Category:gourmet  Tag:お菓子 / スイーツ / パティスリー・ユイ / ヴィーガン / 銀座

ヴィーガンガレットクッキー

絶品!パティスリー・ユイさんの自然栽培のさつまいも粉末を使ったガレットクッキー。クッキーの厚さといい「サクッ」と「ザクッ」の間のような食感が私好み。めちゃ美味しい! IMG_6232 原材料は小麦粉、アーモンドパウダー、さつまいもパウダー、メープルシロップ、菜種油、ココナッツオイル、ベーキングパウダー、天日塩の3枚入りで380円。こちらは通販用らしいですが銀座の店舗で売られていてラッキ〜。超オススメです。


Category:health  Tag:ヴィーガン / 健康 / 和食 / 外食 / 砂糖

白砂糖とカラダの反応

ヴィーガン仲間と一緒に普茶料理の梵(ぼん)へ。普茶料理は精進料理の1つらしい。 お料理は7,000円のコースでこんな感じ。 IMG_6180 IMG_6181 IMG_6183 IMG_6184 IMG_6185 IMG_6188 IMG_6192 IMG_6190 IMG_6197 IMG_6198 おもてなしも素晴らしく、お料理は芸が細かく、盛り付けも美しい。離れのお部屋へ通され雰囲気もよく感動!でした。 IMG_6178 しかし食事をしはじめて、少しずつ喉の腫れと痒みが出て、だんだんと脳というか頭が働かなくなりモヤがかかった状態。みんなと話をしていても何も考えられず話に集中できない。顔は赤くなっていたようで痒みもあり頬は少し浮腫むというか腫れたような感じ。翌朝はカラダが痛重く疲労感、倦怠感もありました。

全体的にお料理がとにかく甘い。素材の甘みではなくお砂糖の甘み。食後に尋ねると甜菜糖だけでなく白い物は美しく見せるために白砂糖も使用しているとのこと。とらやさんの羊羹と同じように仕込みの際日持ちをさせるためどうしても必要とのこと。(カラダ=自然よりも人間の都合を優先させているのがよくわかります。)精進料理のお店もなかなかお砂糖不使用のお店がない気がします。15人以上の団体で早めに予約をすれば砂糖抜きで対応可能かも。

白砂糖や甜菜糖の威力は改めてすごいなと実感。一緒に行ったヴィーガン仲間の1人は鼻水が止まらなくなって、その後は激しい咳、鼻水、痰が続いてるとのこと。カラダに合わないお砂糖は明らかにカラダに負担をかけますね。

普段の生活でも白砂糖はお漬け物やお菓子、飲み物と何にでも入っているので入っていないものを見つけるのは至難の技。現代の食生活での白砂糖摂取量はすごいだろうなと思います。

お野菜は自然栽培ではないのですが、旬のものを使用されているとのこと。美味しくいただきましたが、人参の天ぷらはなんと何にも味がしなかった…。残念ですが素材の旨味も甘味もなく美味しくありませんでした。やはり自然栽培のお野菜とは味が全然違うんだなと再認識。もずく酢、胡麻豆腐、そうめんの天ぷらは甘くなく(笑)美味しかったですよ。ちょっとホッとしました。

ステキなお店で美しい手の込んだお料理でしたが、カラダはNO!と正直。白砂糖や甜菜糖のカラダの反応を再確認できるよい機会でした。激しい咳や生理前の頭痛や、下腹部痛がこないことを祈ります。 IMG_6200 最後にこんなかわいい鈴をいただき感謝。 IMG_6257 ちなみにこんな映画もあるみたい。まだ見ていませんが。おもしろそ。


Category:gourmet  Tag:ヴィーガン / 飲み物

すぎもと農園さんの熟成みかんジュース

銀座三越の地下で見つけたすぎもと農園さんの100%ストレート「完熟みかんしぼり」。通常収穫する時期よりも約20日間ほど後で収穫したものらしい。その間にみかんは熟成され味は甘いだけでなくめっちゃまろやか。おいしすぎる! IMG_6218 こちらは普通に収穫された「みかんしぼり」。熟成されているわけではないですが十分甘くて美味しい。後味はサッパリしているので飲みやすい。

気温が上がるとついついみかんジュースが飲みたくなるんですよね。


Category:gourmet  Tag:カフェレストラン / チャヤマクロビ / ヴィーガン / 外食 / 日比谷

春キャベツと新玉葱のポタージュチアシードクリーム

このポタージュ、動物性の食材を使っていないのにコクがあってクリーミーでめちゃ美味しい。Soyナゲット塩葱ソース和えのSサイズも注文。こちらは片栗粉をまぶしているようでお腹がちょっとおかしくなってしまった(笑)でも美味しいよ。日比谷シャンテのチャヤさんです。


Category:gourmet  Tag:お菓子 / スイーツ / チャヤマクロビ / テイクアウト / パティスリー・ユイ / リマカフェ / ヴィーガン

いちご!イチゴ!苺!

久しぶりに新宿リマカフェへ。苺のタルトが甘さ控え目で美味しい。チョコクリームなのかチョコムースなのか不明ですがそれとその下に豆乳カスタードクリームが重なっていていい感じ。 IMG_6172 こちらは銀座のパティスリーユイさんの季節のフルーツタルト。フルーツがキラキラしてとってもステキ。ヴィーガンで甘みはメープルシロップ。スポンジケーキも好きですがサクサクしたタルトに目がない私。しっかり甘くて食べごたえあり。もちろん美味しい。 IMG_6216 日比谷シャンテの苺のシフォンケーキ。テイクアウト用ですがイートインも可能みたい。ヴィーガンホイップクリームがあったら最高だなと思いつつペロリ。

苺の季節。どこへ行っても苺のスイーツが美味しそう。


Category:gourmet  Tag:ヴィーガン / 和食 / 外食

日本橋のDO TABELKA

ライフスタイルショップのCLASKA Gallery & Shop "DO"にちょっと寄ってみたら併設されているカフェ&キッチン「DO TABELKA(ドー タベルカ)」を発見。 IMG_6208 お店の前にあったメニューに酵素玄米とテンペの文字がチラッと見えちょっと素材について尋ねてみたら、最初に気になったTABELKA定食「テンペのフリット甘酒照り焼き」は完全植物性でタレにきび砂糖を使用とのこと。あきらめかけていたら、もう1つTABELKA定食の筍の飛龍頭のメニューがありますよと。店員さんの対応が丁寧でとっても親切でうれしかった。 IMG_6211 TABELKA定食は選べる主菜、ご飯(十四穀米か酵素玄米)、副菜2品、サラダ、汁物、香の物、飲み物(コーヒー、紅茶、オレンジジュースだったかな)付きで1600円。(酵素玄米の場合は+100円) 飲み物はオレンジジュースにお砂糖が入っていたので飲み物無しでいいかなと思ったらほうじ茶にしてくれました。お店で作られたふわっふわの筍の飛龍頭はゆずがきいたトロッとしたソースがかかっていてめっちゃ美味しかった。 IMG_6212 お惣菜の1つに使用している自家製コチュジャンにきび砂糖が使用されていたらしく、食べている途中で、大根おろしと芽キャベツの梅肉あえをかわりにいただいちゃいました。こちらも食感といいお味といい美味しかった。

こんなところで一汁三菜のカラダに優しく美味しい定食が食べられてうれしいなぁ。COREDO室町3の2階にありますよ。


Category:gourmet  Tag:お菓子 / オーサワ / スイーツ / チョコレート / ヴィーガン

オーサワのチョコプリン

ココアだけでなくキャロブも入っていてやさしいヴィーガンチョコプリン。葛で固めているのでトゥルンと美味しい。キャロブと言えばさくさくキャロブチョコレートも以前紹介しました。こちらに比べるとオーサワのチョコプリン甘さがしつこくなくさっぱりしてるかも。同じシリーズで他には「かぼちゃ」や「黒ゴマ」、「白ゴマ」があります。個人的にはチョコが一番おすすめ。リマ新宿店で購入可能です。


Category:gourmet  Tag:お菓子 / スイーツ / チョコレート / ヴィーガン

ラビングアースの有機レモンローチョコレート

ガイアお茶の水店で見つけたレモンチョコ。パッケージがかわいい。夏場店舗でチョコレートの扱いはないので、次の冬までしばしお別れ。さよならチョコレートフェア?をやっていて10%offでした。 IMG_6152 さっぱりしたレモン味のホワイトチョコレート。クリーミーで美味しかった。甘みはココナツネクターです。チョコレートのレモン味初めてかも。

他にもミントやラズベリーなどがありました。でもレモンが一番おすすめ。 IMG_6130




Category:gourmet  Tag:オーサワ / ヴィーガン / 食品

蒸したオーサワの食パン

お気に入りのオーサワの食パン。何だかこの食パンとっても美味しいんです。以前ブログにアップしたぶどうパンも同じシリーズ。 IMG_6083 リマ新宿店で売っているのですが、購入した時はカットして冷凍保存。解凍はというと…ここ最近焼くのではなく蒸すのがマイブーム!これがすごくいけるんですよ!もちもちして美味しい。 IMG_6102むぎわらいさんに「パンは蒸すと美味しいですよ!」とおしてえていただいたのですが、その頃はなかなか蒸すことの良さに気がつかず…。

今さらながら、オススメです。 パンに酢たまねぎひじきオイル、豆腐の味噌漬けを挟んで、山葵醬油をつけて食べるとまた美味。蒸したパンにぴったり!豆腐の味噌漬けはペーストとして使うのもいいみたい。


Category:health  Tag:ヴィーガン / 健康 / 砂糖 / 花粉症

甜菜糖と花粉症とVEGANの私

体調不良からヴィーガンという食スタイルになりましたが、20代後半から始まったひど〜い花粉症の症状もほとんどなくなりました。

ヴィーガン1年目はマクロビオティックを実践。マクロビオティックといっても小麦製品、パンや麺類、メープルシロップや米油などの甘み、フルーツ、もちろんカフェイン、アルコールも一切とらない生活。完全に玄米と野菜の生活です。いらない脂肪はとれ体調は少しずつよくなりひどかった花粉症は消えました。

現在はマクロビオティックの陰陽を頭で考えるというよりはカラダが食べるものを教えてくれるのでカラダの声を聞いて食べています。動物性食品はもちろん食べません。

にも関わらず、少しぐらいならと甜菜糖をカラダに入れ始めたことがある私。職場が近かったこともあり日比谷シャンテのチャヤマクロビさんで週2ぐらいのペースでお惣菜やケーキ、ランチを約2年ほど食べていたことがあります。ほとんどのチャヤマクロビさんのお惣菜、スイーツなどには甜菜糖が入っており食べた直後喉にかゆみや違和感があったり、生理前にやや辛い頭痛があったりしましたが我慢できるという感じでした。しかしその2年間の2度あった春は2回とも1月下旬ごろから喉や肌の乾燥赤み痒み、とまらない激しい咳(まるで喘息?!と思うほど)、大量の鼻水とかなりひどい花粉症の症状が約1ヶ月強続いたんです。会社が大きな空気清浄機を購入してくれたほど…。

またある年はヴィーガン弁当を見つけて週2回ほどのペースで食べていたら3ヶ月後のある日、突然朝から子宮や卵巣など下腹部の強烈な痛みが一日中続いたこともありました。白砂糖が入っていたようです。お弁当を食べた後はやはりのどの腫れといいますか痒みはあったんですが無視してしまいました。

日本も海外もヴィーガンといってもお砂糖(白砂糖、きび砂糖や甜菜糖など)を使用したお店や商品が結構多いんです。

ちょうど代官山に通っていた時に震災後ヴィーガンカフェやレストランが少なくなり、なぎ食堂で半年ほどお世話になっていたのですがやはり甜菜糖は使用しているとのこと。パン屋さんも乳製品やお砂糖が入っていたりとなかなか難しい。やっと代官山駅前で毎朝出勤時に移動式カフェ見かけ大きな美味しそうなマクロビクッキーを発見し少しくらいいいかと思わず購入。ただ甘みはやはり甜菜糖。でも少しぐらいいいかなと都合よく言いわけしながらいつの間にか週に数回買って食べていました。

約1カ月後突然花粉症のような症状が!時期的にはちょうど1月下旬ごろ。激しい皮膚と喉の乾燥、止まらない咳に大量の鼻水と、祭りがはじまりました。この時もう甜菜糖は食べてはいけないなとやっとカラダで気づきました。

それ以降はエゴの声に従わずカラダの声に耳を傾け甜菜糖は食べていません。そして花粉症の症状はほとんどありません。なぜほとんどといっているかというと春に少しの鼻水や乾燥はあるので。ヴィーガン1年目の米飴やメープルシロップなどの甘みを一切食べなかった時はその少しの鼻水や乾燥もなかったかと思うと、メープルシロップや米飴、ココナツシュガーなどを食べなければおそらく何も症状はでないんだろうなと思います。そもそもおやつも必要ないんでしょうね。きっと。お砂糖に関しては私の場合、白砂糖、黒砂糖、きび砂糖、三温糖と同じように甜菜糖もカラダに合わず、メープルシロップと米飴、ココナッツシュガーなどは食べています。

日比谷シャンテのチャヤマクロビの店員さんが「甜菜糖を栽培するためには大量の農薬を使用するらしく、もしかするとその農薬にあなたのカラダは反応しているのかもね。なかなかオーガニックの甜菜糖は手に入らないけれど。」と。農薬を外へ出そうと頭痛や咳、痒み、鼻水など花粉症と同じような症状がでるのかもしれません。オーガニックの甜菜糖が手に入ったら一度ためしてみたいなと思っています。

お砂糖は農薬のこともありますが、精製過程で化学物質を使用しているのでどのようにつくられたのかそのプロセスが大事だと聞いたことがあります。精製過程で使用した化学物質はパッケージに記載されていませんから。サトウキビをそのまま絞ったジュースなら何もカラダは反応しないそうでまた機会があれば試してみたい。

日比谷シャンテのチャヤマクロビさんに頻繁に通うことが減り外食はお蕎麦やおにぎりが多い私。この時期少し乾燥したり鼻水も出ますがあの苦しい花粉症の症状は全くありません。カラダは面白いぐらい正直(笑)私にとってカラダ(=自然=プログラマー)はすばらしいドクターなんです。しかも無料で副作用も全くなくこんなに的確なことを教えてくれるドクターは他にないですよ!すべての答えはあなたの中にある!

長くなりましたが、私の場合そんなこんなで甜菜糖を食べなくなりました。VEGAN+自分に合わない砂糖なしの生活をするとカラダも楽になり医療費も必要なくなりいいことだらけ!ほんとオススメです。

もちろんカラダは甘みを必要としている時もあるので、エゴの誘惑なのかカラダの声なのかしっかり見極め(頭でなく感じて)、自分のカラダに合う自然の甘みを与えてあげてくださいね。私も完璧ではないですがその見極めも自然とできるようになりますよ。


about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク