話だけでなく日々のことであったり道具のことであったりとセンスが光る。カフェのオーナーさんやスタッフさんだけでなくお店の雰囲気、全てに優しい感じここちよさを感じます。

電子レンジの話や五行や肝臓など内臓のお話など私が好きな記事もあって。たまたまヴィーガンカフェを東京の二子玉川近くで探していたらこちらのブログを発見。初めは愛媛県今治市とは知らず「玉川」にこんなステキなカフェがあったなんてとワクワクしていました。でも住所を見てあっ!東京じゃない?!と気づいた感じでしょんぼり。実は愛媛県今治市玉川町の「玉川」だったんですね。

先日ブログを見ていたら、ヴィーガンパンケーキのレシピがのっていて。

全くつくらなくなってしまったパンケーキ。でも超簡単!美味しい!ときたら、どれどれと味も知りたくなって結局作ってみることに。もちろん鉄のフライパンで。テフロン加工のフライパンは使わない。 IMG_1940 作ってみたら、本当にこのヴィーガンパンケーキ超簡単。笑 レシピはカフェマグノリアさんのブログ、こちらを見てくださいね↓
http://www.cafe-magnolia.jp/?eid=4255

全粒薄力粉、アルミニウムフリーのベーキングパウダー、豆乳、海塩、油を混ぜるだけ。甘味料を使わないレシピは今の私にちょうどよくてうれしい限り。シュークリームの皮みたいな味?というか。個人的にシュー皮だけを食べることが昔から好きなもので。もちろんこちらのヴィーガンパンケーキはメープルシロップをつけて食べても美味しいですよ。私はそのままで結構好きかも。 IMG_1943 アルミニウムフリーのベーキングパウダーを今度減らして小さじ1か小さじ1と1/2でやってみようかなぁ。ちょっと私には多いかなと。

材料もフライパンもカフェマグノリアさんで購入可能みたいです。笑。全てにサポートしているそんなところがまたいいな。

ピンときた方はぜひブログもチェックしてみてくださいね。 来年はカフェに行きたいな。

●Magnolia(マグノリア)
【住所】〒794-0109 愛媛県今治市玉川町長谷甲1060-1
【電話番号】0898-55-4350
【E-mail】CafeMagnolia55@gmail.com
【営業時間】木~日 09:30-17:30
【定休日】火曜日・水曜日
【URL】http://www.cafe-magnolia.jp
【その他】毎週月曜料理教室


Category:culture  Tag:自然

「身軽に生きる」若い人たち。彼らも日経MJの記事もいいね。

若い人たちの意識は新しい流れにしっかりキャッチアップしてるんだな。

日経MJに若者の最近のライフスタイルがバーンと載っていて。思わず目が言ってしまった。

「在庫は持たず小容量が好き。」「平成生まれはギリギリ消費。」と見出しがあったけど、なかなかステキなことが載っていて。もちろんお金に余裕があることは悪いことではないけれどお金もエネルギーなわけで、軽やかな若者にどんどん必要な時に必要なエネルギー、お金が流れれば余分に持つ必要はないのかなと思ったり。

なぜそんなことを感じるかというと、カラダを観察していると呼吸だったり血液の循環だったり、出して食べるとか、常に流れている循環している状態がふつうというか心地よいから。もし食べたものを溜め込んでいると便秘になってお腹が張ってそれがもとで病気を引き起こすこともある。滞りがない、溜めない、常にエネルギーが循環している、これが自然の摂理なんだなと。エネルギーであるお金も同じことのようなきがする。

「食べきるのがプレッシャー」。この見出し、めちゃくちゃわかる。あまり以前のようにたくさん食べられなくなってきたそんな時期、昔の記憶のままに食料を多めにストックしていたら、ジャムやパスタ、インスタントラーメン、ストレートジュースなど賞味期限がどんどん過ぎてしまい、食べきるプレッシャーで疲れてしまったことがあったな。野菜や果物もそう。海外のように広場でマーケットがあってその日に必要な分だけ新鮮な野菜や果物を毎日気軽に買えるといいなと。究極は自給自足をついつい思い描いてしまう。

「日用品も使い切り。」「割高でも必要な分だけ。」私もようやくそうなってきた。食べ物だけでなく食のスタイルが変わっていくと、ライフスタイルも自然に変化し物欲が比べ物にならないほどなくなった。ゼロではないですよ。不必要なものまで衝動買いしないという感じ。まとめ買いが安いといっても、本当にそれを使い切れるのかといったら疑問。電池や消しゴムなどたくさん使う場合はいいですが、消しゴムはとりあえず割高でも一個あれば十分で。ホント若い人たちは自然のなりゆきかもしれないけれど軽やかでいいな。

そんな意識で私も10代20代をすごせたら、必要ないところにエネルギーを消耗せず、もっとやりたいことだったり他にエネルギーを費やせたし、きっと毎日がもっと気楽な気持ちでゆったり過ごせただろうなと。

「財布の中も最小限。」「今欲しいものを厳選。」「身軽に生きる。」すばらしい。

新聞はもう随分昔に購入はやめ全く読まない人ですが…。はじめてかも、久しぶりに新聞のニュースに興味を持ったのは。

若い人たちの感覚、意識や変化は要チェック。自然の流れがよくわかる。


Category:gourmet  Tag:おうちごはん / イタリアン / パスタ / レシピ / ヴィーガン

超簡単。パセリでつくるジェノベーゼソースでサラダパスタ

サッパリ、濃厚でうまうま。

パセリを一気に2パック買うなんて初めてかも。買いすぎたかなと思いきや全然問題なかった。もっと買ってもよかったな。笑

ホント簡単。パセリとお好みの量のにんにく、塩、油をバーミックスでペースト状にするだけ。最近バーミックスの出番も少し増えてきた。

にんにくをたくさん入れると強すぎて苦手なんですが、自分で作ると調整できるからいいですよね。油もオリーブオイルでも美味しい。今回は胡麻を煎らずに低温圧搾法で絞った色や香りがない九鬼 太白純正胡麻油を使用。

今回にんにくスライスを3枚くらい入れました。

久しぶりにパスタが食べたくなって。もちろんパスタはアサクラさんの無農薬無肥料の古代小麦ファッロ五分搗きタリアテッレを使いました。 IMG_2035 IMG_2036 アサクラさんのパスタを食べると他のメーカーのパスタを試したくても美味しすぎてついついアサクラさんを選んでしまう。

甘味料は全く使わなくなって、早2ヶ月。油も使ったり使わなかったり。体重は減ったまま変わらず。油で揚げたり炒めたりもしなくなってしまいましたが、油に熱を加えない方がカラダは楽みたい。

で、パセリのジェノベーゼソースをつくったら、ゆでたてのパスタとフレッシュな水菜を合わせてサラダパスタにしてみたらめちゃ美味しくて。 IMG_1990 さらに粉末コリアンダーとハーブ塩をササッとふりかけてできあがり。梅酢たまねぎも少し入れると美味しかったな。

コリアンダー、先月からサラダにパスタにご飯にふりかけまくってるかも。何だか美味しい。

分量などレシピなしの直観で作るお料理教室でおしえてもらったものなんですが、とても私には合っていて、自分好みにできて応用しやすい。あ、粉末のコリアンダーやハーブ塩、水菜やパスタにからめるなどは私のアレンジです。


Category:culture  Tag:坂本龍一 / 映画 / 音楽

Ryuichi Sakamoto: CODA

東京・角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国映画館で上映中の世界的音楽家、坂本龍一さんのドキュメンタリー映画、「Ryuichi Sakamoto: CODA」。3.11、原発、9.11、坂本さんの闘病の記録や日常、音楽制作の過程であったり、そして今までつくられたたくさんの音楽も映像とともに聞くことができてとてもよかった。

東日本大震災で津波にのまれた学校のグランドピアノを弾く坂本さんが、その音に違和感を感じるというよりはとても自然な音と感じるとおっしゃっていて。私もそう思いました。全く嫌な音とは思えなかった。

映画の中で、ピアノも元々は自然の中にあった木を何層にも重ねて長い時間をかけて鋳型にはめ込む。ピアノの音も人間が人工的に作り上げた音。人間から見れば調律され整えられた音がピアノの自然な音ではあるけれど、自然から見たらそうではない。調律せずに狂っていくピアノの音こそ本来の自然の音であり、木が自然の姿、音に戻ろうとしているわけでとそんな話が印象的でした。

調律された音がよくないとか、どちらが悪いとか良いとかではなく両方が存在するという意味でその二つの視点が面白い。

北極圏で氷の解ける音を採集したり、森の中を歩きまわりたくさんの自然な環境音を集めたり。その集めた音、素材を坂本さんが組み合わせて重ねていく。

これってお料理でもデザインでも何でも通じるプロセスで。素材を選んで編集していく作業、この過程は同じものはなくアイディアは無限大で。楽しくワクワクするからなんでもつくるって楽しい。

坂本龍一さんの音楽はなぜか昔から好き。本当に心地よい。心にグッとくる。asyncにも収録されている坂本龍一さん自身が作曲されたコラール、映画の中でも聞けるのですがめちゃくちゃいい。バッハを思い出す。

映画館は全く混んでいなかったけれど若い人や外国の方、興味のある方は見にきていました。ピンときた方はぜひ。

来年1月27日(土)から坂本龍一さんが今年の4月にニューヨークのパークアベニュー・アーモリーで行った「async」のライブの模様を収めた「坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async」が東京・角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国映画館で上映されるようです。

●「Ryuichi Sakamoto: CODA」公式サイト
http://ryuichisakamoto-coda.com


Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / テイクアウト / ヴィーガン / 新宿 / 野菜

西新宿のサラダデリ MARGO(マルゴ)でたっぷり満腹サラダランチ。

こんなにサラダをたっぷり食べられるお店があるなんて今の私にはうれしいかぎり。 IMG_1839 MARGOの名前は関わる5人(消費者、生産者、流通販売者、店、大地)が〇な関係であることを願って付けられたらしいく、サラダを通じた健全な人のつながりで、「孫」の代まで恵みを享受できる持続可能なアグリビジネスモデルを組み上げようとスタートしたらしい。

はじめはどうサラダをカスタマイズしてよいかわからず、定番メニューのスタイルサラダからベジタリアンのレギュラーサイズ(¥850/税込)を注文。 IMG_1836 ベースのリーフサラダにミックスビーンズにアボカド、水菜、人参と大根ときゅうりの三種の野菜などの20品目の野菜、豆類が入っていて、トマト ピクルス パプリカ、キノコのマリネなど食べられないものは抜いてもらいました。それでも山盛りのサラダでしたよ。

いろいろあるドレッシングの中で、白砂糖や動物性由来のものが入っていないドレッシングが一つありバルサミコをチョイス。バルサミコは玉ねぎ、ブラックオリーブ、ケイパー、バルサミコ酢、リンゴ酢、エキストラバージンオリーブオイルで作られている。ちなみにマルゴのドレッシングは無添加 非加熱。

サラダを挟んで食べられる全粒粉のピタパンはサービスでついてくる。砂糖入りとのことで残念ですがピタパン抜きで注文。

さらにサラダにかける無料トッピングが充実していて。今回は岩塩 乾燥バジル ごまを選びましたが、これをトッピングするとさらにサラダが美味しくなる。他にはフライドオニオン、唐辛子、鰹節などがあったかな。

こちらはオリジナルサラダ(¥800/税込)を注文したときのもの。ベースのリーフサラダ、有料トッピング、ドレッシング、無料トッピングを選んで出来上がり。 IMG_1846 ベースのリーフサラダMサイズ(¥600/税込)に有料トッピング、スタンダード(¥50/税込)とプレミアム(¥100/税込)の中からアボカド、ルッコラ、人参と大根ときゅうりの三種の野菜にパクチーをチョイス。ベースのリーフサラダのLサイズは¥900(税込)。 IMG_1844 大きなボールで野菜とバルサミコのドレッシングをしっかり混ぜてくれるからドレッシングが均等にサラダにからんでとても美味しい。

お腹もいっぱい、カラダもココロも満たされる。夕方までお腹は空かなかった。発芽玄米や雑穀おにぎりもレジ横にサイドメニューとしてありましたよ。

テイクアウトももちろん可能。ラージサイズをテイクアウトで注文してお昼と夜、2回に分けて食べる方もいるらしい。

サラダメインの食事、今の私にはとっても助かる。男性女性問わずたくさんのお客さんでにぎわっていました。結構人気みたい。

●サラダデリ MARGO(マルゴ)
http://margo.co.jp


Category:health  Tag:むくみ / ナチュラルハイジーン / ヴィーガン / 健康 / 自然

油と甘味料を一切摂らなかったら翌日一気に下半身のむくみが解消。さらに体重2kg減というおまけつき

下半身の変化に驚き。ナチュラルハイジーン的には当たり前の自然現象なのかもしれませんが…。「私の場合」と言っておいた方がいいですね。同じようなことを実践したとしてもカラダはみんな違うしどのようなプロセスで今まで過ごしてきたかによっても全く同じ結果にはならないかもしれないので。

ただ一つ一貫して実践してきたことは常に体の声に耳を傾けるということ。

ずっと前から体が訴えていたにもかかわらずなかなか受け入れなかった私。油と甘味料を摂取しない方が調子がよくカラダが喜ぶのである日、米飴だろうがメープルシロップだろうがあらゆる甘味料と植物性油を抜いてみた。

そうしたら、アレ??? 何だか下半身がよみがえったような感じで。穀物菜食になってカラダの具合が悪かったわけではなかったけれど、たった一日で翌朝はカラダが特におなか周りと下半身が軽すぎて今まで以上にめちゃくちゃ調子がいい。

10年以上、ヴィーガン、アルコール、合わない甘味料、カフェインなしを実践して、いつのまにか原因不明のカラダの症状や痛みは消えました。はじめマクロビオティックの料理教室に通ったこともありましたが、どうも陰陽と頭で考えることが苦手で続かず。動物性食材を一切やめただけでなくその時は甘味料は米飴も食べず基本的に玄米。2年目くらいからパンやパスタをたまに食べたとしても全粒粉。ずいぶん痩せました。

その後、私にとって心地よかった穀物菜食を引き続き実践しながら、お菓子作りには甘味料としてメープルシロップ、バターのかわりになたね油やごま油をしっかりたくさん使用。揚げ物や炒め物でやはりごま油やオリーブオイルをたっぷり使い、ヴィーガン仕様の油で揚げたおかきや野菜チップスのスナック菓子なども食べたいだけ食べていました。パンは全粒粉よりも軽い薄力粉。パンには発酵豆乳マーガリンやぶどう果汁で甘みをつけたジャム。そしてインスタントラーメンに冷やし中華と加工食品もたくさんお世話になり、紙パックやペットボトルの果汁100%ジュースもガブガブ飲んでいた。

すっかり体重はもとにもどり、やや以前よりも増えたかなといった状態。ただそのうちに食べる量が少しずつ減っていき、いつの間にかたくさん甘いものを欲することがなくなってしまった。

砂糖中毒から抜けだしたと思いきや、最近は揚げ物、スナック菓子中毒も抜けてきた。無理に抜け出すというよりも食べられなくなってきたという感じです。で、甘味料、油を取らない方がよりカラダが心地よく感じられるようになってきて。

これも全てカラダの声に従ってなりゆきにおまかせ。甘味料と油を摂取しないなんて全く想像すらしていなかったし、たぶん私の場合、いきなり動物性食材と一緒に甘味料と油をいきなり食べなくなるなんて無理だったな。なんせ揚げ物やお菓子、スナック菓子が大好物なもので。

実は甘味料と油をやめただけではなく、こちらもなりゆきですが思い出したように以前から聞いていた食べ合わせ、食べる時間も一緒に実践。ついでによく食べるインスタントラーメンなど工場でつくられた加工品もやめてみた。

タイミングが良かったのか、ものすごく私のカラダには気持ち良いぐらいピタッときてしまい。食べ合わせは、豆とご飯は一緒に食べず、野菜とご飯、野菜とパン、豆と野菜の組み合わせ。そして果物は必ず単独で食べる。朝はもともと食べないので何か食べたい時は果物、ランチは果物か野菜、夜はパンか玄米か麺類と野菜。そうそう、もともと食事中は飲み物を欲しがらない人なので気にしていなかったのですが、食前、食事中、食後は飲み物を飲まない方が薄まらず消化がいいみたい。

特に煮野菜よりも生野菜が美味しくて。 生野菜とご飯のサラダ、生野菜と豆のサラダなど、嫌いではないですが、どうしても選択肢がないときにしか選ばないメニュー。でもこの組み合わせがどうも最近口に合う。だからローフードレシピなどをちょっとネットで検索して参考にしてみたり。あとはスパイスやハーブを使ったり、酸味が苦手だった記憶があるライ麦パンもめちゃくちゃ美味しく感じる。

と、こんな感じでまず1日実践したんです。翌朝見るからに下半身がいつもよりほっそり。一気にカラダ全体のむくみとともに下半身の重たい感じがなくなりました。右足甲が毎晩プックリふくれていた、むくんでいたところがあったのですが、それもペタンコになりなくなってしまった。痛くもかゆくもなかったからずっとほったらかしにしていましたが…。

一日中デスクワークでも全体的に筋肉がやわらかい。特にふくらはぎ。一日中歩き回ってもむくみはそんなに出てこない。ちょうど春から夏にかけて、油で揚げたおかきや野菜チップス、揚げ物を少し食べすぎたりするとふくらはぎや足裏のこむらがえりが頻繁に起こる時期があって。今思うと肝臓が油や甘味料をもうやめてくれー!と叫んでいたのかなと思ったり。肝臓と筋肉は繋がっていると聞いてはいたけれど、本当にそうだなぁと実感。

むくみが1日でなくなっただけでなく体重も1日で2kg減。カラダが本来の姿にもどり機能しスムーズな代謝ができれば、水分が自然に外へ出てむくみがなくなるんだなぁと。その外に出た水分量がちょうど減った分の2kgということみたい。

そういえば以前、リフレクソロジーをしてもらった後にむくみがなくなって一気に足が細くなったことがあり、太っているわけではなくむくんでいるだけだよと言われたことがあったな。

私は特にローフード、ナチュラルハイジーンのことはよく知らないのですが、ナチュラルハイジーンをネットで検索するとどうも食べ合わせや食べる時間、油、甘味料などについて書かれていることが今の私のカラダの声と少し重なるような気がする。

なんだかものすごい変化、自然の流れにビックリ。

そんなにめちゃくちゃ若いわけでもないのに、こんなに下半身が軽く見た目もスッキリしてしまうなんてやっぱり驚く。着られなくなった洋服を袋に詰めていたのですがこれも着られる、あれも着られるとまたこの冬も着ることに。

ふくらはぎが痛くてきついなぁと思っていたロングブーツ、レインブーツはスルっと入ってしまった。

無理して頑張るのではなく、その人にとっての絶妙なタイミング、流れってあるんだなぁと。体重は特に気にしていなかったのですが約1カ月経過して4〜5kgもいつの間にか自然に減っている。ジム通いもやめてしまったし、なるべく歩くようにはしていますがこれといった運動もしていない。もちろんマッサージや整体にも全く行っていない。カラダの内側がスムーズに機能していればきちんとデトックスしてくれるんだなぁと一人で感動。そしてワクワク。

カフェイン、アルコール、ナス科の野菜なしのヴィーガンという食スタイルだけでなく、油と甘味料なしの食生活が今の私にはピッタリみたい。このブログのヴィーガンライフというタイトルもちょっと合わなくなってくるかな。

腸内洗浄をここ数年ほぼ毎日やっていたのですが、それなしでも1日に2回便通があった日もあったので本当に驚いた。1日3食食べる人の場合、便秘でない人は3回便通があるらしく、それ以外は本来便秘らしい。

ヴィーガンになって数年経った時に、ヴィーガンの友人が岩塩とレモンのみでサラダを食べていたのを思い出しました。私ももちろん美味しくいただきましたが、やや物足りないと感じていた自分が当時いたんです。でも今はそんな友人に近づいているのがおもしろいなと。

ちなみに、現在はしょっぱいものも、甘いものもおやつはほぼなし。食べない方がカラダが楽だから。どうしても何か食べたい時はフルーツか野菜スティックに味噌ディップ。うさぎさんみたいに人参や大根、キャベツといった生野菜が美味しく感じる。今豆味噌をつけて食べるのがマイブーム。めちゃうま。
r 試しにやってみましたが、やっぱり揚げ物、揚げおかき、甘味料と油たっぷりの焼き菓子などを食べると、明らかに翌日のカラダの状態が違う。背中が重くだるくなり下半身も重くむくみがでる。デスクワーク後はふくらはぎが重くかたくなって張ってしまう。

この1ヶ月の甘味料と油抜きの食生活でもう1つ今さらながら気づいたことがあって。工場で大量生産されるような食品、例えばインスタントラーメンのような加工品は食べても食べてもお腹がいっぱいにならないんだなぁということ。今まで普通に食べていましたが、これには今さらですが超ビックリ。

いくらオーガニックで動物性食材を使っていなくても、工場で大量生産されたものは見えないエネルギー、生命力は落ちているんだなと。太陽や大地、自然のエネルギーをチャージした新鮮な素材をそのままいただいたり、大量生産でなく手を使って料理する、手作りが自然の一部であるカラダにとってはごちそうなんだなと感じました。肉体も物質だけでできているわけではなくエネルギーであるわけで、料理する人によって味、美味しさも変わってくる。
r 食べ物を物として加工しカラダに入れたとしても見た目は食べていることに変わりはありませんが、カラダは満たされない、エネルギーをチャージできていないそう感じたんですよね。結局、いくら量を食べても生命エネルギーをチャージできない、満たされないからお腹がいっぱいにならない。だからもっと食べたいと必要以上に食べてしまう。

1カ月ぶりにストックのインスタントラーメンを食べてあっと気づかされました。満たされない。お腹がいっぱいにならない。しっかり量を食べているにもかかわらず。 生命力、エネルギーってこういうことかと。 大量生産、工場でつくるとはこういうことなのかと感じた瞬間でもありました。

使いさしのオリーブオイルや発酵豆乳マーガリンがまだ残っていたのでちょっとライ麦パンに塗ったり、サラダに残っているオリーブオイルを少しかけたりはしましたが、それくらいなら今のところカラダは代謝できるみたいです。ただ炒めたり油で揚げたりということは一切しなくなりました。サラダも基本オイルなし。

ますますおもしろくなってきた。 たくさん遠まわりをしているけれど、食べたいだけ食べてようやく気づく私は、十分味わっているからもっと食べたかったとか不満もないし不足感もない。日々実践、観察の毎日です。


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク