• 前の記事へ

Category:memo  Tag:ヴィーガン

ただ存在する、それだけで誰かのお役に立てていると感じた日。

今年の春ごろだったかな。ある方(名前は知らないのでAさんとしておきますが)から、突然感謝の言葉をいただき私はビックリ。

連絡先も名前も知らない、ごくたまに会った時はちょっとご挨拶をしたり他の方と話をしている時にAさんも周りにいらっしゃることもあったりとそんな感じでした。

ある時、別の方と体調やカラダの変化の話をしていたら、そのAさんはニコニコされて、「ありがとうございます。」と。私が動物性由来の食べ物を一切食べずに、病院や薬にお世話にならず元気に暮らしているというその姿がとてもお役に立てていたようで。Aさんの周囲にはヴィーガンというか動物性由来の食べ物を食べずに生活しいる方がいらっしゃらないらしく、ヴィーガンという食スタイルでも、何も問題なく過ごしている私を見て、「動物性由来の食べ物を食べなくても大丈夫なんだ。」と、安心されたというか不安がなくなるというかとても参考になりうれしかったそう。

Aさんご自身も動物性由来の食品を食べない方が最近調子が良いらしく。Aさんの感覚だとお肉などを食べると、焦るとか何だか慌てるというか、急かされるというか突っ走るというか柔軟に動けないというかそんな風になるらしい。

こんな出来事は初めてで。ただ私がありのままで、私らしく存在していることが、誰かのちょっとしたサポートになっているということに気づかされたうれしい瞬間でした。

以前、自分が静かなワクワクの中で楽しく元気に生きていればそれが自然と周囲に伝わっていくから、指導する、されるという関係はこれからなくなりどんどんフラットになっていくという話を聞いたことがあって。存在全てが、あるがままで、ただそこに存在するだけで十分というかそんな世界。だから誰かに強制する必要もなく、説得や議論も必要なく、ただ自分がごきげんさんで淡々と日々気づいたことを実践するだけで、その静かなワクワク、エネルギーが周囲に伝わっていくというそういう感じ。これは私にとってもとても心地いい。いつの間にか伝わっているそんな感じが。そして結果的に周囲が元気に、楽しい気分になれるならさらにうれしい。

これからも日々気づいて実践あるのみです。


スポンサードリンク

about(自己紹介)
自己紹介写真 こんにちは! 穀物菜食(VEGAN)という食スタイルに 出会ってから、ずっとつらかった原因不明の カラダの症状がいつのまにか消えていました。 動物性食品、ナス科の野菜(トマト、じゃがいも、なす、ピーマン、唐辛子)、アルコール、カフェイン、 白砂糖なしのVEGAN LIFE(ビーガン ライフ)を楽しみながら 日々の気になることを綴っています。

スポンサードリンク

category(カテゴリー)

tag(タグ)

スポンサードリンク