Category:gourmet  Tag:ヴィーガン / / 谷中

谷中銀座、和栗やさんの「岩間の焼き栗」。

栗の季節。ここのところ甘味料がどうも体に合わず素材そのままの甘みがちょうどいい。ちょっと以前から気になっていた谷中の和栗やさんへ。

お店の前にはお客さんがたくさん待っていて。和栗のモンブランやらスイーツがとても人気らしい。スイーツには普通に乳製品やお砂糖が入っているので店頭で売っていた岩間の焼き栗1袋150g(¥950/税込)を買ってみた。 IMG_1535 収穫後の薬品処理を一切行っていない無燻蒸の栗を使っている和栗やさん。茨城県岩間地方の栗を使用。穫れたての栗を約一ヶ月以上氷温で貯蔵し、澱粉質を糖化、自然な甘みを引き出した低温熟成栗を高圧窯で超高温で焼き上げる。 IMG_1538 この岩間の焼き栗は、9月下旬から11月下旬頃までの期間限定で店頭販売のみ。 IMG_1542 無農薬、無肥料というわけではない割にはちょっとお値段が高いなというのが私の感想。 普通に美味しかったけれど絶品とまではいかないかな。でも自然の甘みはやさしくて美味しかったな。 IMG_1541 ●和栗や
【住所】〒110-0001 東京都台東区谷中3-9-14(谷中銀座商店街内)
【電話番号】03-5834-2243
【営業時間】11:00-19:00(LO 18:30)原料が無くなり次第終了
【定休日】春期、秋期の繁忙期は休み無。それ以外の季節は月曜日が定休日。
【URL】http://waguriya.com/tokyo.html


Category:gourmet  Tag:パン / ヴィーガン / 富ヶ谷

黒いパンが美味。ルヴァンさんのやさしい天然酵母パンがおすすめです。

Levain(ルヴァン)富ヶ谷店に久しぶりに行ってきましたが、約10年前マクロビオティックを学んだりヴィーガンになりたてのころよく行っていたパン屋さん。量り売りが面白い。

「ルヴァン」はフランス語で「天然酵母」。1984年創業、国産の麦にこだわった「天然酵母」の老舗パン屋さん。オーナーの甲田さんはお会いしたことはないですが素敵な方で。

千代田線、代々木上原駅で降りて歩いて行くと井の頭通り沿いの角にルヴァンさん。代々木公園駅からも行けますよ。焼きたてはやっぱりなんともいえぬいい香り。

先月末から、カラダの変化に耳を傾けていろいろ実践中。米飴もココナッツシュガーもメープルシロップを体に入れるとどうも体調が良くないのでここのところ使っておらず、油もサラダにかけたい時にかけるぐらいであまり使わないようになってきました。

いつも通りご飯も玄米、パンやパスタもできるだけ黒いものを。やっぱりその方が食べすぎないし腸の状態や体調もよくって。

そんな中、今回は全粒粉やライ麦を使ったルヴァンさんのパンを買いたくて。 IMG_1600 たくさんあるある。 IMG_1604 乳製品やバター、甜菜糖、はちみつなどを使用しているものもあるある。食べられないけれどおいしそ。 IMG_1602 撮影可だったのでパシャパシャ撮ってしまいました。 IMG_1601 パンをあれやこれやと見ていたら、アフロヘアの稲垣えみ子さんがお店に来られ奥へ入っていかれました。

ルヴァンさんのたくさんある美味しそうなパンの中から3種類をチョイス。 パンも毎日食べたいと思わなくなってきていてちょうど冷凍庫にパンはなく、白いパンはキッチンから消え、そのかわりお久しぶりのルヴァンさんのパンが登場するなんてつい先日までは全く想像できませんでした。 IMG_1614 まず一つ目は、全粒粉が入った「ピタパン(¥180/税抜)」。サラダを挟んで食べられるから好き。 IMG_1599 そして、お次はルヴァンで人気の「カンパーニュ317(¥156/税抜)」1/4ぐらいだったかな。全粒粉は25%。317とはオーナー甲田さんのお誕生日らしいですよ。素材は国産の麦と塩と水のみ。酵母になる麦は全粒粉を使っており、麦は国産にこだわり石臼で粉にしているらしい。久しぶりに食べましたが外側はパリッと、噛めば噛むほど旨味を感じられて美味しいなぁ。 IMG_1603 ちょっとドキドキしながら酸味がどうかなと思いながら一番食べたかった「パン ド セーグル 50(¥420/税抜)」。国内産のライ麦を50%使用しているなんてなんと贅沢なパン。食べきれないと困るので小さい方を買いました。右横にある「小豆とバターのサンド」めちゃひかれる〜。 IMG_1605 このライ麦パン、思いの外苦手なはずの酸味がきつくなく、逆に酸味を美味しく感じてしまった。密度の高い硬めのパンというイメージですが、そんなに固くなく食べやすい。私の味覚もさらに変化しているなぁと実感。今さらかもしれませんが、ライ麦パンは栄養面だけでなく女性にはうれしいパンなんですよ。以前の私は一番避けていたパンだったかも。ライ麦パンには水溶性・不溶性の食物繊維や、ビタミンB1とビタミンB2も豊富なので、腸内環境を整えや皮膚や粘膜を保護してくれる。さらにむくみ予防に必要なカリウムも。低GI値なので血糖値の上昇も緩やかと素晴らしい。もちろん良いからといって何でも食べすぎはNGですが、さすがにライ麦パンはたくさん食べたいと思うようなパンではない気がします。個人的には薄切り1〜2枚とサラダで十分といった感じ。 IMG_1617 こんなおまけもついてきた。レーズン入りの食パン。 IMG_1606 我慢できず、思わずすぐ食べてしまいましたが…。やっぱり美味しい。

「ルヴァン」のパンをすぐ味わいたい場合は、お隣のカフェ「ル・シァレ(Le Chalet)」へそうぞ。甲田さんの故郷である長野県上田市には、ルヴァン信州上田店もありますよ。御茶ノ水GAIAさんは毎週土曜日の午後あたりに入荷されているようです。  

●Levain(ルヴァン)富ヶ谷店
【住所】〒151-0063 東京都渋谷区富ケ谷2-43-13 GSハイム代々木八幡1F
【電話番号】03-3468-9669
【営業時間】火~土 8:00-19:30 / 日・祝 8:00-18:00
【定休日】月曜日・第2火曜日
【ブログ】http://levain317.jugem.jp
【FB】https://ja-jp.facebook.com/ルヴァン-391056260918204/


Category:health  Tag:オーラルケア / ヴィーガン / 健康 /

ヴィーガンになって10年以上、気になる歯の状態は?

私の場合、今のところ問題なく、口内環境はおかげさまでずっと良好で、痛くなることもないし出血もなく虫歯ゼロ。一度子供の頃に虫歯になって1本処置してもらっていますがそれは生え変わってしまったので本当に虫歯なし。

大きな声では言えませんが、子供の頃から歯磨きはサボリ気味…。今も食後に必ず歯磨きをするといった習慣はまるでなし。ヴィーガンになるとそんなに歯も汚れない気がするんです。もちろん脂っこいものを食べるとちょっと歯の表面がザラつく時があるので、念入りにする時はそんな時くらいですかね。

朝起た後と寝る前に一応軽く歯磨きをするようにはしていますが、ブクブクと口をゆすいで歯と歯の間の食べかすを取るだけの時も結構ある。私の場合メンテナンスもかなりテキトウ。

実は小学校の歯科検診で、「コーヒー飲んでる?」と毎回お医者さんに聞かれるくらい「ヤニ」が多かった私。今想像するに食べる必要のないもの、例えば動物性由来のものや砂糖など、自分の体に合っていないものを常識どおりに食べていたために内臓はダメージを受け、「ヤニ」というゴミがたくさんついたんじゃないかなと思う。なぜなら今はそんな「ヤニ」も全くないので。もちろんその当時コーヒーなんて飲んでないですよ。

青春のシンボルというわれる「ニキビ」も、合わないもの、食べる必要のないものを食べなければおそらく出ないだろうな、皮膚から毒素を出す必要がないよなぁと今では思う。私はしっかり顔じゅうが「ニキビ」だらけになった経験があるので…。大人になってからもお肉よりもお魚の方がヘルシーかと思い込んで食べていましたが、お魚といっても私のカラダには合っておらずやはり動物性由来の食材であるわけで。そして毎春、顎に大量の吹き出物がドバッと出ていたんですよ。怖いぐらい。私よりも周囲が心配するほどのひどい状態だったなと今思い出しました。今は吹き出物はゼロではないですがほぼ出ないです。というより出る必要がないという感じですかね。

年に一回あるかないかぐらいですが、疲れているのに食べ過ぎて…という状態の時、胃や膵臓に対応した歯、歯茎のあたりに違和感というか噛むと少し痛いかな?と思うことが。でもそれは虫歯でも何でもなく神経の痛みで、食べ過ぎずプチ断食をしたりしてゆっくり休養すると痛みは消える。

個人的にはホワイトニングもあまり興味がなく。真っ白い歯ではないですが…でも黒くもない。そんなに自分の歯の色をなんとかしたいとは思わないし、なぜそんなに白くしたいのかがよく分からない。自分にちょうどよい色だと思っていて、逆に白すぎると人工的で自分の顔色に合わず違和感を感じてしまう。

ずいぶん前に、虫歯、歯や歯茎の状態も全て内臓からきているということを教えてもらっていたけれど、ようやく体験でわかってきました。高齢の両親を観察していても歯茎がいつの間にかしっかりしてきているんです。何回も言いますが高齢にもかかわらず。年齢って関係ないんだとつくづく思う。ヴィーガンになる前の話ですが母の場合、以前、歯茎と歯の間のポケットが随分深くなってしまってると歯医者さんに何度も言われ、もう元どおりにはならないから歯磨きをしっかりしてくださいとのことでした。しかし現在はというと、歯と歯茎の間にできた深いポケットはないし、虫歯もなく歯槽のう漏でもない。そう、全く問題ないようで。

歯のトラブルが各臓器に影響を及ぼすというよりは、内臓の状態によってその内臓につながっているそれぞれの歯や歯茎に影響が出る。内臓は食べ物でダメージを受けるだけでなく、人間の感情にも左右される。人間の体も内臓も単純に物質と思いがちですが実際はエネルギーでできていて。食べ物のエネルギー、強烈な悲しみや、強烈な喜びというエネルギーによっても内臓は常に影響を受け、それが歯や歯茎などいろいろな体の表面で表現されるということなんですよね。カラダも自然もすべてエネルギーレベルでつながっていることがよく分かるし興味深い。

最愛のパートナーを亡くされた方が一気に虫歯になってしまうということもあるらしい。食べ物だけでなく感情もホントあなどれない。

そうそう、口臭もない。もちろん私の両親も。ちょっと気になるという時は、何かに焦って勝手にストレスを感じている時に胃から出てくるにおいだったり、あと食べすぎた時ぐらいですかね。ほとんど口臭はない。だからガムとかそういうものも噛む必要もなくなってくるし、ブレスケアも必要なくなってくる。

とにかく食生活、睡眠など自分にあったライフスタイルが本当に大切だなと思う毎日。私の場合完全に動物性由来のものが食べられずヴィーガンですが歯に何も問題が起こらなくなってきた。もちろん、砂糖やカフェイン、アルコールと歯や口内環境のおおもとである内臓に負担をかけるような自分に合わないライフスタイルは厳禁です。カラダが何を言っているのかは自分にしか分からないし自分でしか気付けない。

そういえば日本の歯医者さんにここ10年以上行っていない。特に問題がなかったので最近もそう。そろそろ自然派の歯医者さんを見つけたら、クリーニングに行ってみようかな。


Category:gourmet  Tag:ヴィーガン / 表参道 / 食品

トゥルーベリーさんのヴィーガンパルメザンチーズ

たまたま用事があって表参道へ行った時、汗ばむ陽気で喉が渇き久しぶりにスムージーを飲もうと思ってトゥルーベリーさんへ。 IMG_1464 数人のお客さんが団体で注文されていて、時間がかかりそうだなと思いレジ横の冷ケースやロースイーツなどを見ていたらトゥルーベリーオリジナルのヴィーガンパルメザンチーズを発見。スムージーはすっかり忘れてヴィーガンパルメザンチーズ(¥540/税込)をチョイス。

原材料もオイルを使わず生カシューナッツとニュートリショナルイースト、ガーリックパウダー、塩。これ美味しい。 IMG_1509 もう一つほしいなと思って買いに行ったらその日はすでに完売していてありませんでした。手作りですからいつもあるわけではないのでタイミングが良ければ出会えるかも。

個人的にはサラダにかけるのがオススメ。チーズっぽい味というよりは、これをふりかけることによってコクとガーリックの風味がプラスされ美味しさがアップ。実はそのまま食べても美味〜。お店は表参道店の他に広尾、中目黒店もありますよ。

●Trueberry(トゥルーベリー)表参道店
【住所】〒107-0061 東京都港区北青山3-10-25
【電話番号】03-6427-7088
【営業時間】10:30-18:00
【定休日】不定休
【URL】http://trueberry.jp


Category:gourmet  Tag:おにぎり / お菓子 / イベント / スイーツ / パン / ヴィーガン

東京ビーガングルメ祭り2017Autumn

10月1日(日)に木場公園で開催された東京ビーガングルメ祭り。東京での開催3回目。毎回お天気がよく肌がヒリヒリするぐら日焼けしてしまって。

この度の私のお目当てはシンプルに2つのお店のみ。実は最近カラダの変化がいろいろあって…というよりは、ようやく私自身がカラダの声を受け止める気になったという方が正しい説明かも。

お目当てのお店の一つ目は山梨の「ごぱん」さん。山梨のお店にも行ってみたいなと思いつつまだ一度も行ったことがない。やはりファンが多いので朝から並んでいましたよ。 IMG_1485 ヴィーガン、穀物菜食のスタイルになって10年以上経ちますが、はじめのころに「ごぱん」さんのパンをよく代々木上原や御茶ノ水のGAIAさんで購入していました。現在では取り扱いはないと思います、おそらく。甘味料を使っておらず全粒粉を使用し噛めば噛むほど旨みを感じられるご飯みたいな「ごぱん」さんのパンがとても美味しくて。

今ではすっかり全粒粉のことなど忘れて薄力粉や甘味料もメープルシロップ、ココナッツシュガー、米飴と好きなように好きなだけ食べていましたが、先月ようやく体からのサインをしっかり受け取めるきっかけがあり、また初心にかえるような流れになってきました。というのは、もともと体質的に白米を食べると便秘になって全くデトックスができなくなってしまう人なので、ご飯は玄米の方があっている。食べること、インプットの方はかなり意識していましたがアウトプット、デトックスの方はすっかり軽く見ていて。私の場合、溜め込むことが得意なのでこちらもテコ入れが必要みたい。現在いろいろ実践中。やればいいのにすっかり忘れてやっていなかった。

ヴィーガン、穀物菜食になりたての頃は、ある意味頑張って意識して食べないように実践していましたが、今回はどうも食べたくてもカラダが必要ないと言っているようで…。今だけなのかもしれませんが。

基本的に美味しいものだけでなく甘いものもしょっぱいものも何でも食べることが大好きな私。食べる必要がなくなってくるのはよりシンプルになって少しの量でパフォーマンスもGoodなら経済的だし精神的にも楽でうれしい反面、やや寂しい気持ちもちょっぴりあったり。

世の中はグルテンフリーが流行っていますが、私の場合、精製されている白米の米粉は腸が腫れてしまって調子がやっぱりよくないんです。玄米粉だったり雑穀の粉だとそんなことはないのですが…。

それと甘味料。メープルシロップでもココナッツシュガーでも米飴でも喉がイガイガしたり腫れたりしないから気にせず使っていました。もちろんお菓子やスイーツも買っていました。でも最近カラダがいらないと言っているみたいで、食べたいと思わなくなってきて。いやいや正確に言うと最近ではないんですよね、もう一年前、去年からずっとカラダはいらないと言っていました。薄々感じてはいたものの今まで食べてたんだから今まで通り食べれるでしょ!と勝手に頭でつじつまを合わせていた感じです。

オーガニックであろうとなかろうとメープルシロップや米飴、ココナッツシュガーでさえも体に入れると重いというか体調がどうもよろしくない。抵抗力がなくなって風邪をひきやすくなったとか、歯が痛いとかそういうことは全くなくていたって健康。ただ食べた後のカラダの状態がとにかく重い。そしてちょっと食べる過ぎると背中、たぶん腎臓あたりが痛くなることもある。そうなってくるとどんどん甘いものガ食べたいという気持ちが起こらなくなってきて。

それでもお菓子、スイーツは大好物だったという記憶がしっかりあるので、頭や目で美味しそうだから食べてみようといった具合で食べてはいました。このヴィーガン、穀物菜食の食生活になる前に比べたらお菓子や食事の量は相当減ったのですがさらに減らしてくれ〜!といった感じですかね。朝食も食べないからほんと消費量が少なくなってきた。

甘味料だけでなく植物性の油も同じように代謝ができないのか食べる必要がないのか食後、体が重くなったり背中が痛くなることも多々あって。ごま油、菜種油、オリープオイル、ココナッツオイル、発酵豆乳マーガリンなどなど全て。もともとココナッツオイルは私の体に合わないようである量を超えると腸や内臓がおかしくなる。あとスナック菓子やおかきなどに入っている植物油。私の場合はそれらもこれから気をつけた方がいいみたい。

という個人的なカラダの変化があって今回は2つのお店をセレクト。いろいろ買わなくて済むからシンプルで楽といえば楽かな。用事もあったので買い物をしてすぐ移動。

で何を買ったかというと「ごぱん」さんで購入したのはこちら。 IMG_1495 「ごぱん」さんは無農薬、低農薬の有機栽培でつくられた玄米や野菜、海藻、自然塩、天然醸造の味噌や醤油、梅酢などを使っていて、もちろん動物性の乳製品や卵も不使用。さらに甘味料は砂糖、メープルシロップ、てんさい糖なども入っていないんです。そこがすごい。甘みといってもリンゴジュースだったりと自然の甘みで助かります。腑に落ちるまで時間はかかったけれどこういう甘みの方が私もカラダも実は好き。

今までの私だったらすぐに色々味見をしたくてパクパク食べてしまいそうですが、今回はほとんどすべて冷凍しました。

このりんごまるごと包み焼きがめちゃ美味しくて。 IMG_1482 ひめりんごがまるごと入っていてりんごの甘みで十分満足。 IMG_1498 玄米サワードゥライトプレーンというこの食パン、とっても美味しかったな。もう一つ買えばよかった。冷凍後、蒸してもトーストしてもどちらでも美味しい。和食にも合うんです。煮物とか。オリーブオイルと塩よりも、煮物や煮物の煮汁と一緒に食べるとめちゃ美味しかった。 IMG_1480 グルテンフリーのバナナケーキ。 IMG_1484 「ごぱん」さんのグルテンフリーは米粉だけでなくひえ粉を使っていたりするので美味しく食べられました。ひえ粉でつくるとホロっとなめらかに溶けていくような食感でそれがまたいい感じ。 IMG_1500 バナナの自然の甘みのみですがそれが丁度いい甘さ。スライスして冷凍後は、解凍して冷たいまま食べるのが個人的にはオススメ。小さいけれど1〜2枚で十分満足。 IMG_1502 あえて甘味料が入っていない方が美味しいなと心から思える今日このごろ。こんな私は昔の私から見たら信じられませんが…。

二つ目のお店は信州の「マクロビオティックキッチン gen」さん。 IMG_1491 こちらはマクロビオティックを基本として、自分の食べるもの、使うもの、住むところ、をできる限り自分達の手でつくっています。作物もつくっていて、もちろん特別な方法ではなく昔はみんなやっていた自然農法。大自然と共生しながら、現代の「資本主義経済」に委ねず、必要のない「長いもの」には巻かれず、表面上ではなく、何に対しても「真実はどうなのか」見極める努力をしていくというスタンス。これを読むとやっぱりその生き方に惚れてしまう。詳しくはHPを見てみてください。 IMG_1486 甘味料に関しても甘酒を使ったりいろいろ考えてつくられています。揚げ物も今回たくさんあってものすごくひかれましたが、大好きな揚げ物はちょっとお休みして「8年梅干しの玄米のおにぎり」と「中華まん」をチョイス。 IMG_1489IMG_1487 IMG_1490 「中華まん」は蒸したてで美味しかったな。 IMG_1487 玄米おにぎりはラップに包まれた海苔もついていて。8年ものの梅干しとのことでしたが、東城百合子さんの4年梅干しを知っているせいかちょっと塩気がきつくマイルドではなかったのでうーんという感じでした。でも玄米ご飯はとっても美味しかったですよ。 IMG_1493 朝一番からたくさんのお客さんで賑わっていた東京ヴィーガングルメ祭り。京都のカカオマジックさんやアインソフさん、T'sレストランさんのオーナーさんのトークショーもありイベントも盛りだくさんだったようです。

ずっと変わらず丁寧につくり続けてくださる「ごぱん」さんや「マクロビオティックキッチン gen」さんに感謝。私のDNAが喜ぶ素朴でやさしい味が本当にうれしい。東京ビーガングルメ祭り次回も楽しみだな。

そうそう今月は代々木公園で「10/21(土)22(日)東京ベジフードフェスタ2017」、「10/28(土)29(日)アースガーデン秋」とイベントが目白押し!「ごぱん」さんのフェイスブックによるとアースガーデンにもまた出店されるようです。玄米サワードゥライトプレーン買えるかな。 IMG_1479 ●organic cafe ごぱん
http://www.gopan.jp/index.html

●マクロビオティックキッチン「gen」
http://gennosato.jp/?page_id=13

●東京・名古屋・京都ビーガングルメ祭り運営事務局
http://vegefes.com


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク